5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

上条「お前笑ったら案外可愛いよな」吹寄「・・・か、上条はッ!」

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 01:18:54.39 ID:dvsWvXCz0
頼んます

2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 01:19:58.25 ID:Dj+tt8uNO
とっとと書け太郎

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 01:22:52.27 ID:vMJNTheqP
とっとと書け

4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 01:23:59.58 ID:kh1P616O0
とっとと

5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 01:24:57.02 ID:2C5t5Iyh0


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 01:27:05.06 ID:/CEV5eUw0


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 01:27:28.22 ID:Qh55HhiV0
おい


頼む

8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 01:28:33.20 ID:fuS/XKiZ0
早くやれお願いします

9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 01:35:41.96 ID:/CEV5eUw0
私はクラスメイトの上条当麻が気に食わない。

土御門と青髪ピアスといっしょになって破廉恥なことばかり話すし、
授業も真面目に受けず、小萌先生を困らせてクラスの和を乱すし、それなのになぜか
やたらと女子たちにモテてているし、私の胸ばかり見ているような気がするし。

そして何よりも気に食わないのは、あの口癖だ。

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 01:40:47.49 ID:/CEV5eUw0

「不幸だぁぁぁーー!!!」


上条当麻がその言葉を発すると、まるで自分の不幸は全て運命のせいだと言っているように思えるのだ。

彼はその不幸を回避するために何らかの努力を行ったのだろうか?

まぁとにかく、私は上条当麻が気に食わないのだ。

11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 01:54:45.93 ID:/CEV5eUw0
「上条当麻!!」

私は普段の不満をぶちまけるのも兼ねて委員長として彼を叱咤激励してやろうと考えた。

「ん?どうしたんだ吹寄?」

いつもの間抜けそうな顔で返事をした上条当麻。

「貴様はわかっているの?貴様が勉強を怠っているせいで小萌先生が自分の時間を削ってるってことを!!」

私がそういうと上条はばつがわるそうに

「い、いやぁそう言われるとぐうの音もでないんだけど。まぁ俺も色々忙しいんだよ。」



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 02:02:15.05 ID:/CEV5eUw0
「少しくらい勉強する時間はあるでしょうが!貴様には勉学に励んでいる成果が全く見られない!
もっと努力しなさい!!」

「は、はぁ。」

「なんなの!?そのふ抜けた返事は!!貴様には糖分が足りてないみたいね。
この頭の回転が速くなる飴をやるから気合入れなさい!!」

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 02:03:05.58 ID:WZ7xBKkEO
続けろください!

14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 02:03:11.95 ID:whlnQoZm0
おう

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 02:04:47.41 ID:DxteNa4P0
支援

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 02:17:13.94 ID:/CEV5eUw0
「はぁ・・・。不幸だ・・・。」

「またそんなセリフを!!そんなの不幸という屁理屈で人生に手を抜いているだけよ!!」

「いい?上条当麻!次のテストでもし小萌先生の補習を受けるような事態に陥ったら、先生に対する懺悔の言葉を呟きながら、グラウンド100周しなさい!」

「えぇぇぇ!!ふっ吹寄さん!!それはちょっとひどいんじゃないの!?」

「貴様が普段から勉強をしていればなんの問題もないことじゃない。ここで私と約束しなさい!」

そう言って私は上条に対して小指をつき出した。上条はしばらく唸っていたが、私が睨み続けると観念したようで私に小指を絡ませてきた。
そして上条はお決まりのセリフを言うのだ。

「ふ、ふこうだ・・・・。」



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 03:09:20.16 ID:B4MZCxX2O


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 03:10:00.10 ID:whlnQoZm0


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 03:18:48.17 ID:eSJWK+pS0
委員長って青髪じゃなかった?
うるおぼえですまん

20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 03:46:11.51 ID:H9l6rniZ0
青髪が委員長で合ってるぜ
でも、面白いから気にせず続けて欲しい

21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 05:07:18.24 ID:DxteNa4P0
ほしゅ

22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 06:25:33.15 ID:CSCXOjd5O
時代は吹寄ちゃん

23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 07:50:45.98 ID:wS3IJOtKO
ばかか
吹寄はフラグが立ってないからいいのであってフラグ立ったら存在価値がねーよ
豚ども

24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 08:53:48.42 ID:jLMxQARp0
巨乳のくせに堅物とかけしからんにもほどがある

25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 09:22:18.70 ID:heRo7WVX0
あれでフラグ建ってないとか上条の自己申告並みに納得いかんぞ

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 12:29:21.81 ID:chTySaKh0



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 13:07:55.88 ID:3xddU4QO0
インデックス一期は見たんだけどレールガンって見る必要ある?

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 13:10:26.15 ID:Nptn+Ec60
>>27
おもしろいとおもうよ

29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 13:11:14.14 ID:2KzHGV0D0
>>23
14巻見たらそんな幻想ぶち殺されるぞ

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:25:51.76 ID:/CEV5eUw0
そんな気に食わない上条当麻ではあるが、悪い人間ではない。むしろいざという時は意外にも頼りになったりもする。

私はクラスメイトとして、友人としては上条当麻に好感を持っている。

しかし、不幸だなどとのたまうふ抜けた根性や普段のだらけきった学校生活はいただけない。

だから私は上条当麻を叩きなおして、まともな学生にしてあげたいのだ。もちろん委員長として。

31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:29:30.71 ID:aKkxW3Jw0
へい

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:32:08.53 ID:PgerdXFaO
あげちゃうそ

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:44:52.50 ID:CSCXOjd5O
>>30

まだか

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 14:59:42.59 ID:/CEV5eUw0
ある日、私が買い物をしにスーパーへ行くと、精肉コーナーのほうから何やら騒がしい声が聞こえる。

声のするほうへ行ってみると、そこには見覚えのあるツンツン頭と学園都市に似つかわしくない修道服をきた異国の少女が何やら言い争っていた。

精肉コーナーから必死に立ち去ろうとしている上条を少女がしがみついてごねているようだ。

「やめろインデックス!!うちはただでさえ金欠なのに、肉なんて高級嗜好品買えません!!」

それに対し少女は上条の腕にからみつき徹底抗戦の構えを見せ、

「とうまは最近わたしに全然構ってくれないから、肉を買ってくれるのは当然のことかも!!」

私はなんて悲しい会話をしているのだろうとため息をついた。それと同時に上条とこの少女の関係について少し気になった。

まぁどうせ上条のわけのわからん属性で惚れてしまったクチだとは思うが。 

35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:11:09.96 ID:/CEV5eUw0
痴話喧嘩が当分終わりそうになかったので、私はとりあえず自分の買い物を済ませてから上条に話しかけようと考えた。

それに今話しかけると自分も恥ずかしい思いをしそうだ。

買い物を一通り終え、レジに並んでいると上条たちはもう店を出るところだった。

私は心の中で舌うちをした。このまま何も言葉を交わさぬまま、店を出るのはなんとなく気分が悪い。

商品を急いで袋につめ、上条たちの後を追うように私も店を出た。

36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:27:14.75 ID:/CEV5eUw0
上条たちが店を出た時間とかなりのタイムラグがあったが、二人を見つけるのは容易なことだった。

白い修道服はやはり学園都市で浮きまくっている。

上条の持つ半透明のビニール袋から白い食品トレイにのった肉を発見した。負けたのだな。

後ろから声をかけようとしたが、二人の会話が耳に入ってきて思わず聞き耳を立ててしまう。



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:29:47.62 ID:aKkxW3Jw0
あげ

38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:46:14.40 ID:/CEV5eUw0
「はぁ・・・。今月もますます苦しくなってしまった。」

そう語る上条の後ろ姿は心なしか沈んでいるように見える。

「とうまが勉強ばっかりしてわたしに構わなかったせいなんだよ。」

上条とは対照的に明るく弾むような口調で少女。上条は家でよく勉強をしていると言う。殊勝なことだ。

この二人の口ぶりからするとどうやら同棲しているらしい。

あとでこのことに対しても説教してやらねば。

39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:47:44.59 ID:sHaRcQB+0
インなんとかさんウザ過ぎワロエナイ

40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:48:59.66 ID:cm9egpaq0
アニメの女どもの乳はなんなのあれ
制作は描いてて違和感覚えないの?

41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:51:37.04 ID:kMJteyTL0
>>40
HOTDは笑えたから許した

42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 15:56:01.49 ID:/CEV5eUw0
「仕方ないだろ!!今度のテストで補習受けることになったら懺悔の言葉を言いながらグラウンド100周という鬼のようなロードワークが待ってるんだぞ!」

「それは普段から勉強してないとうまが悪いだけかも。」

「うっ・・・。確かにそうだけど、俺も色々忙しくてですねぇ!!」

また痴話喧嘩が始まってしまい、ますます声がかけづらくなってしまった。

「だいたい大覇星祭のときといい、とうまはわたしに内緒にしていろんな人助けをしすぎなんだよ!!」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:06:18.82 ID:/CEV5eUw0
大覇星祭のとき?あの時上条は土御門といっしょになって、自分の高校の競技にすら参加せずふらふらしてたはずだ。

おまけにふざけて違う中学の競技に参加するわ、私は病院に運ばれるわで散々だった。

上条はあの時ただ不真面目にやっていただけではなかったのか?

私が色々考えを巡らせていると上条はこう言った。

「まぁあのときはすまなかった。何しろ緊急事態だったんだよ。それに大事なクラスメイトが二人も傷付けられてなりふり構っていられなかったんだ。」

44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:20:04.74 ID:/CEV5eUw0
「とうま!!魔術的要素がからんでいるときはわたしを頼ってっていつも言っているよね!?」

「はい!!すみませんでした!!だからその噛みつく前傾姿勢はやめていただけませんか?」

「もんどうむようなんだよ!!!」

「ぎゃぁぁっ!!!不幸だぁぁぁ!!」

私の知らないところで上条が、私たちを守るために奮闘していた。

そういうことなのだろうか。

少女は“いつも”と言った。では上条が今まで学校を休んだり、成績が悪かったりしたのは何か事情があるからなのだろうか。

いつも私たちが知らない間に何かに巻き込まれているのだろうか。

もしそうだとして、そんな上条に私は何と言った?

完全下校を知らせる鐘が響き渡る。

上条たちの背中はとっくに見えなくなっていた。

45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:21:19.03 ID:OjRc5hkcO
やばいなにこれ楽しい

46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:26:59.52 ID:6E9FqW3kO
禁書がバトルなしの学園ラブコメなら間違いなくメインヒロインは吹寄

47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:31:29.16 ID:/CEV5eUw0
その日私は上条について考え過ぎてなかなか寝付けず、結局一睡もしないまま学校へ行くことになった。

睡眠しないと記憶定着が悪くなったり、感情コントロールが乱れると言うのに。

ふ抜けているのは私のほうだな、と自嘲しながら私はサプリメントを口の中へ放りこんだ。



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:33:12.19 ID:Q69Kyk7j0
自分がいつの間にかニヤついてることに気付いた

49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:35:35.13 ID:891oWgFj0
上条が通ってる高校って底辺校なの?

50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:40:38.44 ID:hCbZOIIv0
底辺ってかLVが低い奴ばっかなんじゃなかったっけ。
学園都市では底辺で間違いないとも思うが。
そのくせ変な能力持った奴が多数在籍してるけど。

51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:43:03.56 ID:P5Cc10wFO
何で上条さん見当違いに殴られても抵抗せんの?

52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:44:00.34 ID:Nptn+Ec60
つまり偉そうにしてる吹寄さんも無能なのか
学園都市目線でいくと巨乳成績優秀無能力者より幻想殺しのが価値があるのか



胸が熱くなるな

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:44:59.33 ID:/CEV5eUw0
私は大概他の生徒より早い時間帯に登校するのだが、今日は高校に入って初めて遅刻ギリギリだった。

これも全て上条のせいだ。奴が余計なことを考えさせるから。

心の中で上条に文句を言いながら教室のドアを開けると、目の前でぜえぜえと息を切らしている上条の姿があった。

「はぁはぁ・・・。ん?おぉおはよう吹寄。珍しいなこんな時間にぃぃぃいってぇぇぇ!!」

私は動揺するあまり思わず上条に頭突きをかましてしまった。


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:46:20.84 ID:OjRc5hkcO
上条さんたちの高校は良いとこレベル3くらいまでじゃないか?
御坂が能力があれば常盤台ははいれるとか行ってたからレベル4もあったら引き抜かれるだろうし

55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:50:13.15 ID:9Y0zCR560
吹寄はとらぶるでいう古手川ポジションか

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:50:17.50 ID:DsK3J9ZS0
吹寄の人気に嫉妬www
最初はそんなでもないと思ったのにスレの勢い半端ねぇなww


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 16:56:02.83 ID:/CEV5eUw0
「い、いきなり何をなさるんですか!?吹寄さんっ!!」

周りからは「流石は鉄壁だ。」などと感嘆の声が出ているが、なんのことだかさっぱりわからない。

それよりもこの状況だ。どう考えても上条に非はない。しかし今さら私も引き下がれないので、

「朝から貴様のふ抜けた顔を見て不愉快になっただけよ!!」

「そ、そんなむちゃくちゃな・・・。」

「二人ともケンカするのは先生困るのですよ。」

小萌先生がいつの間にか教室に到着していたようだ。

「せ、先生!!どうもご迷惑をおかけして申し訳ありません!!ほら上条貴様も謝れ!!」

「理不尽だ・・・。」


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:12:58.46 ID:HlDNPOp60
吹き寄せの能力は乳房成長(バストアップ)

59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:15:07.44 ID:/CEV5eUw0
授業を受けていても、どうも集中しきれない。

『だいたい大覇星祭のときといい、とうまはわたしに内緒にしていろんな人助けをしすぎなんだよ!!』

少女が言ったあのセリフがどうしても耳から離れないのだ。

上条当麻はきっと何かを隠しているに違いない。

私は休み時間になると上条のもとへ向かった。上条はノートに英単語を書きうつしがむしゃらに覚えているようだ。

その光景を目にして、罪悪感と自分との約束を果たそうとしてくれている嬉しさとが混ざり合った奇妙な感情に襲われた。

「上条当麻!!」

60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:15:09.97 ID:avey/QCpO
原作は見てないから知らんが、上条ってアニメやSS見てると吹寄や小萌先生に信用されてないな

61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:19:33.02 ID:/CEV5eUw0
「ん?げっ吹寄!!頭突きはもうしないでくれよ!!」

「放課後教室に残っておきなさい!!話があるから。」

「え?まぁいいけど今じゃ話せないことか?」

「・・・白い修道服を着た少女。」

「・・・なるほど。わかったよ・・・。不幸だ・・・。」

62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:20:19.08 ID:7uN4HvtB0
吹寄は上条さんが頑張ってる事を知らないとフラグが立っても惚れようがないからな

63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:21:00.10 ID:/CEV5eUw0
今からぼくアルバイトぉぉぉぉ!!

だれかつづきたのむ

64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:22:47.89 ID:avey/QCpO
>>63
ふざけろ

65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:23:07.84 ID:Q69Kyk7j0
おい









おい

66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:24:56.88 ID:CSCXOjd5O
>>63

67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:25:48.13 ID:HlDNPOp60
バイトと吹寄どっちが大事だよ馬鹿!

68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:28:02.92 ID:VN6F2s++0
大切なのはいつだっておっぱいだ

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:28:05.97 ID:/CEV5eUw0
本当にすみません。

スレ残ってたら続き書くので許してください・・・。

70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:30:52.12 ID:DgCX3EqU0
守護神と謳われるこの私に任せ……あ、ごめん無理だ

71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:31:52.35 ID:uD8OucvRO
ネタバレになるけどインデックスと上条のクラスメートは後の焼き肉パーティーか何かで
顔を完全に覚えられることになるけどどうすんの

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:32:37.90 ID:OjRc5hkcO
ほしゅ

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:33:14.45 ID:Q69Kyk7j0
しかたない、保守してやろう

74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:41:28.28 ID:cLxxVtMmO
守護神がんばれ

75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:46:51.50 ID:Y8dlqFsu0
吹寄といいセシリーといい生真面目おっぱいといえば藤村さん

76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:48:07.45 ID:P5Cc10wFO
逃げ回ってさえいれば、死にはしない

77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:53:21.63 ID:OjRc5hkcO
>>71
この話の時期を大覇後打ち上げ前と考えればいい
細かいこと気にしないで楽しもう

78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 17:55:07.72 ID:7uN4HvtB0
大丈夫、私はバイトで忙しい>>1を応援してる

79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 18:00:24.41 ID:NnwriaIl0
フフフふ吹寄たんのSSだと

たまんねぇなシエンヌ

80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 18:35:06.61 ID:qdS9zVN50
吹寄「上条当麻!ちょっと付き合いなさい!」

上条「断る」

吹寄「貴様の態度には常々目に余るものがある!じっくり躾けてあげるからさっさと付いて来なさい!」

上条「……あんた、何様?
   俺はあんたの家来じゃないんだ、偉そうに言われる筋合いは無い」

吹寄「ゴチャゴチャ言う権利が貴様にあると思っているの?いいから来なさい!」グッ

上条「離せ!」バッ

吹寄「このぉ!?」オデコDX!

プシュー

吹寄「キャアアアアアアア!!」

上条「こういう時の為に痴漢防止用スプレーって便利でせうね」





81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 19:17:19.59 ID:pD+mDrJ4O
吹寄の生徒手帳にはクラスの全体写真が入っている。

本当は彼個人の写真が欲しかったが、万が一生徒手帳を見られた時には目も当てられない。

写真に小さく写る彼を見ながら、吹寄は小さくため息をついた。
吐き出された白と対照的な顔の紅潮は、寒さだけが原因ではないだろう。

きっと吹寄はこんな娘。

82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 19:23:28.30 ID:nudjBvtD0
原作知らないんだけど、上条さんって学校でもモテモテなのはマジ?

83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 19:24:38.32 ID:p5waAdTf0
>>82
だろうね

84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 19:27:04.04 ID:891oWgFj0
上条爆発しろ

85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 19:44:44.00 ID:7uN4HvtB0
>>82
吹寄を除くクラスの女子全員にフラグを立ててることになってるよ

86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:11:44.62 ID:nudjBvtD0
>>83
>>85
上条さんすげーな・・・いくら鈍感でもここまでくると犯罪レベルだろ

87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:21:46.32 ID:891oWgFj0
上条爆ぜろ

88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:49:31.13 ID:avey/QCpO
自分がすごくモテることに気付けないことが上条の最大の不幸なんだよ

89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:53:21.90 ID:f9ZXPbat0
吹き寄せさんの魅力は一級フラグ建築士の上条さんを前にしても
デレたり恥じらったりしない所だと思うんですよ

90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:53:44.01 ID:4JYQn3k6O
鳥のフン顔面にかけられてちょっと上条さんみたいって思ってうれしくなったのはここだけの秘密

91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 20:55:20.77 ID:OFyWPrYn0
上条さんもう一級ってレベルじゃないだろ
殿堂入りクラスだわ

92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:19:13.77 ID:nudjBvtD0
すごくモテることに気付いてしまったら、以降モテなさそう
不幸体質故にモテるんだけど不幸だから気付けない

気絶するほど悩ましい

93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:20:32.40 ID:CSCXOjd5O
あげ

94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:51:06.75 ID:Q69Kyk7j0
ほしゅ

95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 21:58:02.93 ID:gL+oo4B40
>>92
モテるのは父親からの遺伝

96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:17:26.10 ID:WZ1HwE4MO
保守

97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:49:51.06 ID:RoEv74RPO
age

98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 22:51:12.17 ID:OjRc5hkcO


99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 23:30:40.61 ID:s2+Mje3w0
まだかよ

100 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 23:31:20.12 ID:WZ1HwE4MO
そろそろ>>1がバイト終えて帰ってくる頃か

101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/02(水) 23:34:25.32 ID:Q69Kyk7j0
ほっしゅ

102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 00:04:01.93 ID:9Zw4p1Dh0
ほす

103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 00:21:06.40 ID:Tdhl28ekO
作者ですが一時半くらいにリスタートできそうです

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 00:28:36.29 ID:keiwBt3p0
待ってたぞ

105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 00:30:16.74 ID:GDsF6NJsO
>>103
バイト乙

あと1時間裸で耐えられるか実験してみるか

106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 00:35:16.11 ID:N9nZaVhK0
上条は爆発だ

107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:03:20.17 ID:yXjf/3voO
>>105
それが彼の最後の言葉でした

108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:32:56.73 ID:DMR02NmCO
さあこい

109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:36:47.14 ID:XoqMUndE0
放課後、クラスメイトが全て出払ったのを見計らって私は教室に戻ってきた。

教室の前で大きく深呼吸をして、ドアに手をかける。この緊張感は一体何なのだろうか。

中に入ると、上条当麻がただ一人自分の席に座っていた。

「よぉ。遅かったな。」



110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:37:21.04 ID:32t9l5mI0
なんとPCか

111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:38:42.15 ID:swL4YyUn0
ドキューン

112 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:41:37.41 ID:XoqMUndE0
「昨日貴様はスーパーに行ってたわよね?」

「あぁ。そんときにインデックスを見られたんだな。まったく連れていくんじゃなかったよ。」

そう言って上条は乱暴に頭をかいた。

インデックスとはあの少女のことだろうか。

「貴様とあの少女はどういう関係なの?」

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:42:17.74 ID:XoqMUndE0
>>111
加持さんじゃないよw

114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:47:31.12 ID:GDsF6NJsO
再開キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

>>107
生きててすまんな

115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 01:48:52.76 ID:XoqMUndE0
「えぇと、まぁなんというか・・・し・・・。」

「し?」

「し、親戚の子だ!!ひょんなことで同居することになって・・・。」

上条当麻は根が正直な人間なのだろう。嘘が驚くほど下手だ。

「正直に話さないと、小萌先生並びにアンチスキルに言付けするわよ。」

「それだけは勘弁してくれ!!というかまぁ小萌先生はすでに知ってるんだけどな・・・。」



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:02:24.33 ID:XoqMUndE0
「小萌先生は知っている?一体どういうこと詳しく説明しなさい!!」

「うわぁ墓穴掘っちまった!!」

このような押し問答を数回繰り返したものの上条は一向に真実を話さない。

なぜ上条は私に真実を話してくれないのだろう。私は委員長として常にクラスメイトのことを考えて動いているつもりだ。

大覇星祭だってみんなに楽しんでもらうために、実行委員に立候補した。みんなが不便と思うことを言ってくれれば、

学校にいくらだってかけあうし、改善されないようだったら署名を集めて提出したりする。

そのくらいクラスのことを考えている私に、困っている上条はなんの相談もなくひたすら隠すことに徹している。

私はそんなにも頼りない委員長だろうか。信頼するに足らないクラスメイトなのだろうか。

そう思うと私はひどく悲しくなってきた。

「ふっ吹寄さん!!泣かれてしまうとわたくしとても困ってしまうのですが!!」

117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:08:48.12 ID:XoqMUndE0
「な、泣いてなどっ!!」

自分でも気づかぬ内に涙を流してしまっていたらしい。涙を自覚した途端に私は嗚咽をもらして泣き始めてしまった。

「・・・ひっ・・・うぅ。」

人前で泣くなんてみっともない。

これも全て貴様のせいだ上条。

そんな私を上条は慰めるでも、戸惑うでもなく泣き止むまでただじっと見つめていた。

118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:17:51.56 ID:kvp7d9tLi
可愛いぞ!デコっぱち!

119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:19:55.35 ID:Kd/Kvb9AO
面倒臭い女なんだよ

120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:23:16.66 ID:icFlyzxxO
戦闘のダメージを引きずってゼエゼエ言いながら寝込んでる上条さんを看る委員長マダー?

121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:29:21.38 ID:BjYSJdnd0
吹寄は無能力者じゃない上に委員長でもない
だが吹寄はおでこ可愛い

122 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 02:35:19.04 ID:XoqMUndE0
すんすんと鼻を鳴らす私を見て上条はようやく口を開いた。いつになく真剣な顔で。

「もう落ち着いたか?」

「上条!!貴様このことを他の誰かにしゃべっ・・・」

「吹寄。」

私の言葉を遮るように上条が名前を呼んだ。

123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:01:43.60 ID:zlx/mGha0


124 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:09:13.37 ID:gIwU/RMr0
吹寄は絶対貧乏

125 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 03:44:09.01 ID:12NaHC7I0
貧乏ゆえに買い物と料理スキルが高くて上条さんのお嫁さんにぴったりですね

126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:17:37.23 ID:G7YwIW720
残念ながら吹寄に買い物スキルはない

127 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:21:10.24 ID:XoqMUndE0
「吹寄。まずはお前に謝りたい。本当にすまなかった。」

そう言って上条は頭を下げた。その姿勢のまま続ける。

「こんなにも他人のことに一生懸命になれる吹寄に、適当な言い訳をして逃げた俺は最低だ。」

「そんなお前の誠意に応えなかったら多分俺は一生後悔することになると思う。」

そう言い終わると同時に上条は頭を上げた。

「今から話すことは嘘みたいな話だけど、全部本当に起こった出来事だ。まずは俺の右手のことだけど--------------」



128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:25:45.36 ID:OLg4PIBQ0
「昨日抜いてから一度も洗っていないんだ」

「なっ?!」

129 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:31:30.23 ID:GDsF6NJsO
右手で触っちゃったら虹とかひとたまりもないから上条さんも大変だな
その点虹に幻想持てる俺たち勝ち組

130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 04:57:06.96 ID:v+KgmOTK0
はやくせんか

131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 05:27:03.81 ID:H+eJFMuqO
支援

132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 06:22:02.69 ID:eO5CumGH0
支援

133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 06:51:53.59 ID:eO5CumGH0
落とさせねえよw

134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 07:16:16.96 ID:eO5CumGH0
ふじゅううううううう

135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 07:42:34.85 ID:Vr4/bNMb0
あげ

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 08:18:21.43 ID:7An206+FO
てす

137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 09:00:21.76 ID:eO5CumGH0
支援

138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 09:41:30.94 ID:uWAeSElH0
上条「この右手はもう封印した。次からは吹寄のおっぱいで抜いてもらうことに決めたんだ。」
上条「お前が無理だというなら・・・いいぜ、まずはそのブラフックをぶち壊してやる!」

139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 10:08:45.12 ID:IsTMRRbcO
まだー

140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 10:33:24.10 ID:H+eJFMuqO
吹寄のSSの書き溜めはパソコンの調子が悪かった時に消えちゃってから書いてないし
こういうところで見れると凄い嬉しいから頑張ってくださいな

141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 10:35:39.16 ID:jmxdm8RI0
>>140
なにおまえ
読みたい!書いてください!っていわれたいの?

いいから書き溜めしてさっさとスレたてろよカス^^

142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 10:48:52.06 ID:2JyPur2I0
>>140
はいはいわろすわろす

143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 10:56:08.69 ID:X+mH4ra/0
保守

144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 11:15:18.58 ID:9OOKHbV60

残ってるぜ…?
どういうことなんだぜ…?

じゃあ俺のテレス×木山先生語りとかお前ら聞いてけよwwwwpgrwwwww
とかつってどうせ一方さんが出てこないとシカトすんだろ知ってんだからなwwwww
俺もするわそんなんwwwwww

百合って最高だと思うんだけど、どう?
本当どう?

145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 11:18:07.47 ID:9OOKHbV60

誤爆しました
誠に申し訳ありませんでした

吹寄さんは本当に可愛いなぁ、と昨晩からデレデレしていたらこの始末です
今後このようなことの無いよう、留意いたします。
何卒ご容赦いただけますよう、御願い申し上げます

改めて申し訳ありませんでした


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 11:21:08.62 ID:omM6REzs0
変態インフルなんだから無理すんなwww

147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 11:37:37.63 ID:1pQNA3rC0
変態頑張れよ

148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 12:31:30.12 ID:8LO4Q4Qg0


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 13:20:25.49 ID:zeG5oZg00
おい

150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 13:34:44.55 ID:soJgcnf6O
>>145
変態ワロタ
とりあえず変態はあっちを進めるんだ

151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 13:59:20.79 ID:XoqMUndE0
それから上条は様々なことを話してくれた。

自分の右手に備わっている能力のこと。魔術の存在のこと。あの少女との出会いのこと。

大覇星祭で自分が何をしていたか。なぜ私と姫神さんが負傷する事態に陥ったのか。

「・・・とまぁこんな感じだ。他にも色々あったんだけど、これ以上はお前の身が危なくなるから話せない。ごめんな。」

私は驚きのあまり言葉が出てこなかった。

魔術の存在などにわかに信じられない。しかし、上条の語る姿はいつものそれとは違い真実味を帯びていて不思議な説得力があった。


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 14:08:36.74 ID:eO5CumGH0
キター

153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 14:35:03.29 ID:IEbkJYxDO
待ってたかいがあったぜ!

154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 14:45:27.84 ID:XoqMUndE0
「大覇星祭のときは怪我させちまって本当にごめん。」

「俺がもっと早くに気づいていれば吹寄も姫神もこんなことにならずに済んだのにな。」

そう言うと上条は心底申し訳なさそうに目を伏せた。

「き、貴様はっ!!その右手で私たちを救ってくれたじゃない!!」

「何をそんなに反省しているのよ。私たちどころじゃなく、この学園都市全体を救ったようなものじゃない!」



155 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 14:54:28.26 ID:u7F1gKisi
原作知らないしアニメも数話しか見たことないけど面白い

156 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 14:55:06.95 ID:icFlyzxxO
愛は果てしなきバイオレンスキター

157 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:02:19.76 ID:ohb/HA3R0
いいね支援

158 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:14:27.02 ID:5GOfIu1v0
これは支援しざるをえない

159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:14:35.13 ID:2JyPur2I0
とっとこかけたらう

160 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:19:35.11 ID:XoqMUndE0
「吹寄。こんな嘘みたいな話を信じてくれるのか?」

「いつもの貴様には見られない真剣な口ぶりだったからよ。それに辻褄もあってるし。」

「そっか。ありがとうな。吹寄にそう言ってもらえただけで俺も頑張ったかいがあったぜ。」

上条はそう言って私に微笑みかける。その瞬間、私は今までに経験したことのない得体の知れない感情が湧きあがってきて

思わず上条から目を逸らしてしまう。それになんだか心拍数も上がってきて、自分の心臓が脈打つのがはっきりと聞こえる。



161 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:21:48.95 ID:MYrYdjBt0
ここで好感度MAX、吹寄√確定
=裸待機開始

162 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:38:19.00 ID:icFlyzxxO
上条「べっ別にお前達を助けたつもりはない、あいつが気に食わなかっただけなんだからな!」

163 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:43:16.54 ID:XoqMUndE0
とりあえずこのまま黙っているのも気まずいので、上条の顔から視線をそむけて話すことにした。

「かっ上条はいつも私の知らないところで誰かが困っているところを助けたり、解決したりしているのか?」

「まぁ俺の気付く範囲ではそうしてるつもりだな。俺の右手が役に立つんだったら、どこだって駆けつけるつもりだよ。」

上条はただの怠慢で破廉恥な人間ではない。私は上条当麻という人物を大きく見誤っていたようだ。

彼は勇敢で、あきれるくらいのお人好しで、自分の危険を顧みず他人を助けようとする、そんな人間だった。

「そんなことより吹寄、なんでそっぽ向きながら話してるんだ?」

「う、うるさいっ!!」

「いってぇぇぇぇ!!また頭突きってちょっと!!」

164 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:43:42.08 ID:YDuP/QK+0
ふきよせだっけ
よみかたわからん

165 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:45:13.05 ID:2RDSCRhB0
頭突きするたびに揺れまくるんだろうな

166 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:47:30.08 ID:OGed6+wC0
そもそも頭突きって顔が凄く近いよな・・・

167 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:49:26.74 ID:F6juuASGO
俺ならガシッて掴んでチュッてするね

168 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:50:07.77 ID:ohb/HA3R0
吹寄におもっくそ股間パンしてもらって苦しくてもがいてるところに胸で顔圧迫されて息できないけどずっとそうしていたい。

169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:50:47.58 ID:az4ObfhR0
>>167
あえておデコにな!

170 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:54:01.88 ID:CSHwdhfK0
吹寄って何カップなんだろうな

171 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:56:09.06 ID:5KHyWf000
そんなにデコ広くないじゃん・・・・・・

172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 15:58:14.63 ID:hb6L5QpE0
今追いついたんだが、ちょっとまってくれ、上条はインデックスとの出会いをおぼえていな(ry

でも面白いからいいや

173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 16:01:02.24 ID:sQKwHEaUP
>>172
知識としては知っているのだから問題ない

174 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 16:01:40.57 ID:XoqMUndE0
「上条当麻!!私からも貴様に言いたいことがある!」

「な、なんでしょうか?」

私は上条に向かって深々と頭を下げた。

「ごめんなさい。」

「な、なんの真似ですか吹寄さん!!」

「何の事情も知らず、怠慢だなどというひどいことを言ってしまったことよ!!」

「あぁそんなの俺が言わなかったのが悪いんだって!!とりあえず頭をあげてくれ!」



175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 16:02:24.17 ID:teirsIfg0
ttp://s.cyrill.lilect.net/uploader/files/201102031601550000.jpg
参考資料置いておきますね

176 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 16:07:20.84 ID:hb6L5QpE0
>>173
いや、上条が知ってるのはインデックスをどうやって救ったかだけだったはず
2巻のどこかにどうして自分はこの少女を家にとめているんだろうとかいう文があったと思うし

177 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 16:07:46.29 ID:xpHw55gh0
h

178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 16:55:39.78 ID:UJCiMj8wP
スレタイ若干おかしい気がするけど期待通り俺得スレだった
土御門のことも話したんならぶん殴られるな いやぶん殴れ

179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 17:01:02.22 ID:O3tdW6SY0
何か「知識として知っている」と「記憶として知っている」
の違いって曖昧だよな

原作読んでて感じたわ

180 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 17:01:26.54 ID:HvSpjxOJ0
>>176

             /)
           ///)
          /,.=゙''"/              人人人人人人人人人人人人
   /     i f ,.r='"-‐'つ____      <                  >
  /      /   _,.-‐'~/⌒  ⌒\    < 細けぇ事はいいんだよ!! >
    /   ,i   ,二ニ⊃( ●). (●)\   <                  >
   /    ノ    il゙フ::::::⌒(__人__)⌒::::: \  YYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYYY
      ,イ「ト、  ,!,!|     |r┬-|     |
     / iトヾヽ_/ィ"\      `ー'´     /


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 17:05:18.20 ID:XoqMUndE0
頭を上げるとそこには、困惑した表情の上条がいた。

「全部俺が勝手にやったことだ。吹寄がそんなに気に病むことはねーよ。」

「で、でも私はっ・・・。」

「頭下げてたから血が上ってるみたいだな。顔が真っ赤だぞ。」

「・・・っ!!貴様はまた余計なことを!!」

「もう頭突きはくらうかっ!!ってうおっ!!」

上条はそう言い放ち、後ろに下がって攻撃を避けようとした。

しかし、足にイスが引っ掛かり後頭部からそのまま倒れそうになっている。


「危ないっ!!」

182 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 17:17:14.90 ID:OLg4PIBQ0
ベタベタやなあ

183 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 17:17:20.91 ID:az4ObfhR0
ラッキースケベきた!

184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 17:37:27.30 ID:449+V+b10
素晴らしい

185 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 17:43:13.62 ID:XoqMUndE0
私はとっさに手を伸ばし、上条が手をつかむのを感じとると思いっきり引き上げた。

「・・・上条。」

しかしその反動で例のごとく上条は私の胸に顔をうずめることとなっている。

この状況を察して上条は、すぐに頭を上げ、

「うぁ!!これは違うんです!!事故なんだ事故!!ほら俺って不幸だろ!?だから・・・。」

「私の胸に顔をうずめたことが不幸だと?」

右の眉がピクピクしていることが自分でも分かる。

「いや!!それはむしろありがたいというか、至福のひと時だったんですがぁぁぁあぁぁぁあぁっ!!」

私の右ストレートがさく裂した。やっぱり根本的にこいつの認識は変えなくてもいいようだ。

186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 17:52:43.85 ID:6/tiIWXcO
俺も男子校じゃなければこんなイベントあったんかな

187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 17:53:56.02 ID:5GOfIu1v0
>>186
ないない

188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 17:53:57.86 ID:jj1Ctf2o0
>>186
男子校だからこそのイベントがあっただろ

189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:03:43.74 ID:PADfuO1W0
そこで告白すると必ず性交する伝説の樹とかな

190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:04:51.32 ID:XoqMUndE0
右ほおをさすりながら涙目になっている上条に私は続ける。相変わらず目は合わせられない。

「だ、大覇星祭のときは助けてくれてありがとう。」

「お、おぉ。」

「それと・・・話しづらい秘密も全部打ち明けてくれたことも感謝する。」

「吹寄に泣かれたらそうするしかないだろうよ。」

「貴様っ!!」

「ははっ!冗談だって。まぁこれで二人のいろんなことは相殺ってことでいいんじゃねぇか?」

「お互いに感謝しているし反省しているってことで。」



191 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:06:27.89 ID:Pvsi+oHN0
吹寄のイチャラブ√突入しますか?
しないのならスレ閉じる(´・ω・`)

192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:12:24.32 ID:XoqMUndE0
しかし私はあの約束を忘れたわけではない。

「上条。あの約束のことだけど・・・。」

「げっ!やっぱまだ覚えてたか!あ、あれも相殺で無くなるという方向で・・・。」

「それはダメよ!!一回した約束は絶対守らねばダメ。秩序というものはそういったものから生まれるのだから。」

「不幸だ・・・。」

「だ、だけど!今回は貴様の事情も知らずに苦行を課してしまった私も罪悪感がないでもないわ!」



193 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:13:58.14 ID:XoqMUndE0
>>191
イチャラブの基準がよくわからんけどたぶん期待に添えないかも。

194 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:14:44.64 ID:jZrAASPW0
一緒にお勉強シナリオか

195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:15:38.23 ID:8LO4Q4Qg0
>>188
股間に顔をうずめたりとか?

196 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:18:38.29 ID:HcX+v63F0
\               U         /
  \             U        /
             /吹寄 ̄ヽ,
            /        ',       /    _/\/\/\/|_
    \    ノ//, {0}  /¨`ヽ {0} ,ミヽ    /     \          /
     \ / く l   ヽ._.ノ   ', ゝ \       <か、上条ハッ!>
     / /⌒ リ   `ー'′   ' ⌒\ \    /          \
     (   ̄ ̄⌒          ⌒ ̄ _)    ̄|/\/\/\/ ̄
      ` ̄ ̄`ヽ           /´ ̄
           |            |

197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:20:19.95 ID:ohb/HA3R0
>>196
少しワロタ

198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:29:04.01 ID:XoqMUndE0
「もし貴様が次のテストで補習を受けることになった場合、私も一緒にグラウンド100周するわ。」

「ちょっと待て!!それはただ俺にプレッシャーがかかるだけなんですがっ!!」

「だからっ!!そうならないために私が直々に勉強を教えてあげる!!」

「どっちにしろ勉強は絶対なんだな・・・。」

私は思い立ったらすぐ行動する。

「ごちゃごちゃうるさい。早速今から勉強するわよ上条!!」

「今からですかぁ!?」

199 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:36:06.34 ID:jj1Ctf2o0
上条家に行くのか

200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:38:09.66 ID:FiV9kqay0
イチャイチャ√じゃね?

201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:40:41.12 ID:9eRcOFIV0
家行くのか…
俺は男に家に来られたことならある…無理矢理…



202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:45:46.15 ID:6/tiIWXcO
クソ
俺も共学に行けばよかった

203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:47:29.85 ID:4Yy/87sE0
友達を呼ぶには家が遠すぎたわ
学校まで片道二時間とかないわ

204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:50:36.98 ID:zyQluoF1O
>>203 お前さんもかwww

205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:54:15.58 ID:b8GgC+HwO
二時間に一本ずつしか電車来ないんだろ?
もしくは電車すら見たこと無いか?

206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 18:57:14.96 ID:XoqMUndE0
話しこんでだいぶ時間が経ってしまったが完全下校まではまだ少しは時間がある。

このまま教室で勉強しようと私は考えたのだ。

教科書に載っている練習問題を上条に解かせ、間違っていたらその部分を逐一教える。

また分からないところがあれば上条の質問を受け、丁寧に解説してやる。この作業を繰り返した。

そうしている内に完全下校時刻が近づいてきたので、勉強を切り上げることに。

「ふぅーつかれたぁ。普段使わない頭を使うと異常に疲れちまうぜ。」

わりと長い時間そんな風に教えていたのだけど、あっと言う間に時間が経った気がするのはなぜだろう。



207 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 19:01:45.15 ID:FiV9kqay0
吹寄が乙女だから

208 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 19:16:10.27 ID:swL4YyUn0
意地でも吹寄を付き合わせない上条さんとの意識のすれ違いで
やっぱり敵対√マダー?

209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 19:39:03.85 ID:/PnxcbDO0
楽しみだったんだよwwwwwww

210 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 19:40:02.57 ID:bPo5z/SG0
よかった、まだ残ってる

211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 19:57:19.16 ID:X+mH4ra/0
保守

212 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 19:58:47.75 ID:4Yy/87sE0
アニメ版の吹寄と原作の吹寄ってキャラデザが結構違うよね
アニメ版の方がエロく感じる

>>205
午前一本午後二本
始発乗り過ごしたら欠席決定
車はトラクター位しかなかった

213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:00:54.58 ID:XoqMUndE0
「だらしがない。普段から勉強しないからこうなるのよ。」

「いやぁ最近俺なりには勉強してたんだけど、まだまだだったみたいだな。」

上条はそう言って一息ついた瞬間、何かを思い出したように目を見開き、急に立ち上がった。

「やべぇ・・・インデックスのこと完全に忘れてたわ・・・。」

「・・・あ。」

214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:04:25.01 ID:lpYeEzwxO
>>212
アニメ版はすごく乳がデカくなった+デコが控えめになった

215 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:16:30.07 ID:XoqMUndE0
「すまん!!吹寄っ!!俺もう帰るわ!!」

「え?ち、ちょっと・・・。」

「勉強教えてくれてありがとうな!!それじゃまた明日!!」

そう言い残すと上条は足早に教室を出て行った。

色気がないなんて言われてるけど、私だって一応女だ。家まで送っていくくらいの配慮があってもいいのではないか。

上条は薄情なやつだ。

「・・・本当に薄情なやつ。」

私は配慮が足りない怒りとはまた別の寂しさのようなものを感じている理由が分からなかった。

216 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:28:45.69 ID:QdCst9MO0
http://beebee2see.appspot.com/i/azuYyMi8Aww.jpg
良いお…デコだ

217 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:29:11.75 ID:eO5CumGH0
支援

218 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:33:29.05 ID:XoqMUndE0
翌日、私はいつも通り朝早く登校したため、上条と鉢合わせすることはなかった。

上条はいつものように遅刻ギリギリで教室に転がり込んできた。

「はぁはぁなんとか間に合った。」

「上やんお疲れさん。それでなんやの?その手足のあちこちにある歯型は?」

青髪ピアスが不審そうに上条に尋ねた。

「これは・・・来る途中に犬に噛まれまして・・・。」

「へぇ。相も変わらず不幸なんやなぁかみやんは。」

「ずいぶん獰猛な犬だにゃー。」

土御門はにやにやしながらそう言った。


219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:35:16.28 ID:xg2XEnaK0
しえん

220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:40:48.63 ID:FqNHqesq0
吹寄とか何この俺得スレ
光の速さで全裸になったぞ

221 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:41:31.21 ID:jZrAASPW0
アニメだとおっぱい増量されすぎだよな
五和もだけど

222 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:48:46.71 ID:XoqMUndE0
休み時間に入ると私は上条のもとへ向かった。

上条は心底疲弊しているようで、机に突っ伏したままピクリとも動かない。

「起きろ上条!!疲れているなら糖分を補給することが一番よ。この頭の回転が速く・・・」

「その飴はもういいです!!」

「そんなことより今日も放課後残ってなさいよ!みっちりとしごいてやるから!」

そう言うと上条は動揺したようで、視線をきょろきょろさせている。

「えぇとだな・・・吹寄。今日は放課後に居残り勉強はちょっと厳しい。」

「・・・え?」


223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:54:53.58 ID:5yC+n0B40
…え?

224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:55:29.38 ID:li8QCQoz0
せいりちゃんかわいい

225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:57:04.15 ID:jZrAASPW0
クラスメイト達はこの時点で鉄壁が崩壊したと確信してそうだな

226 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 20:58:12.22 ID:XoqMUndE0
気まずそうに頬をかきながら上条は続ける。

「いやぁ、申し訳ないんだけどさ。インデックスのやつを長い時間一人にさせておくのはちょっと酷かなぁと思ってな。」

またどうしようもない寂しさに襲われる。何なのこの感情は!!

「きっ貴様はいいの!?このまま勉強しないと罰ゲームを受けるはめになるわよ!私共々!」

勉強するという大義名分がないと上条といっしょに過ごせない。そんなのは嫌だ。

私は恐らく楽しいのだろう。上条と二人で過ごす時間が。

227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 21:05:56.68 ID:XoqMUndE0
「・・・本当にすまん。」

「・・・わかったわ。まぁ面倒事がひとつ減ってせいせいしたわよ。」

私は踵を返して自分の席に戻ろうとすると上条が再び声をかけてきた。

「ち、ちょっと待ってくれ吹寄!!」

「・・・何よ?」

私は顔だけを上条のほうに向けて返事をした。

228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 21:12:04.42 ID:tsSVb8c80
上条「俺の家で保健体育の勉強教えてくれ」

229 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 21:12:05.24 ID:xg2XEnaK0
しえん

230 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 21:16:41.54 ID:TQVlvxp00
寒いから早くしてくれませんか?

231 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 21:27:52.03 ID:eO5CumGH0
>>230
待機乙。

支援

232 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 21:37:04.98 ID:W2XywL/ZO
風邪引きそうだから吹寄の同人探してくるわ

233 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 21:39:44.76 ID:4AGRKnT90
禁書のおっぱいキャラ同人だとねーちんが最多なんかな

234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 21:51:16.18 ID:UvCEdAuB0
あぐ

235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 21:51:57.62 ID:FSEkQq5t0
>>228までよんで果てた

236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 21:56:32.10 ID:XoqMUndE0
「これは俺の個人的な頼みなんだけど、昼休みに勉強を教えてもらえねぇか?」

上条は頬を染めながらそう頼んできた。

「い、いやあの吹寄さんの貴重な休み時間を削ってしまうのは心苦しいのですが、

このままでは罰ゲームを受けてしまうことになりそうなので。」

「そ、それに昼休みならインデックスのことなんか関係ないだろ?俺の都合を押しつけて悪いんだけどさ・・・」

「っぷ・・・くくく!!あはは!!」

「どうされました!?吹寄さんっ?」

いい訳がましい言葉を矢継ぎ早に繰り出してくる上条を見て私はおかしくてたまらなくなった。

こんな上条を見るのは初めてだ。不覚にもかわいいと思ってしまった。

「はぁはぁ別にいいわよ。じゃあ昼休みに教えてあげる。」

「・・・なんだかとても馬鹿にされた気分です・・・。」

237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 21:57:18.76 ID:DQUbTrQJ0
天草模様シリーズで6はあるからな。
あとは美琴が多い。おっぱいじゃないけど。ツートップ。

238 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:00:27.57 ID:OomW8c1M0
ついで黒子かな

239 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:07:03.19 ID:lpYeEzwxO
天草模様2、3が見つからない…

240 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:09:06.95 ID:XoqMUndE0
それからというもの私は毎日昼休みに勉強を教え続けた。

上条といると楽しいというのもあるが、上条自身がわりに飲み込みが早いので教えるのが楽しいというのもあった。

こんなやりとりを数日続ける内に私はとうとう気づいてしまったのだ。

自分の中に芽生えたはっきりとした恋心に。

241 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:15:42.21 ID:OomW8c1M0
>>239
情弱すぎて吹いた

242 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:23:11.79 ID:XoqMUndE0
「そういえば上条、テストがいつあるか知っているの?」

「ん?あぁそういや全然知らなかったな。いつあるんだ?」

「・・・五日後よ。」

「えぇ!?もうそんなに近いのか!?知らなかった・・・。」

私はここである提案をしようとずっと考えていたプランを上条に打ち明けた。

「し、正直言って今の貴様の学力じゃ補習は間違いないわ!」

「な、なんだってぇぇー!!」



243 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:25:42.94 ID:XoqMUndE0
驚愕の表情を浮かべる上条。

いかし実際のところそれは嘘だ。

毎日の勉強で上条の学力はある程度のところまで達している。もう補習を受けるレベルではないだろう。

「なんてことだ・・・一体どうすれば・・・。」

この世の終わりかのような顔でつぶやく上条。

「安心しなさい!上条当麻!!幸いテストは土日をはさむわ!!」

「なるほど!そこでみっちり勉強しようってわけですね!!」

「そ、そうよ!だから日曜日は私の家で一日中勉強するわよ!!」

「・・・え?」

244 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:31:43.15 ID:UJCiMj8wP
同人は肉体疲労の栄養補給に!だったかしか知らないな
巨乳目録ってのも見たけどあれは無い無さすぎる

245 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:36:17.84 ID:XoqMUndE0
「い、いいのか?吹寄の家でって。」

「貴様の家は居候がいて集中できないでしょう。夕方くらいまでには解放するから安心しなさい。」

「なるほど。わざわざありがとう吹寄!!おかげで補習を免れそうだぜ!」

そう言う上条を見ると嘘をついてしまったという自責の念に少し駆られるけど、

鈍いこいつにはこのくらいが丁度いいだろう。

246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:45:33.47 ID:FiV9kqay0
かわいいなぁ吹寄

247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:47:02.85 ID:OF1rGzsc0
オレ吹寄と結婚するわ

248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 22:59:11.24 ID:jZrAASPW0
原作でも吹寄はいつ陥落してもおかしくないよな

249 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:00:59.07 ID:N9nZaVhK0
クラスの女子全員が上条さんに惚れてるとかまじかよ


250 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:05:57.93 ID:3/S8lvTq0
周りの女子全員に惚れられてたらそりゃ鈍感にもなるわな
フラグ立てられるのがもはや当たり前なわけだから気付くものも気付かん

251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:07:32.64 ID:9eRcOFIV0
>>249
8人目の超能力者
上条当麻 フラグとかいうレベルじゃない

252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:23:29.50 ID:gNsbWvzu0
追いついた支援

253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:26:21.26 ID:hM4R71+m0
>>1がんばれ!

254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:36:54.28 ID:W2XywL/ZO
しえん

255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:45:35.67 ID:KNwQw79x0
>>251
上条さんが超能力者って本当?

最新刊まだ読んでねえから分からないけど

256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:49:08.02 ID:SVqy1cdtO
巨乳目録……確かに乳首がなさすぎるな

257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:50:00.79 ID:YKVgzK0v0
>>250
なんかすげえ納得してしまった
異常が当たり前になったら普通がわからなくなるってのはあるなと

258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:51:34.36 ID:1pQNA3rC0
幸福が日常になったら幸福を幸福と感じないとかたまに見るけどそれと同じだな

259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:51:45.97 ID:9eRcOFIV0
>>255
いやいや比喩の一種であって…

260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/03(木) 23:52:09.48 ID:aM/fgUhs0
つまり上条爆発しろってことだな

261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:11:12.05 ID:4GiBO7KI0
学園都市の女全員が上条さんに惚れるのもそう遠くないな
そしてその状態になっても一切気付かない上条さん

262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:15:33.19 ID:WRrUghim0
そして日曜日。時刻は11時30分。

約束していた時間より一時間半遅れて家のベルが鳴らされた。

ドアを開けると体中に擦り傷やら歯型などがついている上条が立っていた。

「遅れてすみませんでしたぁ!!」

上条は私の姿を確認するや否やものすごい勢いで頭を下げた。

私の家は上条の家からそんなに離れていないので簡単な地図を書けば、迷うはずもない。

満身創痍な体を見る限り、どうせまた居候に噛みつかれたり来る途中に人助けを何件かこなしてきたのだろう。

「はぁ・・・。もういいわよ。貴様のことだからこうなることは目に見えてたから。」

「本当に申し訳ないです・・・。」


263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:20:28.86 ID:6IxghEaK0
世界中の女が惚れる予感

264 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:21:00.95 ID:3PTnjqoeO
支援

265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:25:33.99 ID:WRrUghim0
「じ、じゃあお邪魔します。」

「ちょっと待ちなさい。」

「は、はいなんでしょうか?」

上条の体のあちらこちらに無数の擦り傷があり、とても放置できるような状況ではない。

「傷口を放置しているとそこから細菌が入って、感染症や破傷風なんかになりかねないわ。」

「いやいやそんな大げさなけがじゃ・・・」

「消毒するわよ。こっちに来なさい。」

266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:26:29.35 ID:62K1eN5Q0
全裸待機

267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:30:55.95 ID:2cHFc7a50
風邪引いた

268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:34:02.70 ID:WRrUghim0
ひとまず私は上条を洗面所に引っ張ってきた。

「あれ?消毒するんじゃねぇのか?」

「まずは傷口を水で洗い流さなきゃいけないでしょうが。ほら腕を出しなさい。」

「あ、ああ。」

水道に腕を近づけさせ、私は蛇口をひねった。当然勢いよく水が流れてくる。

「いってぇぇぇぇ!!めちゃくちゃしみるな!」

「だらしがない!男でしょうが!我慢しなさい!!」

私はそう言って上条の背中をはたいた。

269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:35:48.29 ID:DS7o/gYS0
しみるほどの傷口をつくるインダストリアルさんマジカニバ

270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:41:40.94 ID:EzlCaTWH0
吹寄が傷口をペロペロすればいいのに

271 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:42:06.56 ID:WRrUghim0
「いてぇぇぇぇぇ!!せ、背中はちょっと勘弁していただけませんか!?」

軽くはたいただけなのにどうしてこうも痛がるのだろう。尋常じゃない痛がり方である。

「・・・!?まさか貴様っ!上条!ちょっと上着を脱ぎなさい!!」

「え?女性からそう言われると何やらいやらしい響きがするのですが・・・。」

「いいから!!」

上条は渋々上着を脱ぎ、上半身が露わになった。

なかなかいい体してるわね・・・じゃなくて!!背中には深い傷はないにしろ無数の傷が刻まれていた。

「上条・・・。一体外で何をしていたの?」

272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:48:51.51 ID:xS/o0xaX0
>>216
ありがとう

273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:50:01.70 ID:WRrUghim0
「えぇと・・・チンピラとケンカを少々・・・。」

いつものように気まずそうな表情で言う上条。

「また絡まれているひとを目撃して、自分の身をいとわず助けに入ったってわけね。」

「今回のチンピラの中には風を操る能力者がいたもんでこういう傷を・・・。」

私は深いため息を一回ついた。

「しかしまぁ貴様という人間はぶれないわね。そういうところだけは認めてやるわ。」



274 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 00:59:33.82 ID:/dhDoqLa0
         \:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          >.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::/i:::::::::::::::::::::::::::::::::::::: /.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::丶、
        ,...:´::::::::/.:::::::::::::::::::::::::::::/ |::::: ハ::::::::::::::::::::::::::/ !::/.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::>
          ̄ ̄/.::::::::::::::::::::::::::::/l/ >|:/ |:iハ:::::i:::::::::/ j/ハ::::/!::::::::::::::::::::::::<
        /.:::::::::::::.イ:::::::::::::/<でうラ'ヘ`}:ト::∧:l::::/厶イ´.::::∨::|:::::::::::::\ー―一
          ー‐ァ.:::::::::{ 厶イ:::ハ/  `ニ ノ.:::jノ.::::::八/.:::'でうラヽ/.:::|:::::::::::::::::::\
         /___::∧ (|/   〈::::::::::::::::::::::://.:::::::::::::ー一'.:::::::j/!::::::::::\ ̄
           /.:::::ハ ∧    \::::::::::::::/  {::::/ ̄ ̄\::::::::::/ }:::::::「 ̄
          ∠::::::::::::八 :.       \:::::/   }::j\    /.::::::/ ∧ハ|
           厶イ:::::::::ーヘ            ´/ノ.::::::\_/.::::::/イ  }
            ノイ::/i:::ハ         {:::::::::::::::::::::::::::∧丿
                |/  |::::::|\     , -‐='::、::::::::::::::::::::/
                  x≦ハ| ::\     ー‐.:::::::::::::::::::/
                 / ∨//|  ::::\    `7.::::::::::::.イ\
              /   ∨/j   \:::\  ;::::. .<:::::'///\
             /     ∨′   \:::::: ̄::::::::::::::::'/////⌒ヽ、
            /         >x:::.、   \::::::::::::::::::::{'/////////\

275 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:01:14.52 ID:WRrUghim0
「それは褒められてるのか・・・?」

「上条にしては高評価だと思うわよ。感謝しなさい。」

「はぁ・・・。ところで俺はいつまで裸でいればいいんでしょうか?」

「貴様はさっきのケンカで体中傷だらけだからそのままシャワーを浴びなさい。」

「え、えぇぇぇっ!?」

「服は洗濯しておいてあげるわ。あぁ、代わりの服は私の体操服でも用意しておくから。」

「ち、ちょっとそれは色々まずいような気がするんですがっ!!」

「・・・貴様は何かいやらしいことを考えているわけ?」

「いえいえっ!!滅相もございません!御好意に甘えさせてもらいます!!」



276 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:09:38.33 ID:0J6L5pyA0
えなり「先にシャワー浴びてこいよ!!」

277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:12:18.61 ID:WRrUghim0
これで服の貸し借りという名目でまた上条に会うことができる。

私はこうでもして上条とのつながりを作りたいのかと、自分が惨めに思えてきた。

しかしそう思うまでに上条のことが好きになってしまっているのだ。もうどうしようもない。

こんなことを考えててもどうにもならないし、とりあえず私は上条のために作った昼食のカレーをあたためなおすことにした。

278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:16:12.58 ID:S0y97LB40
僕も吹寄制理さんの体操服着たいです><

279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:16:27.47 ID:DS7o/gYS0
なんだよ吹寄可愛いじゃないか

280 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:18:04.31 ID:RTMskPBB0
なーにを今更

281 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:18:33.25 ID:WRrUghim0
「ただいまあがりました。」

「じゃあ消毒するわよ。」

「そういえば元々消毒するために洗面所に行ってたんだよな。すっかり忘れてたけど。」

私は上条の上着を脱がせ、消毒液をガーゼにつけ体中に塗ってあげた。

その間上条はひたすら悶絶の声を上げていた。

「はぁーすげぇしみたよ。」

「貴様はいちいち声がうるさいのよ。」

「すみません。」

282 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:19:58.52 ID:M43cyWiH0
誰だよ色気ないとか言った奴は

283 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:21:54.23 ID:WRrUghim0
/.:.:.:.:.:。.:.:.:.:.:/.:.:.:.:.:.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.:.: ヽ.:.:|:|.:.ヽ
              /.:.:.:./.:.:.:.:.:.i/.:.:./.:.:./.:..:|.:.:.i|.:.:.:.:.:.:.:Y:|.:.:.:.
             ,.:.:o i .:.:.:.:.i.:|.:.:./.:.:./.:./:i|.:.:.i|.:.:.:.:.:.:.:.:.:|:|.:.o.i
              i.:.。:.:.|.:i.:.:.:.l.:l.:./.:.:./.:./ i|.:.:.i|ヽ.:.:.:.:.:.:.:|:|.:.:.:.|
              |.:.:.:.:.|.:|.:.:.:.l.:|/.:∠:イ_/|.:.:.i| ,>ミ、:.|:|.:.:.:.|
              |.:.:.:.:.|.:|.:.:.:.l/,>ァそミ7八 :.i| xテ斥_|.:.:.小
              |.: 〃|.:|.:.:.:.li ゝ Vzり '   \   Vソ |:|ヽ.:.|
              |.:.{i |.:|.:.:.小    /     { ヽ     |:| ij.:.|
              |.:八_|.:|i.:.:.:|            '      |:|イ:.:.|
.           Y.:.:.|.:|l :ハ                   /リ i.:.:.|
              i.:.:.:.|.八.:.:人         _    ,:′.:.l.:.:.|
              |.゚: :.|i.:.:i\:少 、      ´ 〈ハ  イ.:.:.:.il.:o:.|
              |.:.:.:.|l.:.:|.:.:.:ト、.:. i> .   | |イ.:.:l.:.:.:.:|l.:.:.:.|
              |.:.:.:.|l.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:| x─====¬.:.:.:.|l.:.:.:.|
              |.: 。:|l.:.:|.:.:.:|.:.:.:.:| i | _        |.:.:.:.|l.:.:.:.|
              |.:.:.:.|/i.:.:.:| イノ /  `  、   |.:.:.:.|l.:.:.:.|
              |.://.: |.:.:.:| ゝ./  ,ィ= . __ )  :|.:.:.:八.:.:.|
           ,..:≪ /o/.:.:,イ .:.:ト、/  /    ーッ  :|.:.:.:.:.:.\ト、__
.     ,..:≪≫ ////.:.://|.:.:.:|:/    イ⌒≧=彳  :|.:.:.:.:.:o :∨\≧=ミメ、
.    ,ィ≫ " /////.:.:///|.:.: /  (_ ´ ̄ ̄ ̄ )  ト、.:.:.:.:.:.:.:.∨/,\  《ハ
    /》′ ∠/////.:.:/ 7/|.:./     , イ二ニ=≦  | ヽ .:.:.:。.:.V///\ '《 }


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:22:49.39 ID:62K1eN5Q0
>>274
ワロタw

285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:23:02.76 ID:k00yKSYi0
∧_∧         ミ ギャハッハッ ズレてる!ズレてる!
     o/⌒(. ;´∀`)つ
     と_)__つノ  ☆ バンバン


∧_∧
     o/⌒(゜Д゜ )つ
     と_)__つノ


∧_∧
     o/⌒( ゚д゚ )つ
     と_)__つノ

286 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:23:16.96 ID:35PfjEIoO
こんなかわいい子の存在に今まで気付かなかったなんて俺どうかしてたわ

287 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:23:52.51 ID:WRrUghim0
>>285
ミスったので張って欲しかった。ありがとう。

288 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:30:17.85 ID:WRrUghim0
消毒を終えた上条は目の行きどころがないようでそわそわと部屋を見まわしていた。

「上条!人の家の中がそんなに珍しい!?」

「い、いやそんなことはないぞ!ただ女の子の部屋に入った経験があまりないもんだからさ、落ち着かないんだよ。」

「っ!!」

学園都市最大の朴念仁である上条当麻に、異性としてはっきりと意識されていた。

不覚にも私はそのことをとてもうれしく感じてしまった。

289 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:37:09.75 ID:7wRhLXd60
といっても健康グッズで埋もれてるだろうがなww

290 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:44:34.72 ID:WRrUghim0
「しかしだな吹寄・・・ここにおいてある“伸縮性高枝切りバサミ”って一体いつ使うんだ?」

「そ、それは何かと高い木になっている果物をとるときに便利かと思って・・・。」

「ここ学園都市だぞ?」

「・・・。」

「あとこの“LEG MAGIC”ってなんだ?」

「それは簡単に美脚エクササイズができるトレーニングマシーンよ。」

「最近これいつ使ったか?」

「・・・三か月前。」

291 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:51:59.45 ID:WRrUghim0
ちくちくと痛いところをついてくる上条。

「私が通販にぼったくられ、そこそこ値の張る商品を買って、数回しか使わずに部屋の隅に放置されてたって貴様には関係ないじゃない!!」

「いやまぁいいんだけどさ・・・。それよりこのLEG MAGIC、使わせてもらえないか?」

「え?まぁ別に構わないけど。」

「一度こうゆうベタベタな通販商品使ってみたかったんだよな。」

292 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 01:55:55.24 ID:0hfxmT5YO
>>141
ワードの文字カウント5万字だったから、書き直す気も失せたよ
テンション下がるとかのレベルじゃないし

吹寄かわいいよ吹寄
支援

293 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:00:05.09 ID:5bPStvgAO
俺の中で吹寄株急上昇中
可愛いなあ

294 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:00:43.50 ID:WRrUghim0
そう言うと上条はLEG MAGICにまたがり使用し始めた。

これは最初はいいと思うのだけど、段々飽きてきて使わなくなる。

典型的な通販失敗例なのだ。

しかし、私はこのとき完全に忘れていた。上条当麻の不幸体質のことを。

「おお!吹寄!!これなかなかいいじゃねぇか!何で使わないんってうぉぉ!!」

思い出した時にはすでに遅し。マシーンごと上条の体が倒れかけていた。

295 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:01:47.02 ID:WRrUghim0
参考画像

LEG MAGIC
http://www5d.biglobe.ne.jp/~qiaomiho/diarypro/data/upfile/72-2.jpg

296 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:04:44.96 ID:62K1eN5Q0
不幸といえど
なんか上条アホの子みたい

297 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:08:06.75 ID:S0y97LB40
>>1ちゃんはそんな典型的な通販失敗作買っちゃったのかな?
かわいいなあ;;prpr

298 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:21:56.61 ID:35PfjEIoO
>>291
ベタベタ・・・だと!?

299 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:26:13.57 ID:WRrUghim0
急いで駆け寄ったが間に合わず、例のごとく上条は私のほうに飛び込んできた。

「きゃっ!!」

私はその反動で勢いよく後ろに倒れてしまった。にも関わらず、痛みをあまり感じない。

どういうことか、目を開けて状況を確認してみると上条が私の後頭部や背中に腕をまわして保護してくれたようだ。

しかし、この体勢は一見して男女が抱き合っているようにしか見えないわけで・・・。

上条はやはり男らしさを感じる引き締まった肉体をしていた。

それにこういう状況にも関わらずなんだか抱きしめられていると安心してしまう。

300 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:32:29.14 ID:WRrUghim0
私は心地よい感触を堪能していたがそれも束の間、上条はものすごい勢いで私から離れ、慣れた動作で土下座の姿勢に入った。

「すいませんでしたぁぁ!!」

土下座を終えた上条はすぐさま防御姿勢に入った。

一連の流れがものすごいスピードで行われた。

彼が今までにどれだけこういう事態に陥っているかというのを思い知らされる。

301 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:39:48.37 ID:WRrUghim0
いつまで経っても私の攻撃がこないことを不審に思った上条が防御態勢を解いて話しかけてきた。

「な、殴ったりしないんでしょうか?」

「どうせこれも貴様の不幸体質のせいなんでしょ?いちいち付き合ってられないわよ。」

「ふっ吹寄っ!!この体質を理解してくれるとは・・・。俺にはお前が天使に見えるぞ!!」

そう言って上条はわざとらしく涙ぐんだ。

302 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:40:30.02 ID:WRrUghim0
ちょっと何書いてるかわかんなくなってきた。いったん寝てもいいっすか?

303 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:42:55.08 ID:ZcTjF6sg0
は?

304 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:43:22.55 ID:k00yKSYi0
じゃパンツ履いていいですか?

305 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:44:06.71 ID:0J6L5pyA0
おいおいおいおい



え?

306 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 02:50:46.59 ID:S0y97LB40
俺にはわかるから続けろください

307 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 03:22:38.35 ID:WRrUghim0
「う、うるさいわね!!貴様が色々余計な手間をかけさせたせいでもう昼じゃない!」

「うっ・・・。ま。まぁそういや腹も減ってきたな。」

「感謝しなさい上条当麻!!今日はテストに臨む貴様のために私が直々にご飯をつくってあげたわよ!!」

「な、なんだと・・・。」

上条は呆然とした表情を浮かべている。一体どうしたのいうのか。

「不幸なはずなこの俺にそんなハッピーイベントが起きていいのか?」

「もしかしてこれから起こる不幸への布石なんじゃ・・・。」

そういう風に思ってくれるのはありがたいが、ネガティブ過ぎて考えが不穏な方向に向かっている。


308 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 03:23:12.28 ID:ZcTjF6sg0


309 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 03:26:14.40 ID:62K1eN5Q0
かぁいぃなぁ〜吹寄

310 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 03:27:45.56 ID:McQt5+Dd0
>>307
吹寄をディスったらぶちころがすぞ(´・ω・`)

311 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 03:31:58.62 ID:WRrUghim0
「上条!!そんな余計なことを考えずに今はただ無心に食らえばいいのよ!」

「あ、あぁそうだな!せっかく吹寄がつくってくれたんだもんな。本当にありがとう。」

私はそう言われるとキッチンに向かった。

もちろんカレーをとりに行くためではあるが、先ほど言われたセリフでにやけてしまった自分の顔を隠すためでもあった。

312 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 03:36:23.78 ID:S0y97LB40
吹寄さんのカレー味のうんこを上条さんにぶちまけるんですねわかります

313 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 03:45:59.22 ID:SaTAfj5q0
吹寄さんがカレーのルーを乳首に塗りたくってるんですね、わかります。

314 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 03:52:12.62 ID:WRrUghim0
「さぁ存分に味わいなさい!!この美味さに貴様は思わず身もだえすることのなるわよ!!」

「テストに勝つ!!でカツカレーか!!吹寄らしいな。」

そう言ってほほ笑む上条の横顔は私にとってとても魅力的に映った。

「では早速!!いただきます!!」

上条は言葉通り凄まじい勢いでカレーを食べ始めた。

「うまいっ!!これめちゃくちゃうめぇよ吹寄っ!!」

「と、当然じゃない!それより貴様・・・もう少し落ち着いて食べられないの?」

315 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 03:58:50.75 ID:62K1eN5Q0
あーんとかはまだか
早くイチャイチャ√に入って欲しいぜ

316 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:03:36.84 ID:WRrUghim0
「ふぅーくったくった。ごちそうさまでした。実にうまかった。」

カツカレーをあっと言う間に平らげた上条はしみじみと感想を述べた。

「ありがとう吹寄。わざわざ俺のためにつくってくれて。」

「も、もうお礼はいいわよ。」

「さぁ上条!!胃も満たされたところで勉強を始めるわよ!!まずは頭を働かせるためにこの頭の回転が速くなる・・・」

「その飴どんだけ俺に食わせたいんだよ!!」



317 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:13:43.67 ID:Ps5ID35Z0
超絶支援



ってか俺も寝たいんだけど・・・・・

318 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:23:15.82 ID:3IJcQFWJO


319 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 04:52:44.57 ID:0hfxmT5YO
絶対保守

このスレは残すべき

320 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 05:42:27.27 ID:rJTdEMaM0
捕手

321 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 06:25:55.29 ID:rJTdEMaM0
p

322 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 07:27:26.85 ID:PHBG5tD6O


323 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 07:39:18.47 ID:suA/7t9H0


324 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 07:59:40.38 ID:bqs0evfR0


325 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 08:01:10.85 ID:i7LppoAZ0


326 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 08:02:39.10 ID:C4Ci5bH+0
ティ

327 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 08:03:04.01 ID:7qQE5qY+O


328 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 08:36:46.09 ID:MU6j1jvD0
上条さんハンパネェッス

329 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 09:28:34.38 ID:bqs0evfR0


330 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 09:44:32.88 ID:9rdfuXdcO


331 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 10:04:05.97 ID:P9PY4Asg0


332 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 10:21:47.03 ID:Ka4u7mmf0


333 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 10:45:20.16 ID:lw8FKm+pi


334 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 10:48:18.02 ID:tZbQQa5m0


335 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 11:38:59.93 ID:dz16meU10
>>329-334
ワロタwww


336 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 11:42:15.87 ID:bqs0evfR0


337 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 11:43:46.91 ID:QiPjhnRH0


338 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 11:49:55.56 ID:DS7o/gYS0
素直に保守って書けよ

339 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 11:57:01.65 ID:QWY4gB1R0
こりゃ面白いや!!
続き待ってるぜ!

340 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 12:30:09.62 ID:Rl6fx/nl0
>>1の書き方のスタイルなのかも知れないが、吹寄の一人称視点だけじゃなくて地の文もいれたほうが禁書らしくなる気がする。
支援

341 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 12:40:32.13 ID:DS7o/gYS0
禁書らしくする必要はないと思うの

342 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 12:53:00.78 ID:gbka54ZH0
支援するしかない

343 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 12:59:32.10 ID:QWY4gB1R0
さあアレイスター、幻想殺しを
魔術サイドに取られたくなかったら、
このスレを支援するんだ!!

344 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 13:30:54.58 ID:HYEmGhfS0










345 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 14:09:46.94 ID:QWY4gB1R0
 私の。出番は。

346 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 14:19:58.73 ID:WRrUghim0
勉強を始めてから特にこれと言った雑談も交わすことなく、ひたすらに勉強をしていた。

上条が問題を解き、わからない部分を私が解説して丁寧に教えていく。

ただそれだけのことが私にとって幸福だった。

たとえどういう形であれ、上条と二人きりで過ごす。

それが私にとって一番重要なのだ。

347 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 14:20:31.28 ID:4wxSvm1+0
しえんぬ

348 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 14:24:09.16 ID:3sGsGOgIO
きたか

349 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 14:35:03.90 ID:WRrUghim0
「ん?もうこんな時間か。そろそろ帰らねぇとインデックスが怖いな・・・。」

「ま、まぁこのくらい勉強すればもう大丈夫そうね。」

楽しい時間はあっと言う間に過ぎてしまう。

「上条!間違っても今日は徹夜で勉強とかするんじゃないわよ!睡眠不足は敵なんだから。」

「あぁ。わかったよ。今日は何から何まで悪かったな。」

「まったく貴様というやつは一時間半も遅刻するし・・・」

「うわぁホント悪かったって!!蒸し返さないでくれ!!すみませんでした。」


350 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 14:36:09.87 ID:kfgaHCzzO
支援

351 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 14:44:49.38 ID:WRrUghim0
「じゃあ帰るわ。今日は本当にありがとう。」

「きっ貴様は何回お礼を言えば気が済むのよ!!」

それほどまでに上条が感謝しているというの伝わってきてとてもうれしい。

今気付いたが、私は尽くすタイプの女なのかもしれない。

「あーあと、もうひとつ。」

上条は何やら言いづらいことを言おうとしているようで口ごもっている。

「こ、こう言ったら勉強を一生懸命教えてくれた吹寄は怒るかもしれないんだけどさ。」

「なんか俺今日楽しかったわ。」



352 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 14:52:20.78 ID:WRrUghim0
自分の顔が一気に熱を帯びていくのがはっきりとわかる。

恐らく今私の顔はゆでダコのようになっているだろう。

私が感じていることを上条も感じていた。この事実が嬉しくてたまらない。

しかしそれと同時に、恥ずかしい感情も湧き出てきてどうしていいかわからない。

「じ、じゃあな!!また明日学校で!!」

私が何も言えず、口をぱくぱくさせていると上条は足早に出て行ってしまった。


353 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 14:53:20.18 ID:LQ4JxiO60
C

354 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 15:13:33.81 ID:WRrUghim0
翌日。私はいつものように早めに登校した。

今日はテスト当日だけど、上条はちゃんと起きれているだろうか。

そんなことを考えながら教室に入ると、上条はすでに自分の席に着席しており勉強をしていた。

「こんな早くに登校なんて貴様にしては珍しいわね。」

「おお吹寄、おはよう。テスト当日くらい早起きして朝から勉強しようって考えたわけですよ。」

「中々殊勝な心がけね。テスト中に寝るんじゃないわよ。」

「大丈夫だ!昨日は吹寄の言うとおり早めに寝たからな!」

355 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 15:42:09.59 ID:5bPStvgAO
支援

356 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:03:53.34 ID:WRrUghim0
テストが始まったが私は上条のことが気がかりで、自分のテストにあまり集中できなかった。

ちゃんと落ち着いてテストに臨めているだろうか、私が教えたところを覚えているだろうか。

そうこうしている内に最初のテストが終わってしまった。

「吹寄ぇぇっ!!」

驚いて振り向くと上条が私の席まで駆け寄ってきていた。

「な、なんなの?騒々しいわね。」




357 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:08:06.05 ID:F91ADasqO
これは支援

358 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:13:27.00 ID:3NKvRszDP
続けろ

359 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:15:33.06 ID:lRbyw3mF0
スレタイで吹寄が何言おうとしてんのか分からないんだけど

360 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:17:49.02 ID:WRrUghim0
「俺は今までにないくらいに感動している!!問題がことごとく解けてしまうんだ!!」

「あれだけ勉強してとれないほうがおかしいわよ。」

上条に対しては思わずそう言ってしまうが、私はほっとしていた。

いつもの不幸体質が出なくてよかったと。

冷静に考えれば、今回のテストは下手に山を張ったりせず満遍なく勉強したため解けるのは当然のことだった。

それからというもの上条は、テストが終わる度に私の席にきてどれほどの手応えがあったかを熱弁してきた。

うれしそうに語る上条をたしなめているものの、私はそんな上条が愛おしいとまで思うようになった。

361 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:18:54.38 ID:V27eQ7wKO
吹寄ちゃんマジでこ天使

362 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:27:02.24 ID:8ZEnD6k+0
このままの流れでいいぞ

間違ってもエロにいくなよ?
いいか、エロにいくなよ?

363 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:30:42.19 ID:3NKvRszDP
絶対にエロに行くなよ
絶対だぞ

364 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:31:18.44 ID:WRrUghim0
テストも全日程を終え、成績が発表される日がやってきた。

「吹寄・・・。いよいよこの時がきてしまいましたよ・・・。」

「貴様はここにきてなんてだらしがない表情を浮かべてるのよ。あれだけ自信満々だったじゃない。」

「いや、いざ成績発表となると名前書き忘れたような気がしてきて・・・不幸だ。」

上条の不幸体質が発揮されないことを祈るばかりだ。

365 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:36:47.43 ID:WRrUghim0
テストが終わってからというもの、上条と私はよく談笑するようになった。

その光景をクラスメイトが見て、最終防衛線がぶち破れた、などと話していたがなんのことだかさっぱりだ。



366 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:38:06.69 ID:WRrUghim0
>>364の前に>>365を入れ忘れた

367 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:42:34.66 ID:tZbQQa5m0
最終防衛戦がなくなったいま上条さんにとってはフラグが立っていることが通常になったってことか・・・

368 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:44:10.56 ID:OYs6rLqKi
吹寄ちゃんマジデコっぱい天使

369 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:46:13.79 ID:4wxSvm1+0
デコっぱい
略してデっぱい

370 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:46:48.65 ID:WRrUghim0
教壇に立つ小萌先生が言う。

「では今回も補習組を発表していきたいと思います!!」

「どうせ今回も俺たちの三人で決まりだにゃー。」

「僕なんか小萌先生の補習を受けるためにわざと悪い点とってるくらいやからね。」

「・・・ふっふっふ。」

各々が好き勝手話している中上条が薄気味の悪い笑い声をあげる。

「な、なんや上やん。補習の受け過ぎで頭おかしくなってしもたんか?」


371 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:51:18.32 ID:OYs6rLqKi
これで補修じゃなければ吹寄ちゃんマジ開運天使
あげ○んとも言うが

372 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:54:03.77 ID:WRrUghim0
「土御門、青ピ!!今回の俺は一味違うぜ!!俺がまた補習を受けると思ってるなら、まずはそのふざけた幻想をぶち殺す!!!」

「上やん。そのセリフ果てしなくダサいにゃー。」

「はいはい、静かにするのですよー。まず一人目は青髪ピアスちゃん!!」

「やったでー!!」

「そして二人目、土御門ちゃん!!」

「まぁ妥当だにゃー。」


373 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:55:29.78 ID:jlNpXsUR0
よっこいしょhttp://beebee2see.appspot.com/i/azuY4-O8Aww.jpg


374 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:56:38.12 ID:bmDGoHpP0
吹寄一番でかくね?

375 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:58:03.74 ID:2Zsl948wO
>>373
ガンジーでも助走つけて射精するレベル

376 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:58:25.41 ID:Or2zLjUS0
俺のオルソラが白ビキニ・・・・だと・・・

377 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:58:39.39 ID:bhqBxL330
下半身の描き方がヘタクソだな

378 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:59:35.89 ID:QiPjhnRH0
ねーちんよりでかいな

379 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 16:59:48.77 ID:WRrUghim0
「・・・以上なのです。」

「・・・え?先生上やんの名前を言い忘れてるんやないですか?」

「上条ちゃんは今回補習は無しです!!先生は上条ちゃんの頑張りに感動しました!!」

「・・・いよっしゃぁぁぁー!!!」

上条は勢いよく席から立ち上がり全身で喜びを表した。

上条が補習を逃れるなんて・・・と周りは驚愕の表情を浮かべている。

「まさかこれもなんらかの魔術が影響しているのか・・・。」

土御門に至っては普段の口調を忘れて意味不明なことを言っている。

380 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:00:42.86 ID:EzlCaTWH0
土御門www

381 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:00:48.24 ID:cFacXrJM0
>>373
禁書「…」

美琴「…」

小萌「…」

382 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:01:45.70 ID:QWY4gB1R0
土御門「おのれ魔術師!!」

383 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:01:53.75 ID:tZbQQa5m0
>>381
いや・・・おまえらじゃむりだろ・・・な?

384 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:09:09.15 ID:WRrUghim0
小萌先生はよほど感動したらしく延々と上条を褒めちぎっている。

「上条ちゃんはいつもダントツで成績が悪かったのに、今回は補習を受けるどころか上位の成績にくいこんでいたのですよ。」

「お、俺が上位の成績・・・涙がでそうだ!!」

「もう本当に先生は感動しちゃいました。ところで吹寄ちゃん。さっきからなんで立っているのですか?」

「え?」

私も上条と同じでうれしさのあまり立ちあがってしまったようだ。それに気付かないなんてもう重症だ。

「え、えっとトイレに行ってきてもよろしいでしょうか?」

「?ど、どうぞ?」

385 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:09:58.71 ID:fegAL30l0
吹寄・・・トイレ・・・・ふぅ

386 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:11:37.83 ID:QWY4gB1R0
吹寄……重症だなw
うんそのままつき進め!

387 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:12:00.47 ID:qjOcHTGuO
吹寄………制理…………


388 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:12:42.88 ID:62K1eN5Q0
ムサシノ牛乳パネェ

389 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:20:30.19 ID:WRrUghim0
その日の放課後。私は上条から声をかけられた。

「吹寄、今日一緒に帰らないか?」

「え!?べ、別に断る理由はないわよ。」

正直言って私は動揺していた。

今まで上条と二人きりというのは何回かあったが、肩を並べていっしょに下校なんてシチュエーションは初めてだったからだ。


390 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:21:34.12 ID:WRrUghim0
くそっあと少しで終わるのに!!

今から僕アルバイトぉぉぉぉ!!

391 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:21:54.40 ID:qT0QeyfMO
いつか同じタイトルでシェリー版がみたい

392 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:25:45.87 ID:cY1vcgp80
バイトは俺が代わりに出るから安心して投下しろ

393 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:26:44.58 ID:bmDGoHpP0
おい何時に再投下すんだよ

394 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:28:43.93 ID:1KfrMOIF0
遅いから画像漁って抜いたじゃん

395 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:34:38.30 ID:PAmK3Mlq0


396 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:35:02.71 ID:WRrUghim0
本当に申し訳ない。今日バイト始まる前には終わらす予定だったんだけど。

再開できるのは深夜になりそうです。


397 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:35:25.40 ID:4wxSvm1+0
はい

398 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:35:55.79 ID:Ps5ID35Z0
了解

399 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:40:10.59 ID:2cHFc7a50
お前らパンツは穿いたほうがいいぞ
俺みたいに風邪ひくから

400 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 17:40:27.56 ID:hUFj7Ju60
>>394
早くその画像貼れよ

401 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:00:49.67 ID:wlkKZ1m0O
agu

402 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:02:03.28 ID:DS7o/gYS0
死守

403 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:04:30.79 ID:F+L71d+t0
保守

404 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:17:00.79 ID:QiPjhnRH0


405 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:22:26.64 ID:cFacXrJM0


406 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:23:58.97 ID:cY1vcgp80


407 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:26:23.71 ID:VIdKFqi70


408 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:28:34.56 ID:qGIesBSV0


409 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:28:54.98 ID:wlkKZ1m0O


410 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:29:22.83 ID:X7NO/sDB0


411 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:31:02.01 ID:XuqfhvcO0


412 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:36:35.34 ID:X7NO/sDB0


413 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:38:19.02 ID:cFacXrJM0


414 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:40:37.61 ID:xgjpra0qO


415 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:41:17.13 ID:cY1vcgp80


416 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:42:38.04 ID:AeuBQKf50


417 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 18:47:38.07 ID:6IxghEaK0
保守うだ!

418 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:01:48.87 ID:A+sKGsoy0


419 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:03:39.62 ID:ROvRANZn0
GLAY

420 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:22:17.08 ID:xGbrVRBm0


421 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:22:53.18 ID:cFacXrJM0


422 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:24:28.00 ID:cY1vcgp80


423 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:25:49.13 ID:4wxSvm1+0


424 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:27:54.91 ID:k1Gru16d0


425 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:29:27.39 ID:cFacXrJM0


426 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:29:57.16 ID:4wxSvm1+0


427 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:31:24.31 ID:ROvRANZn0


428 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:32:14.49 ID:4wxSvm1+0


429 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:43:23.81 ID:2UG4EOz00


430 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:48:12.73 ID:MlqybWg0O


431 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:50:27.78 ID:k1Gru16d0


432 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:52:06.31 ID:cFacXrJM0


433 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:52:50.27 ID:wCPXutg+0


434 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:53:57.55 ID:qbymbZ3r0


435 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:58:36.42 ID:GrWG7y4O0


436 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:59:17.67 ID:cY1vcgp80


437 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 19:59:28.77 ID:+B88t8wT0


438 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 20:02:22.59 ID:cFacXrJM0


439 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 20:04:59.82 ID:8CIHB31p0
お前ら保守間隔とか何にも考えてないのな

440 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 20:07:26.33 ID:DUnLKWqA0
馬鹿なんだろ

441 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 20:08:29.03 ID:cFacXrJM0
数時間で埋まるわけないだろ

442 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 20:17:11.73 ID:6+KHndqn0
>>420-434
該当する相手がいねーよw

443 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 20:44:40.52 ID:w0B0xNBx0
>>442
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1296736163/104

444 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 20:56:12.61 ID:L/KeCMmu0
>>443
ゲェェェ
     ∧_∧
    (ill´Д`)
    ノ つ!;:i;l 。゚・
   と__)i:;l|;:;::;:::⊃
    ⊂;::;.,.';;;;'::.:.;::.⊃

445 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 21:19:50.39 ID:1YaotqrE0
>>441
お前頭悪いな

446 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 21:24:43.19 ID:cFacXrJM0
>>445
はぁ…

447 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 21:46:57.24 ID:PAmK3Mlq0
ふぅ…

448 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:13:33.02 ID:w0B0xNBx0
保守

449 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:29:28.57 ID:62K1eN5Q0
http://www.shuroka.com/image/to_aru_majutsu_no_index/fukiyose_seiri_025.jpg

450 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:41:50.45 ID:QzsmS9su0
>>449
誰?

451 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:44:26.43 ID:DS7o/gYS0
>>449
吹寄フォルダ作っちゃったわ

452 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:46:16.23 ID:Arw3G8NE0
        まあまあ
           落ち着いて
                , -─-、
               /     \
               l彡  ミ   |  + +
         + +   |  l     |  +
           +   | r──ァ  l +
             +  | l__ノ  /         nnn
  nnn          ヽ____ノ       | | | |n
 .n| | | |          _ノ   ヽ_     ,、| - l
  ! - レヽ       /         \   ヽ ヽ _ノ
  ヽ / /      /            ヽ  ./  /
   \  \    /   /l        |\  \/  /
     \  \  /   / .|       .|  \    /
      \  ヽ/  /  l          l   \_/
       \   /    |       |
         ` -´      |        |
                |       |
               /          |
                /   ∧   |

453 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:46:34.32 ID:cY1vcgp80
>>449
ありがとうございます
妹も大変よろこんでいます

454 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:49:43.77 ID:rmXInYvD0
>>449
可愛さのあまり鼻血が出た

455 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 22:57:38.70 ID:B1XVOj4E0
>>449
俺の学級委員長がこんなに可愛いわけが(ry

456 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:00:10.83 ID:pdwycRLLO
吹寄と上条がくっつくときはなんか上条の方から告白しそうと思うのは俺だけか?

457 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:03:07.01 ID:XuqfhvcO0
>>449さんのおかげで彼氏が出来ました

458 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:03:08.44 ID:oTSvaM8b0
吹寄「はい実行委員通りま〜す 今ここを実行委員が通っていま〜す」

459 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:28:14.81 ID:gdNGwooTO


460 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:45:02.57 ID:62K1eN5Q0


461 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/04(金) 23:45:12.86 ID:obWdjN8i0
    /::::/         /:::|        `':,\
                              //         |:::::|          `ヽ人_
                           ミ   ;:'、,:"';、;"  彡   |:::::|            ̄`Y´ 
                          ミ     ,'""/,';゙  彡  |:::::|
                 ┛┗          三    "/  /    三   | ::::|
                 ┓┏   ___\  三    /  /      三   |::::::|
                  -=≠:'´::::::::`ヽ:\    /  /     ミ    |:::::::|
               ,;::'´/::::::::::ミ^">::::ヽ  /  /            |::::::::|
                  j{/::x -y''´-=|-:-:::::::'; /  /           |:::::::::|
             -=彡:::::::{ d'" { rト=ニ ::::::}/  /              |::::::::::|
               /:_::::::: ∧xく\ー∠斗_/ ,:/            /:::::::::/
           ー'⌒/::_::::::::::ヘ、ヾ \ {_ケ'′ 〃              /:::::::::/
              ̄/:::::ノ/ \ヾノ/" /                 /:::::::::/
             ∠:::::イr/_彡77"  /             /:::::::::/
              / { ̄〃  { { / /             /:::::::::/
             〃コ  j/   ヾ、_,/            /::::::::::/
             {{  彡       `7           /:::::::::::/
          _   ハ-=彡      /′         /:::::::::::/
        /ヘ _〈 ̄       /          /:::::::::::/
        {= /⌒ヽ         /            /:::::::::::/
        ∨    }.   /  /         /:::::::::::/
        /"     ∧     /        /:::::::::::/
          /    /∧;ヘ、   ./      /:::::::::::/
       /    /ノ/xヘ\ /     /:::::::::::/
.      /    /彡'   \V    /:::::::::::/
     /   ./二ニミ.   /   /:::::::::::/
.    /   /'"´   \/    /:::::::::::/
    /    /     /   ./:::::::::::/

462 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:00:03.34 ID:OmaIlDce0
00:00:00:00

463 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:07:35.64 ID:AohY+f5I0
保守

464 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:20:45.32 ID:gR8qn4kv0


465 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:34:59.84 ID:z4eGWpZ30
まだか

466 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:35:47.51 ID:dTj+TGHb0
>>461
今良いところなんだからすっこんでろ

467 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:40:24.27 ID:pAdW0gQ50
しゅ

468 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:49:26.88 ID:pYE1wlKuO
>>1登場

469 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 00:55:52.53 ID:AohY+f5I0
保守

470 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:15:33.69 ID:4CcRgKPd0
まだか?
あーでも催促するとか俺無粋な奴だな……

471 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:16:07.99 ID:M9tXbXrH0
はやく・・・来るんだっ・・・・・!

472 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:17:58.23 ID:i0hI6PSo0
保守にしてもペース速すぎじゃない?

473 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:19:31.02 ID:Gy8+EE+Q0
バイト前に終わる予定だったらしいし埋まる事はないだろ

474 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:19:53.12 ID:79+6Bukz0
どうせ保守感覚とか知らないやつばっかなんだろ

475 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 01:41:31.18 ID:MQGHL4Ay0


476 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:01:20.55 ID:AohY+f5I0
保守

477 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:03:59.78 ID:k4vELWBmO
吹寄がメイド服着る展開マダー?

478 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:20:36.11 ID:IF81PjKB0
保守

479 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:35:22.46 ID:MQGHL4Ay0
保守

480 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 02:56:22.85 ID:AohY+f5I0
保守

481 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:02:03.12 ID:G2khocaF0
まだだ、まだ終わらんよ!

482 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:23:42.56 ID:+Xn/I7Xy0
あsdfg

483 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:34:55.17 ID:Bt9mJqO30
野菜生活からシャア専用赤い野菜生活 発売
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/yasai/1267005898/

484 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 03:40:49.82 ID:gAdKWwgp0
ほしゅ

485 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 04:19:56.40 ID:0uboEf1jO
深夜どころか明けるぞ

486 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 04:20:25.82 ID:l8AJ6oP50


487 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 04:52:50.95 ID:M9tXbXrH0
クソッ・・・いつまで裸待機してればいいんだ

488 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 05:12:37.78 ID:v8tKCKQUO
夜勤保守

489 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 05:34:46.18 ID:YXRImq8l0
「いやぁまさかこの俺が優秀な成績をおさめるとは・・・未だに夢のようですよ。」

隣で歩く上条は感慨深げに呟いている。

「勉強したらした分だけ結果が伴うのは当然のことじゃない。いかに貴様が今まで勉強してこなかったかということね。」

「うっ。返す言葉もございません。」

「まぁでも貴様にしては頑張ったんじゃない?」

私がそう言うと上条は顔を横にそむけた。

ちらりと見える頬が赤く染まっているのがわかる。褒められて嬉しいのだろうか。

「今さら何を照れてるのよ。」

「い、いや、吹寄が素直に褒めてくれることって中々ないからな。」

490 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 05:37:52.36 ID:YXRImq8l0
深夜っていってたのに明け方になってしまってすみませんでした。

491 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 05:45:57.93 ID:i0hI6PSo0
待ってたよ支援

492 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 05:47:46.37 ID:IF81PjKB0
待ってたぜ
だが寝る。頑張って

493 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 06:20:38.18 ID:XcPdBGmJ0
寝ちまったか?

494 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 07:03:34.98 ID:YXRImq8l0
「これで俺もしばらくは根詰めて勉強する必要がなくなったわけだ。」

その言葉を聞くと私は胸が苦しくなる。

その言葉は私と上条とのつながりが薄くなることを意味するからだ。

「ぬるいわよ上条当麻!継続は力なり!これを機に勉強を習慣化しなさい。」

「もちろんそれなりにはするつもりだぜ。吹寄先生のおかげでたった数週間の内に俺の意識ががらっと変わりましたからね。」

「か、感謝しなさいよね!!」

「感謝してるからこう言ってるのですが・・・。」

段々照れ隠しが下手になってきているなぁと我ながら思ってしまう。


495 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 07:19:07.01 ID:YXRImq8l0
そうこうしている内にいつの間にか私は家に到着していた。

「わざわざ悪かったわね。家の前までついてこさせて。」

「いやいや、誘ったのは俺なんだから気にするなよ。それに俺がいないと吹寄がチンピラに絡まれたりするかもだろ?」

「貴様といるほうが絡まれる確率が高まりそうなんだけど。」

「な、なかなかドギツイことをおっしゃる・・・。」

「それじゃあね上条。」

私はこれ以上上条といっしょにいると延々と話し続けたくなってしまうので、あえて自分から別れを切り出した。



496 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 07:50:12.97 ID:pdtUXRTSO
支援

497 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 07:53:38.93 ID:gR8qn4kv0
しえん

498 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:06:02.88 ID:YXRImq8l0
「おお、じゃあな。勉強教えてくれてありがとな、あと昼飯もごちそうしてくれてありがとう。」

「あとでカレー代請求するから。」

「ま、マジですかっ!?」

「冗談よ。じゃあね。」

そう言われると上条は安堵した表情を浮かべ、私に力なく手を振った。

そのまま私の姿が見えなくなるまで上条は手を振り続けてくれた。

私の

499 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:07:24.22 ID:YXRImq8l0
>>498
最後の「私の」はミス

なんか怖いな

500 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:11:40.79 ID:YXRImq8l0
自分の部屋に入ると、私は急に寂しくなった。

空虚な気持が心の中を支配する。

上条ともういっしょに勉強できないという事実を認めたくなかった。

私は服が汚れるのも気にせず、玄関に座りこんで膝を抱えた。

501 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:15:07.77 ID:DrTPqeJN0
パンツ脱いだ

502 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:22:48.54 ID:YXRImq8l0
私は携帯が鳴り響く音で我に返った。

時計を確認すると、かれこれもう一時間は経過しており、一体何をしているのだろうと自己嫌悪に陥る。

携帯を開けて、メールの送り主を確認するとそこには上条当麻の文字が表示されていた。

上条からメールが着たのは初めてだ。

胸の高鳴りが抑えられない。早速開いてみるとそこには

件名:悪い

本文:体操服借りっぱなしだったの忘れてたわ。
   今から返しに行ってもいいか?吹寄の家にも俺の服があるし。

   あ、もちろん洗濯はしているぞ!!

503 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:32:51.82 ID:rNF47bEu0
くんかくんか

504 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:37:48.73 ID:PG/QklGGO
マジで脱いだぞ

505 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:40:10.59 ID:YXRImq8l0
20分後、私の家のインターホンが鳴らされた。

「よ、よぉ。」

ドアを開けるとそこには照れくさそうな顔で上条が立っていた。

「あんな風に手を振った手前、また会うのはちょっと恥ずかしいな。」

「きっ貴様が大げさなことをするから悪いのよ!」

「すみません・・・。あっとこれが例の体操服だ。ありがとな。」

上条はそう言ってビニール袋に包まれた体操服を差し出した。

「ほら。一応アイロンかけておいてやったわよ。」

「おぉ!気が利くな!流石は吹寄先生!!」

「か、からかうんじゃないっ!!」


506 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:47:47.11 ID:YXRImq8l0
「・・・・・・。」

「・・・・・・。」

一連の流れを終えると二人の間に沈黙が訪れた。

私は腕組みをして上条が話し始めるのを待つことにした。

「あ、あのさっ!!」

沈黙を破ったのはどもり気味の上条だった。

507 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:52:45.24 ID:YXRImq8l0
「俺はこの数週間、吹寄にはお世話になりっぱなしだった。」

「自分の貴重な時間を使って、俺に根気強く勉強を教えてくれた。」

「俺を元気づけるために、カツカレーも作ってくれた。」

「そのおかげで俺は、補習を免れるどころか成績優秀者までになっちまった。」

508 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 08:59:18.48 ID:YXRImq8l0
「怪我をしたらシャワーと服を貸してくれたし、消毒もしてくれた。」

「だけど俺は吹寄に対して、何もしていない。ただお礼を言うだけで、恩恵を受けてばっかりだ。」

「え、えぇとだな・・・つっつまり俺は吹寄に恩返しがしたいんだよ!!」

「そ、それであのこれを買ってきたのですが、俺と一緒に行ってくれないか?」

そう言って恭しく差し出された手の中には遊園地の入場券が二枚握られていた。

509 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:06:35.87 ID:FRCTCt+bO
支援

510 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:11:51.97 ID:YXRImq8l0
「つまりこれはどういうこと?」

私はしどろもどろになっている上条がかわいくて、思わず意地悪をしてみたくなってしまった。

「あ、あのつまり・・・俺とデートしてくれませんかっ!?」

「ふふ、貴様は恩返しをしたいと言ったそばからお願いするなんて忙しいやつね。」

「私に断る理由なんてないわよ。」

私はそう言って上条に微笑みかけた。

「・・・。」

そうした途端に上条はフリーズしたように私の顔を見たまま固まってしまった。

「い、いきなりどうしたの。」

「吹寄。」

「なっ何よ!!」

「お前笑ったら案外可愛いよな。」

「・・・か、上条はッ!」


                        終



511 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:13:23.04 ID:aLcRA9EaO
フオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオイ

512 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:13:26.11 ID:rNF47bEu0
乙!

513 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:13:45.44 ID:7Gi8nNxd0
えっ?

514 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:15:49.23 ID:ahLprQutO
仕方ねぇーなぁー、一時間だけ待ってやんよぉー

515 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:16:22.58 ID:6cVcmJZC0
誰が終わっていいといった?

516 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:22:49.38 ID:/vZqRa7k0
これから本番か

517 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:23:37.02 ID:PG/QklGGO
おいここからだろ











おい

518 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:24:34.65 ID:YXRImq8l0
だからイチャラブ期待しないでってちゃんと言ってたじゃない・・・。

519 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:26:28.09 ID:rNF47bEu0
制理ちゃんはこのくらいの距離感がちょうどいいと思う
おもしろかったよ

520 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:34:43.29 ID:NX+7F1aBO
吹寄ちゃんの生理が来なくなるまで続けてくれ

521 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:35:33.97 ID:YXRImq8l0
>>1がんばれ
>>1応援してる
そろそろ>>1がバイトから帰ってくる時間か

とか色々応援してくれたみなさん保守してくれたみなさん。本当にありがとう。

僕からみなさんに言いたいのはひとつだけです。










僕は>>1じゃない

522 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:38:43.81 ID:q80cev6/0
はっはっはッハッハッハッハhhahhahhahhahhahhah

523 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:41:34.00 ID:BiRgYD7o0






だれか そげぶAAもってたらくれないか

524 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:47:44.49 ID:YpOHs0X30
これは気持ちのいい騙され方だった

525 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:48:55.19 ID:0SvRWP/xO
終わりは許可しなぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ

526 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:51:18.99 ID:pmTYajUzO
ワロタ

527 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 09:59:14.10 ID:MSoBCvbE0
これ位、少し足りないくらいがちょうどいい

528 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:08:39.84 ID:H577ryV40
>>523
   \(^o^)/   三   いいぜ
     ( )    三
     \\   三
                       ヘ(^o^)ヘ 彼女のお前が
                         |∧  
                     /  /
                 (^o^)/ そこまで言うなら
                /(  )   
       (^o^) 三  / / >
       (\\ 三
      < \ 三 彼氏の俺に


     ( ゚ω゚ ) 支払いは任せろー
 バリバリC□l丶l丶
     /  (   ) やめて!
     (ノ ̄と、 i
        しーJ


529 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:23:21.41 ID:QN3CMA8o0
>>274

いつも思うが目の「でう」でふいてしまう・・・

530 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:26:01.57 ID:H577ryV40
                  /L_,.イ  __
             ト、ー‐ヽ7:::/::〃<::::∠_
            ト、::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::<_
           _Z ̄::::ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::<
.          ∠_::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::::::::ヽ::::::::::<_   い  俺
          <::::::::::::::::|::::::,.ヘ::::::::ト、::::::::ヽ::::::::<    つ  が
.          //:::::::|:::/レ'  ヽヘ| \ト、!V::::::::\  か  記
.         _フ:::::::::::|/     >v<      V:::「´   ら  憶
           ̄レ|:::::N     | l || l |     V┤   気  喪
             V┤      i        V|    付  失
.             ト、|        |          |:!    い  っ
            ヽ|      |        |      て  て
.               |      `ー'      |      た
.               |、     `こ´       八    ?
.               | ヽ               イ∧
.               ト、    、    ,.    /  | \
           /| ヽ     ̄ ̄   /   !  \
            /  .|  \         /   |    \
.          /    | /⌒ヽ       |^ヽ.  |        \
       /     |/  「 `ー―――┤  \|           \
.      ∧ |       └-、: : : : : : /            |  ヽ
      /   |           ヽ: : /               |   ヽ
.     /    |             |/                    |     !
.   /    |              ヽ                   |     |
   |     |                 |                 |     |


531 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:30:30.38 ID:FRCTCt+bO
遊園地でイチャコラするかと思っていたら終わっていたでござるの巻

532 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:34:39.16 ID:hHNBSdCf0
めっちゃよかった!GJ

533 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:51:32.76 ID:M62R2MsbP
ID:YXRImq8l0様?
誰が終わりにしていいっていいました?むしろここからラブラブエロイベントに突入するのでは?
続けて下さい。
ついでに吹寄の画像もよろしくお願い致します。

534 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 10:57:55.69 ID:nuDyAK+d0
>>533
とある魔術の禁書目録の吹寄制理ちゃんの画像ください
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1296831447/


535 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 11:15:26.60 ID:4CcRgKPd0
来てみたら終わってたよ……
二人の距離感とかめちゃくちゃ良かったんだけど、
できたら続きが読みたいかなあって、ミサカはミサカはお願いしてみたり

536 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 11:55:20.29 ID:AohY+f5I0
保守

537 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:04:01.49 ID:xewR/Ri+0
ここからいちゃいちゃモミモミじゃないのかよ・・・

538 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:14:45.12 ID:9Lf/GsQiO
続編キボン

539 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 12:43:59.57 ID:dkNa4zagO
続きが気になるぜ…

540 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:25:49.56 ID:/5EFAJFjO


541 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:49:38.56 ID:F/18foBe0


542 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:51:03.13 ID:ejGjBeXFP
か、上条はッ!俺だ!俺なんだ!
っていう展開になるかと思ったのに

543 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:51:19.98 ID:M9tXbXrH0
まさかこれで終わりじゃないよな・・・?

544 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:56:43.78 ID:YXRImq8l0
これで終わりじゃだめ・・・?

この二人が付き合っていちゃいちゃするのはなんか違う気がするんだ。


545 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 13:59:42.34 ID:Sqzx0UsY0
早くしろ

546 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:01:14.06 ID:Z0v1gRmB0
寒いだろ
早くしろ

547 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:10:36.95 ID:yWJLyp84P
俺は終わりでもいいぜ
書きたくないもの書いても、いいことないし

548 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:16:28.47 ID:9Lf/GsQiO
きれいに終わったと思う

だがそれはそれ
続きに期待

549 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:27:47.27 ID:QrdkTjTD0
>>510おつ

いちゃらぶ展開が欲しいなら他の人が書けば?

550 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 14:38:11.18 ID:CI7eJXw00
これで終わりな訳ないよな?

551 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:24:42.46 ID:AohY+f5I0
保守

552 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:32:39.76 ID:bWGMr+y/0
http://karenschocolate.net/data/img/20101113105724/view_inib9quavn4t0g5obh5hiijc.jpg

553 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 15:33:08.97 ID:aLcRA9EaO
しかしスレタイの上条ちゃんの目は節穴さんですね〜
吹寄ちゃんは普段から可愛いでしょうに

554 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 16:21:28.92 ID:AohY+f5I0
保守

555 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:04:33.17 ID:AohY+f5I0
保守

556 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 17:43:14.14 ID:AohY+f5I0
保守

557 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 18:17:57.02 ID:AohY+f5I0
保守

558 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 18:29:58.35 ID:aOXrjzgR0
>>552
眉毛に悪意を感じる

559 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 19:06:37.83 ID:AohY+f5I0
保守

560 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 19:07:06.65 ID:M3RhbtLo0
チューチューラブリームニムニムラムラ( ^ω^)プリンプリンボロンヌルルレロレロ

561 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 19:11:31.02 ID:Y643UoXl0
みんな、これを読むんだ!

吹寄「心に、でしょ」で検索

562 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 19:21:05.99 ID:0netE8aH0
                                                、トハノl/lィ  いいぜ
                                                <::::::::::::::::>
                                              _  ´7:ハト从::〈  _
                                            / ,_ メヽ八^o^ノ'`-く  \
                                           / / </ Y/{ニト、  〉^ヽ  、
                                          r' 〃   /V^! ∨= 〉- '   \ ー、
                                          //ハ!   { /  l   | __      }ハヽ)
                                          `    / / |  -|! /:.:.:ヽ     ´
                                    、ト、ノ!/lハ    / / 人  .|_/.:.|.:.:.:.|
                                    <:::::::::::::::::> 'く /  {\ /:.:.:.:.|.:.:.:.|
                                       从::::ハl::八  >    |.:.:.ヽ{.:.:.:.ノ!.:.:.:.!
         __               _、ノトハ<,ィ     _ -く、^o^イ> イ     |.:.:.:./    l--r'
        く` `ヽ              >:::::::::::::<     `メ、  .!V7Y/ {|       |.:.:.:.!    〈Y´!
        ゝ'^ヽ \_、ト、ノlィ_,      `7!ハト、lノ 三二= /ヽ ´{  {||  |     |.、.:.|    弋=)
            \ \:::::::::::>        ヽ^o^イ ⌒ ヽ /    < =||--ヘ_    |.:.:.:.!
             }__}'l从lハ!  _人_  〈 \ト}} !人!   三二=.∧ /.:\   l--r'
            <  / ^o^/   `Y´   ヽ/ \ .|ヽ \  /.:.:\/-∨-、.:.:.ヽ 〈YY}}
            } ./__ //!_         } \ \ .\\ 三二=  /.:.:/   乂乂
            { -' {://'  〉      _人 、\ \ {,ヘ ヽ     /.:.:./
            ∨ {/_ _/!     /.:.:.:.:.:.:.:ヽ'.:.:.:.{.ヘ ヽ `ー'   /ミヽ<__    このSSが終わったっていうなら
             〉/ /' /    〈.:.:.ヽ-‐ ´ \.:.`ー'       ゝ-へ、__)       続かないっていうなら
          _/YV´ /--〈      \.:.:.\     \.:.:.\  三二=
          ゝヘl/7´ ||  ∧      _メ、:./}     \.:.:.\
          ,メ、  /-‐:.、 }     /}}___ノ      _メ、.:/}
         /.:.:.:.:>'.:.:.:.:.:.:.:.〉)              /}}___,ノ
       /.:.:.:.:.:ノ!.:.:.:.ヽ.:/
      /.:.:.:.:.:/  \.:.:.:\
    /.:.:.:.:.:/     \.:.:.:\     まずはそのふざけた
   /.:.:.:.:.:/        \.:.:.:\      幻想をぶち殺す

563 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 19:45:26.10 ID:OmaIlDce0
>>561
ふっきふきにされた

564 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 19:48:43.44 ID:AohY+f5I0
上条「お前笑ったら案外可愛いよな」吹寄「・・・か、上条はッ!」
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1296577134/

565 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 20:20:49.39 ID:X7NTfnZI0


566 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 20:23:12.66 ID:FdP+6uXHO


567 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 20:23:56.03 ID:a0CEPsdU0


568 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 20:29:31.39 ID:F/18foBe0


569 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 21:08:04.76 ID:OmaIlDce0


570 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 21:11:04.59 ID:L278fH7n0


571 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 21:13:10.58 ID:dkGu0e5A0
ストップ

572 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 21:40:01.83 ID:tokJnor2O
いやいや

573 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 21:49:00.45 ID:dapvkwgL0
エロはないんですか?

574 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 22:24:21.84 ID:pdtUXRTSO
保守

575 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 22:30:28.57 ID:p2L43Wut0
>>564何がしたいのか分からないんだが

576 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 22:48:07.46 ID:iwgQzjZUO


上条「お前笑ったら案外可愛いよな」

吹寄「か、上条はッ!」

上条「ん?」

吹寄「上条は私が可愛いと思うのか!?」

上条「何言ってるんだ?俺は普通に吹寄は可愛いと思うぞ?」

吹寄「そ、それは…ひ、一人の女の子としてってことか?////」

上条「あ、あぁ。そうだけど?どうかしたか?」

吹寄「い、いや、何でもない…////」

上条「?」


だめだ俺気持ちわりぃわ吹寄かわいいよちゅっちゅ

577 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 22:52:32.74 ID:QrdkTjTD0
>>576
口調が違う
再生出来ない

578 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 23:15:24.47 ID:m70gf+ph0
ちゅっちゅ

579 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/05(土) 23:55:46.38 ID:CgS5WNDx0


580 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 00:07:23.08 ID:gouXEfGo0


581 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 00:10:10.93 ID:JaoRHvid0
>>576

上条「お前笑ったら案外可愛いよな」

吹寄「上条、貴様はッ!」

上条「ん?」

吹寄「貴様は私をからかっているのか!?」

上条「何言ってるんだ?俺は普通に吹寄は可愛いと思うぞ?」

吹寄「そ、それは…つまり女の子としてってことか?////」

上条「あ、あぁ。そうだけど?どうかしたか?」

吹寄「い、いや、何でもない…////」

上条「?」


って感じじゃね?

582 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 00:12:19.18 ID:Xx8DHEQu0
>>581
構わん、続けろ

583 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 00:18:51.19 ID:95nSka8R0
続けろください、下の妹がパンツ抜いで待機してて風邪ひきそうなんですお願いします

584 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 00:31:23.28 ID:UrM87TJw0
>>583
それは大変だ
>>581よ急いで書くんだ

585 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 01:06:50.53 ID:0J9/NBxS0
全力保守

586 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 01:39:31.97 ID:JaoRHvid0
ho

587 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 02:26:49.73 ID:WKUZmBP90
期待して保守

588 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 02:36:29.63 ID:FkErvqOW0
まだか!?

589 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 03:43:05.99 ID:lMxqWbun0
保守

590 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 03:44:31.07 ID:CsxDDIOg0
これは諦めるしかないか・・・

591 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 04:19:19.24 ID:/hHsqOd80
だが断る

592 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 05:26:27.47 ID:xhiRJk8A0
バキスレだと思ったのに


593 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 06:02:59.92 ID:ev66klrTO


594 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 07:51:02.16 ID:004CyJF+0


595 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 08:43:52.82 ID:NThcLl4U0
このスレは落とさせない

596 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 10:06:37.87 ID:x+jjVtAC0
ほしゅ

597 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 10:54:28.33 ID:jXjgEJY9O
ヘ(^o^)ヘ
  |∧   いいぜ
  /


      /
  (^o^)/
 /(  ) 
/ / >



   (^o^)三
   (\\ 三
   < \ 三




(/o^) まずは
( /  
/く     ぶち殺す

598 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 11:10:04.73 ID:UCqz2JDB0
>>544
>>544
>>544
>>544


599 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 12:07:33.28 ID:NThcLl4U0


600 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 12:37:59.01 ID:o1kXb/mP0


601 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 13:00:03.67 ID:gouXEfGo0


602 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 13:11:29.63 ID:vaGabGXH0


603 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 13:17:18.97 ID:QhqWBwWl0


604 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 14:09:38.35 ID:AFQiOdfh0


605 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 14:14:21.31 ID:EyvuYHaO0


606 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 14:53:01.75 ID:abAYtTgx0


607 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 14:54:15.61 ID:kJaVMTkU0


608 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 14:55:57.82 ID:9a/0mDyY0
上条「幻想戦隊!神レンジャー!」

609 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/02/06(日) 14:57:20.70 ID:9a/0mDyY0
上条「生徒会の一存!」

138 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)