5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【社会】自閉症、脳の特定部分活動が低下

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★:2011/03/08(火) 06:44:14.89 ID:???0 ?PLT(12556)
対人関係をうまく築けない自閉症の人は、相手の表情を認識する脳の特定の部分の活動が
低下しているとする研究結果を浜松医科大学などのグループがまとめました。
自閉症の早期発見につながる可能性があると注目されています。

対人関係をうまく築けない自閉症の障害のある人は、増加傾向にあるとみられていますが、
原因はよく分かっていません。浜松医科大学などのグループは、自閉症に特徴的な、
話をするときに視線を合わせないという症状に着目し、自閉症とそうでないあわせて
40人の脳をPETと呼ばれる装置で撮影して調べました。その結果、自閉症がある場合、
相手の表情を認識する脳の「紡錘状回」と呼ばれる部分で「アセチルコリン」という物質が
30%ほど減少し、減り方が大きいほど症状が重くなることが分かったということです。
アセチルコリンには神経細胞のつなぎ目で刺激を伝える働きがあることから、研究グループでは、
相手の表情を認識する脳の活動の低下によって、自閉症の症状が起きていると結論づけています。

研究グループの鈴木勝昭准教授は「自閉症の人がなるべく早く支援を受けて社会に
適応できるよう、早期に発見できる検査法の開発につなげたい」と話しています。
 

*+*+ NHKニュース 2011/03/08[06:44:14.32] +*+*
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110308/k10014510921000.html

2 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:44:55.48 ID:24lSy9Eu0
俺の事か?

3 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:46:20.32 ID:L4FmGtaE0
>>2
表情認識できないの?

4 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:46:33.38 ID:haUeqES9O
自閉症とか死ねよ
公共の場で暴れんなって、ちゃんと止められる付き添いつける事を義務付けろって

5 :デ(・▽・)シ ◆DFW30AT53Y :2011/03/08(火) 06:48:23.61 ID:w5ud3LxeP
自閉「気味」くらいの人は、むしろ似た者同士で仲良くやってる。
ガチ自閉

6 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:49:35.21 ID:24lSy9Eu0
>>3
おまえ笑ってる?

7 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:50:24.08 ID:K/YJZY+10
アスペルも自閉症なんだよね?

8 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:52:18.35 ID:xaxRmtZ1O
朝は情弱ばかりか。

9 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:52:40.59 ID:24lSy9Eu0
ボケの事みたいなのでボケてみました

10 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:53:18.19 ID:KPyoMPizO
待て。
機能的に表情認識できないのと、相手の目が見れなくて表情も見れないおまえらは違うぞw


11 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:53:50.70 ID:1fv1PJhP0
お前らに朗報か

12 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:55:36.32 ID:FLoU0k1b0
引き篭もりを治す薬の開発が急がれるな
ネットで頻繁に散見される重度の右翼的攻撃性とペドフィリアも治せるのなら最高だ

13 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:56:08.57 ID:yrllv2rX0
いや、相手の目を見ると惚れてしまいそうでね。

14 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:56:19.65 ID:pa7OQvbA0
>>4
は?

15 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:56:46.12 ID:+F30R7En0
(・∀・)カエレ!
(・∀・)ニヤニヤ
(・∀・)新着ナシ
みんな同じ顔に見える

16 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:56:57.68 ID:XO5WwwJ/O
むしろ人類の進化だろ
対人関係を築く必要の無い社会が来ただけ

17 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:57:50.82 ID:24lSy9Eu0
これ実験の仕方が間違ってると思うぜ
実験相手と一緒に居る時間によって変化すると思うぜ

18 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:58:00.55 ID:JAHySUJq0
25歳以上の自閉症とひきこもりは強制的に年収300万で自衛隊、警察消防、公務員にすればいいと思うの。
あ、これ名案じゃね?

19 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:59:20.91 ID:CCW13CoWO
一部、アスペみたいなのもいるけど
自閉の多くは、知的障害も伴うのはなんでだろ?

20 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 06:59:32.43 ID:qTq4SnNU0
動物の世界じゃ
基本目を見たらヤバイんだけど
動物って自閉症なの?
何か胡散臭い研究結果だな・・・・・・

21 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:00:24.30 ID:ICRZeHSm0
 \                    /
   \  丶       i.   |      /     ./       /
    \  ヽ     i.   .|     /    /      /
      \  ヽ    i  |     /   /     /
   \
                                  -‐
  ー
 __          わ た し で す            --
     二          / ̄\           = 二
   ̄            | ^o^ |                 ̄
    -‐           \_/                ‐-

    /
            /               ヽ      \
    /                    丶     \
   /   /    /      |   i,      丶     \
 /    /    /       |    i,      丶     \  

22 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:02:11.88 ID:NhxqhcSiO
原因発見により何が出来るか?
早期発見により支援を…って治療法じゃないのね

23 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:02:24.58 ID:XfLKbODOO
なんだ俺たちのことか

24 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:03:08.07 ID:SWCoLrTxO
早期発見だけかよ
治らないのかよ

25 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:06:53.57 ID:cN5i2fS/O
>>18
お前真っ先にそうじゃんおばさん

26 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:07:56.15 ID:bm5dTNpL0
アセチルコリン投与してもダメなんかね?

27 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:07:58.95 ID:SkqWxbrZ0
アスペは自分の事しか考えない理屈っぽい人間だが、それでも自閉症とは決定的に何かが違う

28 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:08:00.41 ID:xv8B/KyYO
>>20
それ思ったことある。
目をあわせない、こだわりがある、パニックをおこしやすい、
全部野生動物にあてはまる。
人間が先祖がえりして動物としてのスキルが残ったのが自閉症じゃね?と。

29 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:08:03.38 ID:RHqjmbVRO
元営業だが、目ではなく鼻や口を中心に顔全体を見るように教わった。
面接本にも面接官の目ではなく顔全体を見るように書いてある。
相手の目をガン見なんてセックスのときくらいでは?

30 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:10:31.48 ID:ICRZeHSm0
>>29
女の子はいつ何時も目を見てくる

31 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:11:03.06 ID:/nSLGNTT0
操ろうとか、支配しようとしてる人間にはあんまり目あわさないな、そういえば。
嫌な人間とわざわざ目あわすもんなのか? 

32 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:12:03.54 ID:XeorrDgp0
俺たぶん自閉症だな
って言うか精神病とかほぼ全部あてはまると思うんだけどヤバイ?

33 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:12:37.73 ID:EfocWOLQ0
>>22
今のところ効果的な薬も、治療方法も確立されてないから
乳幼児期からの療育支援がカギだが……

>>24
脳の器質的な障害だから基本的には治らない。
色々な経験と共に緩和されていく場合もあるけど。
知的遅れがなければ療育手帳も、精神障害者手帳も
取得困難。

34 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:17:51.65 ID:CKKptF5l0
まさかのアリセプト大勝利?

35 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:21:36.98 ID:RqhxAJ38O
あっ だから愛子
やめとく

36 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:22:57.57 ID:JEedHAQm0
この研究者どもが
そもそも「自閉」って物を
どう定義してんのか知らねえけど
「自閉症=目を合わせない」のかもしれないが
「目を合わせない=自閉症」じゃねえからw

1+1=は2しか有り得ないから
2=も1+1しか有り得ないって言ってる様なもんだぞこれw
2= は 5ー3 かも 2×1 かもしんねえのにw

37 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:27:04.13 ID:GM65cqKW0
受動的に感情を動かされるのが嫌いな人も居るってことだろ
顔をあわせると自分の意志と無関係に笑わないといけないからな

自我が芽生え始めて能動的な行動が取りたくなる年頃に
労働従者に仕立てる事しか考えていない社会の圧力に屈して自閉気味になっている

38 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:30:01.04 ID:TGzwd2bxP
>>28
自閉症が圧倒的に男に出やすいのはなぜだろう。
俺にしてみれば、女のほうが動物っぽいんだが。

あと、変なこだわり(ドアがちょっと開いているだけでいや)とか動物にあるか?

39 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:32:03.74 ID:JAHySUJq0

25歳以上の自閉症とひきこもりは強制的に年収300万で自衛隊、警察消防、公務員にすればいいと思うの。
みんなはどう思う?

40 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:36:26.22 ID:/0zgyoLuP
>>36
因果関係と相関関係を混同してるやつって多いよな

41 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:38:03.77 ID:/wXrcYGb0
そういやオレも目を合わせないなw

42 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:41:06.11 ID:7l/iJhv20
>>32
自閉症なめんな 精神病なめんな
だいたいあてはまるってなんだよ
いろんな病気あって全然症状は違うから
だいたいあてはまる奴なんか存在しない
眠れないしすっごく眠るみたいなことになってしまう ないだろ


43 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:43:44.49 ID:CCW13CoWO
>>37
自閉の子供って、赤ん坊の時から目を合わせなかったり
呼び掛けや声に反応しなかったり
あやしてもリアクションなかったり
自閉度が高いと、とにかく扱いにくいらしいよ
ハードの異常というより、OSのバグみたいなもんだから

44 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:46:52.88 ID:CCW13CoWO
>>39
自衛隊や警察消防は能力的に無理じゃないかな?
基本、チーム行動だし、組織主体だから。
公務員なら環境局みたいな
ちょっとアレな人でもやってける所なら大丈夫かもしれないけど

45 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:49:45.17 ID:0LRDY2rK0
サングラスかけとけば桶

46 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:49:45.73 ID:Pf5JeqXuP
>>16
ロボット実用化されたらソラリア人みたいになるかもなw

47 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:50:11.51 ID:/nSLGNTT0
>>36
流行が無いからって、病気まで流行させようとしてるからな。
違う人にまで範囲を広げて不安を煽る、不安商法ってやつだな。

48 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:50:14.48 ID:llNz6NG90
ジョブズもゲイツも
猛烈に自閉的気質が入ってるからなあ。



今風に分類すればアスペルガー



むしろアスペルガー要素があった方が
成功する時代なのかもしれないね。

49 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:53:53.84 ID:5oLTTBIP0
楽器作り職人がいいんじゃないかな。


50 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:55:20.45 ID:GM65cqKW0
大抵の場合、自我が早熟し始める子供は
野心的とでもいうか情熱的な人間だから、うまく道具や競争できる環境を与えてやればのめり込むんだけど
将来的に研究者や、芸能の分野に進めるかもしれない

でも、義務教育は中学生まであるからね
大人になって、漢字の読み書きとか、掛け算ができないとかだったら、社会進出したとき色々困るだろうし
就職(自立)失敗のリスクを考えるとやっぱ経済的に余裕がないと、自由を与えるのは難しい


51 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:55:57.64 ID:xx7y1oWq0
自閉症も、アスペルガーもあまり見た事がないなあ
気にした事もないし。
何か特徴あるの?解決した方がいい病気なのかな

52 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:57:45.53 ID:KPyoMPizO
DQNの脳を調べてみたら、ノルアドレナリンとドーパミンという物質が50%増加し、増加が激しいほど症状がなんたらかんたら

53 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 07:58:11.85 ID:G9hPqDemO
だいたい
自閉症って言葉が悪いんだよなあ
必ず
引きこもりと勘違いするバカが出てくる


54 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:03:07.41 ID:xx7y1oWq0
お昼ご飯を必ず12時に食べないと、パニック起すような人の事か?
決まりきった事しか出来ない。適応力のない人の事?
なら、上司って自閉症に見えるよな。頭固いし、ちょっと変わった事言うと錯乱するし。
すぐ排他的になるし。


55 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:09:03.00 ID:IStVARl70
ピントずれすぎた研究でワロタ。

56 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:12:17.98 ID:n02rEGQ+0
>>36
それくらいわかってるでしょ。

57 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:12:53.06 ID:0ny3k/CS0
愛子様みたいなのは

58 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:16:12.02 ID:n02rEGQ+0
>>57なんともいえない

ってか、ここ見てる人って、自分の知り合いのだれかさんが
身内に必ず一人くらいそういう障害を持ってるって、
想像力働かないの?




59 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:17:49.27 ID:EfocWOLQ0
>>51
病気ではなく障害だよ

60 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:19:55.85 ID:HZxnYroD0
>>19 自閉の多くは、知的障害も伴うのはなんでだろ

(脳)神経は1本の長い線じゃなくて短い神経細胞の連続である。
鉄道の線路みたいな感じね。
Aで生まれた情報が、脳神経を通って中枢Zに送られるとき、継ぎ目で
「伝言ゲームが」行われる。アセチルコリンはその伝言触媒。
伝言ゲームは情報を劣化させるものだが、普段は「記憶情報を時間と
ともに劣化」「相手の声情報を伝えるため回りの騒音情報を劣化」
「物語を理解するため要点を残して詳細情報を劣化」させたりする。
脳がオーバーワークになるから、わざと不必要な情報を落としていく。
必要・不必要の選別は一般にその生物が経験によって決めていくものだが、
体質的に伝言能力が弱い場合、重要な情報まで落とす→学び・経験値を
ストックする(有用な情報のみを残していく)が出来ない→知的障害。

まあ妄想だけどなw

61 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:20:07.07 ID:n02rEGQ+0
>>51
知能が高い自閉症や
アスペルガーに関しては見た目では分からん。
身体障害だって見た目じゃわからない場合もある
ましてや思考や感情の障害なんてなかなか


62 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:20:59.52 ID:AQa3rU1n0
病的なまでに特定の動作、習慣を延々続ける事に拘るのに
ある日突然パッと飽きたかの様に止めるメカニズムも解明してくれ

63 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:21:07.08 ID:CCW13CoWO
>>51
特定のものに強いこだわりを持ってる人が、その可能性高いよ
何かに執着するあまり、周囲の様子は関係なく
自分中心に行動しるようなのは、たいてい自閉だよ

駅でインディーズ車掌やってるのとか
一人で一方的にアニメや漫画のことを喋り続けてるのとか。
社会性がないのが特徴だ

64 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:22:08.23 ID:v9cBABwV0
もともと、「別の原因」で表情に「興味がない」からその機能をあまり使わず、表情を感知する脳の部分の機能が衰えたんでないの?

65 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:23:24.49 ID:bm5dTNpL0
診断に利用できるのには間違いないからいんだお。

66 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:23:57.96 ID:n02rEGQ+0
>>62
一般人と同じ。

ある動作を続ける→飽きた 

の現象のプロセスが正常範囲か障害者パターンかの違い

67 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:24:08.21 ID:G9hPqDemO
人との関係でいうなら

引きこもり、内向的な人
→人との付き合いが苦手、他人と会うのがイヤ
=マイナスの人間関係が存在する
=自分と他人との明確な区別がついている

自閉症
→他人ってなにそれ?状態
=自分と他人との境界が曖昧、つまり脳の情報処理がうまくいかない障害者

こんな感じか


68 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:28:48.74 ID:xpHGjQWuO
ちがうよ

69 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:29:08.27 ID:WYQQDLTK0
自閉症って脳に異常があるんだろう?単なる気のせいではないんだろう?


70 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:30:20.12 ID:hiQRgTw3O
インディーズ車掌ワラタ
電車の中で放送丸暗記したのを延々真似て喋ってるあれか

71 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:30:51.58 ID:5oLTTBIP0
>>64
そうなんだろうね。
集まって別の国づくりでもできれば、
独自の文化が成立するのかもしれないけど。
秩序というか順番への執着が強い、その能力が高いので特化した性質の人々だと
何の専門権威付けも持たない自分には思えます

72 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:31:32.59 ID:6BjTE8lZ0
>>69
そう言われているね

ある拝金団体や、宗教関係の人たちは、出産方法によるものだとか言っているがw

73 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:32:18.50 ID:71UT2Fbs0
精神病もサイエンスで診れるようになってきたね

74 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:37:23.89 ID:PwsPEEpT0
医学部精神科教授

「うつ病なんてのは私の今までの臨床経験で言えば、9割以上は本人の訓練不足が原因です。現在は少し精神的調子が悪いと、医師はすぐに脳の神経伝達物質の異常やらセロトニン不足やらといろいろな仮説を立て、慢性的な薬物絶対主義に陥るけれども、
はっきりいっちゃえば、本人に生きるか死ぬかの「死を覚悟した過酷な体験・訓練」を何度もさせれば、もともと人間がもっている防衛本能や自然治癒力が活性化し、
心の病を持つ多くの人間は正常域まで回復してくるんですよ。ただ、製薬会社との関係もありますしね、毎月これだけの薬を消費しないといけないというノルマもありまして・・
それにですね、医師にはそのような過酷な訓練指導を行うだけのマニュアルや人格教育をほどこすまでの知識もないため、
又、そもそも現在の精神医療の医師教育自体が「なんでもかんでも薬物治療」という慢性思考を推奨した教育をおこなっているために、
精神科医には本来は無理な領域なのです。薬物はあくまでも緊急時の対処療法のみで、絶対に根本的解決にはならないし、薬物に頼りすぎるといたずらに自然治癒力を奪うだけで、
ろくなことがないんですよ」





75 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:38:31.90 ID:BntuDKXj0
>>51
会社で後ろに座ってる。
こちらが精神的に参ってしまった。
ちょっとしたことで怒鳴りちらしたり、機嫌が悪い時に話しかけるとキレられたりする。つらい。

76 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:41:21.37 ID:45tKQb85O
自閉症・アスペルガーの中でも凄まじく個人差が激しいからなあ

77 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:41:53.94 ID:G9hPqDemO
>>74
自閉症は脳障害ですから

78 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:46:46.62 ID:PwsPEEpT0
医学部教授

「いま流行の新型うつなんてのは、一度、厳しい訓練所みたいなの作ったらいい。毎朝、早く起きて外で労働させるんですよ。するとほとんどの人が治っちゃう。
そうなれば私らは廃業しちゃいますけどね(笑) けど、真面目な話、そういうことなんですよ。
人間の持つ自然治癒力は凄まじいものがありますからね。筋肉と同じで、使わなければ衰えます。
脳も同じなんですよ。過酷な訓練・経験が強い脳を作るんです。いまの若い人たちはそのような事から逃げる人が非常に多い。
かわいそうな事です。そのような人が増えれば確かに精神科は儲かりますが、それだけ弱体化した若者をさらに弱くすることをやっているということなんです。
悪循環ですよね。私は今までうつ病患者を何千人と見てきましたが、薬物で治った例はありませんでした。
薬物の限界を感じますよ。本人のもともとの性格や考え方を変えないかぎり治りません。あとは、厳しい訓練も必要です。
これが精神科医として生きてきた私自身の結論ですね」



79 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:48:43.95 ID:TGzwd2bxP
>>75
それは単なる気難しい人だろ

80 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:48:44.82 ID:G9hPqDemO
>>78
鬱と自閉症が
なにか関係かあるの?



81 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:51:02.93 ID:6zgjM4KG0
ID:PwsPEEpT0が正論だね

82 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:51:29.33 ID:ZuHM+tS10
増加の傾向って
自閉の場合父親が高齢だからでしょ
高齢子作り禁止しないと

83 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:54:02.72 ID:xx7y1oWq0
複数レスありがとう。

他のレスも見てると、日本固有の新人類な気がしてならない。
日本は人間関係で悩みを抱える人が多く、鬱病自殺という流れもあるみたいだし。
初めから、その機能が低下した状態にあるというのは、何とも、おかしな感じです。

しかし、発病じゃなくて、持って生まれた先天性の障害とは。
発達しすぎたコミュニケーション能力に
遺伝子レベルで危機管理が機能しているのかもしれない。

先日、たまたま野生のエルザとか読んでたんだけど、猛獣にだって、心があるみたい
だけど、元来それほど必要ではない機能では。とすると、原始的に戻った人だろうか。
これを障害と言うのだろうか。壁があるのは、こっちな気がする。

84 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:54:25.91 ID:HoEDxedH0
自閉症って斜視の時なり易くない?

85 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:57:01.93 ID:bm5dTNpL0
ゆとりの妄想スレだな〜

86 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:57:14.42 ID:SLcfom/O0
戸塚ヨットで刺激してみるのがまず一番
特定部分が完全に死んでいなければ復活の見込みアリ

87 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:57:24.28 ID:w2rB00aK0
これはカナー型の話?

88 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:58:56.46 ID:yi+K0Z4A0
増えてるわけじゃなく診断がつくようになったってだけなんだろうな
昔はただの変人扱いで済まされてて、中には早々に自殺しちゃったのもいるだろうし

89 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:59:19.57 ID:G9hPqDemO
正論かどうかはともかく
自閉症のスレに鬱のコピペ貼って正論とか
意味がわかんないだけど…


90 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 08:59:37.29 ID:KXrfYpcYO
>>76
自閉症の子でもすごく穏やかで
自分に楽しいことがあると
ニコッとしながら目を合わせてくる子もいれば
ずーっとどこ見てるのか何考えてるのかわからない子もいるし
すごく距離近い感じで話し掛けてくる子もいる
ただ表面上の差異はどうあれ
他人との距離の取り方やコミュニケーションの取り方が
自分視点のみという点が共通点のように思う

91 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:03:48.88 ID:SLcfom/O0
幼子には母親がつきっきりで

朝は眠たがってもても起して自立積極活動する脳を養い
夜はきっちり寝かせることで自制する脳を養う

これが三子の魂百までの基本である、これが出来ていないことで障害者を作り出しているのだ
幼児保育はもってのほかである

92 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:04:18.29 ID:pJwDH1tt0
だから高齢出産はやめとけと言いているだろう?
某議員も大変だろう?



93 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:04:42.27 ID:P2CwdA5D0
むしろ人の表情とか反応が気になりすぎて恐ろしいので引き籠もってる。

94 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:04:54.25 ID:ZuHM+tS10
先天的な障害で成長過程でなるものではない
重い人から軽い人まで様々

95 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:05:54.53 ID:TGzwd2bxP
>>82
俺は兄貴が自閉症なんだが、父親高齢説は当てはまらないと思う。
父親が高齢でなるんだったら、俺もなるはずだろ?
ダウン症で母親の高齢に対抗してでっち上げた説だと思っている。

96 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:06:04.35 ID:CXEFVOt40
ダウン症と自閉症って
別物じゃないの?

97 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:06:38.20 ID:xx7y1oWq0
>>95
長男て血が濃いと思う。
次男以降は、薄くなる。印象も薄い気がする。

98 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:06:55.83 ID:5ELMLbU0O
当事者にしか理解できないけど、当事者同士にしかできないコミュニケーション方がある

定型と自閉、アスペは無理

だから困らないな。

99 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:06:56.19 ID:6BjTE8lZ0
医学的風嘘をつく人の特徴は、決してその根拠となるソースを提示しないことだね
提示するのは、胡散臭いWebサイト
そこに論文が根拠と書いてあるなんて程度
で、その論文を見てみると、まったく根拠にもなってない
ひどいものになると、主張と全く逆のことが書いてある論文を根拠として提示しているものすらある
そして、そのサイトは弁護士のサイトだったりして大笑い

100 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:07:48.04 ID:HoEDxedH0
高齢だと活気がないから元気が無くなるだけの気がする。

101 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:07:49.44 ID:/JNfmHwV0
コントロールしてこようとする人とかゴリ押しや圧力をかけてくる人が苦手で
自分を守るために殻に閉じこもってる人は別に自閉症ではないんでしょ?

102 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:08:38.65 ID:ZuHM+tS10
【父親が40歳以上の新生児、自閉症になる確率は最大で6倍=米研究チーム】

− AP通信によると、米マウントシナイ医科大学の
エイブラハム・ライヘンバーグ博士を中心とする共同研究チームは
イスラエル人を対象とした調査で
父親が40歳以上の時に生まれた新生児が自閉症になる確率は
同年齢未満の父親の場合に比べて、1.5-6倍も高いとの研究結果を発表した。
同発表は4日発売の米精神医学専門誌「Archives of General Psychiatry」
(アーカイブズ・オブ・ゼネラル・サイキアトリィ)の9月号に掲載されたもの。

同調査には1980年代に生まれた13万人のイスラエルのユダヤ人と
コロンビア大学、イスラエルの大学・学術機関の研究者が参加したが
父親が40歳以上の新生児は、自閉症や関連の症例が30歳未満の父親の場合の約6倍で
30―39歳の父親と比較すると1.5倍以上だった。
一方、母親については、高齢者で多少の影響を及ぼす可能性は排除できないものの
子供の自閉症に与える影響はほとんど認められなかったという。【了】

103 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:08:52.09 ID:TGzwd2bxP
>>97
うんざりなんだよ。そういう胡散臭い風説。

104 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:08:55.45 ID:xaxRmtZ1O
日本の社会に合わないだけで矯正しようとするのはお門違いだと思うんだが

105 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:09:56.95 ID:ZsHyu28BO
かなりのアホがここに>>91

106 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:09:58.29 ID:c5Nyq1r+0
ちょっと前に引きこもりはキチガイという研究結果が出てたよな。
あれと同じだろ。他人との意思疎通に欠陥があるのは精神薄弱なんだよ。

107 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:10:05.59 ID:mRSLwXc8O
高齢者だと確率が上がるだけ

108 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:10:54.88 ID:GlFFCQOCO
>>92
高齢出産はダウンだろ
これはコミュ障とかオタクとかプログラマの子に産まれやすい障害
軽いアスペならまだうまく療育してあげたらいいけど、知的障害込みならごっつ大変だぞ

109 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:11:14.62 ID:TGzwd2bxP
>>102
俺の兄貴は父親が20代の時に生まれているが。
まあ、こういう話は100歳まで生きたヘビースモーカーみたいなもので、
特殊なのかもしれないが。

110 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:11:51.21 ID:duA3dJJ30
アセチルコリンってアルツハイマーやニコチン中毒でも足りなくなる物質じゃないかw
自閉症はこれらと共通するものがあるのか

111 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:12:47.98 ID:xx7y1oWq0
>>103
風説じゃないよw自分が見た中で思った傾向。
長男、長女ほど、毛とか濃いなあっていうレベル。

112 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:13:18.65 ID:ZuHM+tS10
ただ>>102の研究結果の場合、
父親が高齢=自閉症リスクが高いということではなく
何らかの遺伝的因子を持つ父親の結婚が後れる傾向が
あるのではという指摘もある

113 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:13:30.27 ID:3SUm8Ruf0
自閉症の子ほどルールを作ってあげないと大変になる。
なのに可哀想という想いから過保護に作り上げてしまうから
成長した頃に関わる介護系の職員やヘルパーは精神的負担や肉体的負担を強いられる。
なのに親の一部は「専門の方なんですからそれなりの対応してくれるんでしょ?」と
期待半分放置半分で連れてくる。
幼少期に厳しくしてくれとは望まない。反動が凄いから。
でも、可哀想とか我が子可愛いの想いから社会性を逸脱した家庭内ルールを作って
そのままにするのは、ある意味虐待じゃないかなと思ってしまう。
とにかく、親の行動や考えひとつで自閉症の症状が浅かったり深かったりすると思う。

以上、障害者専門施設職員より

114 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:14:32.63 ID:1uM/svD90
早く脳の神経機能を回復させる治療法を開発してくれ
精神病とかも結局は神経機能の問題なんだろ

115 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:15:22.36 ID:TGzwd2bxP
>>111
糞が。頭おかしいんじゃねえのか?

116 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:15:32.16 ID:fOIigtWzO
>>36
>「自閉症=目を合わせない」のかもしれないが
>「目を合わせない=自閉症」じゃねえからw

研究する側はそこらへんの区別はできているから心配しなくてもいい。
自閉症にあたるのかちょっと判断しにくいというケースはあっても、混同はしていない。
むしろ自閉症とは具体的に何なのか関心がない人の方が「自閉」という言葉からくるイメージで判断しがちだ。


117 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:15:45.94 ID:IStVARl70
人類の進化です。
人類は感情がなくなり魑魅魍魎の競争社会ではむしろ感情が邪魔になり無表情に進化していくのです。
これが人類が生き残る手段になったのです。
人間との交信手段はネット。表情筋は退化していき目だけが異様に大きな顔になるのです。


118 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:16:02.91 ID:pJwDH1tt0
高齢出産は問題があるのだ、母体が機能不全起こしているのだ。
老化現象が悪影響を与えている。


119 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:17:13.78 ID:CXEFVOt40
>>108
こう?↓

劣化精子:自閉症
劣化卵子:ダウン症
劣化子宮:いろんな障害

120 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:17:57.76 ID:HoEDxedH0
>>111
関係無い。

121 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:18:40.63 ID:XMio99ZOO
日本は俺はどうなるんだ
どうしようどうしよう どうしようどうしよう
が治るのか

122 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:18:57.23 ID:ahqBwUcE0
>>117
ヒトラーの予言に書いてありますね。

「ヒトとロボット人間」ってね。
よーく読んでみたらわかる。ヒトは恋愛をすると。感情があるんだよ。

感情が無くなるのは、進化と思わせておいて、退化、って言うか二極化だと思いますよ。

人間が人間のまま進化する道は、感情と理性の両立。共感があれば搾取や、支配構造なんて起こらないから。

123 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:19:48.82 ID:TGzwd2bxP
>>121
それはパニック障害とかだろ。
自閉症は日本とか俺とか考えてないと思う。

124 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:19:57.82 ID:EM12uHgU0
最近、本当に増えてるよ。
なんかの公害か薬害かというきがする。


125 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:20:25.00 ID:ZwdSCdHIO
遺伝要素の方が強いと思うけど
高機能の場合、自分にとって必要と思えば表情とか自分の見た目とかの重要性にいずれ気がつくよ


極論だが、最初から自閉症って人は、その機能が無くても生きられる環境にいた(=超VIP待遇)って事なんじゃまいか
(もしくは先祖がそうだった)

126 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:21:12.11 ID:BntuDKXj0
>>79
そうだろうか?
でも、キレる敷居が常識から考えて、あまりにも低すぎる。
例えば、自分の進みたい方向に他人が立っていて自分が歩きにくい、
とかいうレベルでキレる。
よく会社員やれてるなーと思う。

頭はいいらしいので、皆機嫌を損ねないようにして話かけて知識や情報を引き出している。

127 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:22:20.03 ID:eTYKwhU50
逆にさ
この物質を多く投与すると人のちょっとした表情変化にも敏感になるの?

128 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:23:05.36 ID:faHnUsvS0
診断されてないだけで、軽度の自閉って人も多いからな
そういう人はいじめの対象になったり、社会への適合に悩んだりする
何らかの治療法が確立されるといいんだが

129 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:23:19.01 ID:H0DRRgbB0
>相手の表情を認識する脳の活動の低下によって、自閉症の症状が起きていると結論づけています。

仮定の設定が変だな

130 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:23:26.95 ID:n02rEGQ+0
>>113 言ってる意味も文脈もも分かるけど、

   表現するときは 自閉症の症状、ではなくて、適応能力とか別の言葉に置き換えた方がいいと思う
   揚げ足取り見たいだけど・・・

131 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:23:43.34 ID:TGzwd2bxP
>>126
自閉症はそもそも仕事とか出来ないよ。

132 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:23:48.15 ID:GlFFCQOCO
父親高齢でも普通にモテてきたとかなら問題無いかと
若くてもなんか変な奴とかオタクとかコミュ障とか暗い奴はマジやばい
明るくても空気読めてなくてウザがられてるのに気付いてないとか


133 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:24:06.46 ID:t4bM5iQDO
>>125後半全然違うだろ

134 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:25:59.68 ID:/JNfmHwV0
>>119
野田聖子www

135 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:27:07.36 ID:SLcfom/O0
>>114戸塚ヨットだよ
>>91に書いたような親の無責任により人間の脳の基礎発達が未成熟な場合、
既に発達余力の無い大人の脳に対しては死の恐怖との戦いによってのみ脳が成長できる

136 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:27:25.92 ID:tjWSpVmC0
>>114
どの程度まで回復させるのか考えると難しい
というか人間の機能には出生時に持っていてある時期に喪失するものもあるんだが

137 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:28:04.18 ID:XMio99ZOO
戸塚宏に脳幹
鍛えてもらうと
治るんじゃないか

138 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:28:07.18 ID:fPqy0y+M0
>>125
うちのオヤジが行動からして高機能自閉だったぽいが
好きな分野にとことん打ち込み(彼にとっては普通のこと)大学教授になった。
家族は大変だったけどな。
父は1秒1mmの狂いでパニック起こしてた。

139 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:28:52.45 ID:faHnUsvS0
自閉も軽度と重度では、まるで違うからなぁ
本当の軽度になると、まわりも本人も気づかないで成長してしまうレベル

140 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:30:20.52 ID:9jXm/0y90
>>1
それは症状なんじゃないかね。

141 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:31:17.28 ID:H0DRRgbB0
外部情報の遮断なんて、意図するしないは別にして、概ねみんなやっていること
逆にすべてを受け入れると統合ができなくなる

142 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:31:18.78 ID:faHnUsvS0
>>138
ドイツの哲学者カントさんも時間きっちりに散歩に出かけ、
部屋の温度が1度でも違うと激怒したそうな
エジソンといい、アインシュタインといい天才には多いタイプ

143 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:31:39.54 ID:QAZB3Vix0
以前やった実験。

△と□をランダムに動かしてる動画と、△を□が追っかけまわしてる動画を作って
見せながらfMRIをとると、自閉症では脳の働きは同じ。健常人では働く場所が変わる。
これは、健常人は後者にストーリーを感じるけど、自閉症の場合は同じに感じるから。

これ発表した時とかは「自閉症の早期発見がどうの〜」って言ったけど、すいません
なんも発展してません。

144 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:31:40.13 ID:/JNfmHwV0
リア充マンセー教って結局は、空間支配して奴隷根性の強い腰巾着を操って
自分が黒幕だとバレないように巧妙にイジメをするいじめっ子が一番偉いっていう宗教だよね。
実は中身が空虚な墓場みたいな奴が多いけどな。
スケジュール帳を分刻みで埋め尽くしていないと死んでしまう病気の人。

145 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:32:25.16 ID:BntuDKXj0
>>131
アスペルガーなら自立してる人も多いと思う。

146 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:32:49.69 ID:lOQ+iA0u0
自閉症の結果、脳の活動が低下しているだけなのに、
原因と結果を取り違えたエセ科学乙

147 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:33:13.17 ID:X2Wvfxs/O
知的障害のない自閉は自分の興味のあることに徹底的に突き進んで優秀なオタクになりやすい
型にはめようとしないで好きにさせておいてやれ

148 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:33:53.44 ID:xx7y1oWq0
>>115
別に自閉症に関しての話じゃないから、そんな苛々すんなよ。
長男の血が濃いのは、当たり前の事だと思うけど
それと、障害の関係についてまでは、言及してないし、糞呼ばわりされる覚えはないから
そのまま返す。

149 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:34:15.82 ID:SLcfom/O0
戸塚ヨットの失敗は、いくら死の恐怖を与えても再活性化しない脳の機能不全者までは見抜けずしごき続けてしまったこと
それ以外では高い効果をたたき出している

150 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:34:25.39 ID:Wmmw0r48O
>>144
えっ

151 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:35:08.98 ID:GlFFCQOCO
>>145
重度ならしんどいよ
事務も出来ず接客も出来ず工事でも働けず、
旦那と喧嘩しながら細々と翻訳やってる人の本読んだことある
仰天ニュースにも出てた

152 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:35:35.79 ID:5kv9Fcf80
自閉症とシナチョン脳、史上最悪の組み合わせだなw。

153 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:36:15.35 ID:fPqy0y+M0
>>125
>>138に補足だけど、父方の家系はちょっとアレなケースが多い。
ばーちゃんは汚屋敷住人で、掃除機だけで7台持ってた。
更に遡ると、全財産を投じて橋をかけちゃったのもいた。
おいらも絵だけは得意で、組織では働けないけど絵で食ってる。
代々、何かしら遺伝してて、この障害の長所をうまく生かして食いつないでるって感じ。

154 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:36:25.72 ID:TGzwd2bxP
>>148
何?まだ言ってんの?毛が濃かったら血が濃いんだ?ふーん。

155 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:37:18.57 ID:/JNfmHwV0
たしかに、長男に自閉症が多いって聞いたことある。

156 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:37:26.18 ID:5oLTTBIP0
まあ、生物多様性なんだろうけどさ
人それぞれ適性は違うわけで。
子ども達が求める「ボクを愛して」って欲求に応えられる機能が
「手柄」「業績」として認められないのもまた然り。

157 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:37:38.39 ID:xx7y1oWq0
>>154
初めから、ふーんでいいと思うよ。甘えんなよ。八つ当たりでしょそれ。
何で暴言はかれないといけないんだよ。


158 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:39:15.56 ID:SLcfom/O0
戸塚ヨットの基本は
がんばらなきゃ死ぬ状態に追い込んで脳の眠った部分を動かすこと
この脳の部分は>>91に書いたように
母親が小学校に入るぐらいまで毎朝きっちり起す躾をすることで成長させることができていた
ここが日本人が優秀な民族であったこととイコールの部分で敗戦後破壊されてきた

159 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:39:38.42 ID:/JNfmHwV0
>>111
あ!自分は次女なんだけど、姉はめちゃくちゃ毛が多いわ。
妹の毛まで全部むしり取っていっただろうってぐらい量が違う。
自分は姉の3分の1しかないい。

160 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:40:05.11 ID:H0DRRgbB0
○内分泌異常→自閉症→機能低下

×(表情を読み取る)機能低下→自閉症→内分泌異常

161 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:40:17.12 ID:TGzwd2bxP
>>153
>ばーちゃんは汚屋敷住人で、掃除機だけで7台持ってた。

掃除機をたくさん持つ、という解決方法(だよな?)を考えている点で、
自閉症だとしてもかなり軽度と思う。

ゴミに埋もれて掃除機が見つからなくて7台とかならちょっとヤバイと思う。

>>157
お前がトンデモ説を流すからだろ。糞が。

162 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:44:04.79 ID:BntuDKXj0
>>151
うん。上に書いた会社の人とは別にそういう人とも話したことがある。
見た目、会話は普通。
アスペルガーだなんて言われないとわからなかった。

163 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:44:18.22 ID:tjWSpVmC0
>>153
芸術系の学校だとむしろ高度な人間の方が多いという場合があるらしくて
高校までストレス感じてた奴が実にイキイキするという事例もあるって聞いたな

ソースは元高校図書館司書だった俺の嫁、常連にいたんだって

164 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:44:29.43 ID:G9hPqDemO
自閉症も昔
「親の愛情うんぬん」って説が流布された時代があって
多くの親たちが批判され
悲しい思いをしたらしいねえ



165 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:44:48.25 ID:X2Wvfxs/O
>>157
血が薄いと誰の子どもになるんだ?
不倫相手の子ならそりゃ親父の血は薄いわな〜(笑)

166 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:44:53.36 ID:TGzwd2bxP
ハゲは何か?年取ってだんだん血が薄くなるから禿げるのか?
かかってこいよ糞が

167 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:45:51.58 ID:ZuHM+tS10
訓練により学習し実践できるのは軽度
重い人でも投薬や外科的な治療で
支障や困難が減るならいいが
脳の中のことは難しい

168 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:46:46.58 ID:Y0jM5ftm0
交際とかセックスできないのは大概自閉かアスペルガーとかの片輪だな。

169 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:47:53.75 ID:ahqBwUcE0
ハゲでもいいじゃん。
むしろ帽子を被ったり、服装に合わせてウィッグをつけたりして、楽しめばいいのに。

「髪がある状態が普通です」って考えるからおかしいんだよ。
スキンヘッドというおしゃれの選択肢を持ってる、ってことじゃないですか。

170 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:47:54.94 ID:oM+nU9HeO
親が高齢でなりやすいのはダウンでしょ
自閉症は見ればすぐわかる、人と話す時だけでなく普段から目が合わない
赤ん坊の頃からずっとだから親は可哀想だな

171 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:48:41.72 ID:gHCU6cqg0
世の中はコネ次第とか言われたら
意地でも作りたくなくなる俺は自閉症なのか

172 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:48:49.52 ID:blRXdl8N0
>>19
知能が高く、自閉度が弱いタイプは知恵で環境に順応していく。
自閉=白黒ハッキリしている事は理解できてもグレーに関して弱い。
やり方を教えれば覚えるので社会に順応していく。
自閉で知恵が無ければそれさえも難しいってだけ。

173 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:49:25.81 ID:ZuHM+tS10
新生児100人に1人の割合で生じるとされる脳の機能障害「自閉症スペクトラム」が、
複数の遺伝子のコピーミスから起きる可能性があることが、英オックスフォード大などの
研究で分かった。症状や問診をもとにしてきた診断法の改善につながる成果で、
10日、英科学誌ネイチャー(電子版)に掲載された。

自閉症スペクトラムは、他者とのコミュニケーションや社会性の発達に遅れが見られる。
自閉症のほか、知的障害がなく特異な才能を発揮する「アスペルガー症候群」なども含み、
症状の多様さから「スペクトラム(連続体)」と呼ばれる。

チームはヨーロッパ人の患者996人と健康な1287人のゲノム(全遺伝情報)を比較。
その結果、父と母から一つずつ受け継ぐべき遺伝子が一つ足りなかったり、三つになる
コピーミスが、患者は健康な人より平均19%多く、健康な人ではめったに起きない遺伝子で
起きていた。コピーミスは「コピー数多型(たけい)」と呼ばれ、健康な人では病気の
かかりやすさや薬の効き方の個人差として表れる。チームは、鍵となる遺伝子の複数の
コピーミスが発症につながるとみている。

理化学研究所の古市貞一・分子神経形成研究チーム長は「自閉症スペクトラムは早期に
診断されれば改善が期待できる。今回の成果は科学的診断法確立に向けた基本情報に
なる可能性がある」と話す。

174 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:50:29.32 ID:TGzwd2bxP
>>171
それは天邪鬼だな、、

175 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:52:05.85 ID:ip09bzgm0
アスペルガーにしても自閉にしてもスペクトラム型といって、
傾向が強いかどうかで色合いで決まっていくわけでしょ。
軽度の自閉症やアスペなら見分けがつかない場合もある。
それどころか優秀といわれていることもおおい。

176 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:53:36.75 ID:/JNfmHwV0
世の中はネコ次第だよ

177 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:54:31.60 ID:H0DRRgbB0
先天性か後天性かということで言えば、どちらでもないことを言ってるな
後天性の自閉は、外傷、心因性のショック、または、コミュをとる必要性がない環境にいた者
こんな感じになると思うが

178 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:55:01.04 ID:nWjxdBiq0
対人関係をうまく築けない自閉症の人

最多数の原因はキモメンだったりする

179 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:58:17.06 ID:8O8g57Y40
>>149
戸塚ヨットスクールはやりすぎと思うけど、禅寺あたりに
放りこんでも、欝とか軽度の自閉症患者ぐらいなら
治りそうな気がする。
一度2泊3日の座禅会に参加したけど、なかなかハードだったよ。

180 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:58:38.36 ID:jc9JkNnn0
物のヲタでコミュ障の人はかるく自閉だよね

181 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 09:59:54.07 ID:4nWsK/Zz0
遺伝子異常から来るものなのか、傷害やショックによるものなのかでも大分違うと思うんだけどな・・・
これじゃこういう傾向にあるとしかわからず根本的に治す、対策を練るって事できないじゃん

182 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:06:27.92 ID:blRXdl8N0
>>177
後天性の自閉症なんていうのは無いはず、普通に脳障害で別の病名。

>>181
自閉症=障害=治らないもの
ただ脳の特定部分の低下とか科学的に判断できるものは薬の研究が出来る。
ADHDは脳に脳波異常が出る場合、一時期問題になったリタリンによる効果が実証されている。
今は同等品の効果が持続するコンサータに変更され、リタリンは日本ではもう使えなかったかも。


183 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:09:52.95 ID:j1n882yYO
>>95
> ダウン症で母親の高齢に対抗してでっち上げた説だと思っている。

いや
母親高齢でダウンっつーのも父親高齢で自閉症っつーのも
どっちも元ネタは>>102のイスラエル人のデータだよ
ダウン症の話のほうが先に広まったのは単にダウン症のほうが追証しやすかったから

184 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:10:01.30 ID:AHFVyL8g0
子供が自閉症(カナー)なのでこういうスレで自閉症がどういうものか認識が広がってくれると嬉しい

185 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:12:29.23 ID:H0DRRgbB0
>>182
意図して「後天性の自閉」と書いてるんだが
いわゆる知的障害とおまえらが、「アスペ」と言う環境適応障害だな

186 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:13:11.75 ID:qeMDH5Ht0
後天性の自閉なんてありません。

うちの自閉症、幼児のころは眼を合せなかったけど
段々合わせるようになった
今は、相手の表情は見る
自分に対してそっけないとか、口数が少ないとか感じると
「怒ってるのかな、機嫌悪いのかな」って考えてるらしい
たぶん、表情を記号のように学習してるみたい「おこってる?」って聞いてくる

187 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:14:45.38 ID:3LYlJd4M0
>>185
内向性と自閉症はまったく違うって聞いたけど

188 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:18:56.37 ID:SLcfom/O0
SAWシリーズのような脳幹刺激装置を開発すれば戸塚ヨットは不要になるかもです

189 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:19:34.39 ID:TGzwd2bxP
>>183
そうか。どちらも元ネタ同じか。

190 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:19:55.13 ID:H0DRRgbB0
《自閉》
統合失調症の主症状の一。
現実または外界から遠ざかり、対人交渉を極力避け、願望や苦悩を抱いたまま、自己の内界に閉じ込もる状態。

191 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:22:59.07 ID:6qPW0Rac0
職場にうつ病の診断書出してもう3ヶ月近く会社を休んでる人がいる
でも日曜日にたまたまその人をJR駅で見かけた 友達らしき人と一緒で大きな旅行カバンを持ってた
楽しそうに笑ってた それを見てなんか悔しかった
後日、俺も仕事が休みたくて精神科に行ってみた
思いつきで「死にたい」といったらすぐにうつ病と診断してくれた 会社に診断書を出した

さいわい俺の会社は東証一部上場の大手企業。いま俺は会社を一ヶ月休んでる 
ちゃんと給与も基本給は支払われている こんなイイ思いしたら、クセになりそうだ
でも4月くらいからそろそろ復帰しようとおもう
それまでは休暇だと思って休もうと思う




192 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:28:56.59 ID:GlFFCQOCO
知的障害の無い発達障害やアスペは、関わりにくいけど基本的にはいい人間が多いね
騙されやすいし被害者になりやすいのは気の毒だけど
ただ、サイコパス合併してるのは別。
人の気持ちが分からないくせに他人操作したがるし。自分ルールさえ守れたら法律なんて糞食らえだし
凶悪事件起こすのは大体このタイプ
普通のサイコパスよりは違和感あって分かりやすいからマシかも知れんけど

193 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:31:03.84 ID:H0DRRgbB0
まあ、環境適応障害も、ストレス耐性の遺伝子異常だと言われれば、
先天性ということになるが、「自閉症」とは区別されるべきでしょう?

194 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:31:17.93 ID:ZuHM+tS10
自閉症
自閉症(じへいしょう、Autism)は、社会性や他者とのコミュニケーション能力に
困難が生じる発達障害の一種。先天性の脳機能障害であるが、脳機能上の異常から
認知障害の発症へといたる具体的なメカニズムについては未解明の部分が多い。
時に、早期幼児自閉症、小児自閉症、あるいはカナー自閉症と呼ばれる。

日常語でうつ病やひきこもり、内気な性格を指して自閉症と呼ぶこともあるが、
これは医学的には完全に誤った用語である。

195 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:31:27.51 ID:blRXdl8N0
>>190
統合失調症の「自閉」と自閉症は別
アスペルガーも高機能自閉症の一つ
環境適応障害はアスペではない、
世間で混同されている可能性は否定しない。

似たような名前やややこしいので混同されるかもしれないが別物。
対応も違う。




196 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:33:09.32 ID:dxqkel6x0
>>1
>>アセチルコリンには神経細胞のつなぎ目で刺激を伝える働きがある

これを増やせば効率よく勉強が進むのか?

197 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:38:17.52 ID:oB8eyUyaP
>>3
お前、今笑ったな?・・・

198 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:44:29.21 ID:H0DRRgbB0
>>195
>対人関係をうまく築けない自閉症の人は

設定がすでに混同されているので、カテゴライズし直しなおそうとしただけなのだが Orz
「アスペ」、「糖質」は、「おはよう」、「こんにちは」レベルな

199 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 10:47:02.48 ID:SLcfom/O0
母親との濃密な関係によって発達期にある脳を高度に育んできた日本の育児文化が
GHQにより破壊され、いまも学会は支配下にある
戸塚ヨットは反体制分子として叩き潰され発言の機会も与えられない

200 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 11:03:40.54 ID:n02rEGQ+0
>>179
治るならばそもそも疾患や障害じゃないね

201 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 11:07:46.34 ID:n02rEGQ+0
>>158
それでよくなるなら
マジで助かる。
俺もそう信じてたけど無理なもんは無理。

禅寺で糖尿病が治るようなもの
治る人もいるけど治らない人もいる

202 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 11:08:56.30 ID:XM+gALrs0
治らないやつを全部殺しちゃえば確かに病人はいなくなるわなww

203 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 11:11:24.97 ID:ZuHM+tS10
治るというより学習による適応 支障や負担の軽減だな
どの程度の学習が可能かどうかは個人差がある
闇雲なスパルタはお勧めしない

204 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 11:13:57.86 ID:npLp/cqA0
まぁそういわないでくれよ、うちの弟も自閉症だが なんとか普通の仕事してるんだ

205 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 11:21:11.12 ID:/JNfmHwV0
スパルタやるほうがサイコパス系の人格障害だし、
そういうサイコパスに低脳が魅了されすぎるんだよ。

206 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 11:22:06.71 ID:j1n882yYO
>>189
受け売りだけどなw

日経サイエンスのムック本(こころと脳のサイエンス)に結構詳しく載ってたよ

207 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 11:30:53.52 ID:ZuHM+tS10
遺伝子や脳内に明確な違い見付かったとしても
実際の症状としては健常と障害の境目は曖昧で
得手不得手の差、個性として受け入れられている程度の
差しかなかったりするからな
何が健常で何が障害かってのも難しいもんだ

208 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 11:37:51.31 ID:JMaOejEq0
そもそも対人関係が必要でなくなったんじゃない?


209 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 11:55:00.80 ID:KOq6ErHl0
こんなのわかりきってたことであって、ではそれをどうしたいのかってことだよな。


210 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:20:23.18 ID:Dzr+zBgv0
ちょっとスレ違いだけど、パニック障害って薬無しで治す方法ないかなあ?

211 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:23:44.59 ID:EM12uHgU0
そういえば、身近な自閉症もしくはそれっぽい愛子様状態の人の父親って
全員喫煙者だわ。


212 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:25:46.19 ID:Dzr+zBgv0
パニック障害で過呼吸になって、血中ph濃度が狂い、手足がしびれて倒れる、、
これって、薬無しでなんとかなるものなの?

213 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:26:38.97 ID:NNlmulkpO
脳活動低下したから自閉症のか、自閉したから脳活動低下したのか

214 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:30:02.15 ID:Dzr+zBgv0
俺もパニック障害になる前は、
司法試験に落ちた人が本屋で法律の専門書の前を通りかかっただけで、倒れる、とか聞いて
信じてなかったし、気の持ちようだと思ってた時期もあったが、
自分がその立場になってどういうことか
初めて理解できたよ

215 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:30:52.32 ID:j1n882yYO
>>201
無理だよ
っていうか戸塚ヨットがああなったのって、
評判聞いてやってきた(高機能)自閉症児とかをよくわからずに受け入れちゃったせいだろう
元々やってた、ただの非行少年の更正にならあれで効果はあった

216 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:33:26.50 ID:py60rM1uO
自閉症の95パーセントが男という事実

217 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:34:53.61 ID:OVI7Q5SM0
パニック障害は、基本、うつ気質ではなかろうか
薬で押さえられるよ
だが、薬から抜け出すのは難しいかも

218 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2011/03/08(火) 12:36:34.20 ID:7xiAzAfy0
自閉症に特徴的な話をするときに視線を合わせないという症状に着目し

嫌いな人苦手な人を本能的に察知し目を合わせない様にする原始的とも言えるかも知れない防衛本能が
維持されてるのを障害と言うのだとすると違和感有るんだよな、犬とかだって嫌いとか苦手な人とは目合わせないし、
何か異文化コミニュケーションを推進する気持ち悪い人達と同じ臭いがする。

実際9条の会とか気持ち悪い連中がかなり食い込んでて障害者産業を形成して巣食ってる、浜松医科大学
とかも脳に電極とか頭可笑しい事言ってる気違いぽいのが居たりする所。

219 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:37:27.46 ID:u5GTcuOYO
>>211
愛子の場合、母親がヘビースモーカーで、
妊娠中もタバコやめなかったからね。

220 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:38:39.61 ID:TYRlfb3A0
テレビを消すときに次にくるCMがなんのCMなのか気になって消せなかった子供時代

221 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:40:54.89 ID:Nn8fxq2WO
特効薬はあることはあるんだよね。
かつてこの類の患者に効いた特効薬がリタリンだった。
ところがなんでもないただの低能が鬱を装ってリタリンもらってヒャッハーしたせいで、リタリンの流通制限&処方対象の縮小が起きた。

222 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:44:32.01 ID:+PgmbDg/P
俺はよほど気の合う人とじゃないと会話するのがしんどいから職場じゃすごい無口。
友達もいない。
人と話すときは目を合わせるけど。

223 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:52:23.50 ID:6puk8aNPO
やっぱり大人は禁煙しないとな。
子供が愛子様のようになってしまう。



224 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 12:58:18.11 ID:AH/NQf5vi
おれ、苦手な人と話すとき、
声が震えて汗が大量に吹き出す指が震えるで、
心のそこから怯えてるみたいなんだけど、
逃げずに向き合い続ければ治るかな?
失敗体験を積み重ねて、だんだん酷くなってる気がする。

225 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:01:18.90 ID:OVI7Q5SM0
同じルーティーン(例えば呼吸法)を繰り返して、成功体験を積めば治るかもよ
自分を追い込まないことだね

226 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:04:09.42 ID:AH/NQf5vi
>>217
薬は効くけど、出来ればやめたいんだよ

227 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:05:30.75 ID:rG7Hm2Dq0
どーしたら本に書いてあるような呼吸法できるんだろか 練習もつづかん

228 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:07:25.79 ID:E6q3Wm710
>>218
意識して目をそらすのと目線が合わないって事の違いも理解出来てないなら黙っとけって

229 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:09:05.56 ID:rG7Hm2Dq0
>>226
薬から抜け出せる薬を飲めばよい

230 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:09:38.41 ID:+UUGgH6k0
>>1

雇用がないよ?

自閉症はナマポでももらって引っ込んでろ

231 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:10:49.25 ID:6ud9284U0
神経ガスが効くのか

232 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:13:12.31 ID:LgqBuS8AO
自閉症になると悪くなるのか
悪くなると自閉症になるのか
どっちなんよ

233 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:13:28.59 ID:wsZkAUGH0
>駅でインディーズ車掌やってるのとか

ワロタw 俺は語り部と呼んでたw

234 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:13:34.83 ID:OVI7Q5SM0
どーしたらできるなんて、考えないほうがいいよ
自分が安心(安定)できるなにかがあればいいんだよ
ここ一番では、コーヒーをのむとか、好きな音楽を思い浮かべるとか
要するに、いい自分を演じるための自己暗示だよ
そして、誰もが同じ失敗を繰り返している

235 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:15:30.57 ID:XfWBcqdc0
自分はコルチゾール脳で過去の辛い記憶を常に反芻して自ら脳を破壊させる体質。
コルチゾールを遮断する薬があればいいのに。

236 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:17:46.26 ID:lNQmO8w50
自閉症は天才科学者の卵じゃないのか?

237 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:18:08.34 ID:6qPW0Rac0
福祉の実習で自閉症の人を見た事あるけど、「自 閉 症」という用語にはんして
ぜんぜん様子が違ってた ものすごくはしゃぐし、はしゃいだとおもったらすぐにキレるし、
と思ったら「ウイック!うげええ」とか意味不明な言葉を急に何回も何回も同じ事を叫ぶし、
そしてじっとしていると思ったら急に室内をぐるぐる回りだすし、まったく引きこもってるような自閉的な様子じゃなかった
なんで「自 閉 症」なんて病名がついたのか不思議に思うくらい
自閉症じゃなくて「活動性気分高揚症候群」のほうがお似合い


238 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:21:21.56 ID:6qPW0Rac0
あと、目を何回もパチパチさせたり、「ウィック!うげえええ」という言葉を何度も発してた
もう動き回るのなんの 保護者が追いかけて抱きしめてやらないとずっとその子は部屋中をぐるぐる回ってた
なんかこう、知能が足りないんじゃないかと思うような子が多かったよ
ぜんぶ自閉症という診断だった


239 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:23:25.80 ID:JO2do8MNO
たしかタバコを吸うとニコチンがアセチルコリンの代わりになって働くわけだから
自閉症の人にタバコを吸わせると改善するってことだよな?

240 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:24:00.77 ID:rG7Hm2Dq0
>>237
もっと重い自閉症患者は、入ってくる情報が整理できず脳が混乱するので、
情報が入ってこないように、あるいは入ってくる情報が決まったものだけ
にするために部屋の隅で回転するものをじーと眺めてたりすんだろ。
その様子が自閉症の名称になった、とどこかで読んだ気が

241 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:24:42.13 ID:6qPW0Rac0
自閉症の子を見た時、
自閉症なのに、ぜんぜん自閉してないじゃん、というのが正直な感想だった
むしろその逆。ちょろちょろ動き回るし、こちらに飛びついてくるし、
かと思ったら急に怒り出して物を投げてくるし、とにかく扱いにこまったよ



242 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:26:45.48 ID:8O8g57Y40
>>200
そうとも言い切れんだろう。特に脳みその仕組みは
未だによく分かってない部分もあるし。一部の機能が
ブッ壊れても、それを別の部分が補ったり、神経細胞が
バイパスを作るのはよく聞く話だ。

で、重要なのは、そういう機能を代替させるには投薬や
手術じゃ無理ってことだ。事故等で後天的に機能を失った
場合は、リハビリという名の「修行」をさせないと、それは
望めない。そういうケースでは修行を認めて、先天的な
異常には修行は無意味だなんて、あり得ないと思う。

全員が荒療治で治るとは言わんけど、初めっから効果を
否定するのもどうかと思う。全員に効果が認められなければ
治療、医療とは認めない、なんて言うのであれば、漢方も
一部の医薬品も、あるいは手術だって治療ではないのでは?

243 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:32:02.98 ID:43zZWso20
>>179
なんかの治療法で「何もさせない」と言うのが有ったなw

3日ほど何もさせずに寝かせておく
過労とかに由来する軽い奴はそれで治るw

禅寺も俗世から離れると言う意味では似たようなものかもな


ただし禅寺に「適応」して俗世に対応出来なくなる可能性も


244 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:46:47.38 ID:nJKcPlcoO
軽度の自閉症って診断されたけど(知能障害はない)
人の顔が全然覚えられないのが悩みなんだが関係あったって事だろうか

245 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:47:03.02 ID:wIjIPoyJ0
増えてはいないだろ
社会が変わって昔より孤立しやすくなってるだけ

246 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:50:42.89 ID:V7zAE1E80
>>241
そういうのが自閉症だから。もっともアスペルガーかも。
自閉しているのが自閉症では必ずしもない

247 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:55:50.73 ID:KCrPPSOU0
あぁ、俺は自閉症だったのか
大手正社員ではあるんだが

どおりで、人の顔よく忘れると思ったよw
営業される側で良かったw

248 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:57:24.53 ID:litjIZrn0
表情を認識する脳の活動の低下、つまり人が敵か味方かわからないってこと?


249 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 13:59:42.25 ID:7EiJsp260
>>243
森田療法?
健康的な人間なら何もやらないというのはとても苦痛だが、
異常者は何時間でもヘーキ。

250 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2011/03/08(火) 14:03:14.18 ID:7xiAzAfy0
>>228 本心では嫌いなのに嫌いぢゃないって言い聞かせられて目を合わせ様とすんから目が逸れるんだろ?

基本的には嘘を吐いてる時に反射的に目を逸らすの同じ行動原理、俺も未だに嫌いな奴に社交上話しを無理に
話しを合わせ様とすると目が逃げるw開き直れば別だがwww

其れを子供の頃から自閉だ障害だと言い包めたらいい加減グレるっちゅうに、まあ俺あ自称ASの自閉症なんで
知ったこっちゃねえがwww

251 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 14:05:30.08 ID:tjWSpVmC0
>>242
>そういうケースでは修行を認めて、先天的な異常には修行は無意味だなんて、あり得ないと思う。
受障前の経験が蓄積されているか否かという点を忘れてないか?

>全員に効果が認められなければ治療、医療とは認めない、なんて言うのであれば
誰もそんなことは言ってない
ただ「効果が現れない理由をある程度一貫した論理で説明できなければ認めない」とは言う
もちろん「本人がこれを信じてなければ効果は発揮されない」とかいう立証不可なものはNG

>>248
自閉症の人間が「ニュアンス」を理解できない傾向がある、というのは良く知られてる話だと思ってた

252 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2011/03/08(火) 14:08:52.65 ID:7xiAzAfy0
ニュアンスが理解出来ないと言うか、顔の表情の変化は判るが、脳が情報として重要視しないって感じ。

253 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 14:16:01.92 ID:fq3nXeNBO
>>244
ニキリンコの本を読んだことがあるけど
同級生はみんな同じようなジャガイモ?かなんかに見えてて
自分は自宅から通ってるが他の連中は全員最初からそこ(教室)に居る、というか備品みたいな感覚だったって

自閉はスペクトラムといって定型との境目がはっきりしておらず程度問題だから
他はまったく普通で人の顔が覚えらんないってのは、要するにニキリンコみたいな重症(?)な人より
ずいぶん普通に近いけれども兆候はあるって程度じゃない?

てか、他人の顔が覚えらんないって割とよく聞くよね

254 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 14:21:10.33 ID:faHnUsvS0
俺は他人の顔は覚えられるが名前が覚えられなくて困ってる

255 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 14:22:20.43 ID:tjWSpVmC0
自閉症の思考トレース本といったらやっぱり
『夜中に犬に起こった奇妙な事件』(マーク・ハッドン著)だろ
俺はあの文章結構おもしろかった

あれ、そういえば俺も他人の顔や名前覚えるの苦手だな……

256 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 14:27:47.46 ID:vgboj2Em0
俺は、よく他人の目を見て話せって怒られていた。
当然、相手は俺が自閉症だということは知らない。

257 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 14:28:07.95 ID:litjIZrn0
>>252
うちにアスペルガーの診断を受けたのがいるんだ
過敏なくらい表情を読むよ。ニュアンスもわかるっぽい。
だが、臆病なくらい、それらをネガティブな方向にとるから
人と合わないんだよね。敵でも悪でもないのは解るが嫌なんだと。
動物との相性は抜群なんだけど。

258 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 14:37:27.64 ID:Y4DAH9pc0
知能指数が上がっていくほど環境に適応できなくなるのは事実
本人の責任ではなく、周りが理解できなくなる
こういうのは、そもそも自閉症の範疇にはいるのかアスペなのか

259 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 14:40:18.28 ID:PuhIHXRWO
自閉症が増えてるのは神の思し召しかもな

人間独りで産まれて独りで生きて独りで死ぬに限るな

260 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 14:48:23.90 ID:v9cBABwV0
>>221
ADHDだけでなく自閉症にもリタリン効いたのか。
自閉症に投与したら拘りがますます強くなって難儀しそうだが、そういうもんでもないのかな。

261 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 14:58:35.45 ID:hSyd+wQX0
他人の目を見て話すことが良いとされるのは日本
他人の目を見て話すことは、やましいことだとされるのが欧米

豆知識な

262 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 14:58:55.58 ID:rG7Hm2Dq0
>>260
自閉症の症状の一つのadhd的な部分を押さえるというだけだろ

263 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 15:04:41.32 ID:wIjIPoyJ0
>>255
本としてはおもしろいけど
障害については誤解をまねきそうだから止めてほしい
自閉症者が書いたような設定は悪質

264 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 15:06:50.19 ID:N7SmlI8e0
俺自閉症だな

265 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 15:07:09.67 ID:KFfn/xRV0
うーん親族に自閉症がいるけど、ちょっと違う感じがするんだけどなあ。
どちらかというとコンピュータの熱暴走に近い感じ。
表情を読まないのは確かだけどそれは症状の一因でしか無いような気がする。

266 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 15:07:39.32 ID:7l/iJhv2O
>>1の「自閉症が増加」を読んだ時点で失笑を禁じえない馬鹿騙し
半世紀ほどの間にどれほど概念と基準と範囲をこねまくって変えてきたかと
特にアスペがイギリスで「再発明」された経緯や、五大類型も踏まえない増加説など豚に喰わせろ

267 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 15:31:02.85 ID:1bE/XeqE0
つーか早く自閉症というネーミングを変えろよな。
この名前じゃ「自閉症=引きこもり」と勘違いする人が多いのも当たり前だ。

268 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 15:50:51.01 ID:u7nu3dCi0
視線合わせないって私と同じじゃん
私も自閉症か?

269 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 15:57:31.04 ID:Nr6z5NBM0
>対人関係をうまく築けない自閉症の人は

これ明らかにわざとミスリードしてるだろ
対人関係が苦手なのと自閉症とはまるっきり別のものだ
こんなもの、NHKのニュースとして流れるなんておかしいだろ

270 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:01:24.36 ID:7l/iJhv2O
ま、犬HKの適当かつ偏向ニュースで分かった気になる奴は
一生何も正しく理解できない豚といえことさ

271 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2011/03/08(火) 16:13:04.49 ID:7xiAzAfy0
犬HKだからな、お宅のお子さんは障害が有りますとか言えば心配に思った親が幾らでも金出すしw

韓国人がメディア使って日本人の不安を煽って金儲けするのは常套手段www本より日本人は寡黙で目的の為にはへらへら
笑って自閉的で自分を曲げるのが嫌いな自己愛の韓国人とは逆の性質の強い種族の筈。

272 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:16:59.13 ID:JMhJ0L8w0
自閉症という字面が誤解の元だ。
自分の世界で完結しているワケだから、自完症とでも言い換えるべし。

273 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:17:36.45 ID:r+gpQ1uF0
おれ自閉症だったのか

274 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:19:10.90 ID:wDvJXBjg0
>>267
最近は「自閉症スペクトラム」とか「発達障害」とか出てきて、アスぺ学習障害ADHD含む言葉が広まってきて
ますます誤解その他が増えそうな予感
まあ発達障害のほうが、引きこもりと混同しにくいかも

275 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:21:44.99 ID:JMhJ0L8w0
disorderを「障害」と訳すのも問題だ。不調あるいは偏差とすべし。
発達に偏りがあるのだから、発達偏差で良いんだよ。

276 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:26:50.11 ID:EjXTMh7rP
別に障害でいいだろ
その方が救われる

277 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:32:59.72 ID:sdh4lBIgO
自分が人と目を合わせて話せない理由は口がクサいから。目を合わせるイ
コール面と向かって対峙する事となり、このオイニーがもろに相手の顔面
にかかるからなるべく顔を逸らす。ガムをいただいている時は少しはマシ
だが、そのうちそのガムとウンコが混ざったような言わば糞ミントみたい
な香りになり、それで胃が痛くなる

278 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:33:12.65 ID:YCTVWrul0
なんだ、お前ら脳に障害があっただけか。

279 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:33:49.68 ID:JMhJ0L8w0
言われる方の身にもなってみろ。気持ちの良いもんじゃない。

280 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:34:20.56 ID:pCJOLdzN0
自分の子供が自閉症だったらどうしようとか考えると子供作れない

281 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:39:01.28 ID:7l/iJhv2O
自閉症という単語でアスペをイメージする風潮もマスゴミが作った
カナータイプこそ問題なんだがな

282 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:41:06.78 ID:EjXTMh7rP
自閉症じゃない奴と結婚すればOK

283 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:42:17.30 ID:m96I2B8v0
知人の女の子がもうすぐ結婚するんだけど、その子、自閉症。男の方、何もそんなの選ばなくても、と外野はみんな心配している。

284 : ◆titech.J3E :2011/03/08(火) 16:42:50.60 ID:tG9PXxRK0
ここにもコピペしておくお
http://blogs.yahoo.co.jp/j3e_jp/MYBLOG/yblog.html

脳に2つのパラメータを設定する。
1つは、ある刺激に対して、それを処理する部分の活性化のしやすさ。
もう1つは、ある刺激に対して、他の部分の活性化を促す力。
複数の処理領域が同時に活性化する力、としてもよいのかもしれない。
(まだあまり的確な表現でないと思うが、イメージとして理解して欲しい。)

後者の力が弱い。
これが自閉症の本質だよ、たぶん。
社会性やコミュニケーション能力は、
複数の刺激を統合して理解することから始まり、得られるものだと思う。
自閉症は運動が苦手、特に球技など、という所見とも合致する。

そして後者が弱い場合、同時に前者が強くなる場合が多いのだろう。
相対的に前者が強く見えるだけの場合もあるかもしれない。
こちらで、感覚過敏や興味の極限、情動行動、こだわり、
そして一部の人のサヴァン能力なども説明できると思う。
前者の力は、すべての刺激に対して強く活性化するのではなく、
ある刺激に対しては強く、別の刺激に対しては弱く、って感じで、
活性化の不安定さといったほうがよいかもしれない。

285 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:45:07.00 ID:+UUGgH6k0
こういうのは障害扱いにしたほうがいい

健常者の俺らが働くから障害者をナマポでも貰っとけ
俺らも障害者になったらナマポに甘んじよう

286 : ◆titech.J3E :2011/03/08(火) 16:47:41.83 ID:tG9PXxRK0
>>284
では、なぜそうなるか?
これは脳の発達段階(乳幼児期とか)のニューロン数が多すぎる、
という所見に注目している。

脳の発達段階でのニューロン数、つまりニューロンの生成と排除は、
遺伝子と、胎児期や乳児期の環境が影響して、行われる。

これで、現在言われている自閉症関連の症状の全てが、
一つにまとめられるんじゃないのか?


自閉症の研究に関して、
社会性の障害、コミュニケーション能力の障害、にこだわりすぎているが、
人間はどのように社会性やコミュニケーション能力を獲得するのか?
という部分への理解がちょっと欠けている気がする。

まあ社会性などの発達の研究自体が、チンパンで研究していたりして、
まだまだ発達途上なんだけどね。

287 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:48:35.11 ID:ZBR05x9D0
【親の】障害児育ててなくない34人目【愚痴吐き場】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/baby/1297904267/

【叩きたい】発達障害児の親のグチ【いなくなれ】
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/baby/1256675253/

288 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:48:59.36 ID:CdEbulOc0
障害者からみれば、健常者が障害。
暮らしにくい風潮や偏見を作り上げる、健常者こそが障害。

289 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:49:50.18 ID:HvzyjE7D0
>>122
ヒトラーの言う「ロボット人間」っていうのは
愉しんだり喜んだりするけれども、被支配者・奴隷であり続けることに疑問を持たない人間だよ。
超人がそれを支配するという話。

290 : ◆titech.J3E :2011/03/08(火) 16:51:28.38 ID:tG9PXxRK0
紡錘状回がどうとか、それは、
結果であって、原因ではないだろ?
例えば、車に非常な興味を持つ自閉症の人を調べたら、
人の顔でなく車を見ると紡錘状回が活性化するから。

>>1の研究は、
自閉症の症状を探る研究であって、
自閉症の本質を探る研究ではないわな。

これを読んでも、まあそういう結果は出るだろうな、とは思っても、
何か期待を持てるような気持ちにはならない。

自閉症にはこのような症状がある(場合がある)と言っているだけで、
自閉症はこのような原因で起こる、とは言っていないんだよね。

291 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 16:52:17.90 ID:m96I2B8v0
スタートレックに出てくるスポックやデータ

アメリカでは受け入れる社会

292 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:00:40.09 ID:svhoEi3Z0
その部分を活性化する方法はないのか

293 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:13:51.16 ID:o/l+a0Tm0
>>112
なるほど

294 :最新の脳画像撮影技術を使って、原因と結果の本末転倒:2011/03/08(火) 17:15:51.99 ID:yeS3Fvcd0

.          *** 小児自閉症の発症原因は何か ***

精神疾患の発症原因は脳の神経伝達系の活性異常とされているが、それでは小児自閉症の発症原因は何で
どんな治療が行われているのか。
自閉症の治療法選択肢についての小児科の意見
→ http://www.eonet.ne.jp/~skado/book1/teacch_ped.htm

小児自閉症は近年になって注目され始めた疾患であり、この発症原因が脳の活性異常であればかなり昔から記述が
ある筈だ。 しかしそのような記述は無く、さらにこの疾患児童への向精神薬の投与も
“ 有効であるとの明確な証左が無い “ ために、小児自閉症は精神疾患ではなく行動異常とされている。

唯物的医学は近年までの “ 身体外原因疾患 “ には、極めて有効な治療法を提供して人類に大きな恩恵を与えた。
しかしそれ以降に多発する身体内部原因疾患、特に精神疾患についてもそれと同じ治療法を続けることは犯罪的である。
唯物的自然観に基づいた物質科学は、人間の精神性をそこに持ち込むと混迷を始める。
そして精神疾患は、抑制だけの薬物治療が今も漫然と続けられて、製薬会社は大儲けしても疾患者は完治しない。

295 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:16:15.61 ID:EjXTMh7rP
アスペだけど26で結婚した俺は勝ち組みとw
まぁあえて私文に行ったのがよかった

296 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:23:47.31 ID:FXzsNE4A0
対人関係が上手く築ける人って表現がおかしいw
上手いんじゃなくて単に誤魔化してるだけだろうw
或いは似たもの同士だから錯覚してるだけで。
そんな誰とでも上手にコミュニケーション取れる万能人間そうそういないw

297 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:26:10.38 ID:LSGV/Xz80
恐怖とか感じた時も脳の一部の活動が低下するよな。

298 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:29:07.68 ID:Z9zPQKys0
んーと、その特定部分が低下してるから自閉症になるのではなく、

自閉症の人は相手の顔を見ようとしないので、
相手の表情を判断する能力が次第に退化してくる、ってことだよね

299 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:36:15.99 ID:EjXTMh7rP
見ようとしないんじゃなく
興味が無い

300 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:37:17.04 ID:TMmZTvu30
自閉症だとあまり使わない部位があって
その使われない部位は次第に衰える、ということか

301 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:42:14.51 ID:6qPW0Rac0
頭を切開して、脳が露呈した状態で直接脳に電気ショックを与えればいいと思おう。
だれかこれ実験してよ。


302 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:50:15.00 ID:EjXTMh7rP
障害も含めて自分のアイデンティティだからな
これが治ったら自分じゃなくなるしwwwってか想像できん
普通の人の考えてる事なんて

303 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:51:09.80 ID:efZKUjXw0
>>274
アスペは自閉症の一部
DSM-5ではカナー・アスペルガー・高機能自閉・広汎性発達障害が
「自閉症スペクトラム」に統一されて
知的障害の有無も自閉症スペクトラムの診断からは外されるはず


304 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:52:14.31 ID:xlmu3wE5P
>>298
当事者感覚としてはそっちのほうに納得できるんだが、
実際どうなんだろう。

305 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 17:56:49.57 ID:efZKUjXw0
>>304
小児の自閉症者を調べれば分かるじゃないの?

能力が次第に退化していくなら小児の自閉症者は大人の自閉症者より
その部分が高い結果が出るんじゃない?

306 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 18:07:42.84 ID:TMmZTvu30
言葉が減ってくるとか言われるよね

307 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 18:19:38.87 ID:Zo/dvDgY0


308 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 18:43:06.14 ID:BntuDKXj0
>>277
内臓疾患を疑え

309 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 18:56:44.40 ID:B0efBb5q0
>>304
全く違うな。
カナー型の場合、赤ん坊の時から目が合わないとか、指差しが無いとかの特徴が有る。

310 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 20:00:11.90 ID:Ew8F/lol0
アスペだと発達障害だの高機能自閉・広汎性発達障害だの統合失調症だの気分障害だの今はいろいろ病名が作られているけど、
ようは役立たずで、周りに迷惑ばかりかけ、まったくもってマイナス要因しか生じない人々に、
医師と製薬会社の複合体のビジネスモデルを完成させるために、いちいち病名をつけているような感じがする。
そりゃ、これだけ人口が多いとおかしなのはいるさ。
駅とかでもへんなのいるもん。ほんとに。

はっきりいえば、第三者からすれば病名なんかどうでもいいんだよ、そいつが社会的に迷惑をかけないか、
マイナスにならないかしか関心はない。病名などどうでもいい。興味ない。
へんな行動するやつは、「おかしな人」「へんな人」で一律で評価は同じ。
だいたい病名が必要なのは医者と本人だけだろ。そんなことは第三者はどうでもいいんだよ。

くれぐれも、「自分はこの病気だから援助して、優しくして」などというな、迷惑だ。
治るか死ぬかのどちらかにせい。治らず社会のお荷物になるならさっさと士ね。
税金の無駄だ。


311 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 20:07:18.22 ID:vjQm5yiI0
>>310
統失っぽい文章だな

312 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 20:09:09.17 ID:EjXTMh7rP
んーと このスレのどこらへんから
優しくしてと読み取ったのだろう?w


313 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 20:10:31.98 ID:Eb0FZ3Ll0
最近、物忘れが禿しいんだが…
農の特定部分活動が定価?(´・ω・`)

314 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 20:26:16.25 ID:9nzcxQlW0

<T4作戦>
(独: Aktion T4、英: T4 Euthanasia Program)

■T4作戦とはナチス・ドイツの優生学思想に基づいて行われた安楽死政策。

<政策機関・T4作戦における主な指導者>
★ナチス総統/アドルフ・ヒトラー
★ナチ党指導者官房長/フィリップ・ボウラー
★親衛隊医官/カール・ブラント
★精神科医/ヴェルナー・ハイデ
★精神科医/パウル・ニッチェ

<成果>
精神分裂病(現・統合失調症)や身体障害者など20万人以上を殺害(安楽死)

<安楽死方法>
外に固定された自動車の排気ガスをホースで引いて、
その一酸化炭素中毒効果で殺害。精神分裂者障害者を移送する「灰色のバス」の車内は、
快適で穏やかな雰囲気で構成され、ホットコーヒーやサンドイッチがふるまわれた。(安楽死前)

<経緯>
T4作戦の発展経緯は、ナチス・ドイツが先頭たっていきなり精神病者を虐殺をしたのではなく、
もともとイギリス、アメリカなどで優生学の下地はあり、その思想を受け継ぐ形で、
ドイツ流にアレンジして虐殺行為が行われた。
あまり知られていないが、日本でも優生学の考え方は存在し1948年〜1996年まで、
「優生保護法」のもと、精神分裂病者(現・統合失調症)の強制避妊手術などは施された。




315 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 20:31:09.72 ID:9nzcxQlW0
上記にあるT4作戦は、今でこそ「極悪」との評価になっているが、
実は当時としては極めて先進的な政策であり、現代にも十分通用する考え方なのである。
それもあり、いまだにこの政策を支持する研究者は多い。
又、優生学の復活だ!として人権団体や製薬会社、精神科医団体から強烈なバッシングはあるものの、
地球上の劣等種を根絶させるための根本解決法として未だに根強く支持されている。

(T4作戦が失敗に終わった要因)
■宗教団体(カトリック系)から強烈な反対が沸き起こった。
■一時的に安楽死を実行しただけであり、恒久的に安楽死を実行しなかった。毎年の安楽死を最低でも50年以上は必要。
■ドイツが戦争で敗北してしまった
■戦後、精神病者に対して実効性のある新たな薬物が開発された事で、製薬会社(主にアメリカ)が精神病者を儲けの対象とシフトチェンジした。(経済効果)



316 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 20:36:51.02 ID:UOmSugF00
検査方法が確立してからニュースにしてよ。私大の宣伝にいちち(ry

317 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 21:33:05.24 ID:INc6Zw0I0
>>46
まず手付かずの惑星を見つけたい

318 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 21:33:53.30 ID:TusBKphn0
>>310
それは症状の程度の問題でもある。症状が軽ければ、苦手分野を避けることで、
社会の中で十分に適応して行ける。
高血圧とかでも、重症の人は治療が必要になるけど、軽症なら日常生活の中で
気をつけて行けば良い。

319 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 21:45:25.25 ID:G4KykweW0
石原慎太郎 語録

★障害者について

「ああいう人ってのは人格あるのかね。ショックを受けた。
ぼくは結論を出していない。みなさんどう思うかなと思って。 絶対よくならない、自分がだれだか分からない、人間として生まれてきたけれどああいう障害で、ああいう状態になって」
「おそらく西洋人なんか切り捨てちゃうんじゃないかと思う。そこは宗教観の違いだと思う。ああいう問題って安楽死につながるんじゃないかという気がする」

★ニート・フリーターについて

「ニートなんて格好いいように聞こえるけど、みっともない。無気力・無能力な人間のことです」
「今、ニートなんて、ふざけたやつがほとんどだよ」「フリーターとかニートとか、何か気のきいた外国語使っているけどね、私にいわせりゃ穀つぶしだ、こんなものは」



320 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 21:46:38.05 ID:zUK5bIJOO
なるほどリンダリキがアレなのも

321 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 21:51:28.25 ID:Ms04/iM60
>>1
>自閉症の障害のある人は、増加傾向にあるとみられていますが

どうでもいいけど、ソース(エビデンス)はあるのか?
研究者なんだから、個人的な感想や希望で論じてないよね?

322 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 21:55:54.38 ID:Ms04/iM60
>>310
昔、ハンディキャップと社会的不利の違いを習ったが、お前は何様だ?
これまで一度も病院に行ったり、めがねやコンタクトの様な物も使わなかったのか?
時代が時代なら、自分も役立たずと言われてたかもしれないと思わないのか?
ちなみに、人間は年をとれば障害者同様に身体機能が低下するよ。
存在自体が周りに迷惑をかけるかもよ。

323 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 21:59:08.47 ID:3iNwOA1f0
この人、「自閉症の早期発見の方法を確立できたらよいと思う」って言ってたよ。
偉いよねえ。
認知症も早期予防に焦点が当たってるけど、治す薬ができるまではそっちの道を探すしかないものね。

324 :ただの丸暗記馬鹿が基礎研究職に就くほど始末の悪いことは無い:2011/03/08(火) 22:13:30.03 ID:BXx2bB2m0

.      *** 最新の脳画像撮影技術を使って、原因と結果の本末転倒 ***

精神疾患の発症原因は脳の神経伝達系の活性異常とされているが、それでは小児自閉症の発症原因は何で
どんな治療が行われているのか。
自閉症の治療法選択肢についての小児科の意見
→ http://www.eonet.ne.jp/~skado/book1/teacch_ped.htm

小児自閉症は近年になって注目され始めた疾患であり、この発症原因が脳の活性異常であればかなり昔から記述が
ある筈だ。 しかしそのような記述は無く、さらにこの疾患児童への向精神薬の投与も
“ 有効であるとの明確な証左が無い “ ために、小児自閉症は精神疾患ではなく行動異常とされている。

唯物的医学は近年までの “ 身体外原因疾患 “ には、極めて有効な治療法を提供して人類に大きな恩恵を与えた。
しかしそれ以降に多発する身体内部原因疾患、特に精神疾患についてもそれと同じ治療法を続けることは犯罪的である。
唯物的自然観に基づいた物質科学は、人間の精神性をそこに持ち込むと混迷を始める。
そして精神疾患は、抑制だけの薬物治療が今も漫然と続けられて、製薬会社は大儲けしても疾患者は完治しない。

325 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 22:15:09.20 ID:iQ+przIr0

発達のペドフィリアは殺処分で良いよ、マジで


326 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 22:37:46.63 ID:wDvJXBjg0
>>323
医学的に早期発見が可能になってもなー

現状、検診ではショックを受ける母親を考慮して、よっぽど発達が遅いケースを除いてそんなに指摘しないし
保健師も発達に関する発言は、ものすごく慎重だし
そんなわけで、早期にわかった場合でも、乳幼児期に何をしたらいいのかって具体的な情報少ないし

アメリカなんかでは一歳ぐらいでどんどん診断してくと聞いた気もするけど
母親に対して遠慮がちな日本では難しい気がする
せいぜい一部の早期に気づいた親が、希望したら診断してもらえる程度じゃないのかな

327 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 23:11:38.31 ID:vtlbemFk0
妊娠中に自閉症の早期発見ができるなら、私なら必ずおろすわ
もっと早期発見の技術が発達しないかしら
どのような子供が生まれてくるか分かればいいのに
何らかの障害を持って生まれてくることが事前に分かれば、
必ず主人と相談しておろせるのに


328 :名無しさん@十一周年:2011/03/08(火) 23:35:27.35 ID:Gl5UStVV0
>>131
いや、個人差がある。ソースは俺。

329 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2011/03/09(水) 00:50:43.38 ID:usQZEWTT0
>>327 酷い釣りだな、アンチ自閉の自己愛者ってお前みたいな糞気違い多過ぎ。

330 :名無しさん@十一周年:2011/03/09(水) 00:53:11.74 ID:jNdcPY/V0
鳩山と岡田を検査してみろ

331 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2011/03/09(水) 00:58:08.53 ID:usQZEWTT0
>>330 岡田は何か変だが、鳩山のは完全に自己愛だろ、何か可笑しく気持ち悪い愛の世界に包まれてるw

あれは自閉系とは真逆の症状。

332 :名無しさん@十一周年:2011/03/09(水) 01:03:22.85 ID:UJZwlFWo0
鳩山はオナニーするときもAVやエロ本見ずに、自分の体を鏡に写して、それをオカズにやってるんだろうな

333 :巫山戯為奴 ◆X49...FUZA :2011/03/09(水) 01:07:16.10 ID:usQZEWTT0
>>324 多数の中、例えば学校や大企業の中とかで生活しなかった近代以前は余り問題視されなかったんだよ。

義務教育上とかで目立ってしまう可能性は高い、特に日本のは均一至上主義な上に日教組とか自己愛の集まりだし
押し付けが酷く反発し易く成ってるし弾き出そうとされてしまう。

334 :名無しさん@十一周年:2011/03/09(水) 01:10:10.47 ID:1sAgOc+NO
アスペスレ多すぎ

335 :名無しさん@十一周年:2011/03/09(水) 01:13:19.41 ID:QYfNuiNL0
おまいらスレ

336 :名無しさん@十一周年:2011/03/09(水) 01:18:26.48 ID:8pzk14lRO
たまには外に出てみろよ
月が綺麗だぞ

337 :名無しさん@十一周年:2011/03/09(水) 06:26:16.95 ID:jxw48kEf0
月って昨日の夕方見たけど新月過ぎたばかりじゃなったか

その時間だと地球の裏側だろ

338 :名無しさん@十一周年:2011/03/09(水) 23:11:18.56 ID:T4Wzoztn0
>>7
重度から軽度まで区切りが無いのでひっくるめて「自閉症スペクトラム」と呼んでて
重いほうが自閉症、軽いほうがアスペ。自閉症は周囲の助けがないと生活していけない。
アスペは「それなりに」社会に溶け込んで生活できる。

339 :名無しさん@十一周年:2011/03/09(水) 23:13:48.59 ID:T4Wzoztn0
>>18
自閉症はそういう職につかせること自体無理だよ。

>>32
自閉症ならネットでこういう文章書くこと自体無理だから。(俺ヤバイという思考自体もてない)
ただの引きこもり、精神病と一緒にするな。

340 :名無しさん@十一周年:2011/03/09(水) 23:13:54.59 ID:mjVu/ist0
人の顔で覚えられないんだよねぇ。
匂いとか気配とか音とか声とか体温で、
いつも判別してるわー。
まぁ、生活に不自由ないしいいんだけど。

341 :名無しさん@十一周年:2011/03/09(水) 23:19:39.74 ID:T4Wzoztn0
>>48
> ジョブズもゲイツも猛烈に自閉的気質が入ってるからなあ。
> 今風に分類すればアスペルガー

具体的にどこら辺がだ?全然違うだろ。
単に頑固だとか我が強いとかをアスペ扱いするなよ?

>>84
ないよww
目線合わせないから自閉になるんじゃなくて、自閉だから目線合わせることができないの。

342 :名無しさん@十一周年:2011/03/10(木) 11:12:04.25 ID:eRt0Jt7O0
>>338
違うよ
アスペは言葉の遅れが無い自閉症
言葉の遅れが有って知的障害の無い自閉症は高機能自閉症
知的障害と自閉症を併せ持った人が昔からの自閉症でカナータイプ

自閉度の重さの区分では無いよ
診断名がアスペルガーでも自閉度が高くて生活困難な人も居る

まあDSM-5で全て「自閉症スペクトラム」に統一されるみたいだから
もう区分けは意味無いよね




343 :名無しさん@十一周年:2011/03/10(木) 11:28:35.10 ID:n0vi5o1+0
>>341
検索してみたら、
斜視の時に自閉症になりやすいみたいですよ。

344 :名無しさん@十一周年:2011/03/10(木) 18:12:06.03 ID:QUBJJqpT0
>>343
> >>341
> 検索してみたら、
> 斜視の時に自閉症になりやすいみたいですよ。

ありえんwww

345 :名無しさん@十一周年:2011/03/11(金) 01:11:36.81 ID:UKlClrHf0
a

346 :名無しさん@十一周年:2011/03/11(金) 01:14:27.52 ID:z14oO87i0
カレーはやっぱりチキンカレー

347 :名無しさん@十一周年:2011/03/11(金) 01:33:40.68 ID:ij+I4Fyv0
アセチルコリンの前駆体てたしか卵に含まれてたよな
毎日卵食えばいいんじゃね?

348 :名無しさん@十一周年:2011/03/11(金) 02:15:01.80 ID:iDXvBXk80
>>4
自殺よくない

95 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)