5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【教科書採択】 「生徒が神話と歴史的事実を混同しないだろうか」 事実関係の間違いの多い自由社の歴史教科書に戸惑う教師…横浜★3

1 :うしうしタイフーンφ ★:2011/07/30(土) 11:00:27.80 ID:???0
★歴史教育、戸惑う教師

写真 社会科教師自作のプリントが貼られたノート。子どもたちの知識定着を図るため、教師は知恵を絞る=横浜市内
http://mytown.asahi.com/kanagawa/k_img_render.php?k_id=15000231107280001&o_id=13045&type=kiji

 横浜市では昨年から8区の公立中学校で、自由社の歴史教科書を使っている。既存の教科書を「自虐史観」とする
「新しい歴史教科書をつくる会」が主導した教科書の内容に、戸惑う教師たちがいる。

■資料補足し教材工夫
 昨年4月。1学期が始まる直前、40代の男性教諭は自由社の歴史教科書を初めて手にし、強い違和感を覚えた。
日本神話のコラムが大量に載っていたからだ。「生徒が神話と歴史的事実を混同しないだろうか」。
同時に、太平洋戦争を「大東亜戦争」と強調するなど「価値観の押しつけでは」とも感じた。
 授業を始めると、戸惑いはさらに強まった。5〜6世紀に大陸から移り住んだ「渡来人」を「帰化人」と黒字太字で表現するなど、
語句や史料の使い方も、これまでに使った教科書とかなり違う。それに加えて、写真の裏焼きや単純な事実関係の間違いも他の教科書と比べて多かった。
 他社の教科書で必ず学ぶ内容も抜け落ちていた。江戸時代は「平和と安定」の時代とされ、重い年貢に苦しむ農民たちの実態がほとんど描かれない。
生徒たちには、一揆などで用いられた「傘(からかさ)連判状」の資料を示して、武士による支配と団結して対抗した農民のことを説明した。
「欧州の市民革命や産業革命の項目でも、民衆の状況の説明が非常に少ない」と話す。
 授業で自作プリントを配るなど、この男性教諭のように補足説明に工夫を凝らす教師は多い。
50代の女性教諭は教員仲間で作った研究資料2種類と以前教えていた歴史教科書を参照しながら、自由社版を読み込む。
ざっと読んだだけでは気づかないこともあるからだ。「以前よりも、教材研究に多くの時間を取られるようになった」と話す。
 市教委は昨年4月、各校長に「採択した教科書を必ず使用しなければならない」と通知した。
「現場に無言の圧力になっている」と困惑する教師は多い。 (以下略)

asahi.com http://mytown.asahi.com/kanagawa/news.php?k_id=15000231107280001
前スレ http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1311975863/

2 :うしうしタイフーンφ ★:2011/07/30(土) 11:00:36.50 ID:???0
▽関連リンク
○横浜教科書採択連絡会 http://sites.google.com/site/ykshimin/

●間違いだらけの欠陥教科書はもうご免です! http://sites.google.com/site/ykshimin/home/naze-mondai
2010年4月から、横浜市内8区約1万4000人の市立中学生が自由社版歴史教科書を使いはじめました。
しかし自由社版には、事実の誤り、編集ミス、表記の不統一など、訂正が必要な部分が多数あり、約500カ所ともいわれています。
まともな教科書、子どもの立場にたった教育委員に替えて!!

間違いの例
1) 写真を裏返しで掲載…キトラ古墳の壁画写真(北斗七星が逆向き?!)、真如堂絵巻(絵の中の応仁の乱の武士は全員左利き?!)
2) 地図で任那(加羅)が新羅の3倍になっている…ありえない大きさ!!
3) 稲荷山古墳の鉄剣…<大王が豪族に与えた>は誤り。豪族が自ら作らせたもの。
4) 三十三間堂は宋(今の中国)の文化に影響され---と説明しているが間違い。和様、入母屋造り本瓦葺きの建物。
5) 15〜16世紀の銀の価値を金と同じかそれ以上の価値(銀≧金)と説明しているが大きな間違い。当時の価値は、金 対 銀=11〜12 対 1
6) 鹿鳴館時代の婦人の洋装の写真は、明治末期の上流婦人の洋装であり鹿鳴館時代のドレスではない。
7) 東京駅の長さは250m…正しくは335m

3 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:01:29.32 ID:Sf+glXPQ0


  <丶`∀´>  ウリは熊の子なのw

4 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:01:49.63 ID:ADM6vfHH0
一方韓国は神話しかなかった

5 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:01:59.35 ID:5rzX/J4cP
教師がここまで低脳なので、教科書が必要なんです。

6 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:02:18.32 ID:EDMfSsB30
それ見てるのって下朝鮮の歴史教科書じゃねぇの?

7 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:02:41.46 ID:Icc2ZWt70
数行しか記録の残っていない部分を何十話ものドラマに仕立て上げる韓国史劇を見て
視聴者が神話と歴史的事実を混同しないだろうか

8 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:02:42.16 ID:HX/FlHTxP
混同して何か問題があるのだろうか・・・?

9 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:02:55.17 ID:RmuNc4+70
>>2
>子どもの立場にたった教育委員に替えて!!

これよく使われるフレーズだが、正しい意味で使われてることってほとんどないな。

10 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:04:17.77 ID:ju2DNgveP
 穢れは日本人にとって一番の悪であって、現代の穢れよりずっと範囲が広かった。
たとえば殺人罪の穢れ、あるいは死の穢れ、血の穢れなども含んでいた。
よって平安時代になると、篠さんの「薬子の変」のレポートの記述のように前の奈良時代とまったく違って
死刑が執行されなくなる。奈良時代には、大津皇子事件や長屋王の変などで、ばったばったと皇族同士が殺し会っているのに、平安時代になると菅原道真公のように
国家反逆罪の罪状で、普通の国でれば絶対死刑であるところを太宰府への流刑ですまされている。
他にも応天門を焼いた伴善男も死刑でなく流刑であった。このことは平安末期になって武士が勢力を持ち出し、
保元の乱とか平治の乱といったクーデターに対して、その戦争犯罪人が死刑にされるまで続けられたのであった。
それほど貴族たちは死の穢れ、血の穢れを嫌ったのである。だから、戦争をしなければいけないというときでも、
絶対自分達では武器を取らなかった。人にやらせたである。

11 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:04:25.83 ID:OkFHjDSV0
>>2
>約500カ所ともいわれています。

いわれていますって何だよ
お前らが検証してるんじゃないのかよ
検定に文句言えよ

12 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:04:29.07 ID:PL38I1tb0
>>2
これは酷いw
さすがバカウヨの作った教科書だけはあるなぁ。

13 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:04:51.28 ID:+YjB5Fo70
韓国人に言ってやれ

14 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:04:53.48 ID:+LSd8zMf0

ソフトバンクのCMの秘密!

ケッセキ「犬野郎」は韓国語で最大の侮辱語で、「痛めつけて食ってしまうぞ」という意味。
父親は日本の華麗な一族を演じた声で犬、
母親は日本を代表する女優の一人。
長男は黒人で差別している。
長女は国民的アイドル。

朝鮮人・在日コミュニティでは、「日本の男どもは犬野郎」と、日本社会を蔑視・嘲笑している。


15 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:05:04.51 ID:1cmduQ6/0
チョンは熊と獣姦したんだっけwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

16 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:05:39.49 ID:51KhPjP10
 ネット監視規制法阻止、人権救済擁護法阻止、外国人参政権阻止、増税絶対阻止、すべて大陸特亜と在日利権に連動

 対外的セキュリティのないグローバル化は日本独自性喪失の最大要因、脱亜必須by福澤諭吉

 日本は120年前までに凋落没落極めた朝鮮半島マンセーしないと業界から追放される国になったのか?

 日本人へは表の顔だけで裏の顔は絶対見せない、帰化したからOKは日本人の幻想、大陸の特亜三国は日本列島人の敵

 朝鮮半島系在日が政治家・マスメディア・通信に蔓延支配し世論誘導中、大本はパチンコマネー

 反日教育は上下朝鮮人と中共の特亜三国、国内では日教組と在日が協同実施中

 パチンコはギャンブル警察/国・地方議員/知事は仕事しろ、殺人業界年間利益4兆円、必要悪なら税金で国益化必須

 朝鮮人の通名は犯罪を助長、差別を理由に歪んだ政策在日特権反対、通名も巧妙化、政治家など公人は出身を公表すべき

 文化侵略、「起源主張」ウィキ参照補強尚可

 南北政府系スパイが潜む特別永住者は99%密入国、忠誠なき国籍取得絶対反対

 国籍取得の厳格化、国籍条項の適用、国籍取得後の権利の厳格化が必要
外国人参政権は特別永住者でも論外 k2e2a4 netouyokousakuinganbaruuuuu書込制限度々こぴぺ拡散歓迎

17 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:05:55.79 ID:A4spqGvi0
別枠で囲みのコラムとして載ってるだけなんだから混同するわけない。
実際の教科書を見てもあれで混同するなら高校へ上がる知能レベルではない。
ただ難癖つけてるだけなのが明らか。

18 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:06:04.65 ID:JbXFJtzy0
歴史的事実なら神話っていわねーだろ。

19 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:06:14.94 ID:wsf3ap3N0
教師の考える力の亡さが心配です


20 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:06:16.97 ID:ShJ950NjP

自分が偏ってるとは気付きにくいもんなんだろうな



21 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:07:12.51 ID:jZDQb71JO
ドラクエ3をプレイした子供の心配しないとダメですね。w

ヒミコとかヤマタノ大蛇も出るしな。


22 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:07:48.64 ID:ju2DNgveP
 では、この穢れと神風思想がなぜ結びつくのかというと、元寇のとき、敵を撃退したのが鎌倉武士の軍事力だったからである。
つまり、鎌倉武士が機動防御したかしないかは知らないが、彼らが頑張ったからこそモンゴルの軍隊を撃退できた。
これが歴史的事実であることは皆さんもご承知だろう。
 実際には、確かに暴風雨が吹いて元軍が海上で全滅したのは本当らしいが、
元軍を陸上から追い出し、船上で宿営させたのは紛れもなく鎌倉武士の軍事力の脅威であり、
一番肝心なところは軍事力によって元軍に勝ったことである。
しかし、武士たちは穢れている。この事実をどうしても貴族たちは認めたくない。
そこで考えられたのが、あれは運命だった、神様が助けた、天祐神助である、
などと武士の努力ではないと思い込むことだった。そこで、神風という話ができあがったのである。

23 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:07:59.18 ID:GObUzDpr0
神話=南京大虐殺、従軍慰安婦、朝鮮人強制連行のことですね。

24 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:08:07.55 ID:5rzX/J4cP
神話、はどこの民族も持ち合わせているものさ。
それを否定するなんて、いかにもサヨクだよなぁw

25 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:08:10.05 ID:/FSMB88e0
>江戸時代は「平和と安定」の時代とされ、重い年貢に苦しむ農民たちの実態がほとんど描かれない。

江戸時代の農民も、結構裕福な生活してたんだけどな。
当時識字率は世界一で、祭りや伊勢参りするような余裕もあった。

どうも馬鹿サヨってのは、反体制な思い込みが激しい。

26 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:08:11.33 ID:awCkwDja0
>>12
よう、バカ。


27 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:08:35.36 ID:6sRxiOIZ0
「生徒が神話と歴史的事実を混同しないだろうか」

南京大虐殺の事か。
教師にしてはいい着眼点だ。

28 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:08:59.85 ID:JvMxjWu20
   ∧_∧
  ( ´∀` )<丑涙拭けや
  / ,   ヽ    
 ̄_|,..i'"':, ̄ ̄ ̄ ̄
  |\`、: i'、
  \ \`_',..-i
   \.!_,..-┘

29 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:10:06.38 ID:xE5VOFLN0
>>27
よう、バカ。

30 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:10:20.00 ID:B2YsTXuA0
子供の頃、教科書や新聞って絶対真実だと思って疑わなかった
これがそもそもの間違い
よく考えれば人間が作った物である以上、
どこかしらの偏見や創作や架空が含まれてて当然

教師として子供に教えられる事があるとすれば
『教科書もウソが書いてある事がある』と教えるのが大事かもな

31 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:10:26.22 ID:ju2DNgveP
皇族というのは本来、庶民が当たり前に享有できる自由がなく、
ただただ神の子孫としてケガレを避け、血筋を守り、
祭祀や伝統を受け継ぐという義務があった。
もはや生贄のようなものでね、だから尊ばれる。
もちろん明治以降はずいぶん緩和され、いろいろなものを召し上がったり、
お楽しみもされるようになったし、側室や、それらを監視することもなく
夫婦同室で休み、御子をお手元で育てるなど、ずいぶん人間らしく
健やかになったと思う。
が、今の雅子様ご一家は義務を一切受けつけず、権利ばかりを主張して
実家の利益のためにのみ活動して国益を損なう。
まあ、たしかに敬う理由は無いんだ。
それでも「様」をつけるのは、日本人としての矜持と、
どこか揶揄する気持ちがある。

32 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:10:47.50 ID:awCkwDja0
>>29
まねすんな、バカ。


33 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:10:54.15 ID:7Cr8qHp30
>>25
アホは良く
江戸時代の日本は○○が世界一!!
と言うね。
アホだからすぐにだまされるんだよなwww

34 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:11:30.44 ID:GJJTmmlW0
>>12

朝鮮史を学ぶ外人がなぜ少ないかわかるか?

ドラマが史実w

35 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:11:31.92 ID:n/FCi0IV0
また高齢ニート犯罪予備軍の丑さんがオナニースレ作って
単発IDで自作自演してるのか

36 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:11:32.13 ID:ZoFydFaZ0
×事実関係の間違いの多い自由社の歴史教科書に戸惑う教師
○朝鮮半島に不利な歴史教科書に戸惑う教師

37 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:12:02.07 ID:uLrxMzh60
・百済、新羅、高句麗はヤマト政権の属国
・平将門はテロリスト
・源義経は天皇の忠実な守護者
・源頼朝は天皇を利用した最悪の重罪人
・元冦で勝てたのは元軍の内紛でなく天神の怒りに触れたため
・信長は天皇を配下にしようとした最低最下の極悪人
・安重根は鬼畜、殺人鬼、精神異常者
・日清、日露に勝てたのは日本が神の国だから
・支那事変は蛮族の支配する支那を鎮撫するための正義感によるもの
・大東亜戦争は大東亜共栄圏が鬼畜米英を平定するために必要な戦争
・原子爆弾は落とされていない
・昭和20年8月15日は休戦記念日

38 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:12:40.89 ID:A4spqGvi0
2の間違いとされているほとんどは
サヨク視点から見て間違い ってだけだね。1)以外は

自虐教科書の方が「間違っていない」箇所を探すほうが難しい。
宋の影響が間違いというなら
埴輪を「朝鮮文化の影響」とかどんだけアホな箇所があることか。

39 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:12:44.10 ID:/zZfdb+l0
>>30
実際教育っていうのは与えられた情報を
どうやってその人自身で考えられるかって事を学ぶべきだよな。
つまり、論理的思考の方法。


40 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:12:50.93 ID:IsFaAVxA0
日韓ワールドカップ開会式で「半万年の歴史」と言った某半島の大統領批判か?

41 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:13:22.57 ID:RmuNc4+70
>>33
と、歴史の勉強もしたことない馬鹿がほざいておりますw

42 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:13:34.20 ID:5rzX/J4cP
この教師は民衆の!とか言いながら、まるで民俗を勉強していない事がわかる。
江戸時代はめちゃくちゃ平和な時代であるのは、民俗を勉強すればわかることさ。


43 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:14:03.82 ID:DvTxc/vjP
>>7
李氏朝鮮時代にはカセットコンロが発明されていたニダ。
韓国は先進国スミダ。

ttp://blogimg.goo.ne.jp/user_image/43/d9/e25c9a84aee4dc9f2f13da33e8e0f545.jpg

44 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:14:17.24 ID:Ao8GHPkT0






















神話と歴史的事実を混同?



おおっと、朝鮮人批判はそこまでだ!!!!!!




45 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:14:30.56 ID:mDVLBnSk0
>重い年貢に苦しむ農民たちの実態

いやーこれは学校で教えなくてもいいよ
社会に出るだけで実感できるからw

天皇陛下と国民の関係の変化と今後あるべき姿
大東亜共栄圏構想のすばらしさ

とかは教えて置いてくれ


46 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:15:06.18 ID:7Cr8qHp30
>>41
世界中の識字率なんて当時の誰がどうやって調べたのさww
アホだからそんな単純な疑問も持たないの?

47 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:15:31.10 ID:ju2DNgveP
 このようなことを最初に言い出した人物で記録に残っているのが「神皇正統記」を書いた北畠親房である。
この人は南北朝時代、後醍醐天皇の側近として活躍し、その息子の顕家は日本の貴族でおそらく数人しかいない実際に鎧を着て戦っている人物である。
この「神皇正統記」は出だしから「大日本者神國也」で始まっており、さすがに神風という言葉じたいは出て来ないが近いニュアンスのことは書かれている。
また自分自身、鎌倉幕府滅亡を目の前にみているのに、足利尊氏や新田義貞、楠木正成などの武士の軍事力が鎌倉幕府を倒したことを認めず、
「神皇正統記」には「鎌倉幕府の命運はすでに定まっていた。武士たちは歴代の朝敵であり、恩賞を望むのはおかしい。
なぜならばあれは天の功績であってかれらの功績ではないからだ。
それを彼らは思い違いをしている」と記述している。
ここでも穢れの思想があらわれている。鎌倉幕府、北条政権は武士たちが守っていて、それを倒すためには軍事力が必要であった。
実際、戦いがあり、殺し合いをして勝ったからこそ、後醍醐天皇の政権が確立したのである。
ところが、親房がそうだとは決して言わないのは、軍事というものは穢れたものだという考えがあったからだ。
穢れたものによって自分達の新しい政権が達成されたとは認めたくない。だからあれは神の功だと言ったのである。

48 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:15:35.78 ID:9JpFLiBaP
>太平洋戦争を「大東亜戦争」と強調するなど

だって、当時の呼び名は、正式には大東亜戦争だろ。

>重い年貢に苦しむ農民たちの実態

飢饉の不作になったときでも、作付面積での年貢を取られて
収穫量が減った分を考慮されなかったから苦しんだだけで、
単純に年貢が重たかったから苦しんだわけじゃないよ。

49 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:17:22.47 ID:DvTxc/vjP
>重い年貢に苦しむ農民たちの実態

五公五民の実効税率は20-30%なので、今のサラリーマンと変わらんぜ。

50 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:17:59.71 ID:5rzX/J4cP
>>38
東京駅は間違いだろう。

年貢に関しては、訴え出れば免除されてるぞ。
だいいちそうしないと、政府側が潰れるからな。

51 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:18:20.91 ID:B2YsTXuA0
>>21
そういやドラクエの歴史についても間違った事が間違ったまま若い世代に伝えられてるよな
たった20年前の事なのに

例えばドラクエブームのピークは3とか
2時の方が空前のブームだったのに
だからこそ3の時あれだけ取り上げてもらえたわけで

52 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:18:33.67 ID:A4spqGvi0
教科書でもめるなら

歴史というものの扱いがどう変遷していったか の「歴史史」があればいいんだ。
自虐教科書もそうでないのも全部ひっくるめて比べながら勉強する。

歴史をどう扱うかの歴史が一番大事かもしれん

53 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:18:51.68 ID:1gMjfiP40
2のリンク先を見に行ったけど、間違いの1例と書いてあるが全体にどれほどの間違いがあり、他の教科書との対比も無いので、比較できない。
また間違いに出典等がないので検証が容易ではない。

告発分としての出来が悪い。教師の質の低下こそ問題ではなかろうか。

54 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:20:52.30 ID:RmuNc4+70
>>48-49
こいつら歴史の勉強なんかしたことないから分からないんだよ。
大体の教員は、本屋の教育書コーナーにある歴史の教え方の本とか読んで勉強したつもりになってる。
そういう本を書いてるのは、歴史教育者協議会とか共産党のシンパの方々のような人なんだが。

55 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:21:19.12 ID:F6sZE3tD0
歴史を教えてる教師のスレとか無いのか?

56 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:21:33.31 ID:RmuNc4+70
>>46
どうやって調べたのか調べてから書いてみろって。
だからお前は馬鹿なんだよw

57 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:22:50.56 ID:cLTF8llY0
>>52 それで大学の歴史学科がことごとくつまらなくなるのか! 歴史研究者の研究史ばかり延々と聞かされて

58 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:23:26.30 ID:5mzcDZ590
>>2
ここまで間違いだらけだと笑えるな

59 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:23:57.87 ID:EXhwbYrE0
そもそも教科書なんて、その内容をそのまま教えるもんじゃないんだから、
つっこみどころが多い教科書なんて教材としてはありがたい。

60 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:24:14.68 ID:PKbaOthq0
アメリカでいうてみ進化論がが正しく聖書は間違いって。
おんなじスタンスだよねw

61 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:24:27.15 ID:RZ4yuCEB0
神話から歴史が脈々と繋がっているのは日本だけなんだが

62 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:26:04.63 ID:RmuNc4+70
>>57
結構面白いかもしれないな。
特に戦後の歴史学の歪みをあらわにできるならばね。

63 : 【東電 68.3 %】 :2011/07/30(土) 11:27:16.88 ID:GdndBru+0
>>1
>「生徒が神話と歴史的事実を混同しないだろうか」

子供をナメとんのかw

64 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:27:56.24 ID:XOLFOLVP0
戦後教科書に墨塗る授業があった それもまた授業と言うだけのこと

65 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:28:12.86 ID:cLTF8llY0
>>62
>特に戦後の歴史学の歪みをあらわにできるならばね。

>>1に出てくる左翼教師を世に送り続けてきた歴史教育の中枢を担う連中にそれができるとでも??

66 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:28:40.47 ID:nDWxykAr0
次の教科書に推薦しとくわw

67 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:29:03.76 ID:q5Q7so/u0
>>1
また検索せずにスレ立てたのか。今すぐ死ねよ

【朝日新聞】横浜市で既存の教科書を「自虐史観」とする「新しい歴史教科書をつくる会」主導教科書に戸惑う教師いると朝日新聞★2
http://raicho.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1311972080/


68 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:29:06.93 ID:cIesN9Ws0
まだ中帰連が生きてるのか?洗脳解けないまま祖国に迷惑ばらまくのは止めてね、じいちゃん

69 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:29:54.76 ID:9JpFLiBaP
>>1
それにしても、このアホ教師は、江戸時代の250年間
農民はずっと重い年貢に苦しんで一揆ばっかりやってたと思ってんのかねww


70 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:30:00.24 ID:ZmUFnARs0
三年B組自爆先生!

71 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:30:20.97 ID:ZJpegfvc0

理想と現実の区別をつけないサヨ教師

72 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:30:59.61 ID:UZq7Jgol0
神話=原発安全神話
歴史的事実=原発事故

73 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:31:12.73 ID:Eh8Se9KQ0
>>63
何としてでも使いたくないから難癖つけてるんだもんw
その神話と混同する危険性のある子供とやらより阿呆だよこいつらw

74 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:31:16.41 ID:DvTxc/vjP
>>69
マルクス主義史観的には、常に階級闘争が起こっていないと都合が悪いんだよw

75 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:32:01.29 ID:A4spqGvi0
>>62
歴史扱い変遷史やれば戦後の日本の立場が一気に理解できる

76 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/07/30(土) 11:32:11.66 ID:yE105fz10
まあでも明らかな間違いは良くないな。
まだまだ新しい教科書だからしょうがないけど。

77 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:32:12.49 ID:RmuNc4+70
>>65
>>52がいってるのは、そういう連中じゃない方々が問題提起のためにやるものと取ったのだが。

78 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:32:22.92 ID:6sRxiOIZ0
「生徒が神話と歴史的事実を混同しないだろうか」

731部隊の事か。
教師にしてはいい着眼点だ。




79 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:32:41.57 ID:jZDQb71JO
韓万年の国の神話と対比して、韓万年を嘲笑してやれば生徒は食いつくよ。

80 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:32:43.23 ID:qxNeQYc+0
食わず嫌いは良くないな。
これを機会に心を入れ替えて、立派な日本人教師になることだ。

81 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:32:54.09 ID:0g8M0jTk0
戦国時代はBASARA歴が正史だからな

82 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:33:13.84 ID:7Cr8qHp30
>>56
できないかできるかをもめている場合は
できるって主張している方が証明出すもんだ
アホボケ


83 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:34:25.17 ID:xMKtZu5F0
神がいないとか、死者に葬式や墓を造るのは無意味とかいう奴はバカというか、物事の本質が理解できていない。
墓や葬式は死者のためではなく、今生きていてやがては死ぬ自分たちのための供養だし
人間が必要だから神が存在する。
受験や就職あるいは失敗できないイベントになれば、誰だって「神がいないと困る」とリアルに思い出す


84 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:34:41.29 ID:A4spqGvi0
>>69
地方に膨大に残っている庄屋が残したような文書・古文書を見れば
何が真実か分かろうというものなのにね

85 : 【東電 68.3 %】 :2011/07/30(土) 11:35:31.48 ID:GdndBru+0
>>69
こういう人達って「民衆」をバカにし過ぎだよね。
年貢が重かったら民は民で知恵を出しますわ。

86 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:35:47.42 ID:ju2DNgveP
天皇家の正体とは、『隋書』百済伝にあるように「百済百濟之先、出自高麗國。其人雜有新羅、高麗、倭等、亦有中國人。
百済の先祖は高句麗国より出る。そこの人は新羅、高句麗、倭などが混在しており、また中国人もいる。と記されている。
つまり、倭人は百済の臣民であり、百済が倭人にとって宗主国であったと考えられており、
天孫族といわれた百済にいた百済王賊分家が日向の地にわたり、神武日王として即位し、機内を順次征服して奈良の地に
古代朝鮮語で首都の意味の「ナラ」と改称し朝鮮系纒向王朝を開いたと言われている。

87 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:36:10.68 ID:LY/3MMDx0
>>1
>江戸時代は「平和と安定」の時代とされ、重い年貢に苦しむ農民たちの実態がほとんど描かれない。

この記述が正しいだろw
前の戦国時代が平和と安定の時代だと言いたいのか?w

>「欧州の市民革命や産業革命の項目でも、民衆の状況の説明が非常に少ない」と話す。
万国のプロレタリアート団結せよ!

この教諭は経歴を晒せよwwwww

88 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:36:44.44 ID:7Cr8qHp30
>>84
アホボケによると
裕福な庄屋ってのは他の農民の意見代表して文書残すのか??

89 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:37:02.72 ID:RmuNc4+70
>>82
調べる能力がないわけね。本当に頭悪いな。
ちなみに識字率を問題にできる文明だから調査するんだってことくらいは分かるよな。
字を読む文化が存在していないところは識字率は問題にならない。

90 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:37:02.54 ID:V+igGJ0h0

小学校時代は、歴史教科書なんか使わないで、
終始、副読本で授業が進められた記憶がある。

下手な作りの教科書は、受験の時に困るから、
「教科書を使え」なんて余計なお世話だよね。


91 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:37:04.78 ID:OPRIbzSH0
>>56
普通に手紙などの通信手段、書物、書籍の流通具合だろ。

92 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:37:26.90 ID:96NfiwvRP
どうせ結局は歴史の授業なんて時間足りずに途中で学年終了するか
後半駆け足で年号覚えるだけで終わるくせにw

93 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:37:32.24 ID:hejRWt1K0
実際問題なにが事実なのか誤りなのか一切の間違いなく伝えることは不可能だしな。
誰も生きてないし、資料だって残ってるものは限られる。
歴史認識なんて誰の視点で見るかで全然違うし。
難しい問題だよね。

94 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:38:53.42 ID:RmuNc4+70
>>88
お前は実際の文書を読んだことないんだろ。だったら黙ってた方がいいと思うな。
天明の大飢饉の時に弘前藩の医師が書いた文書がどういう意味があるか分かる?
それくらい調べておいで。

95 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:38:58.71 ID:0qj/DstZ0
つまり、教科書の授業しかしてないって事だろw
先生の話なんか誰も聞いてないとwwwww
自爆乙。

俺の時は、教科書が参考図書扱いだったぞ。
おかげで、立派な左翼になったけど、大学の寮でチョウセンヒトモドキと同居して、立派な右翼になりました。
あいつら嘘しかいわねーwwwwww


96 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:39:03.22 ID:OiU4MYJZ0
>>86
日本国内には韓国人がずいぶんいるが、
韓国は日本の支配下にあると言うことでしょうか?

97 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:39:10.59 ID:DvTxc/vjP
>>88
年貢は庄屋が取りまとめて払っていたから、領収書なんかは庄屋にしか無い。

時代劇にあるように、二本差しの侍が百姓の家に押し入ってコメを奪っていくなど
ナンセンスもいい所。

98 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:39:24.97 ID:A4spqGvi0
アメリカの反進化論派=神の創造派は面白いのな。

地質学的なものや化石をどう解釈するのかというと
何億年もかけて進化しているように見えるように神が創造した
と説明している、上手いなと思う。

99 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:39:35.89 ID:RmuNc4+70
>>91
日本は明治に入ってからの統計調査があるけど。

100 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:41:15.97 ID:OPRIbzSH0
>>99
江戸時代の世界の識字率の話じゃないの。
いきなり、明治って。

101 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:41:43.54 ID:6fqpBsH20
まんがで読む日本の歴史で丁度良い
あれならみんな読む

102 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:41:44.21 ID:0qj/DstZ0
>>99
たしか、世界的に見ても驚異的な数字だったはず。
そして当時、世界最大の都市が江戸だったのは、紛れもない事実。

103 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:41:47.79 ID:LY/3MMDx0
>>94
>天明の大飢饉の時
>天明の大飢饉の時
>天明の大飢饉の時

この馬鹿は何が言いたいんだ?
飢饉は江戸時代以外にもある。
ついでに、昔は流通網が未発達だったから、日本のある地域では飢饉だが、他の地域では豊作だということもあり得るww

104 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:43:08.33 ID:NUhAVifQO
受験で落とす目的

排除対象

書いてあることだけ教えろ!!

余計な事は教育法違反

105 :平成「臣民」論:2011/07/30(土) 11:43:30.95 ID:jp9OwoOX0
正論 1月号
奉祝 天皇陛下御在位二十年 平成「臣民」論 皇學館大学教授 松浦光修
http://www.sankei.co.jp/seiron/wnews/0912/mokji.html

楠木正成、北畠親房、山崎闇斎、吉田松陰…
歴史を紡いできた忠臣の声に今耳を傾ける

(要約)
楠木正成公を代表する日本精神、武士道における「忠」とは?
問題点1.後醍醐天皇は”不徳”であるから、大楠公の「忠」は誤りではないか?
問題点2.親房が「正統」とした南朝の系統は断絶したではないか?
              ↓
解決1.”不徳”は儒教の「徳治主義」における問題であり、易姓革命の根拠。
 山崎闇斎は「拘幽操」にて”徳”という条件を排除し、易姓革命を否定。
  ”不徳”の「君」に「忠」を尽くす大楠公こそ、忠義の精髄である。
解決2.皇朝における「正統」とは神武天皇の血筋であること。
 加えて皇位継承の条件は”三種の神器”。

(まとめ)儒学における「正統」→血筋+徳 (←日本はこうではない!)
 日本精神(崎門の学、水戸学)における「正統」→神武天皇の血筋+神器

参考文献
『神皇正統記』北畠親房
http://www.amazon.co.jp/dp/4861810248
http://www.youtube.com/watch?v=5tnxwHbKEbU
『拘幽操』山崎闇斎
http://www.youtube.com/watch?v=n16zgmFu9zs
『保建大記』栗山潜鋒、『大日本史』水戸光圀、『保建大記打聞』谷秦山、『太平記』

106 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:44:05.55 ID:0qj/DstZ0
>>100
時代は続いていますよ。
つか、江戸時代っても、200年あったんですよ?

107 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:44:16.44 ID:A4spqGvi0
>>88
そうですよ、代表して。
代表して地方官に上げる。
そういう文書(控え)が多数残っている。
庄屋を総代表として農民の署名入りで。

108 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:44:19.98 ID:MHn3/dNo0
>>25
>江戸時代は「平和と安定」の時代とされ、重い年貢に苦しむ農民たちの実態がほとんど描かれない。

間違ってないだろ。大きな戦も起こらず、当時世界で唯一の
人口100万人規模の大都市があり、文化芸術も大きく花開いた
江戸文化に興味もって自分で調べたら、負の面しか強調してなかった
歴史の教科書とのあまりの違いに驚いたよ

109 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/07/30(土) 11:44:26.43 ID:yE105fz10
うーん。
当時の基本税率は4割だったわけで、そう厳しいわけでも無かったような…。
ただ藩によっては高税率な所もあったわけで…。
で、高くし過ぎると農民は逃亡しちゃう。

110 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:44:26.92 ID:8NOJbz/U0
>>81
信長も家康も正宗も爆乳だったんだぞ。
知らないのか?

あ、秀吉だけは貧乳だぞ。


111 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:44:33.78 ID:OPRIbzSH0
>>99
ちなみにアンカーミスで
先のアンカーは
>>46
でしたorz


112 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:44:39.98 ID:RmuNc4+70
>>103
一つのレスにいちいち反応するなよ。
特定の立場の人が書いた文書は意味がないという主張をしている奴がいるから、
そんな狭い話ではないという例として示しただけだ。
その文書はねえ、医師という立場ではなく客観的にその時の状況を記録しているというだけの話。

113 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:45:10.36 ID:BC23kkfz0
おいおい、日教組垢まみれの教員ども。
「今まで」との比較で事実関係の間違いが多いだけだろwww
まず「今まで」に疑問もてよ。

114 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:45:57.30 ID:PGTPhFQlO
バカサヨ凶師と共謀して反日謀略プロパ垂れ流すクソチラシ

115 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:46:07.73 ID:DvTxc/vjP
>>110
上杉謙信女性説を本気で信じている学生がいる、と大学の歴史学助教が嘆いていたなw

116 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:46:36.29 ID:ehUvxK7rO
>>2
最新版の教科書にはそのような記述はない。悪質な印象操作だ。

117 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/07/30(土) 11:46:52.60 ID:yE105fz10
>>110
お前の正史は戦国乙女だな

118 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:47:05.40 ID:FcF7ME8ji
>>97
しかも、多くの武士が扶持で米の現物支給だし、領地持ちでも自分の領地に行ったことなかったりするんだよねw

119 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:47:22.32 ID:7Cr8qHp30
>>91
発行部数なんか現代の新聞でも
無茶苦茶いい加減だけどな…

120 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:47:44.37 ID:ruLsA4oi0
>>115
最近上杉謙信を検索するとなんか女の子の画像がでてくるんだぜ…。

121 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:48:30.81 ID:wvoctOYV0
むしろ、どんな教え方すれば神話と歴史を混同するんだよw

122 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:48:54.10 ID:LY/3MMDx0
>>109
>ただ藩によっては高税率な所もあったわけで…。
>で、高くし過ぎると農民は逃亡しちゃう。
逃げる農民の話しだなw
逃げられて困るのは大名と武士だから、彼らもむやみに税率を上げるわけにいかないんだよなww



123 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:49:10.84 ID:OPRIbzSH0
>>119
印刷物が圧倒的に普及していたら
多少の誤差はふっとぶんじゃね。


124 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:49:51.50 ID:Bo/slvOg0
卒業式妨害されたほうが戸惑うし迷惑だと思うよ。

125 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:50:38.29 ID:A4spqGvi0
>>103
>昔は流通網が未発達だったから

↑こういう無意識に出てくる認識こそが変なんだけどね。
海上交通がどれだけ発達していたかほとんど教えてないもんね。

126 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:50:50.70 ID:DvTxc/vjP
>>120
同じ出所の山本五十六も汚染されているなw

127 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:50:52.91 ID:8Rs9T+cI0
>>1
>江戸時代は「平和と安定」の時代とされ、重い年貢に苦しむ農民たちの実態がほとんど描かれない

「明治極楽江戸地獄」 なんて史観は、俺が史学勉強してた頃でもとっくに主流じゃなくなってたな。
いまだにこんなこと書いてる思想で凝り固まった旧世代の教科書があるなら、そちらの方が問題だろ。

128 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:51:08.79 ID:ju2DNgveP
 このようなことを最初に言い出した人物で記録に残っているのが「神皇正統記」を書いた北畠親房である。
この人は南北朝時代、後醍醐天皇の側近として活躍し、その息子の顕家は日本の貴族でおそらく数人しかいない実際に鎧を着て戦っている人物である。
この「神皇正統記」は出だしから「大日本者神國也」で始まっており、さすがに神風という言葉じたいは出て来ないが近いニュアンスのことは書かれている。
また自分自身、鎌倉幕府滅亡を目の前にみているのに、足利尊氏や新田義貞、楠木正成などの武士の軍事力が鎌倉幕府を倒したことを認めず、
「神皇正統記」には「鎌倉幕府の命運はすでに定まっていた。武士たちは歴代の朝敵であり、恩賞を望むのはおかしい。
なぜならばあれは天の功績であってかれらの功績ではないからだ。
それを彼らは思い違いをしている」と記述している。
ここでも穢れの思想があらわれている。鎌倉幕府、北条政権は武士たちが守っていて、それを倒すためには軍事力が必要であった。
実際、戦いがあり、殺し合いをして勝ったからこそ、後醍醐天皇の政権が確立したのである。
ところが、親房がそうだとは決して言わないのは、軍事というものは穢れたものだという考えがあったからだ。
穢れたものによって自分達の新しい政権が達成されたとは認めたくない。だからあれは神の功だと言ったのである。

129 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:51:25.10 ID:OvIFIC050
まずこの手の連中のアジア史観とやらを疑うのが先だわなw

130 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:52:30.95 ID:9xDidHaj0
神話なんてゲームにも小説にもよくでてくるけど?
むしろ昔の人はこう考えていたということがよく分かる。

131 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:52:37.91 ID:Ak0bSBHt0
200年間戦争がなかった世界一の人口を誇る年がある時代
平和と結う表記でまぁ問題ないよな
これに因縁つけてる人のほうが怖い

132 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/07/30(土) 11:53:17.80 ID:yE105fz10
海上交通は大阪で習わなかったっけ。
なぜ天下の台所と呼ばれたのかとか。

133 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:53:33.49 ID:i14Hhwgr0
強制連行だの慰安婦だのと「神話」を信じこんでる奴なら日教組に沢山いるみたいだが…

134 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:53:50.94 ID:DvTxc/vjP
>>127
大嫌いな大日本帝国政府が流したプロパガンダにマルクス主義者が
乗っかっている構図が笑えるなw

135 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:53:53.19 ID:A4spqGvi0
戦後の自虐史というが
自分の経験からいうと40年前はだいぶマトモだった。
「新しい・・」の方とほとんど同じ。

近隣諸国条項だかその辺りから急激に強烈な自虐史になってしまってる。

136 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:54:09.57 ID:FcF7ME8ji
>>121
自分は、神話と弥生時代のつながりが理解できなくて、???だった。
でも、そこから生じた疑問を自分で調べることを教えるのが教師の役割であって、自分の歴史観を教えることじゃないんだよな。

137 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:54:57.24 ID:LY/3MMDx0
>>125
あくまでも現在との比較だよ。

海上交通網が発達したのは江戸時代の話しだし、日本場合は大坂でかなり高度な米の取引が行われていたのも事実。
それでも、封建社会だから藩ごとに関所があり、完全に自由な取引ができたわけではないww



138 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:55:02.13 ID:arA0nros0
>>52,>>62
小山常美さんが「歴史教科書の歴史」とか「歴史教科書が隠してきたもの」などの著書で明らかにしているよ。


139 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:55:44.36 ID:Td3XZbIT0
>>110
教科書問題よりもこっちの方が深刻だw

最近は関羽や張飛まで巨乳美少女になってるし
日本人の歴史教育はやはり何とかした方がいいw

140 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:56:45.82 ID:x60JUyzj0
神話を歴史の授業で教えるなんて、かの国と同じレベルじゃん。
もっともあの国ではわずか数十年前のことを神話にしてるけど。

141 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:57:35.20 ID:LJKXNV+l0
BASARA歴が 偏差値50以下の中学生の正史になっている

142 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:57:52.64 ID:jXQnhV8Q0
チラ裏だが、松本で起こった乱(謀議?)の首謀者たちが処刑された場所に、今は中学校が立ってるんだ。
○山中学校だったかな。
松本城を見下ろす丘で処刑されそのまま埋められ、学校建設の際に発見されたみたい。
で、校長室には遺骨の発掘状況が模型付きで解説されてんのよ。
あれを見たときは怖かったな。

143 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/07/30(土) 11:58:34.91 ID:yE105fz10
うーん。
飢饉起こったら確かに大勢人が死ぬんだけど、そうなると隣の国に逃げるんだよね。
高税率が問題、というより冷害やら不作やら、今で言う大不況に対応しにくい方が
幕府の支配より問題のような。

144 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:58:46.03 ID:03iXK71J0
農民は米なんて食えなかったってのは普通に考えてありえない
もしそうだったとしたら、武士とか商人が毎日
メチャクチャ米を食わなきゃいけなくなるw

145 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:58:58.83 ID:FcF7ME8ji
>>137
え、江戸時代のはなしをしてんだろ。
それと、各藩が特産物の流通を制限したのは知ってるけど、米の流通を制限したなんてはなしは聞いたことないなあw

146 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:00:26.83 ID:ju2DNgveP
>天皇を中心とした日本の歴史と伝統は信仰ではない。
天皇を中心とした歴史は、天皇制度史、という分野史であって日本全体の歴史ではない。
天皇が日本国家の中心に居た時期は、それまで『ミカド』と呼ばれていた蘇我氏が(万世一系の崩壊)、
クーデターを起こされ失脚した乙巳の変〜平安朝中期まで。
また天皇制全体主義が叫ばれた戦前の一時期、に過ぎない。 

それを、明治の元勲たちが、キリスト教をまねた国家神道という官製宗教運動、宗教イデオロギーによって急造したものが、
「皇国史観」と言われるもの。
いわく、日本は天皇家の祖先のカミによって造られ、
すべての日本民族は天皇家の分家であるから本家の当主である天皇を永久に崇敬し、
君臨させなくてはならない、と。そうすれば日本は、永久に繁栄し安泰であるが、天皇を追放すれば滅亡する、と。
しかし、史実は壇ノ浦で「天皇のしるし」である三種の神器は水没し、天皇も水死。
神どころかただの人間である、という証拠であるし、運に見放されれば後は死ぬのみ、という
中国の易姓革命を体現してしまった。
そして、あの敗戦。天皇に何の神性も、神通力もないのは原爆だけでもはっきりしてる。

147 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:00:58.69 ID:ZLB6PHvu0
戦争に負けて日本が戦後めちゃくちゃにされて良かった、というのがサヨクにとって嬉しい歴史だからな。

148 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:01:15.35 ID:DvTxc/vjP
>>140
神話と歴史の線引きを教えるのが歴史学の役目なのだから、教師が混同を
心配してどうする、という話だな。

149 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:01:21.00 ID:OiU4MYJZ0
>>144
まあ梅雨を過ぎると米が腐って食べられないとかはあったかもしれない。
戦前でもそうだったと親父が昔言っていた。

150 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/07/30(土) 12:01:30.43 ID:yE105fz10
米を他の藩に持ち込めなかったら大名は参勤交代できません。

151 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:01:39.39 ID:grqUdgeF0
>1
>江戸時代は「平和と安定」の時代とされ、重い年貢に苦しむ農民たちの実態がほとんど描かれない。

江戸時代は「平和と安定」の時代。「農民が重い年貢に苦しんでいた」とするのは自虐史観の教科書。
当時の農民の平均年収は300万以上。今のおれよりずっと豊かだ。
年貢がかかったのは基本コメだけ。他の作物は非課税で売って現金収入も得られた。

152 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:02:59.31 ID:ruLsA4oi0
>>146>>128
マルチコピペするなよ。
しかも論理的に破綻しすぎ。

153 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:03:38.09 ID:wzEPhjwEO
むしろ教師より中学生のほうが妄想と現実の区別はつきます

154 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:03:55.95 ID:XbNkxL3J0
半島について歴史歪曲がある!とか主張するとストレートすぎて逆に引かれるから
その他の部分についての間違いを指摘し、全体としてこの教科書は間違ってる!と
印象操作する作戦かw
よくもまあ色んな手口を考えるね、反日サヨクは。

155 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:04:17.46 ID:LY/3MMDx0
>>145
飢饉と流通は密接に絡み合った問題なんだよw
例えば日本に飢饉があったとしても、必ずしも日本全国が飢饉で苦しむわけでなく、ある地域だけということが生じる。
こういう現象が生じたとしたら、流通に問題があったため。

なぜなら、もし流通が自由なら(例えば)米が多い場所から少ない場所へ移動させることで、飢饉をある程度、緩和できるはずだからw

156 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:04:19.03 ID:RmuNc4+70
>>138
小山常実ね。ちょっと狭いかも。

157 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:05:04.16 ID:PL38I1tb0
>>151
ご禁制やらギルド社会だから、売れる物は限られただろうし、
士農工商の身分制度もあったわけでおおっぴらに商売できたとは思えない。
今の現代日本では現金は何にでも交換できるが、
当時の農民は自給自足が普通だろ。

農民の生活が豊かなら、
なんで一揆が起きるのやら。

158 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:05:13.33 ID:Abhu/2Hr0
>>151
地主はね

小作人は別

159 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:05:15.82 ID:Uetg1vzm0
こうこうこうでこの歴史はうんたらかんたらで
真偽はともかくこの時代にはこういうお話もうんたらかんたら、まぁ真偽は分かりませんが先生は面白いとうんたらかんたら

って先生が

160 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:05:16.59 ID:f96rDcXR0
>>144
飢饉をしらないネトウヨw

161 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:05:39.98 ID:oRVvbEUs0
農作物収めるだけで成り立ってた経済なんてうらやましくもあるがな

162 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:06:26.83 ID:RmuNc4+70
>>155
現代社会と混同してるっていわれたことない?
江戸の流通は、生産地から消費地への移動が主体だよ。
米を江戸からどこかに運び出すなんて想定してる?

163 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:06:45.61 ID:grqUdgeF0
アメリカに果敢に戦いを挑んだという事実は強調してよい

164 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:06:51.32 ID:TfC52gE00
これまでの左寄りを中間に戻すだけでいいのにどうして過度に右寄りにすんのか・・・中間はねーのかよw

165 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:07:23.58 ID:PL38I1tb0
お侍に食い物を持って行かれないように
まずいあわやひえを作って飢えをしのいだというのに、
ネトウヨの歴史観には驚かされるばかり。

きっとあわやひえを食ったこと無いんだろうな。

166 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:07:53.51 ID:RmuNc4+70
>>157
あらまあ、もう少し勉強した方がいいなあ。
そもそも士農工商というのは中国の身分制度で日本には存在しないよ。
農民が冬に行商していたなんて言うのが当たり前だったんだけど。

167 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:07:58.22 ID:GcdMg4kwO
>>1
糞丑スレの時点で話にならない
丑はもうスレ立てなくていいよ
お前が立てたスレって時点で情報の信憑性がなくなるんだよ
お前は全員から嫌われてることを自覚しろ
記者やめるか死ぬかどちらかを選べ

168 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:08:13.93 ID:DvTxc/vjP
>>165
時代劇の見過ぎだよw

169 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:08:27.39 ID:LY/3MMDx0
>>162
君は何を言ってんだ?
だから、必ずしも飢饉が米の収奪(高い税率)によるものではないと言っているのだが?w

170 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:08:49.77 ID:FcF7ME8ji
>>155
流通の問題じゃなくて、藩に調達する金がなかったので米が買えなかっただけだよw


171 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:09:00.44 ID:xQFpJHXyO
>>158
ソース

172 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:09:22.76 ID:oWB7G8DG0
ウリナラと一緒にすんなぼけ

173 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:10:13.87 ID:zeCOvh8J0
>>148
神話と歴史を混同しているのがネトウヨじゃね?
今でもクーデター起こして死んだら靖国で会おうと言ってるぐらいだからな。
天皇陛下は神の存在らすい。

まるで童貞が普通の女を女神のように捉えてるようなものだ。
排泄物をしないと頑なに信じてるような奴らばっかり。

174 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:10:28.46 ID:LiYBhnWh0
>>165
農作物が不作で年貢がおさめられない時には
皆で協力しあって出したり、年貢自体を減らすことが
認められていたというのが最近の研究でわかってきている。

泣きさけぶ農民を前に、年貢を取り立てていく侍の図、は
時代劇の中だけ。

175 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:11:09.74 ID:dccLj6rv0
つくる会教科書の最大の特徴の一つは共産主義失敗の歴史とその恐怖が書かれていることである

朝日もここを報じれば中立の教育委員会が飛びつくのがわかっているからあえて報じてない

176 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:11:20.06 ID:grqUdgeF0
>>158
もっと正確にいうなら自営農民以上というべきか。

でも小作でもたとえば本間光丘の本間家周辺では「貧しい本百姓(自営農民)でいるなら本間様の
小作でいるほうがいい」と言われたほどだ

177 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/07/30(土) 12:11:33.22 ID:yE105fz10
>>174
大飢饉のときは流石に酷かったらしいけどな。

178 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:11:46.46 ID:+aSs5fVfP
>>165
農民が粟稗ばかり食ってたとして、残ったコメは誰が食ってたの?
まさか武士だけで全部食ってたとか言い出すんじゃないだろうな。


179 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:12:09.20 ID:jSiCm2360
>>148
神話から歴史上起こったであろう出来事を推測するのも面白いんだけどな
大学の講義なんかじゃいろいろな話が聞けて面白かったぜ
天の岩戸の話なんかも渡来系と土着系の民族間での戦争を元にした話ではないかとか

180 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:12:16.42 ID:LY/3MMDx0
>>170
>流通の問題じゃなくて、藩に調達する金がなかったので米が買えなかっただけだよw

そもそも、藩が存在しているということが日本市場が一つになっていないということだけど?
つまり、流通が自由でないということww


181 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:12:32.95 ID:5mzcDZ590
歴史修正派が歴史教科書作って子供を洗脳しようとしてるな

182 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:12:48.45 ID:f96rDcXR0
>>174
そんな事実があれば一揆など起こらないw

183 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:13:06.77 ID:LiYBhnWh0
>>177
ああいう時には誰が悪いわけでもなし、どうにもならんからなぁ

184 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:13:34.58 ID:ju2DNgveP
> 実際、戊辰戦争、西南戦争のときに天皇の権威など跡形も無かったじゃん

うむ。
当時の軍幹部だった中村半次郎なんて「天皇陛下」た読めなくて

   テンノウ「カイ」カ

って言ってたらしいからな。
天皇への尊敬なんて昭和期に作られた都市伝説wwww

185 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:13:35.31 ID:sJzNHFxg0
それを混同しないようにフィクションとノンフィクションを事実に基づいて忠実に
教えるのがお前らの役目 それができないなら教師を辞めろ
つか、いまさらんなこというなら半島謹製の三文小説を題材に教科書を作ってきた事実を
もっと糾弾しろ おまえらが偏ってるんであって教科書が偏ってるんじゃねぇんだよカスどもが
子は国の宝ぞ 腐毒を流し込むんじゃねぇよボケ 腐りたかったらてめらだけで腐ってろ

186 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:13:56.93 ID:OPRIbzSH0
>>180
> 流通が自由でないということ
えっ。
富山の薬売りは全国津々浦々だぞ


187 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:14:06.25 ID:Ak0bSBHt0
今だってワープアとかブラック会社やストライキはあるもんな今と比べたら
まだ江戸時代のほうが文明の恩恵抜きにすれば幸せだろうな

188 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:14:33.89 ID:LiYBhnWh0
>>182
きちんと調べてから出直してこい。

189 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:14:51.36 ID:7HSTwCNT0
>>175
どういうふうに書いてあんの?

アカだけは本気でヤバイからそれだけでも価値があると思う。

190 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:14:56.69 ID:LY/3MMDx0
>>186
富山の薬売りは関所を通らなかったか?wwwww

191 : 忍法帖【Lv=20,xxxPT】 :2011/07/30(土) 12:14:57.77 ID:yE105fz10
一揆?
農民が武士に向かっていくような事件ってそんなにあったっけ。
基本農民は庄屋とか地主襲ってる。

192 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:15:18.09 ID:1TwbQdms0
>重い年貢に苦しむ農民たち

百人斬りの時もそうだけど、日本を貶めるのに架空の時代劇の描写を使うよね。

193 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:15:53.02 ID:grqUdgeF0
それから「士農工商でがっちり」これも誤り。
「親の職業を継ぐのが望ましい」とされただけで「ならなければならない」ではない。
伊能忠敬,間宮林蔵,山田方谷,清水一学…。士族外の出自ながら士分を得たものはゴマンといる

194 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:16:05.50 ID:LiYBhnWh0
>>187
電気や水道の便利さを比べれば確かに江戸時代は不便では
あるが、生活の充実としては考える価値はあるかもしれん。
なんせリサイクル率が限りなく100%に近いし、治安もかなり
よかった。
あと、公衆浴場が出会い系サイトみたいな役割もはたしていた。
(全部じゃないぞ)

195 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:16:12.92 ID:8nXj2jp10
>>182
つ宗教

カルトは消えろ

196 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:16:52.25 ID:tmcP2cpD0
流通が自由だ制限だなんていう話をしているから訳わからなくなる。言葉遊びと変わりない。

流通があろうとなかろうと、米の類は、生産してるとこなら原則自給だ。当たり前。
流通が自由なら、食うに困るほど出すわけない。藩が無理強いして租税をとりたてない限り。
今回の震災みたいに流通と備蓄が一気に失われたら、飢饉は当たり前に発生する。
大規模じゃなくても、洪水や山崩れなどあって孤立したら、備蓄のない凶作の年、村はどうなるか。
もし給配が無かったら大変だよ。



197 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:16:55.93 ID:f96rDcXR0
>>188
歴史を捏造するネトウヨw

-----------------------------------
藩別百姓一揆多発藩

盛岡(南部) 97
広島(安芸) 69
秋田 65
萩(長州) 61
金沢(加賀) 57
宇和島 56
徳島(阿波) 42
鳥取 38
松山(伊予) 36
会津 35

新生社 百姓一揆の年次的研究


198 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:17:38.20 ID:7HSTwCNT0
>>178
生産量と階層別人口比率をちょっと考えればわかりそうなもんだわな。
保存がやたら長期間出来るわけでもないし、いずれ誰かの胃袋には入ってると想像はつく。

199 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:17:54.11 ID:zI390A/a0
>>180
米相場については堂島米会所で一つになってたんじゃないか?

200 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:18:03.64 ID:grqUdgeF0
飢饉のときは取り立てようにもモノがない。逆に「お救い米」を支給した。

201 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:18:04.68 ID:RmuNc4+70
>>169
米の収奪?いつ誰がそんなことを問題にしたわけ?
そもそも飢饉の意味がわかってるのかね?

>ついでに、昔は流通網が未発達だったから、日本のある地域では飢饉だが、他の地域では豊作だということもあり得るww
この日本語も不自由だよね。飢饉というのは食料がない状態。豊作というのは作物がたくさん取れる状態。
普通の人なら豊作に対比させるなら不作だよ。
せめて
>日本のある地域は飢饉だが、他の地域では食糧不足はなかった。
これなら意味は通じる。

202 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:18:20.92 ID:LiYBhnWh0
>>197
他の人から散々突っ込まれてるのも見えないとは
都合のいい目だな
出直してこい

203 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:18:35.53 ID:cEX1MB7z0
>>51
売上本数が3の方が圧倒的に上
ピークの意味をあんたが理解してないだけだよ

2の時の方が確かにまだまだ発展途上の上昇機運はあったが
ピークと言えば3に決まってる

204 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:18:48.25 ID:eOVuWE8g0
>>197
それは年間?何年?

205 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:20:06.96 ID:f96rDcXR0
>>195
宗教くそワロタw 戦国の一向一揆じゃねえよw ネトウヨはほんと馬鹿だなwww

>>198
百姓の大部分は1反未満(収穫年200kg程度)でそこから年貢とられるんだよw 自分の食う分なんてあるわけない

206 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:20:14.17 ID:LY/3MMDx0
>>196
>流通が自由なら、食うに困るほど出すわけない。藩が無理強いして租税をとりたてない限り。
全国が一律に大飢饉ならなw
ただし、ある地域が飢饉でないにもかかわらず、他の地域が飢饉だったら流通に問題があると言っているのだが?

そんなに難しい話しか?w

207 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:20:38.13 ID:FcF7ME8ji
>>178
江戸に住んでる1000万人が大量に消費してたんだよ

208 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:20:58.20 ID:J5kAKtEd0
>>192

朝鮮人は自らの歴史が悲惨だったから、
日本も同じ状況にしたくてしょうがないんだよね

だから架空や例外をあたかも普遍一般だったかのように
騙って日本を貶めようとする

209 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:21:24.09 ID:mf76XZXgO
>>1
こんな馬鹿が先公じゃ教え子は気の毒だわ

210 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:22:13.88 ID:eOVuWE8g0
>>205
農民の食べる分がないなら農民が死んで困るのは農民以外じゃないか

211 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:22:17.34 ID:PL38I1tb0
>>186
富山の薬売りは都市伝説の気がするな。
だって、貧しい農民が高い薬を買えるはずもないし、
方言や関所だってあったわけで、
自由に行き来できたのか。
できたとしても糸割符のような許可証を持った証人に限られたはずである。

そうでないと、抜け忍ならぬ抜け農民が出て、管理できなくなる。
中国の農民は今も都会に引っ越すのは不可能。

212 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:22:19.56 ID:L8l+RVLI0
edo時代は260年間続いたピースな時代じゃないの。何いってんのアホ教師。

213 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:22:20.01 ID:JCheHYxwO
>>178
武士が取った分は転売で換金
当時は長い間保存が出来ないので当然劣化するが、高く売るためにいいのだけ売って、
悪いのは武士が食べたとかいう話

214 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:22:38.94 ID:f96rDcXR0
>>202
データを出されて出直して来いしか言えなくなったネトウヨwww

>>204
普通に考えて江戸時代をとおしてでしょ。平均して毎月日本のどこかで一揆が起こっていた

215 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:22:42.89 ID:cRIWwIQK0
自慰ネタ本のおかしな記載すら信じ込むネトウヨがバカということだけはわかった。

216 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:22:45.15 ID:RmuNc4+70
>>206
だからそれは江戸と現代をごっちゃにしてるといってるんだ。
江戸時代に農民が米を買うこと自体が想定されてないだろうが。

217 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:23:25.45 ID:w35IVTGM0
ああ檀クンの話だろ…あれ?

218 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:23:27.75 ID:grqUdgeF0
間部詮房なぞは士農工商身分外の能役者見習いから大名,側用人老中格まで出世した。
子孫は幕末でも活躍した。

219 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:23:37.19 ID:JCGkGvRs0
     /⌒ヽ
    / ^ ω^j、 ←丑
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
\ \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-く
|| \ \         \     ∧_∧
||   \ \         \  ( ´Д`) (オイ、なんか変なのがいるぞ)
||    \ \         \ /     ヽ
||      \ \         / |  | |
||       \ \∧_∧ (⌒\|__/ /
          ヽ(     )目合わせるなって  ∧_∧
           /   く          \  (    ) うわー、なんか言ってるよ
           |     \           \/    ヽ
           |    |ヽ、二⌒)       / |   | |

220 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:23:52.18 ID:LiYBhnWh0
>>212
ピースな時代ちょっとフイたw
つーかこの教師本当に社会の教員免許持ってるのかと
思ってしまうよな
今頃の教科書なら20年くらい前とはかなり内容も違ってきている
はずだが。


221 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:24:25.20 ID:oK0yPaCA0
歴史的事実ってのは難しい
昔のことはその分野の学者の「推論による総意」で決まるから事実とは限らない

222 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:25:22.67 ID:Xw4ilO1IO
>>1
なんか欲しくなってきたぞ
良いか悪いかは置いといて、純粋に興味がある
俺が学んだ歴史を一度リセットして、見比べて見たい

223 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:25:27.11 ID:eOVuWE8g0
>>214
普通に考えてって本持ってるんじゃないのか。
どっからコピペしてきたんだよ。

224 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:25:35.18 ID:OPRIbzSH0
>>190
意味不明なんだが。
富山の薬売りはフリーパスだから
関所破りもしないでいいし。


225 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:25:37.12 ID:2jB1I8ij0
韓国クオリティの教科書なんか採用するなアホが

226 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:26:06.66 ID:FcF7ME8ji
>>180
飢饉の時に米を調達しようとしたのに藩が禁止してできなかったならそうなるけどねw
実際は米を調達して餓死者を出さなかった地域がいくつもある。

227 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:27:07.94 ID:AsS8jLNzP
ネトウヨの特徴
 自分の主張を裏付けるような資料しか読まない。自分の主張に反する資料は全て無視。
ネトウヨたたきの特徴
 普段から何も読まない。

228 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:27:28.35 ID:kHXgT2QG0
どちらでもいいけど

江戸時代は一揆がまったくない豊かな時代でした
北朝鮮はこの世の楽園です

似てるよね

229 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:27:28.41 ID:RB0assU5P
>>1だから焚書とはマジキチ

230 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:27:35.34 ID:LY/3MMDx0
そもそも全国一律に大飢饉なら、大消費地である江戸で飢餓が発生するだろw

(経済学でいう)情報の非対称性や封建制度という分権化されたシステムが飢饉を深刻にしたんだよw


231 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:28:11.38 ID:grqUdgeF0
そういや「一揆」てゲームあったな

232 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:28:40.15 ID:RmuNc4+70
>>226
調達できなかったのは藩の禁止によるものなのか?
弘前藩は藩財政が破綻して調達どころじゃなかったから酷いことになった。

233 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:28:41.42 ID:f96rDcXR0
備中長尾村(岡山県倉敷市) 寛政12年(1800) 1反未満の農家戸数 62.9%
(新修倉敷市史より)


1反の収量は江戸初期で150kg。その後増えても200kg程度。そこから半分年貢出して残り100kg=たった100kgで家族が生活する
食えるわけないw

234 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:28:55.63 ID:1YScANUO0
朝日が気持ち悪いのは
多様な価値観を受け入れろと自分の主張は通そうとするが
他者の価値観には激しい拒絶感を示すことだな


235 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:29:15.53 ID:L8l+RVLI0
>>220
ラブ&ピースね。
この教師は現代と比べてうんたらかんたらぬかしてるのよ。
チョット前のSENGOKU時代を思い出して見ろっての。
その直後のメイジも戦争の歴史よ。edoって凄いじゃない。

236 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:29:30.22 ID:jZDQb71JO
下級御家人の方が悲惨かも知れない

237 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:29:40.09 ID:RmuNc4+70
>>230
江戸でなぜ打ちこわしがおこったのかな?

238 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:29:44.78 ID:cEX1MB7z0
一揆って、別に鍬もって役所襲うことじゃないぞ
政治的な話し合いの場を持つことを指す
日本は民主的だったんだよ

239 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:29:55.85 ID:2jB1I8ij0
韓国神話洗脳教育と同レベルのゴミクズなんぞ絶対認めるな
本当バカ過ぎる

240 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:30:03.50 ID:FcF7ME8ji
>>232
いや、だから俺は流通の問題じゃなくて、買う金がなかったからっていってんだが。

241 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:30:19.92 ID:BS5ykCoG0
大和神話を知ることは、日本人の教養として必要。

242 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:30:20.02 ID:Y/JBiJsN0
 社会の垢教師が国語教師をDisってるような話だな。
生徒の読解力を馬鹿にし過ぎ。

243 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:30:40.97 ID:WO8LDSxh0
江戸が暗黒という教師は
ならその時代をひっくり返した薩長はえらくて
連中が作った国体制の延長上の戦前の日本は
いい国だというんだろうか?

244 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:30:46.13 ID:Vi2bHXA40
教科書なんてな
頭のよい子は自分で教科書以外の本も読むし
頭の悪い子は歴史の教科書なんかまったく開かないから

安心していいぞ教師よ

245 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:31:05.92 ID:7rm0Chyw0
混同させないように教えるのが教師の仕事だろ?

246 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:31:25.42 ID:i+5hvfhF0
熊と人間の子供が国を作ったと信じてる、あの国は関係ないだろ!

247 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:31:44.30 ID:JFzmVfxW0
神話どころか、フィクションの歴史ドラマが、歴史的事実に後からなる国があるじゃないか。


248 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:31:49.16 ID:grqUdgeF0
だいたい17世紀後半には生産と流通の発展で農村でも貨幣経済が浸透していたんだぜ

249 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:31:54.54 ID:zfBf5Swt0
>>43
huitawwwwww

250 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:32:26.16 ID:oRVvbEUs0
>>233
死なない程度には生きれるんじゃねえの

251 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:32:41.21 ID:LiYBhnWh0
>>247
今、1万5000年の歴史になってます。
中国はウリが起源ニダとかやっちゃってます

252 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:32:51.11 ID:FcF7ME8ji
>>237
米問屋が幕末の政情不安定による高騰を見込んで、買い占めて流通させなかったから。

253 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:33:27.92 ID:L8l+RVLI0
大体ですね、お伊勢参りみたいな旅行が行けるってのは凄いことなんですよ。
治安が良いんですな。

254 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:33:35.58 ID:+QUDu0pR0
ファンタジーと現実を区別できない朝鮮人が
ファビョってるね。

255 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:33:40.12 ID:ds075/bC0
ここはさあ、日本の歴史教科書の話してるんだから
ネトウヨ連呼厨の朝鮮人は来ないでくれるかな?

256 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:34:08.67 ID:p1y1VQGc0
ベトナム戦争のときに韓国が参戦していた事
そして何をやったか
きちんと真実を教科書に記載しようぜ

257 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:34:22.98 ID:GssMdtjD0
南京大虐殺神話と朝鮮が文化を伝えた神話のほうが根拠ないだろう。

258 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:34:45.75 ID:kHXgT2QG0
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%B3%E5%B9%B4%E3%81%8C%E3%81%97%E3%82%93
申年がしん(さるどしがしん)は、鳥取藩における天保の大飢饉の呼称


なかなか良い資料だね

259 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:36:02.28 ID:RnacmYNR0
やっと日本人が、歴史というものの本質について触れる機会を得た。

てか少し前、世界中の国の教科書を比較する催事があったはず。
いかに戦後の日本「国」だけが異常な歴史観に囚われていたかが顕わになった。


260 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:36:08.94 ID:0tCnJS2u0
神話:戦前に強制連行されてきた
事実:戦後、密入国した

261 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:36:23.98 ID:4EL23TWi0
学問としての歴史とブサヨの思想教育を混同しているキチガイ教師の言葉の薄ら寒さを
子どもだからこその感性で敏感に感じとり見透かしてるけどね

262 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:37:00.96 ID:j3kZuR+3O
江戸時代は全地球的な小氷河期だったから地球規模の疫病も多発してた、夏の気温も今より5〜10度低い上に品種改良が無いから作物は冷害には極端に弱くその都度東北の農民には大量の死者が出てる
青森秋田岩手は本当に江戸時代は民衆が死にまくってたとは習った

263 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:37:39.70 ID:L4V//RG30
買占め、ツウのも誤解もあるんだぞ
・お得意さんの分は確保しなきゃいけない
・でも客も手元において安心したいから買いだめようとする
・だが金持ちの蔵でもない限り米屋の米蔵ほどの保存性は無く
 雨漏りするような長屋などでは駄目になる率も高い
・ゆえに販売制限をかける
・買占めだ、売り惜しみだ、と叩かれる

264 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:38:12.13 ID:PtxgWmIh0
神の手騒動の時はなんも騒がなかったのにな。
結局社会なんて、暗記しかできない無能か、大学時代研究をさぼり半日左翼活動でハングルベルしてた基地外しかいねーよな。
正直言って、その辺のアルバイト塾講の方が体系だって理解してる分よっぽどレベルたかいわな。

265 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:39:02.55 ID:mrAdGjEg0
>>256
そうだな。アメリカの国際法違反のベトナム侵略に韓国が参戦し
韓国兵がベトナムの女性に対して何を行ったのか。
この真実を伝えないとアメリカの国際法違反の侵略行為を批判できない。

266 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:39:06.49 ID:grqUdgeF0
一揆というのは暴動ではなく、訴訟に近いもの。
「飢えに苦しんだ貧乏人の無秩序な暴発」というイメージの一揆は実際は少なくて、ある程度豊
かな地域で、権利意識が高まって起こったものの方が普通だった。


267 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:39:30.41 ID:SWgvKmmp0
イデオロギーに染まった気持ち悪い教師の嘆きって、きもい。



268 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:41:51.74 ID:j3kZuR+3O
でも江戸時代は農民からは年貢って税金を取ってたし商人などからも一定の税金を取ってたが町人とかからは税金を取ってなかったこれが当時の欧米と決定的違いだったな

269 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:42:06.82 ID:oRVvbEUs0
米といえば今年北関東〜東北の米が放射性物質で出荷停止等になったらどんだけのことになるんだか

270 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:45:38.88 ID:mrAdGjEg0
>>266
一揆といえば勝俣鎮夫先生だな。

その弟があの勝俣会長

271 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:46:01.06 ID:LiYBhnWh0
>>269
今回の豪雨で新潟もやられちゃったからねぇ
東日本は間違いなくやばいわ
政府は政府で備蓄米出さないだろうし

272 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:47:10.14 ID:5rzX/J4cP
一揆いうが
一揆が出来て、なおかつそれが記録として残されているという

なんて平和な国でしょうかw

中国なら一揆が起きたら文字通り抹殺で、記録にも残らないわな。

273 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:47:31.29 ID:RB0assU5P
自分と編集方針の違う教科書は存在してはならないとか

テレビが韓流ばっかりなのを揶揄しただけで抹殺とか

274 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:47:37.72 ID:XPpvXSW00
数十年前の近い過去を捏造しまくって
子供に嘘を教え込んでる日教組が何言ってますのん

275 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:47:53.48 ID:+aSs5fVfP
>>271
1993年の平成米騒動再びか?
またブレンド米とか食いたくないなあ。

276 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:48:46.85 ID:ju2DNgveP
>>274
敗戦不可避と見た、天皇家は、当時、スイス銀行に預金していた香淳皇后名義の巨額資金を、
スイス赤十字に寄付することを、駐スイス日本大使館経由で申し出たが、
その真意が、天皇夫婦のスイス亡命にあると察知した英国政府に妨害され、失敗。

次に、ローマ教皇に対し、カソリック入信と引き換えに、連合国側に対して助命のとりなしを依頼。

それが、現在の天皇、皇太子一家のローマカソリック入信につながった、とされる。

277 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:49:09.63 ID:LiYBhnWh0
>>275
怖いのは、牛の時と同じように、出荷停止になった汚染米がこっそり
出荷されて、まぜて販売されることです。

278 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:49:15.28 ID:j3kZuR+3O
日本の米の半分位は新潟県と北海道で取れてる。特に北海道産米は大半の外食店が使ってると聞いたな、今年はこれで北海道がやられたら前に起きた米騒動になるかも

279 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:49:22.12 ID:ieh/C4250
>7

チャングムの事を言ってるなら数行じゃない。6文字だ。

280 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:49:50.86 ID:5rzX/J4cP
>>262
そういう歴史があったので、明治になり鉄道がつくられるようになった
時に一気に青森まで鉄道通したんだ。
物資輸送のためにね。

281 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:51:24.39 ID:ruLsA4oi0
>>276
『される』って誰がそんな説言ってるんだよ。
上倭人百済臣民説といい、ソースもないし根拠もないコピペばっかだな。
百済に倭人が混在してたのが根拠とか言うなよ?

282 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:51:25.07 ID:eJsErDR8P
たかだか中学校レベルの社会ごときでうだうだ言うな。
事実だけを全て伝えてそこから先は生徒に考えさせろ。
公立中の社会教師は偏った誘導をする奴が多すぎる。

おれなんて福岡の公立中学校だったけど社会の夏の宿題は
「南京大虐殺における日本の反省点」というレポートだったぞ。

283 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:51:40.39 ID:Ak0bSBHt0
>>276
天皇は国の象徴つまり国に担がれてるみこしにすぎない国の飾りみたいなもんなの
天皇自体は別に悪くないよだって飾りだから

284 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:52:11.19 ID:oRVvbEUs0
初冬には備蓄してないやつは米なんか食えなくなってそうだな
家には結構あって冷暗所保存してあるけど

285 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:52:13.26 ID:t0Q8c+Ez0
反日自虐史観教育をしていた時に戸惑っていた教師については取り上げず
一方だけが異常なように印象操作付けしてるのは明らかなんだけど
記事を書いてる本人にそんな自覚はないんだろうな

286 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:52:30.19 ID:xpu5PHfhO
>>248
さかも寺子屋の普及により
農民でも驚く世界でも類をみない識字率

実は江戸時代は世界に誇れる独自性のある歴史

287 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:53:34.58 ID:LiYBhnWh0
>>286
さらに、わずかに存在する字を読めない人のために
絵看板立ってたらしいからな江戸時代
すげぇよ

288 :福沢諭吉 帝室論:2011/07/30(土) 12:53:56.39 ID:jp9OwoOX0
福沢諭吉 帝室論
http://jp.youtube.com/watch?v=fBPZpWK10QQ
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5120245

帝室は政治社外のものなり。

帝室は万機を統るものなり、万機に当るものに非ず。

我が帝室の一系万世にして、今日の人民が之に依て以て社会の安寧を維持する所以
のものは、明に之を了解して疑わざるものなり。

帝室は直接に万機に当らずして万機を統べ給う者なり。
直接に国民の形体に触れずしてその精神を収攬し給う者なり。

我帝室は万世無欠の全壁にして、人心収攬の一大中心なり。

全国人心の中心栄誉の源泉なる帝室

福沢諭吉の日本皇室論―現代語訳(原文総ルビ付き) (単行本)
無窮會 (編集), 池田 一貴 (翻訳), 平沼 赳夫
http://www.amazon.co.jp/dp/4882181312

289 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:55:18.44 ID:T3R3C65M0
お前らは、チョン捏造には文句垂れ無いくせに、


290 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:55:53.41 ID:BzxnjHnw0
とりあえず日教組シネ

291 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:56:05.67 ID:mrAdGjEg0
>>272
それはない。
中国にも一揆に匹敵するような共同体による物理的抗争はあるし記録もある。
何せ民衆の訴訟を聞き入れ判断するという点ならば
清朝時代の知州、知県から皇帝に至るまでの必要的覆審制度による
裁判制度は、江戸幕府の評定所による紛争処理より進んでたと思うが。


292 :福沢諭吉 尊王論:2011/07/30(土) 12:57:22.41 ID:jp9OwoOX0
福沢諭吉 尊王論
http://jp.youtube.com/watch?v=Lnhp9MrCF_o
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5129355

天下後世社会の安寧の為めに尊王論の一編を記して子孫に遺すも亦無益の労に
非ざるべし。
今その立論を三条に分つ。

第一 経世上に尊王の要用は如何。

第二 帝室の尊厳神聖なる由縁は如何。

第三 帝室の尊厳神聖を維持するの工夫は如何。

福沢諭吉の日本皇室論―現代語訳(原文総ルビ付き) (単行本)
無窮會 (編集), 池田 一貴 (翻訳), 平沼 赳夫
http://www.amazon.co.jp/dp/4882181312

293 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:58:26.37 ID:DvTxc/vjP
>>291
時代によるね。徴税権とセットで地方官の地位が「販売」されていたような事もあるし。



294 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:58:42.99 ID:4556jtKUO
ここに出てる先生は頑張ってるし給料もらえるレベル。
ビデオ見せておしまい、プリントにきれいに色を塗ったら内申点うpな先生に比べたらマシ

295 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:58:46.91 ID:8Y2KkOwo0
>>272
そうだね。双方のいい分が記録されてる上に、
「起こされた側」も処分されてるもんね。

296 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 12:59:12.00 ID:8SjnG74gO
日本人は強い
捏造された歴史を習いそれでも疑問は持ち続ける感性があった
捏造された報道をみてなんかおかしいと思う感性があたり前にあった
洗脳され疑いの気持ちを利用されやすい であろう
神経性的な肉親知人隣人友人にどうやって接すれば
マスコミによって選挙権を悪用されないかを考える

297 :明治天皇 教育勅語 :2011/07/30(土) 12:59:40.62 ID:jp9OwoOX0
明治天皇 教育勅語
http://jp.youtube.com/watch?v=fCYo-vWyQBY
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5037463
教育勅語の十二の徳目

孝行        親に孝養をつくしましょう
友愛        兄弟・姉妹は仲良くしましょう
夫婦ノ和     夫婦はいつも仲むつまじくしましょう
朋友ノ信     友だちはお互いに信じあって付き合いましょう
謙遜        自分の言動をつつしみましょう
博愛        広く全ての人に愛の手をさしのべましょう
修学習業     勉学に励み職業を身につけましょう
智能啓発     知識を養い才能を伸ばしましょう
徳器成就     人格の向上につとめましょう
公益世務     広く世の人々や社会のためになる仕事に励みましょう
遵法        法律や規則を守り社会の秩序に従いましょう
義勇        正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう

298 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:01:12.08 ID:EL8PECo30
なんとなくイメージで変な価値観押しつけられてる授業だったな。
新しい教科書は知らんけど、
昔の日本史だと江戸時代はダメな時代に思えるけど全くの平和。
去年の東京での犯罪数>江戸時代の全部ひっくるめた犯罪数
これだけで江戸時代は平和だと言えるだろう。
殺人事件でもあればそのネタで1年位は歌舞伎が行われたりと
ホントに珍しいことであった。

他には大日本帝国憲法な。
帝国とか付いてるから当時の人々には自由がなかったとされてるけど
当時としては世界で一番基本的人権の保障された憲法だった。
唯一の例外として戒厳令可のみ、これだってそんなに発動されてない
憲法発足から戦後まで数えて、手元に資料がないから正確ではないが6回位だったと思う。


299 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:01:45.07 ID:NC86HrpX0
>>275
いつも米屋から米買ってたので、ブレンドではないのを回してもらってた。
マズいマズいと評判で興味がわいたので、輸入米だけ手に入れてチャーハン作ったら美味かった。
世の中アホばっかりだなぁと思った若かったあの頃。

300 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:02:14.91 ID:Ak0bSBHt0
>>291
今の共産党よりひどかったことは確か、今でさえ電車生き埋めしたり
民衆のデモを戦車でひき殺したり、だよ昔はもっとひどかったに決まってるよ

301 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:03:01.51 ID:8D3sITeP0
ちょっとまて その歴史認識 朝日かも

302 :神皇正統記 北畠親房:2011/07/30(土) 13:03:10.95 ID:jp9OwoOX0
神皇正統記 北畠親房
http://www.youtube.com/watch?v=5tnxwHbKEbU
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6922359

 「 大日本は神国也 」

 この書は日本の歴史が最も簡単明瞭に説いてありますが、殊にこの書物の開巻第一には、
極めて簡潔なる言葉を以て日本歴史の本質が明確に述べられてあります。それはかういふ
言葉であります。

 大日本は神国也。天祖はじめて基を開き、日神長く統を伝え給ふ。我が国のみ此の事あり。
 異朝には其の類無し、此の故に神国と云ふ也。

 これを活字にすればわづか二行でありますが、この簡単なる言葉の中に、『神皇正統記』
全体が要約されてゐるのであります。

神皇正統記 岩波文庫復刻版
http://www.amazon.co.jp/dp/4861810248

303 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:04:27.84 ID:grqUdgeF0
教育勅語も復活させないとな

304 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:04:54.11 ID:W/EL9Inj0
>>298
>昔の日本史だと江戸時代はダメな時代に思えるけど

>他には大日本帝国憲法な。
>帝国とか付いてるから当時の人々には自由がなかったとされてるけど

いつの教科書だよw
昔でもそんな教科書ないだろ

305 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:05:04.19 ID:2igE4gAh0
>>275
インディカ米なら、フライパンでパエリアにすると美味いぞw



306 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:05:29.54 ID:jfu+EmQb0
>>243
いいえ。こういう教師は「これから日本を社会主義にすれば暗黒の日本は終わる」と考えています。

307 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:07:03.79 ID:NC86HrpX0
>>304
それ別に教科書の話じゃないだろ。

308 :山鹿素行 『中朝事実』:2011/07/30(土) 13:07:13.56 ID:jp9OwoOX0
山鹿素行 『中朝事実』 (→吉田松陰、乃木希典に続く)
http://www.youtube.com/watch?v=t8zEJ6UnaiI
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6938281

皇統(上) 皇統章

 故に皇統が一度(ひとたび)定まって億萬世之れに襲(よ)って変ぜず、天下皆正朔
を受けて其の時を二つにせず、萬國王命を稟(う)けて其の俗を異にせず、三綱終に沈
淪せず、徳化は塗炭に陥らず、外国の到底企て望み得ることではない。夫(そ)の支那
では天子姓を易ふることを殆ど三十で、戎狄が入って王となった者が数世ある。春秋の
二百四十余年に臣子が其の國君を弑した者二十又五もある。其の先後の乱臣賊子に至っ
ては枚挙することは出来ない。朝鮮では箕子(きし)が天命を受けて王となって以後、
姓を易ふること四氏、其の國を滅して或いは郡縣となり、或いは高氏は滅絶することが
凡そ二世、彼の李氏は二十八年の間に王を弑する者四度あった。況んや其の先後の乱逆
は禽獣の損ない合うと異ならない。唯我が中國(なかつくに)は開闢からこのかた人皇
に至るまで二百万歳にも近く、人皇から今日まで二千三百歳を過ぎてゐる。而も天神
(あまつかみ)の皇統は違(たが)ふことなく、其の間に弑逆の乱は指を屈して数ふる
程もない。其の上外国の賊は吾が辺藩をも窺ふことも出来なかった。後白河帝の後に武
家が権力を執って既に五百余年にもなる。其の間に利嘴長距が場を壇にしたり、冠猴封豕
が火を秋の蓬に縦つ類のないこともないが、それでも猶ほ王室を貴び君臣の儀を存してゐ
る。是れは 天神 人皇の知徳が顕象著名であって世を歿するまで忘れられないからであ
る。其の過化の功、綱紀の分がこの様に悠久で、このやうに無窮であるといふことは皆至
誠から流れ出たからである。三綱が既に立つときはその条目は治政の極致として著はれる。
凡そ八紘の大なるも、外国の汎きも中州に如くはない。皇綱の化文武の功、其の至徳、何
と大きいことではないか。

 →中国や朝鮮では易姓革命が度々起こり、乱臣による弑逆も度々起こった。
  一方、日本の皇統は神代以来一度も変わることなく萬世一系である、ということを示す。
  萬世一系の皇統を以て日本が中朝である事実、即ち「中朝事実」を示している。

309 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:07:51.43 ID:mrAdGjEg0
>>298
>去年の東京での犯罪数>江戸時代の全部ひっくるめた犯罪数

そもそも明治期に作成され現代まで改正されつつ
犯罪の類型が拡張されてきた刑法典を基準に判断され合計された「犯罪数」を
江戸期の法によって公式に処断された数と比較するなよ。

310 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:07:55.47 ID:5mzcDZ590
ネトウヨ気持ち悪い

311 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:08:09.72 ID:cEX1MB7z0
>>278
どっからそんな嘘知識拾ってくるの?
新潟北海道でせいぜい15%だよ

312 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:09:11.35 ID:DvTxc/vjP
>>298
日本に限った話では無いが、政権が変われば現政権を正当化するために
前政権は悪く言われる。

明治政府は江戸時代を暗黒時代のように言い、戦後日本は明治政府を
専制国家のように言う。

ゴルバチョフがソ連を批判し、ソ連がロシア帝国を悪く言うのと変わらん。

その辺は話半分に聞くしか無いね。

313 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:09:56.83 ID:grqUdgeF0
>日本の皇統は神代以来一度も変わることなく萬世一系である

あこれはありえない。皇統なんか何度も変わってる。近いものでは明治天皇は孝明天皇との
血縁関係は無い

314 :賀茂真淵 国意考:2011/07/30(土) 13:10:38.82 ID:jp9OwoOX0
賀茂真淵 国意考
http://jp.youtube.com/watch?v=dhN8VyZgeu4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5000813

真淵翁は師荷田春満の思想を受けて、神道即ち惟神道(かむながらのみち)に本有の
純粋性を認め、後代に於ける儒仏二教の渡来が之を混濁せしめたとして、其の浸染色
素の除去を国学者の責務とする者であるが、国意考は即ちその主張の下に書かれたも
のであって、宋儒一味の理屈に堕した不自然な人為的教訓を排拒し、天地自然の大道
に依ることに日本人の生活があると説く事に終始している。国意とは、即ち日本精神の
事であって、翁に従うと、それは多角的な方形ではなくて、滑らかな弧線から成る円であ
り、其の処には佶屈よりも円満、厳氏iげんれい=おごそかできびしい)よりも緩和があ
るとみているのである。其の事は国意考の中によく言い表されているが、国意考の外、
明和3年(皇紀2426、西暦1766)賀茂翁70歳の時自草の「学びのあげつろひ」にも「唐
国は物の方なる國にて急に諫め教える故に用いし人なし」と述べ、同5(皇紀2428、西
暦1768)年6月18日、齋藤信幸宛書簡にも「方なる事はやすく円なるは学び難し。
此の円なるを得ざれば上古は知られず」と記している。縣居集言録に「儒の道は方にし
て天地に違へば世治まらず、仏の道は詳しき過ぎて又天地の自ずからなるに違へり。
たヾ神の道こそそれが中にて治まれり」と書いているのも同意である。
 此の事は常に翁の念頭を離れなかったものと見えて、其の歿年に当たる明和6(皇紀
2429、西暦1769)年の5月9日付、本居宣長宛書簡の末にも「物方なれば得やすし、
只皇朝之丸様の意こそ得がたけれ」と書き込んでいる。

315 :馭戎慨言 本居宣長 卑弥呼は神功皇后の不正確な伝聞:2011/07/30(土) 13:12:52.58 ID:jp9OwoOX0
馭戎慨言 - 日本外交史 本居宣長 (著), 山口志義夫 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/dp/4990361717

卑弥呼は神功皇后(じんぐうこうごう)の不正確な伝聞

『後漢書』にある「一女子がいた。名を卑弥呼と言った」とは、息長帯姫尊
(おきながたらしひめのみこと)=神功皇后の御事を、三韓などから誤り
混じりに伝え聞き申し上げて書いたものである。「卑弥呼」は姫児(ひめご)
と申すことで、神代の巻に「火之戸幡姫児千々姫命」(ひのとばたひめご
ちぢひめのみこと)、また「万幡姫児玉依姫命」(よろずはたひめごたまより
ひめのみこと)などと書かれている姫児と同じである。
姫を比弥(ひみ)と言っている用例も古い書物に見られる。だからこれは、
御国人(日本人)が常日頃尊んでこのように申し上げていたのを、韓人などが
聞いて伝えたものを御名と思い込んだのであろう。
 「妖気で大勢の人を惑わすことが出来た」
などと言っているのは、戎人(からびと)が大御国の神の道を知らないために、
このような妄言を言うのである。

316 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:13:14.53 ID:C/s+hKKfO
検定通ってるから別に間違いじゃねえだろ

317 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:13:16.62 ID:SZqq+gx+0
江戸時代、日本以上に裕福な農民なんて存在したの?
左翼が憧れる中国や朝鮮の農民なんて今の中国の底辺の連中よりひどい暮らしだったぞ

318 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:13:18.62 ID:ruLsA4oi0
>>313
親子なのになんで血縁関係否定してるんだよww
明治天皇入れ替わり別人説とか信じている口か?


319 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:13:32.10 ID:wYhNZVOY0
「欧州の市民革命や産業革命の項目でも、民衆の状況の説明が非常に少ない」と話す。
< 自由社の歴史教科書は、地主と経営者のための教科書。
「欧州の市民革命や産業革命の項目でも、民衆の状況の説明が非常に少ない」と話す。
< 自由社の歴史教科書は、地主と経営者のための教科書。
「欧州の市民革命や産業革命の項目でも、民衆の状況の説明が非常に少ない」と話す。
< 自由社の歴史教科書は、地主と経営者のための教科書。
「欧州の市民革命や産業革命の項目でも、民衆の状況の説明が非常に少ない」と話す。
< 自由社の歴史教科書は、地主と経営者のための教科書。
「欧州の市民革命や産業革命の項目でも、民衆の状況の説明が非常に少ない」と話す。
< 自由社の歴史教科書は、地主と経営者のための教科書。
「欧州の市民革命や産業革命の項目でも、民衆の状況の説明が非常に少ない」と話す。
< 自由社の歴史教科書は、地主と経営者のための教科書。
「欧州の市民革命や産業革命の項目でも、民衆の状況の説明が非常に少ない」と話す。


320 :本居宣長 玉くしげ :2011/07/30(土) 13:15:12.75 ID:jp9OwoOX0
本居宣長 玉くしげ
http://jp.youtube.com/watch?v=EEilEy-xeFw
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5058142

さてわが皇国に特別の事情があるといふのは、まづこの四海万国を照らしておいでにな
る、天照大御神が御出生あそばされた御本国であるから、万国の根元、大本である御国
であつて、万事が外国よりはすぐれて結構である。その個々の点を申すことは難かしいが、
その中まづ第一に、稲は、人の命を続かせ保たせて、この上もなく大切なものであるが、
その稲が万国にすぐれて比類のないことをもつて、その他のことはこれに準じて知るべき
である。ところが、この国に生れた人は、元来稲には馴れてゐて普通のこととなつてゐる
から、それに気がつかないのである。幸ひにこの御国の人間と生れたからには、これほど
すぐれて結構な稲を、朝夕一ぱいに食べるにつけても、まづ皇神たちの有難い御恩籟を
思ひ奉らなければならないことであるのに、さういふ考へさへなくて過すのは、実に畏多い
ことである。さてまたわが国の皇統は全く、この世をお照らしになる天照大御神の御子孫
にましまして、かの天壌無窮の神勅のやうに、万々歳の後までも、御動きになることはなく、
天地のある限りは御伝はりになる御事は、即ち道の大本である。

321 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:15:26.92 ID:mrAdGjEg0
>>300
俺は、抹殺し記録に残らないという適当な知識は誤りだと
指摘したまでで
伝統中国の王朝が現在の中共より民衆を酷く扱ったかは別問題だろうに。


322 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:16:11.47 ID:BQVfp0BfP
卑弥呼から徳川家康まで全部嘘。
最初から存在していない。

あたかもいるように、でっち上げの読み物なんかを書いた人はいるけど、写真とかは残っておらず、信憑性が疑われる。
カッパがいると書いてあるのと一緒。

323 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:16:39.63 ID:C/gKc1jC0
南京大虐殺とか薄汚い鮮人が主張する強制連行、創氏改名も神話なんだけど?

324 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:16:44.85 ID:W/EL9Inj0
神の国と教育勅語はさすがにひくわw
これも戦後教育の洗脳?

325 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:17:19.58 ID:QtLsZPPw0
>>313
皇統は皇位継承さえしてしまえばなんでもいいので、極端な話神武天皇に遡らないと系図が繋がらない人に皇位継承されてしまえば皇統は繋がることになる。
現実にはありえんけど。

326 :本居宣長 直毘霊 :2011/07/30(土) 13:17:43.49 ID:jp9OwoOX0
本居宣長 直毘霊
http://jp.youtube.com/watch?v=O-YnQY-mxlI
http://www.nicovideo.jp/watch/sm5015829

  皇大御國(スメラオホミクニ)は、掛(カケ)まくも可畏(カシコ)き~御祖(カムミオヤ)
  天照大御~(アマテラスオホミカミ)の、御生坐(ミアレマセ)る大御國(オホミクニ)
  にして、

萬國に勝(スグ)れたる所由(ユエ)は、先( ヅ)こゝにいちじるし。國という國に、此( ノ)
大御~の大御コ(オホミメグミ)かゞふらぬ國あらめや。

  大御~、大御手(オホミテ)に天(アマ)つ璽(シルシ)を捧持(サゝゲモタ)して、

御代御代に御(ミ)しるしと傳(ツタ)はり來(キ)つる、三種(ミクサ)の~寶(カムダカラ)は
是ぞ。

  萬千秋(ヨロヅチアキ)の長秋(ナガアキ)に、吾御子(アガミコ)のしろしめさむ國なりと、
  ことよさし賜(タマ)へりしまにまに、

天津日嗣(アマツヒツギ)高御座(タカミクラ)の、天地の共動(ムタウゴ)かぬことは、既(ハ
ヤ)くこゝに定まりつ。

直毘霊(原文)
http://www.norinaga.jp/shoin/naobitama.html
『直毘霊』を読む―二十一世紀に贈る本居宣長の神道論
http://www.amazon.co.jp/dp/4842100087

327 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:18:51.79 ID:ruLsA4oi0
>>324
教育勅語は別に良くね?
親孝行に関しては過剰にならないように配慮必要かもしれんが。

328 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:18:59.09 ID:wYhNZVOY0
市営住宅や県営住宅の築40年の団地住んで安月給のサラリーマン家庭
の子供に地主と経営者のための教科書用いて右翼思想で洗脳したるなよw

市営住宅や県営住宅の築40年の団地住んで安月給のサラリーマン家庭
の子供に地主と経営者のための教科書用いて右翼思想で洗脳したるなよw

市営住宅や県営住宅の築40年の団地住んで安月給のサラリーマン家庭
の子供に地主と経営者のための教科書用いて右翼思想で洗脳したるなよw

市営住宅や県営住宅の築40年の団地住んで安月給のサラリーマン家庭
の子供に地主と経営者のための教科書用いて右翼思想で洗脳したるなよw

市営住宅や県営市営住宅や県営住宅の築40年の団地住んで安月給のサラリーマン家庭
の子供に地主と経営者のための教科書用いて右翼思想で洗脳したるなよw


329 :拘幽操 山崎闇斎 崎門学:2011/07/30(土) 13:19:52.22 ID:jp9OwoOX0
拘幽操 山崎闇斎 崎門学
http://www.youtube.com/watch?v=n16zgmFu9zs
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7538203

山崎闇斎は江戸時代の儒者、神道家であり、朱子学では「崎門学」、神道では「垂加神道」
を開き、後世の尊皇攘夷思想に大きな影響を与えました。
寛文五年(一六六五年)、幕閣・会津藩主保科正之の賓師に迎えられ、殉死の禁止など
幕藩政治にも影響を及ぼしました。弟子では浅見絅斎が著名であり、更にその弟子の若林
強斎や、土佐南学の谷秦山らがその継承者として知られています。更に幕末では、橋本景岳、
梅田雲浜、横井小楠ら、明治時代では西南戦争の谷干城将軍(谷秦山の子孫)が知られて
います。闇斎は心神(人の心)は天神からの賜物であると考え祀りました。現在は下御霊神社
内の猿田彦社に配祀されています。「拘幽操」は周の文王の幽閉を題材にした韓退之の詩で
すが、これを闇斎は考察し、忠義のあるべき姿としました。

会津藩初代藩主 保科正之
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E7%A7%91%E6%AD%A3%E4%B9%8B

江戸幕府第3代将軍徳川家光の異母弟で、家光・家綱を補佐し、幕閣に重きをなした。
賓師に山崎闇斎を招き、殉死の禁止など、会津藩、幕政に功績を残した。

330 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:20:05.90 ID:MI69pc7I0
俺は横浜市立の中学校を卒業したけど
第二次世界大戦の勉強は教科書2Pで終わり
テストには強制連行と慰安婦だけが出ました

10数年前の話だけどね

331 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:20:15.50 ID:ju2DNgveP
>>326
ネトウヨは本居宣長が好きだねぇ
だが、生き残った維新の志士たちはリアリストだ
ちゃんと調べろ

332 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:20:28.35 ID:k9r2t10x0
歴史ファンタジー小説を教科書にしてる国もある位だから、別に良いんじゃね?

333 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:20:31.85 ID:DvTxc/vjP
>>313
その辺はファンタジーだからそういう事にしておけばいいんだよ。

名古屋城の金のシャチホコはオリジナルでないからニセモノ、と言われたら
名古屋人は怒るだろうw

334 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:20:59.15 ID:4GvWH7HS0
つーか神話はちゃんと勉強させろよ
出雲神話や日向神話も含めてな!近現代史よりそっちの方がよっぽど大事じゃクソウヨ死ね!

335 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:21:16.95 ID:W/EL9Inj0
>>297
これか。別に普通にいいこと書いてあるよな。

336 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:22:33.43 ID:9xQON61K0
>>1
この40代のバカ教師は生徒が本当に
やまたのおろちが実在したと信じてしまうと思っているのだろうか?
早期に心療内科に行かせるべき

337 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:22:39.96 ID:ZQMSdqJX0
>>327
そもそもの君に忠は?
死んでくれと言われたら死ぬ?
軟弱とののしられるかもしれんが、俺はごめんこうむる

338 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:22:50.85 ID:grqUdgeF0
>>324
なに言ってんだ教育勅語を否定してから日本がおかしくなったんだ

339 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:23:14.06 ID:r+9rwODy0


>江戸時代は「平和と安定」の時代とされ、重い年貢に苦しむ農民たちの実態がほとんど描かれない。

授業で先生が、農民は白いお米を口にできなかった、なんてうそ。

収穫した米はいつか食べないと腐るし、誰が米を消費してたのか不思議な話だよね。

おむすびころりん、猿蟹合戦、オムスビに小判を忍ばせて息子に持たせる話、
童話でも平民が米を食べる場面はいくらでもあるのに、

なぜ“農民は白いお米を口にできなかった”ことにしておかなければならないのか、
なぜ“農民は圧制に苦しんでいた”    ことにしておかなければならないのか、

みんなわかるよね。


340 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:23:29.56 ID:t53sqEKQ0
神話と歴史の違いを説明できないってことは天皇という存在が説明できないんじゃないの?
そこが説明できないのは社会科教師としてどうなの

341 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:23:47.57 ID:SVz6HZKg0
「併合時代に日本は韓国に極悪非道な事をした」
「韓国は日本と戦って独立を勝ち取った」
韓国が主張するこのあたりの歴史が
日本の歴史で言えば「初代天皇が日本列島を作った」という神話部分に相当するんだろうな

342 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:23:49.59 ID:Uo82erUTP
教育勅語

「皆仲良く、学を磨き、世に尽くし」は一般的な道徳だが、

我が皇室の祖先が国を始めた・・・神話の押しつけ。「国=権威者の物」なる意識。
忠孝で心一つ、が国体の誉れで教育の中心・・・全体主義に繋がる。上にペコペコが美徳と限らない。
我が臣民は・・・国民主権、民主社会に合わない言葉。

道徳部分だけ「道徳」として教育すればよい。


343 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:24:14.20 ID:/rmuOR02O
神話話しを社会科でやるのかい…(ノ_・。)

344 :湯武革命論 山崎闇斎 崎門学:2011/07/30(土) 13:24:46.47 ID:jp9OwoOX0
湯武革命論 山崎闇斎 崎門学
http://www.youtube.com/watch?v=7GK19ytBXkU
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7541823

山崎闇斎は江戸時代の儒者、神道家であり、朱子学では「崎門学」、神道では「垂加神道」
を開きました。寛文五年(一六六五年)、幕閣・会津藩主保科正之の賓師に迎えられ、殉死
の禁止など幕藩政治にも影響を及ぼしました。弟子では浅見絅斎が著名であり、更にその
弟子の若林強斎や、土佐南学の谷秦山らがその継承者として知られています。更に幕末
では、橋本景岳、梅田雲浜、横井小楠ら、明治時代では西南戦争の谷干城将軍(谷秦山
の子孫)が知られています。闇斎は心神(人の心)は天神からの賜物であると考え祀りまし
た。現在は下御霊神社内の猿田彦社に配祀されています。「湯武革命論」は湯武放伐を
程子、朱子の論を基に考察し、革命を否定した重要な書です。これが後世の尊皇攘夷思想
に大きな影響を与えたものの一つになりました。

会津藩初代藩主 保科正之
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E7%A7%91%E6%AD%A3%E4%B9%8B

江戸幕府第3代将軍徳川家光の異母弟で、家光・家綱を補佐し、幕閣に重きをなした。
賓師に山崎闇斎を招き、殉死の禁止など、会津藩、幕政に功績を残した。

345 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:25:10.26 ID:8Y2KkOwo0
>>297
>義勇 正しい勇気をもって国のため真心を尽くしましょう

これが左翼に欠けてるところ。
国のために尽くす思想が相容れないのには百歩譲れるけど、
正しい勇気を持たないから、やることが無責任で卑劣。

346 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:25:16.70 ID:W/EL9Inj0
>>338
俺にはせいぜいバブル崩壊以降
悪くなったということしか実感としてないな。

347 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:25:43.71 ID:ofb0yzG5O
>>1
>「生徒が神話と歴史的事実を混同しないだろうか」
それを教えるのが教師でしょうに・・・

>「以前よりも、教材研究に多くの時間を取られるようになった」
一から十まで説明しないと分からない奴が増えてるので、会議の準備に多くの時間を取られてますが何か?
そんな奴を量産してくれて有難う(-_-メ)

348 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:26:01.25 ID:k2bIbClu0
檀君神話は教えられる日教組社会科教員が何言ってやがるんだwww

349 :水戸学 『正名論』  藤田幽谷 藤田東湖:2011/07/30(土) 13:26:58.06 ID:jp9OwoOX0
水戸学 藤田幽谷
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%97%A4%E7%94%B0%E5%B9%BD%E8%B0%B7

『正名論』
幕府、皇室を尊べば、すなはち諸侯、幕府を崇(たつと)び、
諸侯、幕府を崇べば、すなはち卿・大夫、諸侯を敬す。

※皇室を幕府(政府)が尊ぶことによって、諸侯は政府を尊び、以下の社会体制も
正しく治まると藤田幽谷は『正名論』で説いた。
これが水戸学の一つの隆盛の基礎となった。

水戸学 藤田東湖 回天詩史
http://www.youtube.com/watch?v=ut5Ou3xCTl4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7498295

水戸学 藤田東湖 文天祥の正気歌に和す
http://www.youtube.com/watch?v=pRpPxeYn4j4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7489721

生きては当に君冤を雪ぐべし、復見ん四維の張るを。
死しては忠義の鬼と為り、極天皇基を護らむ。

350 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:27:29.00 ID:ruLsA4oi0
>>337
え?
別に氏ねと言われたら氏ねなんて書いてなくね。

351 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:27:30.13 ID:DvTxc/vjP
>>340
単なる不勉強だね。古事記や日本書紀の成り立ちや、神話中の神が
実在のどの人物をモデルとしているかぐらいは、史学をやっていれば
常識のはず。

352 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:27:52.16 ID:cEX1MB7z0
>>334
神話は伝承の歴史だしね

神話は証明できない、荒唐無稽だからと全否定する必要はない
もちろん、神話が確かにその土地で伝わってきたものかの
検証は必要だけど

353 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:27:52.66 ID:grqUdgeF0
>>337
「君に忠」?どこにそんなこと言ってるかな。

「一旦緩急あれば義勇公に奉じ」

日本に危機がおとずれたならすすんで力を尽くすのは当たり前。



354 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:28:49.01 ID:na2D+LbC0
>>279
そんなドラマで
「韓国の歴史をチャングムを見て勉強してください」と放送したNHK

355 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:29:00.42 ID:G05tGBC70
縄文〜戦前のことなんて教育する意味無いからな。
経済・政治・宗教これらの制度が違う時代を学ぶのは全く持って役に立たない。

中国は歴史といえば文革以降のことしかまともに教育してないんだっけ?

日本も、二次大戦後の歴史、それも国際的な流れ(そうなると19世紀イギリスの産業革命あたり・日本は明治時代も必要か?)
有意なコレだけ学ばせて、
それより昔のことなんて趣味や漫画レベルのただの教養として扱うべき。


356 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:29:38.09 ID:jp9OwoOX0
吉田松陰 『士規七則』
http://www.youtube.com/watch?v=c56yoH5jItM
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7345233

「士規七則」は、安政2年1月(1855年2月)、甥の玉木彦助 の元服の日に与えた手稿。
後に武士道の在り方として後世に 大きな影響を与えた。
乃木希典大将の「士規七則講話」 では、その大きな影響と尊信を知る事が出来る。
山鹿素行→大石内蔵助→吉田松陰→乃木希典という日本思想の一つの流れに触れられる。

乃木希典 『士規七則講話』
http://www.youtube.com/watch?v=mvgjSTCKKY4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7372847

乃木大将が深く感化された人物として山鹿素行と吉田松陰が知られています。
その深い尊信の一端をを窺い知る事が出来るのが乃木大将による「士規七則講話」です。
日本の思想が脈々と受け継がれ、力を発揮してきた事を知る事が出来ます。

山鹿素行 『武教小学』
http://www.youtube.com/watch?v=EXZ-trzU3q0
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7401755
武教小学は山鹿素行の講義などを基に門人達が簡潔にまとめたもの。
大石内蔵助、吉田松陰、乃木希典大将へと大き な影響を及ぼした兵学者・儒学者が示した
江戸時代の泰平の世の武 士の日常生活規範がここにあります。

357 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:29:43.09 ID:QkoPYLXdO
>>354
戦国鍋のほうがマシだwww

358 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:30:52.82 ID:kl3SDVqG0



※丑スレです



359 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:31:07.64 ID:ju2DNgveP
宗教右翼(≒神道信者)の論理
1.戦前にも部分的でも民主政があった。
2.天皇は日本の国造りの神の子孫であり、日本民族に君臨する全能の主権者と帝國憲法で決められていたが、
  どういうワケか立憲君主として振る舞っていた(ここのところの説明は、法的にはできないので、誤魔化す)。
3.民主政の結果、マスコミ、国民の支持を受けた軍部が暴走して開戦。
4.天皇は戦争反対の平和主義者だったが、開戦の詔勅を出した(ここも、なんで反対しなかったのかは、
  反対できなかったとだけ言って誤魔化す。開戦という国家の存亡に係わることにすら、意見を言えない主権者なんて、
  主権者じゃないし、もちろん君主としても失格。存在価値無し、ということになるんだが・・)。
5.軍部は、日本とアジアの平和のために善戦したが、アメリカの物量作戦に敗れた。
  だがむしろ、戦意、戦略、戦術で米軍に勝っていた(なんの根拠もないが、取りあえず、証明もできないからこう言っておく)。
6.だから、日本は敗戦ではなく終戦なのだ。負けてはいないのだ。 
  無条件降伏も米軍に原爆で脅されたモノであって、その後の占領、現憲法の制定、東京裁判も国際法上、
  無効だ(日本は戦中散々、国際法を無視して踏みにじってきたのに、
  都合のいいときだけ国際法を持ち出しても、誰も相手にしない)。
7.と、言う訳で現憲法は無効なので、未だに明治憲法が有効である。
  従って、国教は神道であって、天皇は主権者であり、国民は臣民として天皇を敬い、従う義務がある。
  いざというときは、天皇、国家を守るため、命を捧げるのは義務である(キ印の妄想は、天壌無窮w)。
8.日の丸は法で国旗とされたから、国旗を嫌う人間は日本から追い出すべきだ。→戦前と同じw

360 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:31:13.73 ID:ZLdfGMeV0
今の教師の歴史観のほうが教育には脅威ですw

361 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:31:18.54 ID:JEc2wB6i0
>>337
これが左翼脳か

362 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:31:21.53 ID:eYW8MrqY0
>>43
昔の水戸黄門とか、電柱が写りこんでたりしてたよなw


363 :頼朝出現の意義 :2011/07/30(土) 13:32:57.86 ID:jp9OwoOX0
物語日本史(中)   平泉澄
http://www.amazon.co.jp/dp/4061583492

四十五章 源頼朝(下)  頼朝出現の意義

 文治元年の夏、尾張の国に、玉井四郎助重という者があって、元々乱暴者であり人々を困ら
せていましたが、それが今度は、勅命に背いた廉で召喚せられたののに、出頭しないばかりか、
却って朝廷に対して誹謗の言葉を吐きました。その報告を詳しく聞いた頼朝、何と言ったと思いま
すか。

 綸命に違背するの上は、日域に住すべからず。関東を忽諸せしむるに依りて、鎌倉に参る
 べからず。早く逐電すべし。

綸命は勅命、日域は日本、忽諸はないがしろにすることです。つまり、勅命に背く以上は、日本国
に住むことは許されない、幕府の指示に従わない者は、鎌倉へ来て保護を受ける事は出来ない、
早速日本国の外へ出て行くがよい、こう言って国外追放を宣告したのです。
何という鮮やかな、何という痛快な裁決でありましょうか。それが口先だけの説教ではなく、天下兵
馬の権を握る者の言葉でありますから、一言直ちに実行に移され、違背すればたちまち首が飛び
ます。それ故にこれが人々に与えた影響は、実に重大であったに違い有りません。

364 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:34:01.99 ID:JEc2wB6i0
>>359
コピペ馬鹿乙

365 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:34:06.80 ID:DvTxc/vjP
>>362
色々と言われるので、ネタ回では開き直って後ろに新幹線を走らせた事もあったw

366 :吉田茂回想録 「回想十年」:2011/07/30(土) 13:35:07.98 ID:jp9OwoOX0
吉田茂回想録 「回想十年」
http://www.amazon.co.jp/dp/412203244X

吉田茂の強調した三点

一、日本は西側陣営に属し、民主主義を守り、反共主義に徹し、中立主義などに
目を向けるべきではない。

二、日本の進む方向はアメリカ、イギリスとの連携による経済主義である。
軍事的にはアメリカとの軍事同盟こそが望ましい。

三、日本人は兎角外来思想に犯されやすい。
地に足の着いた日本の伝統的発想を重んじるべきである。
(万世一系の皇統についての理解を深める)

→日本は尊皇反共であるべきである。

367 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:36:27.71 ID:Tb0NR80X0
わざわざ神話をとりあげるくらいなら、サル学やdna人類進化学、文化人類学等の知見をくわしめに載せる方がより現代的でいいのではないかと思う。

368 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:36:48.11 ID:W/EL9Inj0
>>359
6〜8はどうかとおもうけど1〜4は大雑把にその通りなんじゃないの

369 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:37:55.92 ID:zeCOvh8J0
たえちゃん 「ねぇねぇ、ネトウヨって何で息してるの?」

先生 「埴輪と同じような存在なんだよ」

たえちゃん「そうか、それで古墳によく埋まってるのね」

めでたしめでたし

370 :共産主義黒書―犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇:2011/07/30(土) 13:38:27.45 ID:jp9OwoOX0
共産主義黒書―犯罪・テロル・抑圧 コミンテルン・アジア篇    クルトワ,ステファヌ
http://www.amazon.co.jp/dp/4874300278
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4874300278.html

ロシア革命の世界革命化を狙ったコミンテルンと、人類史上未曾有の犠牲者を生み出し
た アジア共産主義の現実

ナチズムの犠牲者約2500万人に対し、共産主義により殺された人数は、
  ソ連2000万、   ★中国6500万、  ベトナム100万、   北朝鮮200万、
  カンボシア200万、東欧100万、    ラテン・アメリカ15万、アフリカ170万、
  アフガニスタン150万   を数え、合計は1億人に近い。

民族・人種によるジェノサイドと イデオロギーによるジェノサイドはどこが違うのか。
        なぜ、共産主義は今日まで弾劾されずにいるのか?

371 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:39:14.52 ID:ju2DNgveP
なんで?ネトウヨは権威主義なの?
現代に、吉田茂、福沢諭吉の思想そのままかよw

372 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:40:56.89 ID:ruLsA4oi0
>>371
なんで?
百済に倭人がいた=倭人が百済の臣民、百済は日本の宗主国!なんて結論になるの?
日本にも渡来人がいたことや他国にも良くあることはスルーかよww

373 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:41:01.98 ID:8Y2KkOwo0
日本がダメだダメだといいながら、ウォンではなく円をありがたがってるんだから、
朝鮮左翼なんて嘘つきですよw

374 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:41:18.36 ID:grqUdgeF0
>>370
いやいやあんなものは共産主義ではない

375 :中国共産党 大虐殺の歴史:2011/07/30(土) 13:41:43.10 ID:jp9OwoOX0
中国共産党 大虐殺の歴史 そして日本侵略へ
http://www.youtube.com/watch?v=gLmYqvaqVm4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7135711

中国共産党による大虐殺の犠牲者の数は、「共産主義黒書」(ステファヌ・クルトワ)などの
推計に依れば6,500万人にも上るとされている。歴史上有名な大躍進や文化大革命、
天安門事件だけでなく、チベット、東トルキスタン(ウイグル)、モンゴルにおいて現在、残虐
な粛清と弾圧、歴史・伝統・文化の破壊、民族浄化・絶滅、漢民族への同化政策が行われ
ている。この恐るべき実態は日本にとって対岸の火事では済まず、やがては日本に襲いか
かる脅威である。更に、大中華圏の拡大、世界覇権の掌握は、全人類が危機に瀕すること
にも繋がる。

376 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:42:01.77 ID:fjZ35a0U0
>>371
これみると吉田茂が元祖っぽいんじゃない。戦後日本保守像ってことでいいと思う。
今更だけどw

377 :北朝鮮の核とキューバ危機 中国とロシアの欺瞞:2011/07/30(土) 13:44:27.38 ID:jp9OwoOX0
北朝鮮の核とキューバ危機 中国とロシアの欺瞞
http://www.youtube.com/watch?v=6_8FtX8en4c
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7210077

現在の北朝鮮とイランの核問題は、1962年のキューバ危機と類似性が高いと考えられる。
そして、東西冷戦が終わったと言われながら、実は地政学的なランドパワーとシーパワーの対
立構造は何も変わっておらず、その構造からリムランドである北朝鮮、イランから日本や欧州
への脅威が発生していると見る事が出来るのではないか。或いはこれを新冷戦と呼ぶ事もでき
ようが、根源的には地政学に基づいているように思える。ワルシャワ条約機構は上海協力機構
に名を変えたが、NATO(北大西洋条約機構)と対峙する軍事同盟へ発展する日はそう遠くない
のではないだろうか。

       日本       ロシア
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
人口   1.2億      1.4億 (日本より急速に減少中)
GDP   5.0兆ドル    1.2兆ドル (2009,日本の1/4以下)
軍事費 468億ドル    610億ドル (2008年)
(GDP比) 0.9%      3.5% (上記データとの誤差は御容赦を)
将兵数   24万人     120万人

378 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:44:29.33 ID:grqUdgeF0
>>372
「倭人」てのは古代中国が蔑んだ言い方で実際は「ウォ」に近い発音だった。
むしろ「越人」というべき。「越智」を「おち」と読むように

379 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:44:36.25 ID:SQPsioj50
>江戸時代は「平和と安定」の時代とされ、重い年貢に苦しむ農民たちの実態がほとんど描かれない。

なんかサヨク的な階級史観丸出しの発想だよなあ
こういうやつの方が最早時代遅れだろ。ってか価値観の押しつけじゃん。
江戸時代が他の時代に比べても、長期の平和と安定の時代だったのは間違いないし

380 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:46:20.20 ID:Tst/Wd9+0
>>1
>「生徒が神話と歴史的事実を混同しないだろうか」

金正日神話を正しい歴史として教えている朝鮮学校や
クリスチャン系や仏教系などの宗教が基本になる私学とかはダメってことですね。

381 :【中国共産党】基本同志は運用同志を獲得せよ【対日工作指令】 :2011/07/30(土) 13:47:05.72 ID:jp9OwoOX0
【中国共産党】基本同志は運用同志を獲得せよ【対日工作指令】

対日工作主要目標
 ・日本の先端産業技術の獲得
 ・日本の政治、外交、軍事情報の収集
 ・対台湾工作の拠点の構築
 ・民主化運動や法輪功に関する情報収集

日本解放第二期工作要綱
−2.解放工作組の任務

 日本の平和解放は、下の3段階を経て達成する。

 イ.我が国との国交正常化(第一期工作の目標)

 口.民主連合政府の形成(第二期工作の目標)

 ハ.日本人民民主共和国の樹立・・○○を戦犯の首魁として処刑

(第三期工作の目標)
田中内閣の成立以降の日本解放第二期工作組の任務は、上の第口項、即ち
「民主連合政府の形成」の準備工作を完成することにある。

382 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:49:25.40 ID:jp9OwoOX0
朝日新聞社史

戦前: ソ連・スターリンの指導するコミンテルンの手先
 尾崎秀実(朝日新聞社員、日本共産党員・偽装転向、コミンテルンの一味、スパイ・ゾルゲ・グループ)
  →日本を敗戦革命に追い込むため、日米戦争を煽った。
   レーニンの砕氷船理論を実現するためである。
   日本人が300万人死んだ事の罪は、尾崎秀実の死刑程度では済まないことである。

戦後: アメリカ占領軍、GHQの手先
 (GHQにはルーズヴェルト大統領の側近だった共産主義シンパが潜り込んでいた)
 自主検閲を行い、日本の精神的、思想的解体を担当。

冷戦中: ソ連の手先

冷戦後: 中国共産党の手先

 ・・・要するに、共産主義思想に取り憑かれ、今なお日本を共産党独裁国家にするべく、そして中国や
ロシア、北朝鮮に隷属させるべく邪悪な活動を続けているのが朝日新聞である。

朝日新聞の中国侵略 山本 武利 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4163737308
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784163737300

進出か、侵略か。朝日新聞社が隠し続ける中国支配への挫折せる野望

中国政府にも中国人民にも日本人にも知られたくない朝日新聞社の「歴史の汚点」。
陸軍、大陸浪人と組んだ中国での朝日新聞の戦争責任を問う

383 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:50:16.98 ID:SQPsioj50
>>228
・江戸時代は、貧しい農民が圧政者に苦しめられる、地獄のような時代でした
・日帝時代は、朝鮮人が搾取により常に生活が困窮した、地獄のような時代でした

こっちの方が似てるな。江戸時代が、何と比べて悪い時代だったのかと言いたいのか
江戸期以外の農民はどうだったのか。何故そもそも士農工商の制度はあるのか。
一面的な階級闘争史観で染めようとする方が、よほど一方的だわな

384 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:50:27.34 ID:BqJrmXDn0
たとえ史実でなくても、百篇繰り返せば史実となる
日本も、神話や伝説を子供に百篇教えなくてはいけない
ま、百篇はムリだけど、それくらいの意気込みがないと


385 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:50:50.29 ID:dccLj6rv0
そりゃあ農民ぬっころしたら農作物作る人間がいなくなって最終的に自分達も餓死だしなぁ

386 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:52:16.60 ID:DvTxc/vjP
>>369
何を寝言を言っている?昭和帝の武藏野陵は上円下方墳そのものだぜ。
伝統とはそういうもの。

387 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:53:12.06 ID:zeCOvh8J0
>>384
歴史を捏造するような奴は滅びればいいと思うよ。
おまえらが嫌いなチョンやシナと変わらないじゃんw


388 :祖国を敗北させるための運動 朝日新聞と毎日新聞:2011/07/30(土) 13:54:57.27 ID:jp9OwoOX0
朝日新聞と毎日新聞が無防備都市宣言を以前から煽っています。
マルキストの極左過激派、MDSと連携しているようです。

「無防備都市」を喧伝する 朝日・毎日と国立市長の愚(1)-(4) 
■朝日・毎日が入れ込む新たな「平和運動」
http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2004/0410/ronbun2-1.html

■祖国を敗北させるための運動
http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2004/0410/ronbun2-2.html

■中核を担うのは新左翼セクト
http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2004/0410/ronbun2-3.html

■非武装のなれの果て
http://www.sankei.co.jp/seiron/koukoku/2004/0410/ronbun2-4.html

関連団体
民主主義的社会主義運動(MDS) (※マルクス主義の左翼過激派)
http://www.mdsweb.jp/mds.html

「無防備地域宣言運動全国ネットワーク」 (=無防備マン)
http://peace.cside.to/


389 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:55:23.89 ID:Ht/TV3ab0
ガキは馬鹿だからすぐ騙せるって言ってる。ガキに分かりやすくフィクションだと説明する能力もない。
そして自分がそう言ってしまっていることにすら気づけない。
このバカ教師の言ってることはつまりそういうこと。


390 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:55:53.54 ID:SQPsioj50
>>385
農民達の方も、武士に年貢納める代わりに
武士によって治安と秩序と方の安定を保証される事を望み
むしろ有力な武士の支配下に収まる事に積極的だった
そうして、武士と農民の関係は成立した

って、漫画「センゴク」で言ってた

391 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 13:56:13.76 ID:iAkc/Hop0

http://www2.tokai.or.jp/tikurouren/news/pdf/tikurourennyu-su242.pdf

松永昌治

建交労静岡県本部副委員長

〒420-0053
静岡市葵区弥靱2丁目5の26

TEL:(〇五四)-二七一-〇九五一


392 :抗日戦争の研究強化呼びかけ 北京で学術シンポジウム:2011/07/30(土) 13:57:07.70 ID:jp9OwoOX0
李長春(中国共産党政治局常務委員)党内序列第5位
http://gunken.jp/blog/archives/2006/11/21_1900.php
http://j.peopledaily.com.cn/2002/11/17/jp20021117_23353.html
中国の宣伝戦を担う「中央対外宣伝弁公室」&「中央宣伝部」
中国の宣伝戦を指導する最高責任者

李長春氏、抗日戦争の研究強化呼びかけ 北京で学術シンポジウム
http://www.fmprc.gov.cn/ce/cejp/jpn/xwdt/t210218.htm

李長春氏、加藤紘一、山崎拓両氏と会見
http://www.fmprc.gov.cn/ce/cejp/jpn/zrgx/t314772.htm

李長春政治局常務委員、大江健三郎氏と会見
http://www.fmprc.gov.cn/ce/cejp/jpn/whjl/t271604.htm

李長春・中国政治局常務委員、マスコミ代表と懇談 2009.3.30
http://sankei.jp.msn.com/world/china/090330/chn0903301959000-n1.htm

文化人ら交え懇談 外相と中国・李長春常務委員
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/090329/plc0903292234009-n1.htm

「理解広がっている」と小沢氏、中国常務委員との会談で (2009年3月31日)
http://www.yomiuri.co.jp/feature/20090304-527751/news/20090331-OYT1T00158.htm

393 :皇道派の陸軍将校の目的は社会主義だった:2011/07/30(土) 14:00:33.80 ID:jp9OwoOX0
第二次世界大戦と日独伊三国同盟―海軍とコミンテルンの視点から
http://www.amazon.co.jp/dp/4764603209

 また、近衛文麿は上奏文にてコミンテルンの策謀を指摘していたため、ソ連のスパイであった
GHQ情報部調査課長、ハーバート・ノーマン(『外交官E.H.ノーマン』)により作成された「戦争責任
に関する覚書 近衛文麿」によって自殺に追い込まれたという。彼はコミンテルンと関係が深い
太平洋問題調査会(IPR)のカナダ代表でもあったという。

革新官僚: 稲葉秀三(のちサンケイ新聞社長)、勝間田清一(のち社会党委員長)、
        和田耕作(のち民主党代議士会長)
革新外務官僚(近衛外交を推進): 松岡洋右、白鳥敏夫(革新派の政治家や財界人が支援)
朝食会: 尾崎秀実、西園寺公一、犬養健
高度国防国家推進
 陸軍統制派: 東条英機、永田鉄山、武藤章、池田純久

ソ連、スターリン、コミンテルン、スパイ・ゾルゲ → 尾崎秀実(日本、アジアの赤化を図ったスパイ)
北一輝『日本改造法案大綱』(日本を共産主義独裁体制にすることを企図した)
 →二.二六事件 (五.一五事件の大川周明も同じ)
  2.26で暗殺された山本英輔海軍大将が死の二ヶ月前に送付した手紙が本書で紹介されており、
結局の所、皇道派の陸軍将校の過激派が目指しているものは、終局の目的は社会主義であると指摘
していたとある。


394 :日露戦争時代人物烈伝:2011/07/30(土) 14:02:42.93 ID:jp9OwoOX0
日露戦争時代人物烈伝
http://www.youtube.com/watch?v=wNrmNS_x-qY
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9086196

日露戦争の人物烈伝を映像にしてみました。
児玉源太郎、大山巌、乃木希典、西郷従道、山本権兵衛、東郷平八郎といった
代表的な人物は勿論のこと、随所で一所懸命の活躍・苦闘を遂げる明治人には
胸を熱くするものがあります。そして現在の日本人が学ぶ事が多い様に思いました。

395 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:04:47.65 ID:ZLdfGMeV0
不平不満が充満する社会なら、200年以上も体制が持つわけないだろ。
戦前、日本の歴史を全否定するやつはかわいそうな知的レベルの持ち主と思う。

396 :幕末維新時代人物列伝:2011/07/30(土) 14:05:06.07 ID:jp9OwoOX0
幕末維新時代人物列伝
http://www.youtube.com/watch?v=dFqcqscdFNs
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9226036

幕末から明治維新にかけての人物を概ね活躍した時代順に並べてみました。
想像以上にその群像は濃厚複雑な軌跡を描いており、到底まとめきれない
ことが今更ながら分かりましたが、拙くとも自分なりに彼らを顕彰しようと
思いこの動画を作成しました。血を流して日本を守り抜いた先人達から受け
継いだ日本を、これからも末永く伝えていく努力を現代の我々が続けなくて
はならないと思います。


397 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:07:29.58 ID:8XpiNjUH0
江戸時代の農民って、兵農分離で農を選んだ中産階級だろ
地主、名主、庄屋って人たち
まさか奴婢に毛が生えた程度の水呑百姓まで農民に含めてる?
現代でも農業者と農業従事者は明確に異なる職種なのに

398 :ムルデカ 17805 インドネシア独立と日本軍兵士:2011/07/30(土) 14:09:33.56 ID:jp9OwoOX0
ムルデカ 17805 インドネシア独立と日本軍兵士
http://www.youtube.com/watch?v=3Q_4DuH1K08
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6848052

遙か南方の地で、インドネシア独立の為に誇り高く戦った日本人兵士たち。
1945年、日本敗戦−そして、もう一つの戦いが始まった
[ムルデカ=MERDEKA]とは−インドネシア語で「独立」を意味する言葉。
[17805]の意味−後の正副大統領・スカルノとハッタは、日本への感謝を表し、
インドネシア独立宣言文に日本の皇紀「2605(=西暦1945年)8月17日」で年号を
書き入れ署名した。これを、日・月・年の順に並べた5ケタの数字は、独立を
宣言した日として、いまもインドネシア国民に記憶されている。

399 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:10:30.24 ID:GNZyJTp30
>日本神話のコラムが大量に載っていたからだ。「生徒が神話と歴史的事実を混同しないだろうか」。

神話って書いてて神話と分からない生徒なのか?


400 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:11:51.63 ID:IX4e+2KRO
>>375
左翼理想の共産主義ソ連こそ、
70年で体制崩壊したもんなw


401 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:13:00.47 ID:Y/sJR+YX0
農民の子供が高等数学の問題を書いて奉納したお札って、残ってるよな。

402 :南京の真実:2011/07/30(土) 14:13:54.77 ID:jp9OwoOX0
映画 南京の真実 記録映画編(上海〜南京陥落)
http://www.youtube.com/watch?v=fSMZnOsEy4A

南京「大虐殺」なる歴史の捏造が「真実」として、世界の共通認識とされ、
同盟国の米国 だけでなく、世界中の人々に定着し、日本の国益を大きく
損ね続けているばかりか、益々 その害悪は巨大になり、そこから生まれる
反日、侮日意識が、中国共産党に悪用され、我 が国の存亡に関わる事態に
なりつつあります。 「情報戦争勃発」とも言えるこの危機的事態に、
チャンネル桜、水島総監督は、誤った歴 史認識を是正し、プロパガンダ
攻勢に反撃すべく、南京攻略戦の正確な検証と真実を全世 界に伝える映画
を製作しました。
その資料として、昭和13年東宝映画文化映画部製作「-南京 戦線後方記
録映画」などの当時の映像は非常に貴重なものです。

映画 南京の真実 記録映画編(南京陥落後)
http://www.youtube.com/watch?v=AAJhJnYH7yU

403 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:14:44.26 ID:Koni6eT90
神話って間違いなく非科学的なものなんだけど、
自分の国の神話も知らないって恥ずかしすぎると思うぜjk

404 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:17:11.17 ID:+lBmGYn70

チョンやチュン視点の捏造歴史よりはましwwww

405 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:17:28.91 ID:ZLdfGMeV0
古事記はどこまでが神話なんだw

406 :共産主義者の大東亜戦争責任 (War responsibility of the communist):2011/07/30(土) 14:18:06.01 ID:JgRTULX/0
共産主義者の大東亜戦争責任
War responsibility of the communist
http://www.youtube.com/watch?v=GqJSU4v4VHA
http://www.youtube.com/watch?v=F8-suGPP4sA
http://www.youtube.com/watch?v=uFMtTokCuXs
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6396722

アメリカに潜む共産主義者の歴史 Glenn Beck 06-24-10
http://www.youtube.com/watch?v=H5Xbpy4dYdo
http://www.youtube.com/watch?v=jkowqkyNRZA
http://www.youtube.com/watch?v=0dh9hOLjn1Y
http://www.youtube.com/watch?v=azyY9GReB1I

もうひとつの歴史 「となりのスパイ」 VENONA
http://www.nicovideo.jp/watch/sm13238508

アメリカの最高機密が、陰で盗み出されていた。

「第二次大戦後、アメリカの軍事技術が無かったら、
ソ連は軍事力を増強できなかったでしょう。」
ケンブリッジ大学歴史学教授 クリストファー・アンドリュー

VENONA ヴェノナ 解読されたソ連の暗号と共産主義スパイ活動
http://www.youtube.com/watch?v=7Ri2dRQnzDA
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10436106
ヴェノナ(VENONA)とは、1943年、米陸軍が独ソ単独講和を危惧して開始した在米
ソ連暗号通信傍受・解読作戦である。1995年、ようやく公開されるに至った。
ヴェノナ(VENONA)  ジョン・アール・ヘインズ (著) 中西輝政 (翻訳)
http://www.amazon.co.jp/dp/4569704891
「KGBの内幕」
http://www.amazon.co.jp/dp/4163482105

407 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:18:12.44 ID:Koni6eT90
あと、「神武天皇は実在しなかった」とか、「継体天皇で王朝交代した」とか言ってる奴は間違いなくカルト
なぜなら、神話以前の文献は全く残ってないのだから、古代については「何も証明できない」という判断が正しい

408 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:21:00.11 ID:+lBmGYn70
>>9
子供を盾に使ってるだけだからなw
子供のためと言えばなんでも正当化できると思ってるw
24のローガン大統領が国のとめだと考えながら化学兵器をテロリストに渡すのと似てるwwww

409 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:21:45.52 ID:fiMGsQZG0
コラムとして分離している神話を事実と思ってしまうバカなら
どんな教科書使っても同じだと思う
気にしなくてよい

410 :砕氷船理論 Icebreaker: Who Started the Second World War?:2011/07/30(土) 14:23:01.48 ID:JgRTULX/0
砕氷船理論 Icebreaker theory
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%95%E6%B0%B7%E8%88%B9%E7%90%86%E8%AB%96
http://en.wikipedia.org/wiki/Icebreaker_(Suvorov)

『砕氷船 ? 誰が第二次世界大戦を始めたか?』ヴィクトル・スヴォーロフ (Viktor Suvorov)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%95%E6%B0%B7%E8%88%B9_(%E3%82%B9%E3%83%B4%E3%82%A9%E3%83%AD%E3%83%95)
Icebreaker: Who Started the Second World War?
http://www.amazon.co.jp/Icebreaker-Who-Started-Second-World/dp/0241126223
 ↓↑
関係をよく考えてみよう
 ↓↑
朝日新聞の中国侵略 山本 武利 (著)
Aggression of the Asahi Shimbun in China
http://www.amazon.co.jp/dp/4163737308
http://www.bunshun.co.jp/cgi-bin/book_db/book_detail.cgi?isbn=9784163737300

進出か、侵略か。朝日新聞社が隠し続ける中国支配への挫折せる野望

中国政府にも中国人民にも日本人にも知られたくない朝日新聞社の「歴史の汚点」。
陸軍、大陸浪人と組んだ中国での朝日新聞の戦争責任を問う

411 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:23:23.01 ID:ZQjIUlD30
おっさんの俺からしたら渡来人のことを帰化人とか言われてもピンとこないな

412 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:25:29.18 ID:01vcBJ+l0
神話を混同しないようにするのが先生だろ
一応神話から繋がってるわけだし、さらっとやればいい

それより韓国ドラマを見て、あれが韓国、韓国の歴史だと勘違いしてる
馬鹿女たちをどうにかしてほしい。
真実を教えてあげたら、うるさい!としか言わねーしwww

413 :朝日新聞の中国侵略 (Aggression of the Asahi Shimbun in China):2011/07/30(土) 14:26:09.83 ID:JgRTULX/0
朝日新聞の中国侵略 山本 武利
Aggression of the Asahi Shimbun in China
http://www.amazon.co.jp/dp/4163737308

戦争を扇動した朝日新聞。
The Asahi Shimbun agitated for war.
元朝日新聞記者の尾崎秀実が、スターリン→コミンテルン・GRU→ゾルゲ
を経由した指令に基づき、日本を敗戦させた後に共産主義独裁体制にする
「敗戦革命」の謀略を推進していたことを思い起こせば、何故日本が戦争に
追い込まれていったかが良く分かるだろう。

赤いメディア、赤い政治家、赤い軍人、赤い官僚・・・
それらが結託して「大東亜戦争」は開始されたのだ。

そして同じ脅威は今、当に、民主党政権という形で再現されてしまったのである。

『民主党政権に浸透した左翼(過激派)の現状と系譜一覧図表』
↓このデータ凄いですよ 是非読んでください。友達にも配ろう。
http://bbs6.fc2.com//bbs/img/_450400/450312/full/450312_1306151944.jpg

414 :共産主義革命の為に日本を戦争へ引きずり込んだ左翼:2011/07/30(土) 14:28:42.14 ID:JgRTULX/0
■共産主義革命の為に日本を戦争へ引きずり込んだ左翼メディア・スパイ活動
The left wing media espionage that dragged Japan into war for a communism revolution

ソ連・スターリン → コミンテルン(各国の共産党) → ゾルゲ・朝日新聞・尾崎秀實 → 敗戦革命
The Soviet Union, Stalin → Comintern (the Communist Party of each country)
→ Sorge, the Asahi Shimbun, Ozaki Hotsumi → defeat revolution

共産主義シンパの近衛文麿首相のブレーンとなり、日本を戦争へ導く工作を行った。
彼のねらいは、日本を共産主義国にすべく、レーニンの言う「敗戦革命」を起こすことにあった。
現在、朝日新聞社は社会主義国家建設にむけて、今度は中国共産党と手を組み、工作を続けている。

大東亜戦争とスターリンの謀略―戦争と共産主義   三田村 武夫【著】
http://www.amazon.co.jp/dp/4915237028
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4915237028.html
第3篇 日華事変を太平洋戦争に追込み、日本を敗戦自滅に導いた共産主義者の秘密謀略活動について
参考:近衛上奏文(朝日新聞らが作った”空気”が戦争へ誘導した)
The Asahi Shimbun drove Japan into the war.

415 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:28:42.31 ID:vNm0ru4P0
 横浜市に、意見を送っちゃえばいいんじゃない?
 名前を入れなくてもメールアドレスを送れば、返事来るみたいだよ。
 さらに、意見だけも言えるみたいだよ。
 http://www.city.yokohama.lg.jp/shimin/kochosodan/kocho/teian/

416 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:31:01.33 ID:DvTxc/vjP
>>403
別に不思議ではあるまい。近世でも、

[神話]金日成は抗日の英雄ニダ!→[現実]ソ連の情報将校でした
[神話]共産党は日帝を撃破した英雄アル!→[現実]ソ連配下のゲリラ部隊でした。

こんな具合だし。

417 :日本を「敗戦革命」しようとした尾崎秀実(左翼、朝日新聞記者):2011/07/30(土) 14:32:10.31 ID:JgRTULX/0
革命的祖国敗北主義 (敗戦革命) defeat revolution
Letting the mother country defeat for a communism revolution
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%A9%E5%91%BD%E7%9A%84%E7%A5%96%E5%9B%BD%E6%95%97%E5%8C%97%E4%B8%BB%E7%BE%A9

共産主義の政治思想の一つ。革命的敗戦主義ともいう。
パリ・コミューン、ドイツ革命、ロシア革命の例に見られるように、「祖国の敗戦」という
国難が革命勃発のきっかけとなっている。
(ゾルゲ、尾崎秀実らは上記の敗戦革命を日本に対して実行し、ソ連の防衛に成功した)
 ↓
『愛情はふる星のごとく』 尾崎秀実 ←反日左翼の英雄w
http://www.amazon.co.jp/dp/4006030762

尾崎秀実について 松本慎一 p.412
「私は彼が敗戦主義者であったことを言わなければならない」
「日本の敗北−それが彼の目標であり、結論であった」
「彼は日本の対ソ戦開始を防止するのに全力を尽くした」
The aim of Ozaki Hotsumi who was a Russian spy was to let Japan defeat for a communism revolution.

418 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:35:58.07 ID:zeCOvh8J0

今の天皇陛下だって昔は数ある中の地方の一豪族でしかなかったわけで。
検証しようがないだけで、権力者にとって都合の良い歴史や宗教を作り出してきただけじゃん。


419 :戦前の日本は共産主義に乗っ取られていた−そして今・・・:2011/07/30(土) 14:36:11.90 ID:JgRTULX/0
近衛上奏文 近衛文麿、共産主義者、革新官僚・革新軍人らの敗戦革命
http://www.youtube.com/watch?v=73T4WDDkWfE
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7196539

近衛上奏文(このえじょうそうぶん)とは、太平洋戦争末期の1945年(昭和20年)2月14日に、
近衛文麿が昭和天皇に対して出した上奏文である。近衛は昭和天皇に対して、「敗戦は遺
憾ながら最早必至なりと存候」で始まる「近衛上奏文」を奏上し、英米の世論は天皇制廃止
にまでは至っていないとの情勢判断の下、いわゆる「国体護持」には敗戦それ自体よりも敗
戦の混乱に伴う共産革命を恐れるべきであるとの問題意識を示した。「大東亜戦争」(太平
洋戦争)は日本の革新を目的とする軍の一味の計画によるものであること、一味の目的は
共産革命とは断言できないが、共産革命を目的とした官僚や民間有志がこれを支援してい
ること、「一億玉砕」はレーニンの「敗戦革命論」のための詞であること[、米英撃滅の論が出
てきている反面、一部の陸軍将校にはソ連軍や中国共産党と手を組むことを考えるものもで
てきていること、近衛は陸軍内に共産主義者が存在し、敗戦を利用して共産革命を行おうとし
ている旨を述べた。

近衛文麿は共産主義者だった
http://www.youtube.com/watch?v=00Op9Ba15OE
http://www.nicovideo.jp/watch/sm6735330

近衛文麿(1891-1945)は第34,38,39代内閣総理大臣。
大東亜戦争への突入の最も重要な時期の総理の一人。
マルクス経済学、社会主義に傾倒し、周囲のブレーン・トラストにはゾルゲ・グループの一人、
尾崎秀実を始め、昭和研究会、朝飯会、企画-院グループなど、社会主義者、共産主義者が
群れ集っていた。
戦前の日本は、実は密かに共産主義に乗っ取られていたのである。
これが日本の悲劇の根源だった。

420 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:37:40.41 ID:Koni6eT90
>>418
因幡の白ウサギの話とかも権力者の歴史か?
古事記に関しては民話とか出雲の話とかも混じってるし、
そんな単純なもんじゃないと思うぜ

421 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:38:16.59 ID:h+QrfV0JO
>>415
横浜市に文句はないねえ。
共産党がこの教科書の反対署名を10万も集めたそうなので、くじけないでほしい。

422 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:38:40.44 ID:Fou/8BN50
>>2
それこそ、検定通っとるが、そこは無視?

423 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:39:06.79 ID:y740BGm6O
子ども向け学習漫画にペクチェだシルラだと書いてる方がやばくね?

424 :東アジア人という概念は“日本人絶滅”を包蔵している:2011/07/30(土) 14:40:47.46 ID:JgRTULX/0
反日左翼思想の成れの果て The ruin of the anti-Japan (left wing) thought

日本共産党・朝鮮総連 共闘 → 暴力革命路線 → 暴動・テロを頻発
├→日本共産党はその後、表面上は暴力革命路線を封印
共産主義者同盟(通称ブント)暴力革命路線維持
└→赤軍派(最過激派)
   ├→連合赤軍(リンチ殺人事件、あさま山荘事件)
   └→日本赤軍(国際テロ事件)→東アジア反日武装戦線(対日爆弾テロ)

中国共産党 大虐殺の歴史 そして日本侵略へ
http://www.youtube.com/watch?v=gLmYqvaqVm4
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7135711

北朝鮮の核とキューバ危機 中国とロシアの欺瞞
http://www.youtube.com/watch?v=6_8FtX8en4c
http://www.nicovideo.jp/watch/sm7210077

亡国の「東アジア共同体」―中国のアジア覇権を許してよいのか 中川 八洋 (著)
"East Asia Community" will destroy Japan. We must prevent Chinese Asian hegemony.
http://www.amazon.co.jp/dp/4590012235
序 「アジア主義」からの脱却 − 日本生存の条件

アジア主義 × 共産主義 = 大東亜共栄圏
└→「戦前のアジア主義→大東亜共栄圏」 ソ連の操人形的に形成 p.21
     ↓ 反米、国境破壊(国家溶融)を継承
「平成のアジア主義→東アジア共同体」 中国共産党の工作で流布(大中華思想)
  推進論者の企図:日中露三国同盟、支那への隷属、日米同盟解体

※東アジア人という概念は“日本人絶滅”を包蔵している
"The east Asian" includes a meaning of "the Japanese extinction".
※「東アジア共同体」は「大中華共栄圏」だ!
"East Asia community" means "Greater China".

425 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:41:20.37 ID:cle9o3QNP
>>423
学習漫画どころか、中学の普通の教科書がそんな感じだった。
韓国地名には韓国語読みのルビがある。
なんだか怖くなった。

426 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:42:22.18 ID:WO8LDSxh0
>>419
その残党がはいりこんだ
戦後の自民党政権は地球上唯一の成功した
共産主義社会を日本に実現させたけど。


427 :広島世羅高校校長を自殺に追い込んだ「反日左翼」教師たち:2011/07/30(土) 14:44:14.17 ID:JgRTULX/0
広島世羅高校校長を自殺に追い込んだ「反日左翼」教師たち
"Anti-Japan left-winger" teachers drove the principal of the high school into the suicide
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1155943241/

【産経新聞社説】広島県立世羅高校の校長自殺 教職員組合に改めて猛省求める
http://www.sankei.co.jp/news/060819/morning/editoria.htm

7年前、国旗・国歌問題をめぐり広島県の校長が自殺したケースが、公務災害と認定された。
「校長が学校運営上の課題で苦悩していた」と判断されたためだ。当然の決定である。

この事件は広島県立世羅高校の卒業式の前日に起きた。

同県教委の調査や国会での参考人質疑によれば、

     校長は連日連夜、国歌斉唱の中止を求める日教組傘下の同県高教組や
     部落解放同盟同県連合会などとの交渉に追われていた。

校長がこれらの執拗(しつよう)な抵抗に悩んでいたことは明らかだ。
It is clear that the principal was troubled with the obstinate threat of
"anti-Japan left-winger" teachers.

428 :ポル・ポト派とはルソー教原理主義(共産主義の原型):2011/07/30(土) 14:47:52.04 ID:JgRTULX/0
正統の哲学 異端の思想―「人権」「平等」「民主」の禍毒 中川 八洋
http://www.amazon.co.jp/dp/4198606196

【ポル・ポト派とはルソー教原理主義】
カンボジアのポル・ポト派とは、パリのソルボンヌ大学でルソーを熱烈に学んだ
共産主義者たちで組織化された政党であった。
政治体制の教義(ドグマ)としては、ルソー主義と(このルソー主義から発展した)
マルクス・レーニン主義との間には何らの差異は無く、同一である。 p.90

ルソー哲学の要約
1.「現在の制度は悪」→「現在の人間は悪」 ⇒ 「現在の制度を破壊」→「人間を善へ」
2.破壊の後の「理想の政治体制」の「立法者」に全人民は完全服従しなければならない
3.「立法者」は家族を破壊し、孤児となった人民を「教育(人間改造)」するしかない
→1.は無政府主義、2.3.は全体主義のイデオロギー
   ↓
幸徳秋水は日本の「ルソー教徒第1号」 p.93
レーニン「敗戦革命論」、暴力革命

ルソー 平等主義 →個人の抑圧 →全体主義の温床\
デカルト 理性主義 →知性を過信            −ロシア革命→共産主義の災禍
進歩主義、未来主義信仰(宗教的色彩)         /

429 :スターリンの対日情報工作:2011/07/30(土) 14:53:47.84 ID:JgRTULX/0
スターリンの対日情報工作 クリヴィツキー・ゾルゲ・「エコノミスト」 三宅正樹著
http://www.amazon.co.jp/dp/4582855407

日独防共協定の内容を締結前から完全に把握していたクリヴィツキー、東京を基点に
強大な情報網を築き上げたゾルゲ、そして、1941年6月に始まった独ソ戦以降の日本の
動きについて、核心に迫る情報をモスクワに流していた日本人スパイ「エコノミスト」。
スターリン体制下におけるソ連の対日情報工作の多面的な実相を描く。

日本が対ソ連戦の意図(北進)が無く、南進を企図しているという情報が如何にスターリン
(ソ連最高指導部)に伝えられたか、それが独ソ戦においてソ連の勝利に如何に貢献したか、
が本書の中心命題である。

主要な情報入手経路
├ゾルゲ(HUMINT)─ドイツ大使館や尾崎秀実(近衛文麿側近)から日本の外交・戦略を入手
├トルストイ(SIGINT+暗号解読)─日本外交機密電報(パープル暗号)解読
├クリヴィツキー(HUMINT+暗号解読)─日本外交暗号電文+暗号解読書→日独防共協定把握
└エコノミスト(HUMINT)─「帝国国策遂行要領(1941.9.6)」を先取ってスターリンに伝達

所属・経緯等
ゾルゲはドイツ共産党→ロシア共産党:コミンテルンから1929年にGRU(赤軍参謀本部第四本部へ移籍)
トルストイ(NKVD(後のKGB)の暗号解読部門)
クリヴィツキー(ソ連秘密警察諜報部ハーグ特務機関長)
 └→後にスターリンを裏切り、ソ連の秘密工作活動を暴露するが、1941年ワシントンで不審死
エコノミスト 本書では高毛礼茂(たかもれしげる)説。他には天羽英二説がある。
 └→第三次近衛内閣商工大臣左近司政三の北樺太石油幹部との昼食会(1941.9.2)に同席し、
    その発言内容が「帝国国策遂行要領」を先取ったものであり、これがベリヤ経由でモロトフと
    スターリンに伝達された、としている。

430 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 14:55:37.46 ID:U7trPBOf0
神話より、ねつ造信じる方がヤヴェーー

431 :拉致、米は70年代に把握:2011/07/30(土) 14:56:15.90 ID:JgRTULX/0
拉致、米は70年代に把握 家族会などイノウエ議員と初会談 2011.7.15
http://sankei.jp.msn.com/world/news/110715/kor11071500310000-n1.htm

北朝鮮による日本人拉致事件の「家族会」「救う会」「拉致議連」の合同訪米団
は13日、米国上院のダニエル・イノウエ議員(民主党)と初会談した。イノウエ
議員は米国当局が北朝鮮による日本人拉致事件について事件後まもない
1970年代末ごろから情報をつかんで北側に詰問していたことを明らかにした。

合同訪米団筋によると、オバマ政権に大きな影響力をもつイノウエ議員は会談で
北朝鮮工作員による日本人拉致に長年、関心をもち、解決を願ってきたと表明。
そのうえで上院情報特別委員長だった79年ごろから83年までの時期に同委員
会として北朝鮮を訪問し、北側に日本人拉致問題を提起し、詰問したが、北側は
犯行を否定したと明らかにした。訪米団筋によると、イノウエ議員は米当局側は
独自に北の日本人拉致を知っていたことを明かし、「日本政府も知っていたと思う」
という表現で日本にも通報していた可能性を示唆。「追及する関心がないようなの
で外交儀礼上、そのままにした」とも語った。

日本政府が北朝鮮による日本人拉致の「容疑」を公式に発表したのは97年5月。
横田めぐみさんらが拉致されたのは77年で、イノウエ議員によれば、米国の政府
や議会は北朝鮮の犯行をその数年後には確実に知っていたことになる。

432 :日本共産党の余命期間推定=2014年までか:2011/07/30(土) 14:58:46.79 ID:JgRTULX/0
余命3年か?日本共産党が危ない 2011.06.07
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/9556

「共産党ブーム」など、マスコミが騒いだだけで、実際はなかったのである。

破綻寸前の「赤旗ビジネス」
それどころか、すでに共産党は壊滅的な危機に瀕している。
財政が破綻寸前まで追い詰められているのだ。
第1の原因は党員の高齢化である。日本共産党の党費は年収の1%。
年収500万の党員なら、年間5万円だ。
しかし、定年になり、収入が年金のみとなると、党員の収入激減に比例して
取れる党費も減る。

※日本共産党員は赤旗の公表では40万人だが、党費を納めているのは25万人
=実際の党員は25万人とも言える。

支部数 22,000 の内、20%≒4,400の支部が1ヶ月間会議を開いていない。
→日本共産党組織は下部から崩壊が進み、既に20%が離党しているとも考えられる。

433 :「共産党ブーム」など、マスコミが騒いだだけで、実際はなかった:2011/07/30(土) 15:04:58.79 ID:JgRTULX/0
速報!赤旗日曜版100万部割れ、日刊紙24万部
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mike/suijakun100.htm

赤旗は31年間連続で発行部数が減少している
1980年 355万部
1990年 386万部
2000年 199万部 (日刊紙35万部、日曜版164万部)
2010年 145万部 (日刊紙25万部、日曜版120万部)
  ↓
2011年 124万部 (日刊紙24万部、日曜版100万部)

従来、日刊紙の赤字を日曜版の収益で補填してきたが、
日曜版の激減によりこれも不可能となったため、日刊紙
の500円値上げとなったという。

赤旗500円値上げ…赤字20億、党財政圧迫で
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20110715-OYT1T00882.htm

共産党は党の機関紙「しんぶん赤旗」の購読料を9月から月額500円値
上げし、3400円とする。

赤旗は党収入の柱だが、現在は「年間20億円以上の赤字」(党関係者)と
なり、党財政を圧迫しているため、収支の改善を図るのが狙いだ。同党の
穀田恵二国会対策委員長は「値上げは心苦しいが、赤旗を育てていただく
ことで、(実際の政治で)生活の危機を打開していきたい」と話している。同
時に、党は現在の約24万部から採算がとれる26万部に増やしたいとしてい
る。

434 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 15:22:09.56 ID:rYRjxPag0
おいおい、韓国の教科書をDisっていいのかよw

435 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 15:26:05.34 ID:RmuNc4+70
>>434
ところがこういう輩は中韓とかの教科書の記述は無条件に信じるんだ。

436 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 15:30:25.29 ID:jjXh1pib0
>>1
左翼気取りの売国奴発狂wwww
お前らこそ現実見ろよw

437 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 15:33:02.24 ID:grqUdgeF0
歴史,それは神話。神話と歴史を分けることに意味は無い

438 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 15:43:26.08 ID:Y0ORa6bGP
産経新聞が支持するような教科書だからな
訳の分からないコラムだらけで更正されてるんだろうな

439 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 15:51:03.64 ID:0017UjIt0
神話を神話として教える分には別に問題ないだろ。
おまいらが混同するような教え方するとは思えないんだがw
絶対、これは歴史的事実ではないと言って教えるだろw

440 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 15:51:27.93 ID:fGIZAi470
今も昔もいいところもあれば悪いところもある

だけど、一時期いわれていたような江戸時代は重税が酷く侍は横暴で町民を遊び半分で切り捨てる
そういう時代だったと言うのは間違い

441 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 15:57:21.99 ID:R8294cg70
重税で苦しんだってのは感想であり歴史とは言わないだろ
しかも地域によってばらばらなのに日本中が苦しんでたという方がおかしい

442 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 15:58:12.29 ID:NrnPlZce0
神話があれば、
「はい皆さん、このページは神話です」
で済むじゃん
何を戸惑ってんだか
つまり教師の質が低くて困ってるって話か

443 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:01:25.73 ID:fGIZAi470
>>442
むしろ教師なら、

これは神話だけど神話とは事実に沿った話をしている場合もあります
今日はこの神話を見てどういう部分が事実に沿いそうなところなのか皆さんで考えて見ましょう

ぐらい言えばいいのにな

444 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:03:42.51 ID:v0lIiOkK0
歴史の教科書に事実が掲載されているかどうかは問題ではない。
高校受験に耐えられる内容かどうかが問題となっている。


445 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:04:43.05 ID:k7gjU+o/0
ちなみに飢饉の苦しみの半分以上は飢餓輸出による経済の失敗。
この先生、飢饉を経済的に説明なんか出来ないんだろうなぁw

446 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:06:31.86 ID:0017UjIt0
>>440
江戸初期は水戸黄門さんですら侍のメンツのために町人殺したりしてるし、
五割の税金ってのは低所得農民にしてみれば重税だろう。
だが現代の日本人も所得税のはか、健康保険料とか年金とかNHK料金とか合わせると
やっぱ五割くらい持って行かれてるのかなw
でも辻斬りが悪役とされる時代劇が一般的だから、遊び半分に町人を切り捨てる時代
なんて認識もないんじゃね?

447 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:18:06.65 ID:/mXlUbYSO
左翼による神話と史実の違いなんて自分にとって都合の良い話か否かの違いだけだろ

労働者が平等に富を分け与える社会主義・共産主義もいざ実践してみると
一部の支配層だけが富を独占する専制主義に成り下がる
でも決してこういう矛盾を学生や生徒に教えようとはしないんだよね

448 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:18:36.99 ID:RmuNc4+70
>>446
五割って、何十年前の認識だよ。

449 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:20:45.32 ID:k7gjU+o/0
>>446
七公三民と言われる江戸初期より実効税率が三公七民とされる江戸中期〜末期の方が一揆が多かったりする。
七公三民も結局戦国期で荒廃したインフラ整備を再度行うための一時的なものだったしね。

江戸時代暗黒期説は「共産主義が生まれる以前の制度は悪で無ければならない」日教組の考えを反映したものなのさ。

450 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:22:35.28 ID:96NfiwvR0
渡来人は帰化人じゃない。


451 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:25:47.49 ID:he7ACQtK0
比較したいからさ韓国や中国の教科書もみせてよw
みんなびっくりするだろうから
あと日教組作成の教科書もね
一般人がそれみたら戸惑うとか通り越してゲロ吐くレベルだよw
だからこう言う左巻きの偏向記事出てきたときはちゃんと相手が一番指摘されたらまずいこと言ってあげないと
マスコミは書かないし書けないんだからさw

452 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:29:11.15 ID:WO8LDSxh0
>>446
光圀の生きてた時代(寛永5年-元禄13年)を
江戸初期というか?


453 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:30:20.60 ID:f96rDcXR0
大東亜戦争とかで覚える子どもはかわいそうだなw アジアの解放とか本気で信じ込みそうだw

454 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:30:50.98 ID:ux/cXZdJ0
>>5
まったくその通りです

455 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:33:20.71 ID:WO8LDSxh0
>>453
で、あの戦争を何と呼ぶか。
アジアの広範な地域が戦火に覆われた
(その罪と責を日本のみが負うかどうかは別にして)
ことを忘れないなら
”大東亜”もあり。

456 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:35:00.11 ID:5mzcDZ590
ネトウヨの歪んだ歴史認識はどうにかならないの?

457 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:35:03.79 ID:XApRFvsi0
サヨアカ教師チェッカーキタコレ

458 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:36:03.67 ID:RmuNc4+70
>>453
インドネシア人はそう思っているようだな。
あとベトナム軍を教育したのは誰かとかね。

459 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:36:42.86 ID:WO8LDSxh0
まあ あの戦争を何と呼ぶか
から議論させれば
本当に”考える教育”になるだろう。

大東亜戦争
太平洋戦争
アジア太平洋戦争
十五年戦争
第二次世界大戦の一部
昭和の大戦役

460 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:36:51.48 ID:RmuNc4+70
>>456
お前のその具体的に何が歪んでるのか全く説明できないレスはどうにかならないの?

461 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:37:01.67 ID:f96rDcXR0
>>455
それはごまかしだよ。ネトウヨが「大東亜戦争」の呼称にこだわるのは、それに戦争正当化の意味が含まれるから

462 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:37:07.67 ID:8lcPi1sT0
神話を現実と勘違いするなんて
偏向自虐を教え込まれるより、数倍マシ。
以上。

463 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:37:09.40 ID:0VUeofbf0
大東亜とか、ギャグだよな?
「当時の政府はそう呼称したが敗戦でGHQによって太平洋戦争という呼称にかわり
そのまま一般化した」
…と史実を教えるだけでいい
少なくとも教科書では一般に使われる名称を扱うべき

464 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:40:02.85 ID:Sfj0QXcG0
<丶`Д´>に言ってやれよ同じ事をw

465 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:40:09.68 ID:Koni6eT90
>>463
大東亜戦争で教えるわけないだろ
つくる会の教科書は太平洋戦争(大東亜戦争)の併記だよ

466 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:41:29.08 ID:6g2vJ64E0
>>446
江戸時代って貴君が思ってるよりずっと穏やかで実は飢饉も少なくて
いわゆる下級市民でも「半日労働」すれば普通に飯が食えたw
午前中はやく労働して午後2時ごろに終わって、「風呂屋」に行って、茶など飲んで
風呂入って帰ってた。それを見てイギリス人が「日本人の清潔さはどうだ
車夫馬丁に至るまでほぼ毎日入浴する!イギリスでは女王陛下でも毎日入浴しないのに」
って驚嘆してた。そのぐらい進んでた。食えないなら風呂屋なんか江戸にできない。
地方も天領なら年貢も軽く、普通のランクのお百姓が「能」を踊ってたりしてる。
(例)佐渡の能舞台。これはお上が作ったのではなくて、お百姓が自分らの楽しみのために
自分らで舞台を作って運営してた。暇があれば練習していたという記録が残ってる。
食えないなら、踊っている場合でない。

467 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:43:12.01 ID:hKKXeRoP0
横浜の教師はチョンだらけかよw

468 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:43:51.24 ID:OKrRxIED0
妄想と現実の区別もつかない連中が殆どだから問題なし

469 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:43:58.29 ID:EeOz7QgM0
日教組のホラ話よりマシ

470 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:44:42.37 ID:Z+BTm8YT0
太平洋戦争って、中国戦線とか入ってないんだろ?

471 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:44:50.54 ID:ZakZ/R/p0
現代人やチョンは損得で考えるから大東亜戦争が理解できないんだ。

負けるの解ってても同胞アジア人のために戦ったんだよな。
これが「ザ・侍スピリッツ」。

左翼売国奴やチョンには一生理解できない。だからファビョッテルんじゃね??

472 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:45:21.14 ID:f96rDcXR0
>>466

備中長尾村(岡山県倉敷市) 寛政12年(1800) 1反未満の農家戸数 62.9%
(新修倉敷市史より)

1反の収量が江戸初期で150kg、その後増えても200kg台 そっから年貢取られて残りは100数十kg
それで家族が1年満足に食っていけるわけない

473 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:45:39.11 ID:Koni6eT90
左翼の言葉狩り

聖徳太子→厩戸皇子 (聖徳太子はいなかったことにしたい)
承久の変→承久の乱 (天皇が反乱を起こしたことにしたい)
五箇条の御誓文→五箇条の誓文 (天皇がしたことに「御」をつけたくない)

474 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:46:11.82 ID:WO8LDSxh0
>>446
光圀公が面子のために
町人を殺した史実のソースは?

475 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:47:33.80 ID:MfzCpX3r0
間違いの例
4) 三十三間堂は宋(今の中国)の文化に影響され---と説明しているが間違い。和様、入母屋造り本瓦葺きの建物。

これはこいつらが指摘してる通りじゃん。
反日教師がなんで日本文化の肩を持ってるの、と思って
こいつらの主張をよくよく読んでみたら
>「宋の文化に影響され」として、南大門と三十三間堂を同列に扱っている
ことが気に食わないんだなw

476 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:47:38.14 ID:RYE9KtW/O
これって教師が教える方が神話?w

477 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:47:47.55 ID:jASYa8BKP
子供だってファンタジーと歴史の区別くらいつくだろ
教師のコメントがレベル低すぎる


478 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:47:52.62 ID:k7gjU+o/0
>>472
そういう農家はつまり兼業農家なのさ。

479 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:48:39.70 ID:uyax/7NN0
なんでこんな間違いだらけの教科書を採用したんだ?
正しい事実よりイデオロギー優先なんて北朝鮮みたいなことすんな。

480 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:49:34.27 ID:f96rDcXR0
>>478
農家の6割が兼業て昭和じゃあるまいしありえないよw

481 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:50:26.49 ID:qMEKPpfW0
誰か時代劇をソースに話をしているやつがいないか?

482 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:51:04.76 ID:Koni6eT90
>>479
あっさり報道を信じるなよ…
北朝鮮じゃあるまいし

483 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:52:34.97 ID:ZakZ/R/p0
下チョンは北チョンとの過去の戦争では、開戦3日目で我先に逃げたんだってな?

日本人は侍精神で、ボロクソ破壊されても戦った。アジア開放のためにな!!!
糞チョンは最近のアンケートでも北が攻めてきたら逃げるってのが7割だってさ!

恥を知れ!!!

484 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:55:13.23 ID:0017UjIt0
>>474
逆説の日本史だな。

>>446だが、なんかやけにレスもらってるけど、全然的はずれなレスばっかだな?
そりゃ地域や時代によって税率変わってるけどさ、ゴコウゴミンなんて一般的な事項だろ。
ひとからげに五割って言って悪いかな?しかも現代と大して変わんねえじゃんって
言ってるんだが?
なんかおまいら、江戸時代は実はすごいんだぜっていうアホな本に毒されてないかい?
豊臣派な俺としては江戸時代は貶したいってのが正直なところだが、
それでも江戸には水道があったりとか実はすごいんだぜ的なことは知ってるよ。
さらに、暗黒な時代って認識でもないだろって言ってるんだがな?
そりゃ倒幕した薩長が主流の明治政府は暗黒蒙昧な時代にしたかっただろうけどよ。

485 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:55:50.65 ID:Aejs1aEaP
>>8
現実とゲームの境界がなくなっても問題ない奴にはないだろ。

486 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:56:19.32 ID:WO8LDSxh0
>>470
日中戦を一緒まとめるなら
アジア太平洋戦争という言い方もひろまってきてる
これをつかう教科書もある

487 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:57:22.01 ID:Koni6eT90
薩長史観ってGHQとやってる事は一緒だからな
何の根拠もなく封建制だったから江戸時代は暗黒時代だったってことにしてるし

488 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:57:53.92 ID:DlSbCRMiP
>>12
日本の教科書は左巻きが一生懸命添削した集大成だろうに。


489 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 16:58:29.41 ID:f96rDcXR0
備中長尾村(岡山県倉敷市) 1反未満の農家戸数 (新修倉敷市史より)
1695年 26.6%
1800年 62.9%

「平和で安定した」時代に、百姓がどんどん落ちぶれて苦しくなっていくのがよくわかるね。

490 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:00:03.86 ID:0VUeofbf0
>>471
>負けるの解ってても同胞アジア人のために戦ったんだよな

おい嘘ついてんじゃねえよ

会議でも勝てます勝てますと連呼したし、そのために海軍なんざ
石油の備蓄を今の東電よろしく捏造までしてただろ
実際に負けだしても勝ってますと大本営してたし
そもそも最初からソ連に仲介してもらう(笑)予定だっただろうが

491 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:01:10.40 ID:RmuNc4+70
>>484
五公五民は一般的でも何でもないぜ。
それは古い一部の出来事の話だ。
もし五公五民が一般的だったら、当時の米の五割を、農民以外の全国の15%程度の人間が食べていたことになる。
江戸の人口は3000万人で米の収穫量は3000万石だったからあり得ない。
少しは勉強しろよ。

492 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:01:14.61 ID:Ms25LAvsO
そもそも鎌倉幕府は1190年にはもうあったのに、いまだに直してないしな
教科書がまちがいだらけなんは戦後の朝鮮絡みの最低部分を教えないためだろ
朝鮮進駐軍とか秘密病院とか警察襲撃とか

493 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:02:13.28 ID:RmuNc4+70
>>489
所有していた土地と耕作していた土地をごっちゃにして楽しいか?

494 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:02:15.68 ID:Z+BTm8YT0
>>486
大東亜戦争って全部込みだろ?

495 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:02:26.39 ID:Koni6eT90
>>490
ビルマ独立のために戦った南機関とか見ると、
下の人間は本気でアジア解放のために戦ったが、大本営はそうじゃなかったってところだろうな

496 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:02:47.69 ID:6g2vJ64E0
>>472
今の時代で考えれば、家族(何人か分からんが)が一年で、
米100キロ程度では暮らして行けんだろうけどね。税がかからない、粟などの
雑穀を作るとか、いろいろ抜け道やらお目こぼしが現代と同じであったんだなぁ。
山の入会地で取れた、たけのこ、きのこ、果物なんかは、みんなで分けて税は免除とか。
特に天領ではイメージと逆で普通の藩より年貢が安くなってるのが事実。
悪代官ばっかりと感じるのは水戸黄門の影響で史実ではない。



497 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:03:18.43 ID:DlSbCRMiP
そういやぁ、何かのスレで江戸時代の農民は伊勢参りにレジャー感覚で行ってたって言ってた奴がいたなぁ。
オレなんかは江戸時代の農民は年貢やらの税で生かさず殺さずの生活を強いられてたって教わってたもんだから
そいつの言うことにはかなり違和感があったわ。
士農工商の身分制度をそのまま鵜呑みにしてたし・・・やっぱゆとりってそうやって教えられてるのかな?

498 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:04:39.96 ID:0017UjIt0
>>471
おいおいwどんだけお人好しなんだよ、日本人はよw
あんな破滅的な戦争しなくても済んだものを、まんまとアホ軍人が
挑発に乗せられて戦争しまくったせいで侵略国家のレッテル貼られて、
制裁戦争受けるハメになったんだろが。
半島から満州にかけて日本の支配領域を保つことこそ当時やるべきことだったと思うけどな。


499 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:05:03.63 ID:Koni6eT90
>>492
鎌倉幕府1192年否定説って、
源頼朝が征夷大将軍を天皇からもらうという朝廷の権威を背景に成立した政権であることを否定したいがための
左翼の理屈でしょ?

500 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:05:53.87 ID:WwlCkumI0
いわゆる貧農史観ってヤシか。

あれは近代化(富国強兵、工業化、民族資本育成など)の為に国民に随分無理させた明治政府が、
「江戸時代は酷かった!明治政府はマシなんだぞ!」っつう明治政府の思惑と、
左傾の階級史観の「封建時代は酷かった!」っつうのが利害一致しちゃって、相乗効果で行き過ぎてた部分あるしな。

501 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:06:03.40 ID:WO8LDSxh0
>>497
どこまでを農民というかにもよるが

大庄屋クラスと水呑小作では暮らしふりは違うわな。

502 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:08:07.90 ID:0017UjIt0
>>491
江戸の人口が3000万だと?今の東京より多いってのか?それはさすがにないわw
江戸時代の日本の人口ってことか?
米以外のもんを食う農民と米を食う都市生活者ってことで、別に不思議な話でもないだろ。
おまいこそ勉強しろやw

503 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:08:49.75 ID:uyax/7NN0
農民がお代官様にいじめられてたのは不動の事実だろ。
だいたい平和で豊かならなんで死罪覚悟の一揆が頻発するんだよw
寝言は寝て言えや。

504 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:10:47.20 ID:qMEKPpfW0
ああやっぱり時代劇見すぎのアホが湧いてたんだ

505 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:11:18.05 ID:RmuNc4+70
>>502
お前基本的なこと分かってないだろw
1石の米ってどれくらいの量で、どのくらいの人間で食べられるか分かってるか?
こういう釣りに簡単に引っかかるとは、やはり勉強が足りない奴は情けないw

506 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:11:28.48 ID:CYbu8bYw0
そういや、海外の歴史学者が、自分がもし中世に生まれていたとしたら
「貴族ならヨーロッパに、平民なら日本に生まれたい」と言っていたな。
 

507 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:11:43.87 ID:+c3o8zWi0
>江戸時代は「平和と安定」の時代とされ

これは正解

>重い年貢に苦しむ農民たちの実態がほとんど描かれない

江戸時代の制度を教えるのが日本史


508 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:11:49.57 ID:OpOxpjaz0
>>1
そう思うならそうならないように教えてやったらどうよ?

509 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:11:52.07 ID:0017UjIt0
>>499
実態としての鎌倉幕府ってもんの成立をどこに置くかって話なんだろうけど、
そこはやっぱりその後の幕府政治のあり方から考えて、征夷大将軍に任ぜられた
ことを以て幕府成立としていいと思うんだけどなぁ。
そりゃ実態としての幕府機構はそれ以前にあっただろうけどさ。1185だっけか。

510 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:12:07.71 ID:Koni6eT90
>>472

つーか、当時の農民で白米食ってた奴なんてほとんどいないぞ
白米は高級品で、金に換えて安い雑穀を買って食ってた
だから、米の生産量が少ないのは当たり前


511 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:12:46.02 ID:SwXJLXHD0
>>2
>間違いの例

なんか、予想とぜんぜん違うのが笑えるw
グンクツとか戦争美化とか期待してたのにな。

さんざん調べ上げた挙句がコレかよww


512 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:12:46.44 ID:ZakZ/R/p0
現代人やチョンは損得で考えるから大東亜戦争が理解できないんだ。

負けるの解ってても同胞アジア人のために戦ったんだよな。
これが「ザ・侍スピリッツ」。

左翼売国奴やチョンには一生理解できない。だからファビョッテルんじゃね??

まあ現代人のオレは負け戦はやらんがね。
ただ、お国のため己が命を捧げた先人達を侮辱するな!!!!

安倍ちゃんが許さないぞ!!

513 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:13:43.49 ID:5jORlRsk0
神話すらまともに教えられない奴が教師を名乗ってるのか・・・日本オワタ

514 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:14:23.92 ID:RmuNc4+70
>>510
白米が何をさすのかで議論の余地があるが、大部分の農民は米食ってました。
文献研究の進展でその辺がよく分かってきたんだ。
雑穀を食べてた方が例外だよ。

515 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:14:53.61 ID:0017UjIt0
>>505
それこそ逆説の日本史で解説されてたから知ってるよw
1石で一人の人間が一年暮らせるんだろが。
だがな、貧農がいるのも事実だし、そんなのが食えないかわりに、たらふく食う奴だって
いるんだよw
平均値を出されたら、それが全ての人に適用されてる事実だとでも錯覚するタイプなのかね?

516 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:15:59.74 ID:ukpQcvNaO
【歴史】耶馬台国は静岡にあった?登呂遺跡から「卑弥呼」と彫られた金印が出土★13

http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bread/1310871655/

517 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:17:32.69 ID:Koni6eT90
>>514
そうなの?
1800年代の岡山の農民の話で、白米食って育ったのは裕福なとこで育ったボンボンだみたいなこと言ってる話を読んだことがあるので
ずっと信じてたんだけど

518 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:17:45.51 ID:Uo82erUTP
>>471
>負けるの解ってても同胞アジア人のために戦ったんだよな

日本は、
同じ有色人種の中国を権益狩りにし、現地勢力と闘ってたが。
中国(清)の抵抗を、西欧側に立って押さえつけたが。
建前は独立させた満州国も、実質は日本支配下で日本人優遇だが。
人種差別国のナチスドイツと組んでたが。
有色人種の国を侵略したイタリアと組んでたが。
仏印地域に関し、フランス政権(ヴィシー)の支配を認めてたが。
東南アジアの重要地帯は帝国領方針、と御前会議で決めてたが。


その場で都合良さそうな大義名分を付けるのは簡単。
しかし国の行動原理は、国益を求める以外に存在しないので、
単純な善悪論を主張しても、矛盾でまくり。



519 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:17:54.06 ID:IX4e+2KRO
>>498
日本の権益に対する中国のテロ

満州事変等

支那事変 (米英は中国を支援)

ABCD包囲網

日米戦争


520 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:18:13.46 ID:RmuNc4+70
>>515
それで?当時の農民以外の階級の比率は15%程度だが、その人間がどうやって当時の収穫の50%を食べるんだ?
俺のいってるのは五公五民なんていうのはほとんどあり得ないということだが、それをどうやって否定するんだ?
四公六民についてはある研究でその実態が明らかになってるが、その研究は知ってる?

521 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:18:46.97 ID:gPn3aDZM0
>>2
>子どもの立場にたった教育委員に替えて!!

教育者が子供の立場に立ってどうするw
子供が子供教えるのか?大人が大人に導くようにしろよ

522 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:19:26.22 ID:RmuNc4+70
>>517
そういう話って、けっこういろいろな話が混じってるから気をつけた方がいいな。
よくあるパターンは、戦中の貧しい頃を混同するとか。

523 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:19:28.37 ID:mgIsFtbP0
戸惑う? おいおい歴史なんてどうでもいいから、ワイセツ教師の増加を
嘆けよ、現実を直視しろよな。

524 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:21:48.11 ID:5V9+M/Oy0
>521
だよなw

525 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:22:39.50 ID:IzQM7pqQP
生徒を性欲対象と勘違いしてるのよりマシ

526 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:24:11.93 ID:f96rDcXR0
>>517
農民にも格差があって、白米を食べられた人もいたというだけだよ。

527 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:25:54.31 ID:Koni6eT90
>>522
うーん、明治初期に書かれた農民の自伝だから、記憶違いがあるはずはないと思うんだがな…

528 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:26:37.87 ID:IX4e+2KRO
>>518
大日本帝国の方針は、「人種差別撤廃」だったんですけど。

日本は、国際連盟に人種差別撤廃を提案しているし、
ナチスに迫害されたユダヤ人を保護している。


529 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:27:44.57 ID:TfZHPqcR0
>>442
受験どうすんだよw
そこだけ無駄な時間すごして
そんするのは生徒だぞw

530 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:28:19.47 ID:OwPFdCRsO
結論から言うと混同する。
それは哀れに現実から逃げ惑う韓国人の歴史観から明らかだ
おそらく将来的に変な捏造を信じる悲惨な子供達が育つだろう
でも、だから何?
教師の皆さんは韓国人が歴史を歪曲する生きる価値がない人間だとでも言いたいの?


531 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:28:49.39 ID:Cj6XtsLJ0
ちなみに渡来人は儒教的序列によって日本を見下した表現ね。
「帰化とは劣った国の者が優れた国に帰属することだから遅れた倭人に先進国の百済人がなるはずがい、だから渡来と言うべき」これが左翼学者の言い分。

帰化人で正しいんだよ!

532 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:30:30.85 ID:TfZHPqcR0
>>522
農民は生かさぬように
殺さぬように
って言葉が根拠なんじゃないの?

533 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:30:35.26 ID:gSgvzooa0
もう、世界各国の教科書と自由社のを照らし合わせて日本に関する記述がどれだけ違うか検証してくれ。
特亜と自由社、どちらが神話かを。

534 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:31:56.95 ID:Uo82erUTP
>>528
>大日本帝国の方針は、「人種差別撤廃」だったんですけど。

日本はアジア人だから、白人主流の中で人種差別反対を表明するけど、
日本が成功モデルとした満州国は、当人の石原が憤る程の日本人優遇体制。
まあ西欧よりは現地に同胞意識を持って接したが。

大義名分は、自由平等の為、解放の為、理想社会の為、とか皆きれい。
行動原理は権益の保持拡大であり、大義名分は二の次。
有色人とも戦うし、白人とも組む。



535 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:31:58.36 ID:4J/AU7YI0
たいていの神話って歴史的事実を基に語られるのにな

536 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:33:27.75 ID:WO8LDSxh0
>>531
その言い分を認めたところで
日本建国に寄与のあった百済人と現在の半島にすむ人々は
血脈つながってないからいんだけどな。

537 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:33:57.61 ID:4Xmd6M4CO
大東亜戦争を太平洋戦争と改竄して教えるよう命令したのはGHQ。
だから当然今は「大東亜戦争」と教えるのが正しい。

元々「帰化人」と言ってたのを「渡来人」と改竄したのは左翼学者ら。
だから「帰化人」と教えるのが当然正しい。

何も問題はない。


538 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:34:37.12 ID:XICPJdWZ0
>>514
少なくとも昭和初期に叔母は「嫁入りして米の御飯を食べられると喜んでいたら、
義母に御飯は芋を食べた後口直しに食べるものだ」と怒られたって言っていた。
長野県の生活を見ると摂取エネルギーの半分は木の実だったというデータも見た事有るぞ。

539 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:34:48.41 ID:qMEKPpfW0
>>517
江戸に脚気が流行ったのは、白米を食べる習慣が農民らの間にもあったから

540 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:35:21.91 ID:Koni6eT90
>>535
学習院で政治思想史を教えていた坂本多加雄先生は、
「記紀神話は各豪族の神話を統合したものだ」と言ってた
普通に考えて、豪族無視して完全に神話を捏造したら反乱起きまくるだろw

541 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:36:32.57 ID:0017UjIt0
>>520
それこそ鎌倉幕府と同じだよ。
五公五民っていう名目はあるんだよ。
実際の収税率がどうだったかって問題はあるけどな。
それをそうした名目に目くじら立てて攻撃するのは、どうなんだろうと思うね。
聖徳太子と呼ばれた伝説的人物は実在しないかもしれないが、そのモデルになった
人はいて、長年聖徳太子と呼ばれてきたんだから、聖徳太子でいいんだよ。
征夷大将軍に任ぜられた時をもって幕府成立としていいのと同様。

542 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:37:18.86 ID:RmuNc4+70
>>532
生きて虜囚の辱めをうけずっていう言葉の意味分かる?
けっこう誤解が多いから。

543 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:37:37.71 ID:jfu+EmQb0
>>538
その叔母は,嫁入りする前は何を食べていたの?

544 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:37:40.12 ID:IX4e+2KRO
>>531
古代:日本の支配下(任那等)

中世:中国の属国

近代:日本に併合される

朝鮮は、常に序列の最下層


545 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:38:05.01 ID:f96rDcXR0
>>539
江戸にはやったというのは地方にはやらなかったということ

546 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:38:08.78 ID:h4JE8xZvO
まあこうした混乱ははじめだけで自由社と育鵬社の歴史鑑が教育のスタンダードになれば一部の基地外除いて誰もなにも言わなくなるだろ。

547 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:38:16.04 ID:KI1xf2By0
>>1
てか日本神話なんて授業で一切おそわってないよ

548 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:40:43.04 ID:iORIAo63O
今、教科書では孫文はスンウェンじゃないと索引で引けないらしいwwwww。国会で自民党議員が追求していた。ここは日本なんだから日本語読みも、のこしとけよ。

549 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:41:08.95 ID:XICPJdWZ0
>>543
ヤラブケ(ソテツの幹を毒抜きのために醗酵させたものの粥)と芋に決まっているでしょ。

550 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:41:32.67 ID:N9hlaiOY0
視野が狭すぎる

神話に繋がる歴史があるだけなのに

551 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:41:34.27 ID:WO8LDSxh0
>>548
蒋介石とか毛沢東とかも?

552 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:42:02.70 ID:RmuNc4+70
>>541
そんな名目がどこにあるんだよw
だからさあもう少し勉強しなさいって。
お前が>>484で一般的な事項だと主張したから、俺はそうじゃないっていってるだけだが何を言ってるの?
自分のいったことも覚えてないの?
当時の税率は二割程度というのが今の研究での支配的な意見だよ。
聖徳太子の話なんか全然関係ないだろうが。

553 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:42:30.40 ID:RmuNc4+70
>>546
白米と玄米の違いが分かるか?

554 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:42:35.51 ID:0017UjIt0
中国や半島の地名は日本に馴染みのあるものもあるんだから、
そういうのは日本語の読みでいいよ。無理に現地名で呼ばせるなよ。

555 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:43:01.95 ID:EJz4BHWE0
>>江戸時代は「平和と安定」の時代とされ、重い年貢に苦しむ農民たちの実態がほとんど描かれない。

カムイ伝をバイブルにしている連中だろw
マンガとしては面白いが、無批判に事実と混同するとかバカ教師だろ

ちなみに俺は水無月右近が好き

556 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:43:09.09 ID:RmuNc4+70
間違った。

>>545
白米と玄米の違いが分かるか?

557 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:43:55.50 ID:kHXgT2QG0
>>520
士農工商の農がすべて農民と思っている奴がまだいたのか

558 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:44:22.39 ID:jfu+EmQb0
>>549
沖縄の近辺の方ですね。
そういえば,南の島は芋が主食だなあ。

559 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:44:24.08 ID:3Ye21YmcO
中間的な教科書があればよいのだけど

560 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:44:51.84 ID:0017UjIt0
>>552
お前辞書引いてみろよw日本語として五公五民って言葉つまり名目はあるんだ。
その事実を否定してどうなる?
実際の税率を問題にしたいなら、普通に何%とか言えばいい。

561 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:45:34.02 ID:zeCOvh8J0
>>554
馴染みのあるのは日本語読みでいいとしても
馴染みのないものが出てくるとしたら現地名にすると
表記がゴッチャにならないか?

どちらかに統一したほうが理解しやすいだろ

562 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:45:37.34 ID:0VUeofbf0
神話を史実と混同するのなら、それは生徒が余程のバカなのか
教師が神話だと前置きしなかったかのどちらかだ

563 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:45:47.58 ID:ag1LOSQe0
事実と寓話を混同させないために教員が居るんだろうが。
アホ告白も大概にしろ

564 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:46:26.97 ID:IE3haAJ00
神武天皇は天照大神の化身であり、その血は今上天皇まで脈々と受け継がれてきた
これは事実であり、ネトウヨ・及び、右翼の総意

565 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:47:07.94 ID:xfUMnijs0
本当の事実から目をそらしてばかりの連中が何を戯言いってるのやら

566 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:47:13.63 ID:WO8LDSxh0
受験その他で共通の基準となる正解がないと不便かもしれないが
”歴史なんて立場が変われば見方がかわる
だから皆さんは自分の見方を確立しましょう”
と教えて、左右複数の教科書を読ませればいんじゃないの。

567 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:47:58.25 ID:f96rDcXR0
水呑百姓(土地を持たない小作人)の割合

武蔵国多摩郡横山村(八王子市)
 1702(元禄15)      46.4%
 1743(寛保03)      47.3%

河内・摂津・泉(大坂周辺計)  
 1700〜1848計      40.6%

これらの地域では満足に米を食えない農民が半数近くいたということ


568 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:48:55.25 ID:IX4e+2KRO
>>561
コキントウとかオンカホウを現地読みにしたら、
分かりにくいだろ。

569 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:49:09.99 ID:t6+uRKPF0
>>1
1941年昭和16年12月12日の東條内閣の閣議決定に於いて「大東亜戦争」の名称と定義が定められた時点で
大東亜戦争と教えること自体何の問題もないにも関わらず日教組は性質が悪いな

570 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:49:29.94 ID:WO8LDSxh0
広義には
例えば庄内酒田の本間家から水呑小作まで農民だろうから
そらあ 生活振りは全然違うわな、

571 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:49:39.49 ID:S9UtRdZ20
>>561
高校課程でも、地理になると、もう「現地語をカタカナに潰して読む」で統一されているんだぜ?

中国の主要河川には、

1、チャン川 2、ホワン川、3、チュー川、4、ヘイロン川

の4つがあるらしいんだよ。
何を指しているか、分かるかねえ?

572 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:49:46.11 ID:Koni6eT90
朝鮮人も日本語読みにしてほしいね
まああっちは漢字表記を廃止しちゃったからしょうがないのかもしれないが

573 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:50:46.36 ID:zeCOvh8J0
>>566
とーぜん、
お受験する学校が出題する試験問題の教科書を選びます。


574 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:51:09.37 ID:0VUeofbf0
>「欧州の市民革命や産業革命の項目でも、民衆の状況の説明が非常に少ない」と話す。


高校世界史ならともかく、中学生相手にそこまで踏み込んで教える余裕あるのか?w
「市民革命や産業革命って何?」から教えないといけない状況なのに
それとも俺の知らない間にカリキュラムの大幅変更があって
歴史の授業には主要科目の英数国なみの時間配分がされているのかね?

575 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:51:22.83 ID:wGut6Vnp0
>>557
圧倒的多数が食糧生産従事者であることは事実だろ。

576 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:51:25.69 ID:RmuNc4+70
>>560
つまりお前の>>484のレスは間違っていたんだな。
それならそれでいいよ。

577 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:52:42.30 ID:1nVWtM2e0
マオズドンだっけ?
ウェンチャーパオ?
キンショウジツかキンセイニチかキンショウニチか統一して欲しい。

578 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:53:11.31 ID:0017UjIt0
>>576
いや一般的な事項だろ。そういう名目があったんだからさ。
なんだかんだで負けてもらって実質税率が五〇%にはなってなかったってだけのこと。
別に間違っていない。

579 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:53:47.96 ID:zeCOvh8J0
>>568
それ英語にも言えるじゃん
和製英語という奴。
>>571
すまん、何を指したいのかよくわからん。

580 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:55:11.97 ID:S9UtRdZ20
>>572
あれは、もうあれでいいよww
どうせなら徹底して欲しい。
つうか、なんで「韓国」なんて言うんだ?
漢字を使わず現地読みなんだから、「テハン共和国」だろう。
アフリカの奥地か、旧ソ連領中央アジアの自治共和国みたいだなwww

581 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:55:17.98 ID:oo5/gHW10
今から20年以上前のはなしだが
妹は神道系の私立高校の進学コースに行ってたが
「神武東征」が歴史上のことだと思ってた
どんな教え方してたのかわからないが
自分の妹ながらホントに情けなかった

582 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:56:04.53 ID:JZNovoXCO
左翼の教師は、韓国の歴史教科書の願望を史実にしてるところや、米や中国の史観間違いを上げてから日本を批判すれば良いのに

583 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:56:23.08 ID:Koni6eT90
>>581
そういうのは真実を知ったときに反発で左翼になるから、教える方もしっかりしてほしいな

584 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:57:45.22 ID:SeA78w6F0
杉並区がつくる会の教科書だったけど実習のとき見学してても
特に教科書の通りに偏ってなくて普通に教えてた
話を聞いたらおおっぴらに言えないけど神話とか戦争美化については
従来の教科書通りに教えるということだった
その先生はどちらかといえば右なんだけどいい先生だと思う

585 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:58:43.37 ID:0VUeofbf0
>>569
GHQによって大東亜ではなく太平洋戦争という呼称になり
主権回復後も今日までその点において何の変更も無いというのに関わらず
「最初はそう決めた」というだけの理由で大東亜で教えろとわめく馬鹿ウヨは
本当に性質が悪いよなw

文句あるならブサヨ教師や教科書会社ではなく、政府と主要メディアに言え

586 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:59:06.75 ID:6g2vJ64E0
>>581
神武東征は誇張はあるが、完全な神話ってことでも無いんじゃないかな。

587 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:59:32.34 ID:RmuNc4+70
>>578
全然一般的じゃないんだよ。学問的には否定されてるの。
聖徳太子の事績として、十七条の憲法とか遣隋使があったというのは実際にあった出来事だから、
聖徳太子が実在したかはともかく、その業績については実在のこととして許されるんだわ。
だが五公五民は実際にない出来事だから、名目としても許されないんだよ。
それが学問的な一般認識だが、お前はそれも無視してるからw

588 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:59:40.41 ID:f96rDcXR0
>>569
その呼称は戦争正当化の意味が含まれるからしょうがない

589 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 17:59:53.50 ID:Gz01ZiXm0
代々農家のひいじいさんの話 1900年生まれ1990年死亡うどん県
ひいひいじいさんの頃の話をよくしてた
白米は冠婚葬祭以外食べなかったが 玄米は普通に食べてた
昔は四公六民が課税だから 米は四割納税 ただ他の作物は非課税
野菜は非課税だったから唯一の現金収入源
さとうきびが一番儲かった 新田での収穫は 三代非課税
明治になって 現金納税になり さとうきびをやってて良かったと



590 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:00:13.00 ID:WO8LDSxh0
>>581
ヤマト王権の先祖が東に移動しながら勢力を拡大した
何らかの史実はあるだろ。
奈良盆地内でちょこっと西から東にうつっただけだったり
九州の片隅のなかでちょこっと移動しただけかもしれんが。





591 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:01:30.57 ID:00D/zsW+0
>>299
>>305
インディカ米それだけで売ってくれりゃいいのに
何を考えたか、ブレンド米は日本の米と混ぜてたんだよな。

何でどっちの持ち味も台無しにするような事をするのか、当時から不思議だった。


592 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:01:39.14 ID:k7gjU+o/0
>>560
新井白石の計算で28%。五公五民は名目としてあったかもしれないが、
江戸時代の税率は28%が事実。
公平を期すなら五公五民の名目が合ったが、実効税率は三公七民以下で
あったと記せばいい。

593 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:01:40.49 ID:oo5/gHW10
神武東征とか日本武尊の話とかは日本人の教養として
知っていて欲しいことだけど
歴史とは切り離して欲しいんだよね
もちろん大和朝廷の各地への進出とリンクしているんだけど

594 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:02:30.33 ID:sC/Ay6650
>>588
自国の戦争を正当化するのは当たり前だろうが。どこまで洗脳されてんだボケ。

595 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:02:52.44 ID:xYoT5PsVO
大東亜戦争がダメなら、日清戦争も薩長同盟も満州事変も
ダメだな。

596 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:02:59.21 ID:DKKGEh3l0
歴史の教科書って、山川が鉄板じゃないの?

597 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:03:19.28 ID:P7jqV3z80
こいつら教師自体が、自分の願望と事実の区別もつかず、北朝鮮はこの世の楽園 なんて言ってたけど。何スッとぼけてるのw

598 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:04:01.30 ID:WO8LDSxh0
宗教世界観からの教育への影響ていうなら
アメリカだって進化論否定とかも
まかり通ってるわけで。。。

599 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:04:13.66 ID:RmuNc4+70
>>588
自国の戦争を正当化したことのない国って具体的にどこ?

600 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:04:40.56 ID:f96rDcXR0
>>594
それがインチキ・ウソという事実を教えるのが歴史

601 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:04:49.40 ID:Gz01ZiXm0
>>596 山川は高校生向けしかやってないんじゃないかな

602 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:06:36.30 ID:zeCOvh8J0
>>594
それをやっちゃうとシナやチョンの教科書と同じじゃん

603 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:06:38.65 ID:WO8LDSxh0
>>599
戦後の日本。。

604 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:06:48.79 ID:DKKGEh3l0
>>601
thx、そうだったか
中学生用も作ればいいのにね

605 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:08:09.54 ID:LtmlEFkD0
左翼べったりの教師に義務教育習って
当時は完全に「日本はアジアに国々にひどいことをしたんだなあ」って
信じきっていた俺が来ましたよ

実際、社会に出て自分で知識を吸収するようになって
180度変わった気がします。
「あの頃は逝かれたサヨ教師に囲まれてたんだなあ」って思い出す今日この頃です。

606 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:08:26.69 ID:f96rDcXR0
>>599
その正当化はインチキ・ウソでしたと事実を教えるのが歴史

607 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:08:27.14 ID:k7gjU+o/0
>>567
だから、水呑百姓は単なる兼業農家だってばw
ありえない? じゃあ、ありえないってデータを出してよw
人口が増え、開国人には農民と漁民のレベルが高すぎて驚かれるような国で、
どんどん百姓が貧しくなっていったって? どんなジョークだ。

608 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:08:30.68 ID:5i1LgiaOP
何だ、丑スレか。
まだ死んでなかったんか丑。

609 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:08:41.13 ID:0017UjIt0
>>594
国際社会から制裁戦争受けるような戦争を正当化したら、
侵略国家のレッテルを貼られるからやめるべき。
イラクの現政権が、クエート侵攻を正当化するようなもの。

610 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:09:05.96 ID:WO8LDSxh0
>>602
いつの時代でもどこの国でも
国が認める正史というのは
時の権力者に都合よく書かれるものだから
鵜呑みにせずに自分で真実をつかめ

と教えるのが教育だろ。

611 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:09:31.01 ID:RmuNc4+70
>>606
質問をはぐらかさないで欲しいな。
正当化しなかったのは具体的にどこの国なの?

612 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:10:05.74 ID:WWD9L6x90
304 名前:名無しさん@恐縮です [sage] :2011/07/30(土) 18:07:05.34 ID:JlhJQwnO0
名無しさん@恐縮です:2011/07/29(金) 13:55:25.06 ID:kF26Wa4N0
民潭青年会長が韓国本国で公演した
衝撃の「世界に向けた反日情宣工作活動」の報告会の様子。

世界に向けた  「慰安婦捏造宣伝」  も  「日本海名称抹殺運動」  も  「竹島侵略運動」  も

「日本の歴史教科書抹殺運動」  も  「韓国起源説」も


全部  在日韓国民潭が主導 していました。

ttp://www.youtube.com/watch?v=XQietw__Lp0&feature=related←削除されました。
ttp://www.youtube.com/watch?v=YGsapn6NvEg&feature=related←見れます


民団には破防法の適応を求む。

早急にスパイ防止法制定を求む。


613 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:10:34.46 ID:IX4e+2KRO
>>581
何言ってんだよ。
日本は、神武東征により建国された国だ。
左翼は、2月11日を建国記念の日とすることに、異様なまでに反対したな。

日本の建国の理念は、自己を犠牲にしても、他者を思いやることだ。
「前妻が肴乞はさば、たちそばの実の無けくをこきしえね
後妻が肴乞はさば、いちさかき実の多けくをこきしえね」

前妻とは、大和民族の兵隊、後妻とは被征服民族のことだ。


614 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:10:46.62 ID:k7gjU+o/0
>>609
勝てば官軍、次は勝とうと教えるのが正しい歴史教育って事ですね。

615 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:10:56.19 ID:/CBLFXy70
現代史をもっと教えろ
非効率な政治行政によっていかに重税になっているかをしっかり教えろ
公債で誤魔化しているが
収支均衡化させたら半分以上は持っていかれる状態だ

616 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:11:22.17 ID:0017UjIt0
>>611
ドイツはしてないだろ

617 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:11:22.75 ID:0VUeofbf0
>>594
そーゆーのはお前が妄想歴史本でも書いて勝手にやってくれ

学校の歴史教育というのは一般に解釈されている史実を覚えさせることが第一で
それが正義とか悪とかいうのは個々の生徒が自由に考えたらいいこと

「正当化しろ」とわめくお前は、日帝は悪逆でしたと教えろとわめくブサヨ教師と
その独善的で狂った精神において何ら変わらないと自覚しろ

618 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:13:26.35 ID:RmuNc4+70
>>617
支那の歴史教科書とか読んだことある?
自国が間違っていたってどこに書いてある?

619 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:14:26.45 ID:k7gjU+o/0
>>617
正直、アメリカやオーストラリアの教科書がどうなるか、興味深いところだな、その理論は。

620 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:14:38.21 ID:0017UjIt0
>>614
そういうこと。
国際社会を味方につけて侵略国家を叩く制裁戦争をする側になるべきだし、
現にそうやってる。まあ直接参戦してるわけじゃないけどな。
ちなみに、国際紛争を解決するための手段じゃなく制裁戦争を行う手段としての
武力は憲法上禁じられてない。

621 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:14:40.62 ID:Q3fMn+Kp0
お前等に言われたくない

622 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:15:24.41 ID:f96rDcXR0
>>607
>水呑百姓は単なる兼業農家だってばw
日本の歴史を捏造するネトウヨ

623 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:15:47.26 ID:1nVWtM2e0
>>592
それは天領の場合じゃないか?
薩摩藩なんかは士族の人口が4割もいたから、
とても3公ではやっていけないだろ。

624 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:16:28.04 ID:zeCOvh8J0
>>610
隣国と違って教科書を選べないわけじゃない。
国が認めるも何も日本は左右両方の教科書が複数存在してるじゃない。

625 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:17:09.47 ID:k7gjU+o/0
>>622
世界の歴史を捏造する革命史観の左翼

>>623
あー、薩長は確かに……
といいたいが、あいつらの士族の概念て普通じゃなくね?

626 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:18:48.03 ID:IX4e+2KRO
>>609
日本の戦争目的は、自存自衛であり、クウェートのイラク侵略とは明確に異なる。

第二次大戦時、例えばバチカンは、無神論の共産ソ連よりは、独に好意的であった。
共産主義は、明確な悪であるが、
その共産主義と同盟を組んでいたのは、左翼のFルーズベルトじゃないか。

第二次大戦の結果、、東アジアそして世界中で、共産主義の脅威が拡大した。

627 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:19:18.86 ID:f96rDcXR0
あれ、いつもは事実を淡々と記せとか言ってるネトウヨが、急に正当化は当たり前だとか言い出したよw

628 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:20:15.02 ID:BZxGZ09I0
本当にバカ左翼には反吐が出るわ
( ゚д゚)、ペッ!

629 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:21:17.90 ID:RmuNc4+70
>>627
お前はいつになったら自分への批判を間違っていると正当化するんだ?

630 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:22:10.32 ID:f96rDcXR0
>>626
そんなことない。太平洋戦争で日本は侵略したんだよ。作る会教科書には出てこないだろうが


大東亜政略指導大綱  (1943.5.31.御前会議決定)  
六 其他ノ占領地域ニ対スル方策ヲ左ノ通定ム  
但シ(ロ)(ニ)以外ハ当分発表セス  
(イ)「マライ」、「スマトラ」、「ジャワ」、「ボルネオ」、「セレベス」ハ帝国領土ト決定シ重要資源ノ供給源トシテ極力之ガ開発並ニ民心ノ把握ニ努ム  



631 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:23:45.37 ID:ICdX9piQ0
創造論をガチで信じてる米人
意外と多いんだよな



632 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:24:13.62 ID:0VUeofbf0
>>626
アメリカを牽制するためにソ連と組もうとしたり
アテが外れてもなお仲介相手として期待してた旧日本帝国をディスってんのか?w

633 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:24:15.75 ID:OwPFdCRsO
>>625
郷士はどこも禄だけじゃ家族が食えんのでは?
商家に郷士株を売った土佐藩坂本家や、農業もやってた薩摩藩西郷家は有名だよね


634 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:24:19.62 ID:M2+vy9cE0
しょーもないことに神経質になり過ぎ。
戦後イデオロギーから発生した自虐神話より100万倍まし
何故、世界的世界史的に見て特異な自虐史観を押し付けることを許容出来たのかを省みよ。
頭おかしいのか。

635 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:25:52.18 ID:0017UjIt0
>>626
満州建国しちゃったのは自衛とはいえない。
国際社会から返せって言われてる以上、侵略に該当する。
支那事変でも必要以上に侵攻したのは侵略に当たる。
昔は侵略は別段悪いことじゃなかったんだが、悪いことになった後にやっちゃったのが
マズイんだよ。
経済制裁とか受けてただろ、アレはそうした侵略行為に対するもので、
そんな制裁を食らってたら日本は立ちいかないっていうのは自衛とは言えない。

636 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:26:10.80 ID:kHC8fIuP0
牧師が迷ってちゃダメだろって、思ったら教師かよ。

637 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:27:05.77 ID:WO8LDSxh0
>>635
あの時点で
"悪いこと”
になっていたか?

638 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:27:17.88 ID:msF3ECUQ0
歴史教育なんかは自己陶酔的なほうがいい。
よその国はみんなそうだ。
「日本は素晴らしい、こんないいことをしてきた!」
と教育すればいい。
そして大人になってからいろいろ気付いて
「あぁ悪いこともずいぶんしたんだな。」とわかればいい。
日本の今の教育では逆になってしまってる。

639 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/07/30(土) 18:27:27.81 ID:1Kid5PCq0
「生徒が左翼的解釈と歴史的事実を混同しないだろうか」

教科書関係なしに、日教組がやる授業内容のほうが心配だよ

640 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:27:37.23 ID:f96rDcXR0
真珠湾攻撃の後、アジアの解放のための戦争だと発表したんだけど、戦争前の日米交渉では「アジア植民地を解放したら戦争やめる」とか全然言ってないわけだw つまり完全なお題目、インチキ、ウソなわけ。さらに>>630で侵略の事実は明白だね。
そういうことをつくる会教科書では教えてくれないw

641 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:28:01.18 ID:vpfcUelL0
ブサヨ教師は害悪なのはどこもいっしょか・・・

642 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:28:42.91 ID:1nVWtM2e0
>>625
士族っていうのは武士とその家族だろうな。
生産者ではない階級がこれだけいるんだから税率も相当なもんだろ。
薩摩は密貿易で儲かってたからそれほど高くなかったかも知れんけど。
紀州藩なんかは8公とかだったらしい。

643 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:28:56.66 ID:mpjXYr1s0
>>630
日本が領土獲得や自国の発言力をたかめるために攻撃したのだろうけど、
その時点で欧米がどれだけ植民地をもっていたことやら。
しかも戦争中に日本が一時的に獲得した領土こそ。

日本が正しいとはいわないまでも世界中がおかしかったんだぜ。

644 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:29:29.16 ID:WO8LDSxh0
>>638
でも大人になってから
いろいろ事実は違うと認識できない奴も多い。

だからこそ万物の半島起源説を本気で主張してくるわけで。

645 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:29:32.44 ID:EPdDJk4W0
【秘密】遂に朝日新聞の正体を暴いたぞ!【解明】

>なぜ朝日新聞は「新しい歴史教科書をつくる会」を狂ったように攻撃するのか?

        ↓ ↓ ↓
http://unkar.org/r/mass/1132744324/9
http://unkar.org/r/mass/1132744324/13-14
http://unkar.org/r/mass/1132744324/129-131

646 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:29:33.30 ID:OwPFdCRsO
>>635
実際、今でも侵略と言われる行為は悪いこととはされてないよ
行為を正当化するだけの力がない事が悪いこととされてるだけで


647 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:30:21.49 ID:JARg/WjcO
本当にここの議論は進歩的ではないな
自虐も自慰もいらないって左右に両極端な教科書現場に押し付けんな迷惑だ

中学生は知らんが高校生以上の世界史は
黙って山川だけやっておけ

648 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:30:28.30 ID:1Va8kiqh0
鬱陶しいなホント
俺が日本にも神話があるって知ったの高校入ってからだわ
授業でもこういうの教えないとかはっきり言って異常だろ

649 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:30:48.91 ID:v4E8Wbv7O
>>630
占領地域の扱いを定めると書いてあるわけだが?
「できるだけ開発と民心の把握に努めるべし」とあって、略奪なんか認めてない。
政略とは侵略の意味ではないよ?

650 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:30:56.48 ID:aWtjyrqL0
渡来人じゃありません。帰化人が正解です。

651 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:31:00.92 ID:0017UjIt0
>>637
なっていた。パリ不戦条約な。

652 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:31:13.03 ID:f96rDcXR0
>>637
パリ不戦条約で侵略戦争はすでに禁じられていた

653 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:31:26.33 ID:0VUeofbf0
>>637
なっていたよ
実効性は乏しく、単なるお題目だろプギャーと笑われていたけどな

654 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:31:29.64 ID:Uo82erUTP
>>626
>共産主義は、明確な悪

中国共産党を結果的に助けたのが日本だな。国民党を追い込んで。
「盧溝橋の謎発砲は共産の陰謀だ」なる話があるが、その前から介入工作で軋轢。

あと「共産主義が悪で資本主義が善」て話じゃないからな。
資本主義の競争は底辺が救われないから、国が平等を管理する体制を考えたのが発端。
欠陥が多く、異分子の排除も苛烈で悲惨な結果になったが。

とにかく相手は悪、その仲間も悪、だからこちらは正義、とか低レベル。


655 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:31:31.91 ID:sC/Ay6650
>>635
満州国を承認してる国だって30カ国以上あった。独立国が100なかった時代で。
結局敵側が勝ったから悪いこととされただけで日本側が勝ってれば悪いことでも
なんでもなかった。

656 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:32:07.56 ID:xaPavnLQO
歴史好きな先生に教えられたら教科書なんて関係無い。
良くも悪くも中立な解釈で両面から教えてくれる。
日教組組合員教師は最悪。

657 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:32:09.88 ID:WO8LDSxh0
>>647
世の中にいろいろな見方があるとして
左右両方の教科書読ませて
価値判断は当人にまかせればいいよ。

658 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:32:16.38 ID:zWaru2/r0
まあ、世の中には「三国志」と「三国志演義」の内容を混同している人も少なくないよなあw

659 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:32:19.01 ID:YdEDdEMA0
今や南京虐殺とか従軍慰安婦も充分、神話化してるじゃないか?
いったい誰のせいなんだ?

660 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:32:35.83 ID:cle9o3QNP
戦後の日本は、神話とか天皇のことを教えてこなかったからね…
でも、自国の文化や歴史、神話を知らないなんて、
教養がないってことになるよね。
天照大神をてんてるだいじんと読んだ、なんていう話が
これ以上出ないようにと思う。

661 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:32:58.04 ID:SyTuMTyO0
正式名称「大東亜戦争」がアメリカの圧力で太平洋戦争に書き替えられました

662 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:33:11.10 ID:UqImgp+s0
遠回しに神話を事実だと混同してる韓国人をバカにするとは・・・
朝日の高等テクニックにネトウヨもびっくりだよw

663 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:33:39.34 ID:aWtjyrqL0
>江戸時代は「平和と安定」の時代とされ、重い年貢に苦しむ農民たちの実態がほとんど描かれない。

「江戸時代暗黒史観」は近現代における「思い込み」。

664 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:33:45.04 ID:XIUWsq8v0
薩摩の士族っていうのは昼間は農作業やってて食うや食わずの貧乏人が
大半、ほとんど農夫と変わらん
それなのに教養を叩きこまれ武士としての誇りも持たなくてはならない
おまえ等在日ハンチョッパリは日本の歴史など何も知らないが
日本の武士階級というのはごく一部の上級武士を除くと
いたって貧しい者なのだよ

665 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:34:26.38 ID:7VEd+kFQ0
近代史はもうちょっときちんと教えるべきだろうね
この辺は、やたらと短い気がしたが

666 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:34:34.70 ID:lAUChGqM0
この世と全ての生き物を造ったのは日本の神様のイザナギとイザナミ

667 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:34:45.77 ID:f96rDcXR0
>>649
日本領土にした=侵略した

668 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:34:58.92 ID:IX4e+2KRO
>>630
左翼って、ホントに低知能だな。

戦時中、日本政府はインドネシア独立を認め、その旨を発表しているんですが。

インドネシアの独立記念日は、(皇紀26)05年8月17日だぞ。


669 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:35:45.72 ID:WO8LDSxh0
昭和の戦役の名称はまあいいよ。
今日進行中の
国際名称 Sea of Japan の海域の名前については
もっと真剣にやらねばいかん。
教科書ではないが教材として使われる可能性のある
エンカルタやナショナルジオグラフィックの出版物が
East Sea 併記をしている。

670 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:36:05.84 ID:aWtjyrqL0
>>666
それ違う。日本神話は日本国の地域限定。

671 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:36:45.90 ID:0017UjIt0
>>655
負けたんだからしょうがないじゃないか。
それだからこそ、侵略はダメだってことが国際法として根付くことになってるわけで、
今現在の国際秩序がある。
それを肯定して国際社会に加わってる以上、先の大戦を日本が正当化するのは、
現在の立場からしておかしいことになるんだ。
これが普通な保守の考え方ね。

672 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:37:00.24 ID:UqImgp+s0
しかし朝日も、両論併記する余裕すらなくなってるのな。
省略された部分に書かれてると思って元記事読んだら、
更に酷いでやんの。必死すぎ。

673 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:37:15.38 ID:fkEpczd9O
まぁ神話を歴史として扱うのもよくある話だけどね
古代中国の舜とか夏王朝みたいなもんも半神話だし

674 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:38:49.20 ID:XIUWsq8v0
朝鮮民族は自分たちの李氏朝鮮時代の両班と同じように武士のことを
考え、朝鮮学校などで偏った偏向教育を受けるのだろが
日本の武士はおまえ両班のように冷酷で平気で人を殺すようなことなどない
そもそも赤穂浪士の話も江戸城の殿中で刀を抜いて喧嘩したのが始まりで
そのせいでお家取りつぶしになるくらい、武士の刀傷沙汰には厳しい
処断が下ったものだ
商人のほうが一般武士より贅沢な生活をしてたし
おまえ等朝鮮半島は冷酷で残忍で虫ケラのように一般民衆を嬲り殺す
王侯両班と奴婢しかいなかっただろうが!
文明国日本と一緒に語るのも汚らわしい!

675 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:39:06.46 ID:SlSiO0l70
侵略否定派に訊きたいんだが
柳条湖事件から始まり、中国東北部に満州国を作ったのは侵略とは言わないのだろうか?

676 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:39:11.84 ID:1nVWtM2e0
>>671
戦争に負けたからといって自衛権まで放棄してるのが問題なんだよな。
アジアを侵略したことと国家としての戦力の保持とは別だという認識じゃないと。

677 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:39:28.41 ID:OwPFdCRsO
>>665
比較的近い歴史だし思想的な理由で歪められた物語が広く流布されてるからね
確定している事実だけ教えても左右両方が発狂するし、
むしろ教える教師が思想に染まっている有り様
キチンと教えるったって何を教えるかから定めないといけない状態だよ


678 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:39:33.97 ID:Uo82erUTP
>>668
>戦時中、日本政府はインドネシア独立を認め

サイパン陥落の劣勢後にな。
現地の独立勢力を押さえ込むより、容認する方が得策になった。

とりあえず当初は帝国領方針で、代表者の大東亜会議出席も認めなかった。


679 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:39:39.19 ID:WO8LDSxh0
>>665
日本史の始まりをいつからにするからによるだろうが
列島に社会らしきものが形成されたから今日に至るまでの
期間に対して近代とよばれる期間は何%ある?
それを考えれば総花的に教える中学高校の教程としては
けして近代の扱いが低いとはいえないだろ。

680 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:39:42.56 ID:f96rDcXR0
>>668
インドネシアは>>630で日本領土となったから大東亜会議に呼ばれてない。

681 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:40:23.94 ID:msF3ECUQ0
日本の保守派はアメリカの保守派と違って
家父長的だからな。
上から目線で理想を押しつけてくる。
石原慎太郎とか安倍晋三とかあの手の連中だ。
それに反発して左翼になる人が結構いる。
日本に必要なのは個人を尊重する真の保守派
なのだが。ブッシュとつるんでた小泉首相は
いい線行ってたと思う。

682 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:40:59.21 ID:KUcOJEdx0
>>1
万に一つも有り得ませんが、
そもそも、混同しないようにきちんと教える
職務上の義務を負った人が居ます

さて、誰でしょう

683 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:41:16.51 ID:J+nNDO0y0
>>675
ネトウヨことトンチンカンな人たち(by城内実)にそんな正論ぶつけても無駄だよw

684 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:41:18.23 ID:C3AAV5Vv0
>>677
そうだね、今はチキンと教えてるもんね。

685 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:41:45.36 ID:aWtjyrqL0
神話は物語。歴史も物語。そして、もちろん歴史と神話は違う。
歴史は幾千万もの物語を有し、それぞれは一つの筋に沿っているとは限らない。
神話は一つの体系を持ち、一つの体系の中のそれぞれの物語に異伝が存在する。
だが、確かにどちらも「物語」だ。それ以外のものではない。

686 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:41:51.01 ID:f15bj/R1O
歴史の教科書って言うんなら、天皇だとか武将だとか東條英機みたいな一部の人達のことよりも、
昔の名も無き人達の生活や職業のことを中心に教えていけよ。

687 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:41:57.96 ID:sC/Ay6650
>>671
だから「日本は悪いことをしました」じゃなくて「日本は戦争に負けたから
悪いことをしました、と言われてしまっています」と教えるのが正解だろう。
本当に悪いことをしたと思っているのは馬鹿なんだよ。

688 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:43:01.35 ID:fkEpczd9O
>>686
それは歴史学というより民俗学だね

689 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:43:20.91 ID:0VUeofbf0
>>655
承認があればOKならば
そもそも日本には西欧のアジア支配を批判する資格なんざ無い

690 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:44:10.04 ID:f96rDcXR0
>>687
勝ち負けはたいして関係ない。アメリカはイラクに勝ったが、その戦争が正しくなかったのは(自民党以外)各国が認めてる。

691 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:44:11.29 ID:0017UjIt0
>>676
最高裁によれば自衛権を放棄してるわけではない。
振りかかる火の粉を振り払う権利は憲法以前にあるらしい。
ただその自衛権を担保する手段が制限されてるわけで。
自力で軍隊を持てないなら、在日米軍がいるじゃない。
ってのと、それではあんまりだから、最小限度の侵略排除の実力組織としての
自衛隊ってもんをなんとか持ってるけどね。

692 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:44:12.03 ID:TTFnFHAb0
>674

とり泥棒もな

693 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:44:32.43 ID:pf0ddVov0
真面目で評判も悪くない国語の先生が、いきなり「今日は戦時中に
日本軍がしたことを説明します」と言いだして、韓国女にした虐殺の
話を始めた。そしてそのことを感想文書けと言いだし、生徒全員書いた後、
それを印刷して、各クラスの掲示板に貼ってた。担任も無視してた。
数ヵ月後、その先生が同じ国語の女性教師と結婚したんだが、誰もいない
ミーティングルームでやりまくてったって目撃をいくつか聞いて、
教師って信じらんねーって思った。なんだあいつ変だったぞ。

694 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:44:41.81 ID:IX4e+2KRO
>>635
満州事変及び支那事変等は、日本人及び日本権益に対する度重なる支那のテロに端を発したものだ。
日本軍の軍事行動は、日本人の生命財産を具体的に保護することが目的であり、それは正当である。

イラク戦争において、有志連合軍はバスラからバクダッドへと進攻したが、それを侵略とは言わない。


695 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:45:25.36 ID:tUygaknmO
戦中戦後の変化に比べれば全然無問題

696 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:45:48.19 ID:aWtjyrqL0
>>686
文化史も歴史学の範疇。農業技術、商業、工業含めて教わったはずだが。

697 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:45:52.26 ID:zeCOvh8J0
>>648
授業で教えなくても神話ぐらい小学生や中学生の多くが
知ってるんでないの?

それとも俺の学区だけなのか?

698 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:46:01.87 ID:f15bj/R1O
>>688
そっちのほうがもっと先祖を身近に感じられるようになるとおもったけど駄目か。

699 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:46:02.99 ID:sC/Ay6650
>>675
中共はチベット侵略をチベット解放って言ってることはどう思う?

700 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:46:33.66 ID:U0g7xoYv0
大東亜戦争を太平洋戦争と称するのは価値観の押しつけ

701 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:47:23.96 ID:fkEpczd9O
>>687
それは日本がどうこうというより歴史を学ぶ上での前提だろな
常に勝者が正史、敗者の視点はあくまでも異説扱いが多い

702 :"(,, ゚×゚)"剃毛侍 ◆XS/KJrDy4Q :2011/07/30(土) 18:47:28.78 ID:und9Ndaa0
>>1
混同しないように教えることも出来ない馬鹿者は、
この世から去った方が良い。

あと、丑は無条件でこの世から去れよ。

703 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:48:47.54 ID:Uo82erUTP
>>694
>日本人及び日本権益に対する度重なる支那のテロ

通州事件で殺された半分は、アヘン等に関わる朝鮮人。日本人も関与だが。
日本は満州後も介入工作で政権を建て軋轢。そこを拠点に密貿易まがい。
居留民が被害に遭えば「居留民を守る正義の戦だ」と中国を都合良い政権に置き換えたがる。

侵攻の口実は簡単だな。


704 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:48:54.53 ID:f96rDcXR0
>>694
中国全土で戦争する理由にはならないよ。中ソ、印パとか、隣国同士で小競り合いは起こっても、普通全面戦争にはならない。つまり日本がやりすぎたわけ。収める気がなかったわけだ

705 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:48:56.19 ID:WO8LDSxh0
>>700
名前は何らかの価値観の反映になるだろ。
それを排除して中立にするなら
”19XX年から1945年までのあの戦争”
とでもするか
それにしたって XXの部分は
満州事変からひとくくりにするかどうかで変わってしまうけど。

706 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:49:04.06 ID:BZxGZ09I0
>>687
確かに。戦争に勝ってればマッカーサーが戦犯だし
9条もないし、今頃核保有国だしな!!
敗者の論理押し付けるなっ!!

707 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:49:17.15 ID:OwPFdCRsO
>>690
関係ないだろうけど、勝ち負け以外には意味ないよね
どんだけ悪かろうと、口先以上の非難も、有効な制裁もアメリカには加えられていないよね
唯一イスラム過激派が徒手空拳で報復してるくらいだよね


708 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:50:23.53 ID:luR2t+Rq0
神話という奴が神話なんだよ

709 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:51:03.79 ID:tUygaknmO
第一次大戦後の国際秩序に最初に挑戦したのは中国
だから満洲事変に対する外国の対応は実は甘い
現状維持が目的で戦争したんなら全く無問題だった
吉田茂なんかはそれを望んでいた
現実には現状を変える方向に動いたが

710 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:51:17.48 ID:SWgvKmmp0
占領と侵略の区別がつかない頭じゃしょうがない。

戦争だから占領するさ。占領しない戦争なんかない。
日本が侵略して金儲けていた事実があるか、ない。



711 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:51:18.28 ID:0VUeofbf0
>>694
そもそも当時の主要国は日本が軍事行動したことを責めてはいない
他の国だって軍を動かすぐらいは当然やる

「権益と自国民保護のためと言いながら傀儡国家建設とかやりすぎだろボケ」
「とはいえ中国もDQNだし、日本側に譲歩した内容にするから自重しろ」

→日本これにキレて孤立ルート一直線

712 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:51:30.22 ID:/SFRFgxY0
小学生当時にはいい先生だと思っていた人が
実は変な人だったりしたらイヤだな・・・。

713 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:51:29.81 ID:199b/BkH0
>>690
正しくないってなに?

正しい戦争ってなに?

714 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:51:37.43 ID:MFH7nduo0
理想:韓国国定教科書より
http://blog-imgs-44.fc2.com/l/o/a/loaderdairi/textKorea01.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/l/o/a/loaderdairi/textKorea02.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/l/o/a/loaderdairi/textKorea03.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/l/o/a/loaderdairi/textKorea04.jpg
http://blog-imgs-29-origin.fc2.com/c/h/e/chelsea2ki/2009_08_17_001.jpg
http://blog-imgs-29-origin.fc2.com/c/h/e/chelsea2ki/2009_08_17_002.jpg
http://blog-imgs-29-origin.fc2.com/c/h/e/chelsea2ki/2009_08_17_003.jpg
http://blog-imgs-29-origin.fc2.com/c/h/e/chelsea2ki/2009_08_17_004.jpg
http://blog-imgs-29-origin.fc2.com/c/h/e/chelsea2ki/2009_08_17_005.jpg
http://blog-imgs-29-origin.fc2.com/c/h/e/chelsea2ki/2009_08_17_006.jpg
http://blog-imgs-29-origin.fc2.com/c/h/e/chelsea2ki/2009_08_17_007.jpg
http://blog-imgs-29-origin.fc2.com/c/h/e/chelsea2ki/2009_08_17_008.jpg
現実:日本統治前、1895年ごろ、首都ソウル・ピョンヤン
http://blog-imgs-44.fc2.com/l/o/a/loaderdairi/seoul01.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/l/o/a/loaderdairi/seoul02.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/l/o/a/loaderdairi/seoul06.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/l/o/a/loaderdairi/seoul07.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/l/o/a/loaderdairi/seoul09.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/l/o/a/loaderdairi/heijo02.jpg
http://blog-imgs-44.fc2.com/l/o/a/loaderdairi/heijo03.jpg
http://park6.wakwak.com/~photo/image/02.jpg
http://park6.wakwak.com/~photo/image/14.jpg
http://park6.wakwak.com/~photo/image/12.jpg

715 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:51:38.43 ID:QtLsZPPw0
>>688
いや、そういう歴史研究も存在する。
民俗学は一部歴史学と重なる部分がある(本当は逆なんだけど)。

716 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:51:57.04 ID:2nqk4U9F0
教科書と教師の作った補足プリントでちょうどバランス取れて良いんじゃないの


717 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:52:13.50 ID:ZGol6mUh0
>>10

なに大嘘ついてんの?皇族で戦地にいった人も何人もいるんだけど?

718 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:52:21.58 ID:y3KLQcY50
>>704
なるよ


719 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:53:08.68 ID:f96rDcXR0
>>710
ただの(一時的な)占領じゃない、日本領土としたんだよ>>630のとおり 目的もご丁寧に明記してあるね

720 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:53:28.34 ID:zeCOvh8J0
>>686
激しく同意。


721 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:54:06.30 ID:grqUdgeF0
太平洋戦争というのは太平洋を戦場とする日本と米ほかの戦い。
大東亜戦争は太平洋戦争と日中戦争を合わせた言い方。
ともに大東亜共栄圏の実現を図るものだから

722 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:54:37.23 ID:WO8LDSxh0
>>686
そればかりだと国の体制の変遷がわからなくなる。
そっちも大事だろ。

723 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:54:39.03 ID:SWgvKmmp0
左翼はアタマから洗脳しように掛かるところがえぐい。

公平なのは真実を教えて左翼の偏向をあぶり出すことだ。




724 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:55:01.62 ID:ZGol6mUh0
中国の歴史観、韓国の歴史観の詰まった、アホ教科書には戻さなくていいよ。横浜市。
戻したら許さんよ。

725 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:55:03.25 ID:OwPFdCRsO
>>713
正義の戦争のことでしょ
当事者の大抵が主張するけど最後まで唱えられるのは勝者のみ
なんかカッコいいね

726 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:55:05.13 ID:y3KLQcY50
生徒に、歴史できちんと教えなくちゃいけないことは、「勝てば官軍」ということ


727 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:55:09.67 ID:aWtjyrqL0
日本以外の事にまるで関心も興味も無い私は
大東亜共栄圏構想が大嫌いだ。


728 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:55:26.76 ID:199b/BkH0
>>723
真実なんてものはないから不可能ってことか

729 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:55:51.05 ID:1nVWtM2e0
>>691
憲法の条文を読む限りだと自衛権も放棄してるように読めるけどな。


730 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:56:05.90 ID:VLzKdP1d0
今までの自虐史観教科書もアレだが、
今度の日本バンザイ教科書もかなり香ばしいな。
すでに定着した「渡来人」を「帰化人」に直すことに
どれだけの意味があるのか。

ちょっと山川日本史と読み比べてみたい。

731 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:56:33.80 ID:QtLsZPPw0
>>667
つまり、日本は1972年に沖縄を侵略したんだな。

732 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:56:37.48 ID:grqUdgeF0
>>686
そういう考え方とかアプローチもあるね。アナール学派とか(アナルじゃないぞ)

733 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:56:37.77 ID:2jB1I8ij0
頼むから韓国歴史教科書の檀君神話並のコリアクオリティな
教科書なんか捨ててくれないかな


734 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:56:42.58 ID:0VUeofbf0
>>700
>大東亜戦争を太平洋戦争と称するのは価値観の押しつけ

だったら主権回復した時に呼称を戻すべきだったなwwwwwwwwww
それをしなかった時点で価値観の押し付けとは言わないよ
「自らの意思による承諾」と呼ぶべきだろう

まぁ日本は自由の国だからお前が個人的に大東亜と呼ぶことは
もちろん何の問題もない

735 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:57:08.81 ID:msF3ECUQ0
戦後66年か。
1945年の66年前は1879年。明治12年だ。
1945年までの66年間で
議会開設、憲法制定、日清戦争、日露戦争、第一次大戦、
第二次大戦。暗殺、政変、経済構造変化と激動だらけ。
一方戦後66年間はたいした変動なし。
ずっと暇でずっと平和。
平和すぎると「過去から学ぼう」という意識も薄れる。


736 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:57:28.78 ID:zeCOvh8J0
>>723
現行の体制に問題はあるのだろうけど自分がイデオロギーに
染まりきってて偏向メガネをかけてることに気づいたほうがいいよ。

737 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:57:30.37 ID:f96rDcXR0
>>713
戦争の根拠がなかった

オランダ政府が2003年3月の米英軍によるイラク侵攻を支持した問題を調べてきたオランダの独立調査委員会は12日、
侵攻は「国際法上の合法性を欠く」とし、同国政府の決定は正当化できないと結論づけた報告書を発表しました。
英各紙電子版が伝えました。


738 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:57:39.40 ID:199b/BkH0
>>730
もともと定着していた「帰化人」を直したのが「渡来人」なんだぜ

739 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:57:54.83 ID:aWtjyrqL0
>>730
史料に載っている言葉は「帰化」。朝廷に服したということ。
史料に無い言葉を「定着」させようとしたヤツがおかしいだろう。

740 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:58:25.58 ID:0017UjIt0
>>699
心情的にはチベットに同情するし、独立すべきだと思うが、
清朝の後継国家としての中国ってものを考えた時、
清朝領土を中国が引き継ぐことになるからあれは内政問題だって
言われれば、残念ながら一定の説得力を持つと言わざるを得ない。

741 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:59:10.93 ID:MFH7nduo0
「朝鮮、属国史」の始まり
918年 高麗建国
10世紀 宋に朝貢、契丹(東胡の末)に朝貢。
12世紀 金(女真族、東胡の末)に朝貢。
13世紀 高麗はモンゴルの属国となる。劣等感から、一然という僧が檀君神話を捏造し、忠烈王がモンゴルに日本侵略を唆す。
14世紀 高麗滅亡、李朝建国。李朝は最初から明の冊封国で、国名も中国に決めてもらった。
17世紀 清(女真満州族)に服属、三跪九叩頭の礼に甘んじる。
19世紀 日本が日清戦争で中国を破り、属国の李朝は独立させてもらう。(日本の保護国)
1910年 李完用の要請により日本に併合してもらう。李氏朝鮮(大韓帝国)滅亡。
1948年 戦後アメリカ軍政庁の統治下にあったが、アメリカの後押しで大韓民国が成立。
1950年 アメリカとソ連の代理戦争である朝鮮戦争が起き分断国家となる。
1991年 ようやく国連加盟、史上初めて世界から独立国家として認められる。 
1993年 韓国、軍事独裁制を脱し、史上初めて独立民主政体となる。
現在 いまだ言論、学問の自由もなく民主主義とは程遠い国である。北は論外。

1909年に日本政府によって韓国統監府が設置されると、戸籍制度を導入することで、
人間とは見なされていなかった姓を待たない白丁を始めとする賤民にも姓を許可し、
身分差別を撤廃した。また、身分開放された白丁も学校に通うことが許可された。
これに対して両班は認めないとして抵抗活動を繰り広げたが、日本政府はこれを断固として鎮圧した。
そして一部は日本に憧れ、自らの意思で日本に渡り住みついた。


742 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:59:26.91 ID:IX4e+2KRO
>>719
だから、インドネシアのスカルノ初代大統領は、蘭植民地政府に囚われていたが、
日本軍により解放され、日本政府から独立容認を得て、
日本の皇紀を使い、独立宣言したんですけど。


743 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:59:28.18 ID:VvooeLyU0
どうして、民衆、を勉強せにゃいかんのかね。
ソ連の回し者化よ

744 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:59:31.07 ID:grqUdgeF0
昔の「帰化」が現在の日本国籍を得ることと混同するぬ

745 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 18:59:36.13 ID:Uo82erUTP
>>727
>日本以外の事にまるで関心も興味も無い私は
>大東亜共栄圏構想が大嫌いだ。

日本の為に決まってるだろが。ボランティアと勘違いか?

恐慌で欧米ブロックから閉め出された→満州占領〜中国介入で経済圏確保
石油が無いと自給自足できない→ナチス活躍を機に南下を計り、石油地帯を狙う

欧米よりは同胞意識を持って接し、敗戦後に各地独立に影響したから解放とか言ってるけど、
日本も当然ながら、自国に都合良い勢力圏を欲しただけ。




746 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:00:38.37 ID:QtLsZPPw0
>>729
だからいちいち交戦権を認めない=交戦権以外なら認めるとしている。

確かにものすごくあいまいな表現にはなってるけど。

747 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:00:42.42 ID:0017UjIt0
>>706
日本は敗者なんだから勝者の論理を押し付けられるんだよ。
あまりにも単純な話だろうがw
ひっくり返すというならもう一度世界相手に戦争するより他はないぞw

748 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:00:53.06 ID:tUygaknmO
中立的な用語としては帰化人の方が正しいと思う
渡来人だと定着・同化したというニュアンスが出にくい


749 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:01:23.43 ID:aWtjyrqL0
>>740
中原を治める国の正当性とは、唐の国においてどのように担保されたかが問題であって
ここに根拠を求めることが出来ないなら、後継国とは呼べなくなるのではないか。
ただ、それもこれもあの土地に代々住んで暮らしてきた人間が決めることなんだろうけどな。


750 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:01:30.51 ID:OwPFdCRsO
>>737
つまりオランダさんが認めなきゃ正しくない戦争、
逆にオランダさんが認めれば正しい戦争か
お前大丈夫か?


751 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:01:31.93 ID:kxFWVRZq0
歴史の授業なんてムダだろ
研究職以外は数学と英語さえやっときゃいい

752 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:01:44.44 ID:sZiktdaFO
そして自虐史観は何も問題視してこなかったのであった

753 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:01:48.25 ID:+OAs55BYO
あぁ、紀元前5000年前から、 
仏教伝来の数千年真っ白な歴史が 
ご自慢な、例のカのくに?

754 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:01:52.76 ID:v/K41i/k0
>>740

清の正当な後継国は中華民国だけどなにか

755 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:02:17.95 ID:2jB1I8ij0
なんで韓国歴史教科書クオリティになってんだよ
教科書の執筆者ども、寒流に洗脳されちゃったの?

756 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:02:30.52 ID:lG8NGW6TO
>>719
そもそも善悪の価値基準を持ち出すことがオカシイんだよ。
占領したという事実やその目的を教えるのはいいが、善悪判定はしちゃいけない。

757 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:02:31.29 ID:gObCB4j60
>>722
そういう社会の様々な変遷のもとで昔の人達、つまり我々の先祖がどうやって生きていったのかを教えるべきだと思う。

758 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:03:42.67 ID:0017UjIt0
>>710
日中戦争とは言うものの、当時日本政府はこれは戦争じゃないとか
言って交戦国の権利を主張しなかったんだから、当然違法な侵略行為になるんだよw

759 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:04:26.00 ID:f96rDcXR0
>>742
それは戦況が悪化したから苦し紛れでやったんだね。当初の考えは資源獲得と日本領土化

>>750
アメリカもイギリスも大量破壊兵器云々は間違いだったと認めてる。当事者が間違いを認めてるのに日本の自民党だけは頑なに間違いを認めないね。太平洋戦争とおなじだ。

760 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:05:07.90 ID:WO8LDSxh0
>>756
ただ 事実事象にどんな名前づけするかですら
価値判断がはいってしまう。
 あの昭和の戦争の名前とか、

761 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:06:26.53 ID:M54inLYL0
>>1
>生徒たちには、一揆などで用いられた「傘(からかさ)連判状」の資料を示して、武士による支配と団結して対抗した農民のことを説明した。

傘連判状で武士の支配に対抗したってところで違和感を感じる
それ以前にそもそも教師が間違ってると判断するのがおかしい

762 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:06:43.25 ID:199b/BkH0
>>737
国際法上問題なければ「正しい戦争」ってことでいいの?

763 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:06:51.48 ID:HIboVMwz0
>>648
おまえの家が異常
普通は小学生くらいのときに氏神とか親から教えてもらって
祭りのときに宮に行って神主から解説を受けたり、あと年末に神主が家に回ってくるだろ

中学生になって教科書で神話とかかったるいだろ

764 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:07:00.26 ID:0017UjIt0
>>754
その後継は中共だろw

>>749
近代国際法的にどうかって話。

765 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:07:04.18 ID:IX4e+2KRO
>>750
はげ同。
戦争の正当性を決めるのは、蘭委員会でもなく、国連でもない。

自由と安全を守るための武力行使は、普遍的で正当な権利である。
例えばイラク戦争は、米国とその同盟国、世界の安全を守るために開始されたものであり、
日本は、同盟国である米国の行動を理解し支持している。


766 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:07:06.91 ID:0VUeofbf0
>>759
その自民党にしたところで、「同盟国なんだから助けるしかないじゃん」
「フセインだって査察拒否ったし問題はあるだろ」
…であって、もう間接的にだけど間違いを認めてるよねw

767 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:07:48.71 ID:aWtjyrqL0
>>745
新天地での経済拡大を求めた連中が「国益のためだ」と言って日本国全体を巻き込み
大陸に投資し政治的に入れ込ませて、列強と利権衝突を起こしたあかつきには責任を国民に負わせ、また国土を焦土にした。

ボランティアだろう。日本国民による大陸主義者のための。命がけのな。
ふざけるなよ。




768 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:08:00.26 ID:lG8NGW6TO
>>690
アメリカってイラクに勝ったか?
勝ってないっしょ。

769 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:08:47.44 ID:QtLsZPPw0
>>762
現実は後付けにしちゃうからなぁ。
どんな戦争にも正しい言い分と正しくない理由というのが必ず存在する。
残念ながらね。

770 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:09:13.87 ID:OwPFdCRsO
>>759
で?
米英は侵攻のお題目をイラク民主化に切り替えたよね
ご丁寧に反フセインの現地人を引っ張り出して
それは正しくないの?
オランダさんの判断に任せるの?

771 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:09:58.15 ID:aWtjyrqL0
>>764
「その国の慣習と歴史を尊重しない法」なのか。「近代国際法」ってのは。

772 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:10:05.08 ID:8LMmnF9+0
新しい歴史教科書を作る会の教科書使ってるやつなんているんだね。
こんなレベルの低い本使ったらどんなレベルの低い馬鹿が生まれるんだろう。
そういや、右翼特集番組で中卒新人右翼構成員いたな。漢字もまともに書けない馬鹿だった。
ああいうバカな連中が右翼になるんだろうな。

773 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:10:17.36 ID:FtQH5zpR0
小泉だって今じゃ薄ら笑い顔で 「大量破壊兵器? 出なかったねww」 って言うよ。 あいつはそういうキャラ。

774 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:10:52.37 ID:0VUeofbf0
>>768
勝ったよ?

そもそも戦争目的はフセイン政権の打倒であって、
対テロ戦は単なるDQNへの治安維持活動だ

775 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:11:15.13 ID:sC/Ay6650
めんどくせーから昭和の大乱でいいよ。レトロにいこうぜ。

776 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:11:44.69 ID:QtLsZPPw0
>>771
それもふくめていろんな理由から憲法と国際法の関係というのは微妙な扱いになってることが多い。
日本もまた例外ではない。

777 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:12:14.35 ID:WO8LDSxh0
>>775
国内は乱れるどころか一致団結って感じだったろ。
昭和の大戦役でいいんじゃない

778 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:12:20.60 ID:f96rDcXR0
>>762
そうでもない。アメリカ議会は奴隷制について謝罪決議した。つまり当時合法だったかというのも、大して関係ない。もちろん日韓併合でもそう

779 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:12:21.58 ID:H+x5pq2c0
百姓一揆が肯定されるより良いわ
強盗放火殺人が何で良いのかわからん

780 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:12:59.28 ID:x9kVe1r10


また日教組の妄想ですかwww

中国でも朝鮮でも行ってくれ帰ってくるなバカwww




781 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:13:01.78 ID:199b/BkH0
>>772
従来の教科書使ってずいぶんレベルの低い馬鹿が溢れてるんだから
一回変えてみてもいいんじゃない?

なあに、ダメだったら戻せばいいんだから。

782 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:13:11.42 ID:8LMmnF9+0
>>776
国家承認と政府承認の違いを分かれよ

783 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:13:16.35 ID:v/K41i/k0
>>764
台湾政府で残っているがなにか w

チベット侵略って1950年だが正当な領土なら何故に侵略(やつらは開放とよんでいるが)するんだ w

784 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:13:33.49 ID:TOYAB6li0
>>1
洗脳しにくくなって残念だね^^

785 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:13:38.17 ID:aWtjyrqL0
>>776
独立国の憲法を超越する国際法なんてのがあったら大問題だぜ。
そいつぁただの侵略に過ぎんからな。

786 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:13:41.63 ID:D7RX4TNH0
そんな心配する暇があるなら、ちゃんと「朝鮮進駐軍」っていう歴史的事実も教えてやれよ

787 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:15:18.29 ID:lG8NGW6TO
>>760
日本政府はその戦争を「大東亜戦争」と名付けた。
って教えたらいいじゃん。
もちろん他の呼び名も教えるべきだね。
名前ごときで善悪の判定ができてしまうあなたの感覚のほうが毒されてるんだよ

788 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:15:48.54 ID:8LMmnF9+0
太平洋戦線での描写は比較的多いのに、大陸戦線での描写が少ないのは不満だったな。
おかげで中国大陸での軍事作戦がほとんど分からない。

789 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:17:19.24 ID:FtQH5zpR0
>>371
福沢諭吉は大きい。紙幣の肖像だし慶応義塾の創立者だ。
慶応大学ってのは小泉元総理に対する批判が学生からしか出ない。
OB理事評議会からは小泉批判がない。

労働組合から役員に出世すると社長の批判ができない。

790 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:17:47.44 ID:3gVwR+za0
神話しか書いてない教科書で勉強してる朝鮮人の頭の心配するほうが先だろ


791 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:18:04.68 ID:f96rDcXR0
>>787
戦争正当化の意味をこめて「大東亜戦争」と名づけたが、それはインチキ・ウソだったと教えるのが歴史

792 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:19:03.85 ID:QtLsZPPw0
>>785
解釈で逃げ切るという方法もないわけじゃないけど、改憲するという方法もある。
日本で改憲するのはまず無理だから解釈で乗り越えるしかないんだけど。
実質そういう国際法は批准できないってことだね。

793 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:19:11.11 ID:OwPFdCRsO
>>785
『国際法』て呼び方のせいかな?
しょせん慣習と条約群でしかないのに誤解してる人多いよね
しかも当該国の国力だけが抑止力なのにね

794 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:19:24.13 ID:A3px+cJg0
清は明の外が発祥地。万里の長城が国境でその外から明に攻め込んだ外国政権。
満州国というのは発祥地に戻って国を再建しましたという論理。
元がモンゴルに戻って国を再建したというのと同じ。

795 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:19:49.17 ID:Uo82erUTP
>>779
>百姓一揆が肯定されるより良いわ

百姓一揆と、民の生活を踏みにじる酷政なら、百姓一揆を支持するけどな。


796 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:20:33.43 ID:dAQB9Ew/0
ウリナラ半万年とかいってる国よりマシだろ

797 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:21:12.12 ID:lG8NGW6TO
>>774
それは目的のひとつでしょ
頭を取るのが戦争の勝利条件じゃないっしょ
将棋じゃあるまいし

798 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:21:56.46 ID:654Q1ZXX0
>>758
日本は中国で戦争したけど中国と戦争してない。
米国はイラクで戦争したけどイラクと戦争してな
いのと同じ。日本は蒋介石軍と米国はフセイン軍
と戦った、そういうことだ。

799 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:22:39.51 ID:Zy/s6KKf0
>>1
> 太平洋戦争を「大東亜戦争」と強調するなど「価値観の押しつけでは」とも感じた。

前の大戦を当時の日本政府は何と呼称してましたか?
つーか、太平洋戦争と言ってしまうと前の大戦は大陸では何もやってなかったように
思いこんでしまう危険性があるだろ

800 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:23:03.28 ID:antGLQgC0
お前ら一部の教師の妄想や思想の押し付けの方が危険だろw

801 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:23:46.18 ID:8LMmnF9+0
大東亜戦争とは、東アジアの植民地解放のための聖戦だった、みたいなウソっぱちを教えるなってことだろ。
当たり前のまっとうな意見だな。
正しく教えれば問題ない。大東亜戦争でも。
大東亜戦争とは、東アジアから西欧列強を排除し、代わってその領土および資源を支配するための侵略戦争であった、
とちゃんと教えればな。
それより中国戦線もっと書け。三光作戦という政治政策しか教わってねえぞ。
殺光、焼光、愴光だっけかな。殺しつくす、焼き尽くす、奪い尽くす。

802 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:24:12.09 ID:aWtjyrqL0
>>792
批准するために改憲を行おうとすると言うのは、
政治家が国際法を憲法よりも上位に考えた結果に起こること。
解釈で乗り越えるというのも同様のこと。
国家の生死にかかわる事でない限り、憲法と合わない条約ならば批准はしないというのが当然のことではないか。
憲法遵守すべき立場の人間がそれでは、国が危うくなるだけだな。


803 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:24:32.95 ID:kwaXvvTzO
>791
ははは、頭おかしいんじゃねーの。

804 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:25:09.55 ID:lG8NGW6TO
>>791
だからそういう解釈を教えるべきじゃないってことだよ。
淡々と歴史的な事実を教えればいいのに、なぜいちいち善悪の判定まで教えこむのさ。

自衛とアジア解放のための良い戦いだった!
アジア侵略のための悪い戦争だった!

どっちも教える必要ないよ
あるいはどっちも教えるか

805 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:26:29.12 ID:Zy/s6KKf0
>>801
三光作戦に関しては大陸側の捏造だろ

806 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:26:49.35 ID:f96rDcXR0
>>804
解釈でなく事実>インチキ・ウソ  >>630>>640で言ったとおり。戦争前の日米交渉では「アジアの解放」とか出てこないよ?真珠湾のあとに突然後付けしたんだよ。

807 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:26:52.45 ID:C4GY0FzT0
教師にこそもう一度教育が必要だな

808 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:27:05.27 ID:199b/BkH0
>>804
そうそう。

両者の主張と、結果としていろいろあったが最終的に
それまで存在していたアジアの植民地が無くなったという
事実を教えればそれでいい話。

809 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:27:30.34 ID:WO8LDSxh0
若き日の 宇野宗佑 は

”庄屋平兵衛獄門記”

という一揆を起こした農民を主人公にした小説を書いている。

この才人は
自分が後にいわば一揆を弾圧する側の国家権力の長になることを
想像できたのだろうか。



810 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:27:53.90 ID:OwPFdCRsO
>>803
おかしかねーよ?
『負けた国で戦争の正当性を根本から否定する教育が行われた』
後世に残るべき歴史だろ


811 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:28:44.66 ID:QtLsZPPw0
>>802
> 批准するために改憲を行おうとすると言うのは、
> 政治家が国際法を憲法よりも上位に考えた結果に起こること。
ところが、学者の世界ではそうは考えないんだ。
国際法が上位にくる場合は憲法は単に無効になるだけで改憲する必要はない。
逆に下位にくる場合に改憲しなかった場合は批准できなくなる(無効になるので)ので改憲しなければいけなくなる。

このあたりは屁理屈合戦だから一般人はもちろんのこと政治家にとってすら関係ないことなんだけどね。

812 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:29:10.91 ID:0017UjIt0
>>783
だから中共は台湾も中国の領土だって言ってるじゃないか。
要するに、近代に存在していた清朝領土全域を「ひとつの中国」とし、
その「ひとつの中国」を清朝が支配してたのを打倒して中華民国ができた。
その中華民国と中共とが争って中共が中国の支配権を確立したってことなんだろうさ。
台湾を除いてね。
正当な領土でも内戦しなきゃならんこともあるだろ。

だがしかし、こんなことは方便であって、実質チベットはそもそも別の国だってのは
俺だって言いたい話だ。
だが方便であってもそれなりの説得力はある。

813 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:29:16.22 ID:psB4kKUd0
今の日本人を見ろ、誰も確固たる価値基準も指針も持ってなくて全員が小さくバカになっている
個人に価値基準や指針の基盤を与えるのが歴史教育なんだから、
神話から初めて良いんだよ。
進化論は理科でやれ。

見ろ価値基準も指針も持っていないぐらぐらしたオッサンたちが政治をやっておるわい
あいつらは否定的な歴史を教わった不幸な子供たちなんだよ


814 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:29:34.58 ID:FtQH5zpR0
>>809
へぇー
宇野は福島前県知事のように失脚させられたんだな。
在位期間の長い総理はアメリカの犬じゃないと務まらない。

815 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:30:20.80 ID:HlNpLthz0
韓国の子供は見事に混同してるなw

816 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:30:36.11 ID:aWtjyrqL0
>>811
その屁理屈を正当化していると、主権が「国民」から外れることになるぞ。


817 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:31:03.01 ID:8LMmnF9+0
八路軍といかに戦ったのか、新泗軍といかにたたかったのか、全然知らねえ
知り合いのじいさんが「パールーが強いんだ、パールーパール」と言ってたけど。


818 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:31:44.15 ID:chZ9CBmB0
指導能力が無いって自白してることに気づいてないのかな?


819 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:31:48.40 ID:0017UjIt0
>>801
日本語の光に〜しつくすって用法はない。だから捏造。

820 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:32:05.64 ID:lG8NGW6TO
>>806
君のような決めつけが良くないんだって。
政府の思惑について、何かを言う必要ないんだよ。
公式の記録に残ってる事実だけを淡々と教えて、「どんな思惑だったか」という類推部分は教えないのが正しい。類推でしかないわけだから。

821 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:32:11.58 ID:WO8LDSxh0
>>851
大人になってもそれに気付かないから
いろいろな事物の半島起源説とか
Sea of Japan呼称問題とか
本気でやってくるんだけど。

822 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:32:37.22 ID:PyanuAA70

ダグラス・マッカーサー( 米・連合国最高司令官 )

日本は、絹産業以外には、国有の産物はほとんど何も無いのです。彼らは綿が無い、
羊毛が無い、石油の産出が無い、錫が無い、ゴムが無い。その他実に多くの原料が
欠如している。そしてそれら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。
もしこれらの原料の供給が断ち切られたら、一千万から一千二百万の失業者が
発生するであろうことを彼らは恐れていました。したがって彼らが戦争に
飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです。
(1951年5月3日、米国議会上院の軍事外交合同委員会の答弁にて
『東京裁判 日本の弁明』より)

( 『パール判事の日本無罪論』 小学館文庫 )


823 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:33:25.72 ID:msF3ECUQ0
史実をたらたらと書いてあるだけの
本なんて誰も読みたがらない。
神話風に盛り上がる教科書ならみんな読む。


824 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:34:02.90 ID:QtLsZPPw0
>>816
国家=国民(の総意)なので問題なし

※ただし、現実にそうなってるかどうかは関係ない

825 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:34:20.21 ID:UZry9RHc0
韓国人に言ってやれ(ry

826 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:34:30.61 ID:8LMmnF9+0
>>819
特務機関いくつも持って政治工作してるような旧陸軍にあって、
中国語を用いるなんて造作もないこと。ねつ造とかどうでもいい。
中国戦線での旧陸軍の作戦をもっと教科書に乗せろ。
太平洋戦線については、真珠湾、ミッドウェー、ガ島、アッツ、サイパン、沖縄まで書いてるのに。


827 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:34:51.30 ID:f96rDcXR0
>>820
歴史は穴埋めだけじゃなく、流れをおさえるのが大事な勉強なんだよ。国立2次試験の論述がその例。三世一身の法(723)と墾田永年私財法(743)は別々の事実として教えるだけではたいした意味がない。

828 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:35:48.31 ID:OwPFdCRsO
>>823
そりゃ趣味でやりゃいいんじゃないかい?
わざわざ給料払って歴史教師雇う意味がなくなるよ

829 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:37:42.62 ID:aWtjyrqL0
>>824
国家を縛るのが憲法だ。その憲法において主権者とされているのが国民だ。
何が国家=国民だよ。全然違うだろうが。
天皇が国民の総意によって日本国及び日本国民統合の象徴の地位についていることと
混同しているのではないか。

830 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:37:50.49 ID:mDptWW+40
しねーよ、朝鮮人じゃあるまいしwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

831 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:38:14.83 ID:WpO5Ct/50
まあ、日本神話は教える必要はないだろうな。
歴史としてはあいまいな点ばかりだから。
ただ、個人的にはこういう教科書もあってもいいとは思う。
ただ、学生の立場からすれば、他社のと独自性が高過ぎても困るだろう。
主に受験とかな。

832 :aoi ◆U1p9jHYFr6 :2011/07/30(土) 19:38:49.40 ID:xO+MEWVC0
あぁ神話とは南京大虐殺&慰安婦、あと集団自決の軍命扱いですね

833 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:38:53.12 ID:7sH4UfZd0
むしろ今の教科書に「権力に虐げられる庶民」→「だから革命」って伏線がある事の方が異常だろうが。

834 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:38:57.26 ID:IX4e+2KRO
>>813
同意。

進化論や唯物史観等のエセ科学を、学校で教育するのは間違っている。


835 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:39:04.85 ID:OwPFdCRsO
>>826
敵軍と特務しか意味が分からない作戦か
凄い作戦だな
てか、特務を首にしたら戦況が一変しそう

836 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:40:07.62 ID:8LMmnF9+0
日本神話って、オノゴロ島とか?
兄と妹の近親相姦とか?
そんなの歴史で教えてどうんすんだよww

837 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:40:09.60 ID:LWqyiYRz0
確かに現在の学校教育では神話と歴史的事実が混同されている。
従軍慰安婦、侵略戦争、南京大虐殺。
神話がアカ狂師(日本が滅ぶと革命ができてうれしいアホ)どもによって事実のように教えられている。
現状に対する指摘としてはまったく正しい。

838 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:40:21.56 ID:lG8NGW6TO
>>827
なにが言いたいか意味がわからん。
君は単に思想が偏ってるだけだよ。
「日本が悪辣な動機だけを持って戦争に踏み込んだ」としか教えたくないんだ。
マッカーサーが日本の戦争を自衛戦争だったと証言したことやパール判事が日本無罪を主張したことを教えるのは是か?
君は教えたくないと言うだろ?
たとえそういう証言をしたという事実があったとしても。

善悪の判定をしたがる君は、偏った目でしか歴史を見てないんだよ。


839 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:40:26.64 ID:RmuNc4+70
>>826
なにもしてないのに何で作戦をのせられるんだ?

840 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:40:37.62 ID:f96rDcXR0
たとえば「アジアの解放」という論点でいえば、

 戦争前の日米交渉では、「アジアの解放」は議題になっていなかった。
  ↓
 真珠湾攻撃後、日本は「アジアの解放のための戦争だ」と言い出した
  ↓
 ところが実際は、東南アジアを解放せず日本領土とし、資源獲得を狙った。
  ↓
 その後戦況が悪化すると、方針を変更して独立を認める場合もあった。

という(みっともない)流れをおさえること。それがつくる会教科書ではできないわけだ

841 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:40:51.12 ID:QtLsZPPw0
>>829
> 何が国家=国民だよ。全然違うだろうが。
ということになっているというかしている。
そうでないと筋が通った論理展開ができなくなる。

ただ、それで一番困ることは同じような理屈で独裁国家をも認めてしまうことになるということなんだがな。
その意味ではそうあっちゃいけないんだけど、そこを崩されると学者様は飯が食えなくなるのでそうしている。

言うまでもないが、学者以外の人間にとっちゃどうでもいいことだ。

842 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:41:02.64 ID:FtQH5zpR0
アメリカ様が皇軍を倒してくださったんだ

843 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:41:41.54 ID:199b/BkH0
>>840
まるで今の教科書ならその流れがおさえられるような言い方だけど、そうなの?

844 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:41:54.41 ID:aWtjyrqL0
>>836
日本列島でなく、「日本国」のあけぼのは、その神話と共に始まった。
恥ずかしいか?恥ずかしくてもこれが我が国の史書に記された「事実」だ。

845 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:42:02.72 ID:CmKz5kYy0
どうせあれだろ
天皇制度は神話だから廃止って言いたいだけだろ

846 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:42:54.19 ID:jSiCm2360
戦時中生まれの人いわく「教師なんか信じるな」
終戦まで「鬼畜英米!」って教えてた教師が
敗戦の翌日から事有るごとに「アメーリカでは」とか妙な発音で絶賛してたらしいからな

結局、左よりの思考で生徒洗脳することが許されてるからこんなバカなこと言えるのであって
今回みたいに違う教科書で左寄りじゃない考えができる生徒が増えればバカなことも言わなくなるんじゃないかねw

847 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:43:08.57 ID:8LMmnF9+0
>>839
え?大陸で200万人もの旧陸軍はなにもしてないの??w
ただ飯食って、糞して、寝るだけ??

848 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:43:51.91 ID:199b/BkH0
神話教えると、実は歴史よりも地理に役立つんじゃなかろうか?

なんて思ったりして

849 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:44:34.30 ID:bI8UuG3A0
>>840
1919年(大正8年)に日本がパリ講和会議で国際連盟規約に
人種差別撤廃を入れようとしたのも忘れるな

850 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:44:52.29 ID:aWtjyrqL0
>>841
>筋が通った論理展開が出来なくなる。
結論を先行させ、あとから道理を「作る」からそうなるんだろ。
つまり「結論」が間違っているんだよ。「問題無し」にはならないってこった。


851 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:44:54.76 ID:OwPFdCRsO
>>838
革命信者「どんな理由にしろ結果として悪いことをした」
アジア諸国「被害状況から肯定は出来ないが、西欧から独立する契機になった点は感謝している」


852 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:45:17.29 ID:8LMmnF9+0
そういう記述がある、という事実と、
その記述の内容が事実である、ということは全然違うwww

853 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:45:59.09 ID:RmuNc4+70
>>840
ジャカルタ夜明け前という本を知ってる?
知らないなら読んでみな。

854 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:46:14.66 ID:Zz9jQM990
神話はそのまんま事実を表したものではないが、存在した事実が土台になってることがある。
出雲の国譲りを信じることはできなくても、当時出雲に大量の青銅器を所有する集団がいたことは発掘よりわかってきている。
トロイ戦争は長らく単なる神話と思われてたがシュリーマンの発掘によって本当にあったと確認できた。
日本にも同じ事が起こっても不思議じゃない。
なぜ古代から言い伝えられたことを即座に嘘と断定できるのか?それが聞きたい。

855 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:46:32.73 ID:Tdrn/e2M0
エロ漫画を本気にするバカ教師w
生徒より頭悪い

856 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:46:40.61 ID:WpO5Ct/50
>>844
それを事実といったら色々と支障が出てくるぞ。
世界史における日本の歴史を考察する際に、
神様がしゃしゃり出てくると、一気に混沌としてくる。
歴史学においては宗教は分離して考えねばならんよ。
ただ、宗教が重要な要素であることは明らかだ。
いっそ日本神話は「社会」や「地理」で風俗として教えたらどうだ?

857 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 :2011/07/30(土) 19:46:47.45 ID:U+84AI8G0
>>1
韓国じゃないんだから。

858 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:46:48.85 ID:kwaXvvTzO
>826
中国戦線では、日本軍は行方不明を戦死扱いにしてたんだよ。

理由は、日本兵を浚って残虐な拷問を加えて中国人は楽しんでいたんだよ。そんなのを教科書に載せたいの?

それに三光は日本軍がビラを回収したが意味が分からず、中国人の残虐さを逆に知った位だぞ。

大陸打通作戦開始前、軍司令官が、中国の謀略に乗らぬよう、焼くな、殺すな、犯すなと厳命している。

859 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:46:57.82 ID:RmuNc4+70
>>847
しなくちゃいけないの?
というかいつの話?

860 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:46:58.67 ID:199b/BkH0
>>836
欧米じゃアダムの肋骨からイブを作ってアダムとイブが子作りしたなんてのを
真面目に教えてんじゃないの?いや、知らないけど。

861 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:47:24.10 ID:aWtjyrqL0
>>854
神話は物語であり、事実かどうかなんて蚊帳の外の話。


862 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:47:36.37 ID:QtLsZPPw0
>>850
なぜそう考えるかというと、国家作用を正当化するためにどうしても必要になるんだよ。
そこを否定されると全ての国家作用が否定されてしまう。
なので学者はそう考えざるをえなかった。

その結果が正しいか間違ってるかは個人の価値判断だけど、いろいろおかしいというのは正直俺も思っている。

863 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:47:42.15 ID:XXCrI8eG0
>>844
そのとおり。
日本の建国の理念は、自己犠牲と、他者への思いやりだ。

久米歌
「前妻が肴乞はさば、たちそばの実の無けくをこきしえね。後妻が肴乞はさば、いちさかき実の多けくをこきしえね」

前妻とは、大和民族の兵隊、後妻とは被征服民族のことだ。


864 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:49:24.21 ID:OwPFdCRsO
>>856
宗教への理解は必要だろ
歴史教育に不要なのは信仰であって宗教じゃない


865 :南米院 ◆ULzeEom5Pip0 :2011/07/30(土) 19:50:04.79 ID:FVxzUBXM0
韓国はずっとファンタジー物語qqqqq

866 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:50:39.92 ID:WpO5Ct/50
>>861
同意。神話は物語として教えるべき。
源氏物語は誇るべき日本の文学作品であるが、
それを事実の歴史として教える事ができないのと同じ事だ。
ただ、神話事態は、国語や社会等で教えてもよいと思う。
事実の歴史としての教育はタブーだと思うが。

867 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:51:05.95 ID:tUygaknmO
ま、どこの国も歴史教育においては自国史を美化してるからね
そういう意味では世界標準に近づいたとも言える


868 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:51:55.65 ID:lG8NGW6TO
>>840
君の解釈はいいんだって。
保守側の解釈では同じ歴史の流れを

欧米はアジアの自由を認めないから会議の議題にはしないことにした

開戦後に晴れてアジアの解放を宣言

アジアの国々は植民地支配されてたためすぐに独立できる状況ではなく、いったん日本の傘下に組み込む

のち、独立を許していく

上の解釈が正しいって言ってるんじゃないよ。
まったく同じ歴史だって、悪く解釈することも良く解釈することもできるってこと。
だから、善悪判定を持ち込み勝手に解釈したものを生徒に教えるべきじゃないんだよ。

869 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:52:56.62 ID:bI8UuG3A0
古代史を学ぶ上で神話は重要だぞ
古代の人の考え方が集約されてる
今よりもっと政治と宗教が密接な関係にある古代では
神話は重要な歴史資料だよ

870 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:52:56.54 ID:RmuNc4+70
>>866
神話というものの歴史における事実とは何かな。

871 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:53:35.35 ID:kwaXvvTzO
>847
戦記物でも読んでろよ。比較的平穏で、物資が豊富な中国では新兵の訓練に適していたし、中国は物資調達地に重宝していたんだよ。
共産系の八路軍や新4軍、国民党とは小競り合いはしてたんだよ

872 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:53:41.65 ID:WpO5Ct/50
>>864
歴史教育は、日本国が認定した、事実の歴史を教える場だと言う側面がある。
宗教への理解は重要ではあるが、それを歴史に持ち込む必要はない。
故に、歴史ではなく、地理や社会で勉強すべきだと思う。

873 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:53:46.92 ID:WO8LDSxh0
>>867
自国を卑下する画期的な歴史教育って
貴重な存在だから(もう今後地球のどこにも出現しないだろう)
世界文化遺産として保護すべきだぞ。



874 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:53:48.62 ID:aWtjyrqL0
>>856
「しゃしゃり出てくる」のは神様や宗教ではなく「日本書紀」という歴史史料。
そして宗教のことも史学の範疇。
「してはならない」のは、当時の世俗の信仰を踏まえて見ることではなく、現代の独特な信仰に基づいて「解釈」をたれてしまうこと。



875 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:54:34.88 ID:FtQH5zpR0
福沢諭吉
「人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なり」
中江兆民
「我日本古より今に至る迄哲学なし」

どんな時でも日本万歳思想のネトウヨ哲学が羨ましい

876 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:54:57.08 ID:ju2DNgveP
明治天皇は暗殺され、長州の田舎者、大室寅之祐にすり替えられた。
あとは明治政府のなすがまま。

http://www3.ocn.ne.jp/~sigikain/meijisyasin.html

http://www3.ocn.ne.jp/~sigikain/meiji23.jpg
http://www3.ocn.ne.jp/~sigikain/simei300.jpg

877 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:55:08.18 ID:aQ6hmd4z0
日本は悪で中共は善という神話を信じきっている
バカサヨ教師どもが何言ってんだか。

878 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:55:18.82 ID:S9UtRdZ20
>>840
別に、日本はアジアの開放のために「日米交渉」をしていたわけじゃないよ。
アメリカはフィリピン以外、東南アジアに植民地を持っていないわけで、
名宛人が違う。
他方、大西洋戦線は、1939年に先に開かれていて、
ここで連合国は「後付け」で、大西洋憲章(41年夏)を出したから、
これを流用する形で、太平洋においても、先に「大義名分を建てた」ようにみえないこともないw

実は、日米戦争というのは、「大義ががっぷり四つに組んでいない」んだよ。
日米の理想は、実は共通する面もあって、それが状況を複雑にしている。
大日本帝国が建てた「戦争の大義」の真の名宛て人は、実は大英帝国(&仏と蘭の植民地帝国)で、
これは日本の敗戦にも関わらず、結果として実現している(アメリカとしてもまんざらでは無い結果)
それを、右派が斜めから取り上げたのが、「アジア諸国が独立した」というお話。

879 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:55:33.28 ID:Zz9jQM990
>>861
いや発掘をしてるし、神話の元となった事実が発見されているんだが。
史記だって夏王朝の跡なんてまだ見つかってなかったと思うんだが、それも神話にしないとおかしいことになるんじゃない?

880 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:58:00.95 ID:0nkdoi970
俺が大学の時に、教育実習で生徒に歴史の授業やったけど、




半分くらい寝てたな

881 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:59:24.95 ID:aWtjyrqL0
>>879
神話のもととなったかどうかを誰がどうやって検証したんだ。
「青銅器が出てきたことは、神話と符合する事実たりえる」と思っている人があるってだけだろ。

882 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:59:43.25 ID:WpO5Ct/50
>>874
ならば日本書紀の事を説明すれば事足りるのではないか?
そも、宗教の事を紹介するのならば、仏・神・キリスト。全てに一定の理解が必要だ。
それを神道の宗教観においてのみ、大々的に紙面を割く。これは問題では?
唯一神が世界を作りました!と教科書に紹介したら、白い目で見るだろう?
国産みと神産みや、三貴神を教科書で紹介するのも同じ事だと思うがな。

883 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 19:59:53.99 ID:QtLsZPPw0
>>872
宗教を中心として歴史を考えると面白いと言えば面白いけど、流石に中学や高校の教科書に載せられるレベルではないか。
個人の興味に任せた方がかえって歴史に興味を持つかもしれないし。

884 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:00:02.78 ID:XXCrI8eG0
>>865
何言ってんだよ。
韓国は、国の物語すらもっていない。
あるのは、日本への憎悪と敵対心、そして中華思想。

他の国は、国の物語をもっている。
米国は、自由と信仰を求めた人達が、国を作った。
豪州は、犯罪者扱いされた人達が、国を作った。

日本は、神武天皇の軍隊が大和を平定し、国を作った。


885 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:00:31.14 ID:lLBSo1oI0
教師もゆとり化

886 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:00:48.98 ID:0nkdoi970



いい国作ろう鎌倉幕府



こんくらいしか覚えてないし、普通。

887 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:01:54.51 ID:ju2DNgveP
>>884
神武天皇の実在は疑問

888 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:01:57.61 ID:aWtjyrqL0
>>882
「日本列島ではなく」とわざわざ冒頭に書いた意味を多分君は受け取れていない。

キリスト教は戦国時代に出てくるな。
仏教は神話には出て来ないが古代史の範疇。


889 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:02:21.30 ID:Zz9jQM990
>>881
そこまで認めたくないなら認めないでいいんじゃない?
今でも”地球は丸くない”とか”生物はすべて神が創った”という人間もいるんだし。

890 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:02:25.70 ID:OwPFdCRsO
>>872
んー
教師が信用できないから不用意に『なんで』を教えさせないってこと?
現状だとそれがいいかもね(´・ω・)


891 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:02:36.29 ID:lG8NGW6TO
>>878
いや、だからさ。
私は「解釈を教えるな」って主張してるだけで、右派の解釈が正しいなんてまったく言ってないよ。
逆も同じ。左派のいう侵略戦争だったという断定もまったく正しいとは思えない。
なんで侵略戦争だったか自衛戦争だったかアジアの解放のための戦争だったかを決めなきゃいけないの?って話。
日本が開戦前の会議でそれを言わず開戦後にアジア開戦戦争だと言ったんなら、そう教えたらいい。
その後日本の支配下に組み込んだというならそう教えればいい。
その後アジア諸国が独立したというならそう教えればいい。
善悪判定しないようにだけ気をつけて、事実のみを教えればいいんだよ

892 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:04:42.45 ID:fEhc/fzg0
さて、歴史とは何か、事実とは何か、正しいとは何か

教えてくれませんか、先生(わかるわけないか教師ごときが)

893 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:04:52.22 ID:WpO5Ct/50
>>883
宗教を中心とした歴史観をもって歴史を考察する事は素晴らしい事だと思う。
是非、大学で勉強して、形として欲しいものだな。
ただ、土台となる中・高では、やはり歴史は歴史、宗教は宗教と勉強して欲しい。
基礎ができているからこそ、発掘や研究で、
神話と事実の関連性を考察する事ができると思うんだ。

894 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:04:56.49 ID:WO8LDSxh0
>>836
それも 頼朝の征夷大将軍就任以外の事象
実効支配確立や右近衛大将就任をもって
幕府の始まりとする立場にたつと 1192年じゃなくなる
 

895 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:05:15.55 ID:aWtjyrqL0
>>889
国譲りと青銅器を関連付けているその根拠は何か、誰がどうやって何を検証する事によって
神話のもととなったと「確認」したんだ。
認める認めないの話じゃない。検証の有無と事実の確認の問題だよ。

896 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:06:30.41 ID:luR2t+Rq0
>>719
言葉が足りないから補足してやろう
中国の領土を日本の領土としたことは、無い。

897 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:08:32.95 ID:iFevmgw50
神話を歴史と思ってるのは朝鮮人だけ、半島に行って同じ事言ってみろよ
教師に向いて無いのだから辞めるのが子供の為とか思わないの?

898 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:08:41.05 ID:WpO5Ct/50
>>888
見直してみた。成程、どうやら当方が見誤っていたみたいだ。
日本列島の成立と、日本国の朝廷がいかにして出来上がったか。
これをきちんと二分して考えるなら、一部神話の歴史導入に賛成だ。
イザナギ夫婦が日本を作りました!なら、事実とは言い難いが、
天皇が自身の権力正統性の確立のため神話を編纂し、
それが一部事実を取り入れていると教える事はありだと思う。

899 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:09:33.20 ID:RmuNc4+70
>>887
なぜ?

900 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:09:49.77 ID:FtQH5zpR0
>>884
220 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 11:40:10.07 ID:6DUgeCnH0
天皇家より古い氏族が奉祀した神社だけでも、下に列挙した200倍の数が
あるよ。もちろんどれも伊勢より200年以上歴史が長いだろう古社。
文献史学的には、現在の伊勢神宮の形の元型が整ったのが
雄略天皇の止由気の遷座のエピソードよりももっと遅い、文武2年
くらいだと思う。


大山阿夫利神社 大山祇大神
生石神社 大己貴神 (大国主神) 少彦名神
奥宮神社 天照国照彦火明櫛玉饒速日命
青渭神社 大国主命
伊射奈岐神社 伊奘諾命・伊奘冉命
熊野本宮大社 家津御子大神
玉置神社 国常立尊
氷川女体神社 奇稲田姫命
吉備津彦  大吉備津彦命
貴布禰神社神社 高オカミ神
石上神宮 布留御魂大神、 布都斯魂大神、宇摩志麻治命
大神神社 倭大物主櫛甕玉命 大己貴神 少彦名神


皇室より古く由緒ある氏族なんて挙げればきりがないよ。

大和朝廷は侵略者。手塚治虫も書いてる

901 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:10:21.99 ID:I7/qiknX0
教師の意見など聞いてはいない。

902 :南米院 ◆ULzeEom5Pip0 :2011/07/30(土) 20:10:44.75 ID:FVxzUBXM0
>>876
南方仁が写ってないから偽写真だなqqqqq

903 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:11:16.09 ID:tUygaknmO
>1
の記事には間違いが多い、てあるけど具体的な記述がない
用語が古い→間違い
てわけじゃないからね
既存の教科書はむしろ新説に飛びつき易い傾向がある
「最新」のイメージをアピールしたいのだろうが

904 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:11:41.47 ID:Zz9jQM990
>>895
国譲りが神話のとおりのはずがないし、血なまぐさいこともずいぶんあったかも知れない。
しかし出雲という強力な国があっただろうし、それを大和朝廷が吸収したことまでは同意する?
私の言いたいことは、大和朝廷に対しずいぶん有利な見方であろうけど、
当時の大和朝廷がどのように歴史を伝えてきたかが”神話”であり、
それを歴史として伝えるべきでないかと言う事。

905 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:12:14.53 ID:8LMmnF9+0
>>876
みんな細目でエラ張ったチョン顔でワロタwwww

906 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:12:33.92 ID:S9UtRdZ20
>>891
でもさ、ポツダム宣言の中身は、絶対に教えなくてはならない状況で、
(これが分からないと、日本国憲法が分からなくなる。内容の賛否は別。)
>>878の内容を、どうやって教える?
これは意外に難しい。実は日米双方、筋が通っていないのが実情だからだ。
俺の個人的見解のように、
「日米戦争は、大英帝国を西太平洋から追放するために、日本とアメリカが行った
有刺鉄線プロレスのガチンコ総力試合であった」
と言い切ってしまえばいいが(福田和也説とほぼ同じ見解)
まさか、これをそのまま子どもに教えるわけにはいくまい。
子どもに教えるべき歴史としては、両論併記的に教え、どの部分が実現されたのか、
淡々と事実をトレースするところまでしか、できない。
現状の教科書では、西欧植民地帝国の崩壊は、明後日の方向から出てきた謎の事実のようにすらみえる。
これでは、インドネシア独立運動すら理解できない。

907 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:12:47.49 ID:lG8NGW6TO
>>895
日本書紀や古事記の様々な記述と、古代の遺跡や出土品との符号っぷりについては国文学上の常識レベルだと思う。
神話にくるんで暗示的に示された歴史書。無論丸のみはできないが無視してはいけない。
私は大学一回生のときの一般教養で学んだし。

908 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:13:53.52 ID:psB4kKUd0
>>901
ま、それに尽きるな

909 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:13:58.91 ID:QtLsZPPw0
>>893
俺が子供のころ海外で育ったんだが、(国によって多少の違いはあるけど)宗教と歴史は不可分なものという扱いをしていた。
ただ、それがなぜ可能なのかというと宗教が身近な存在であって、歴史を考える上で避けられないというところにあったんだと思う。
おかげでバリバリの仏教徒の俺は苦労したけどな。

日本の風土ではどうしても歴史と宗教は合いにくいと思う。

910 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:14:13.11 ID:KJ13FMcb0
ウヨとかサヨとか、国家主義とかの思想で、歴史教科書を汚染しないでほしい。

昨夜も書いたが、百姓一揆を階級闘争史観で語る、現在の歴史教育は完全な誤り。
一揆を組織し、統率していた者たちは農民ではなく、山伏やバクチ打ち、サンカなど
の非定住民であったという。
彼らの広範な情報網・連絡網が江戸後半から明治初年に頻発した一揆、打ちこわしの連体を
形成していた。……「日本のまつろわぬ民(水澤龍樹著)」

この非定住民のことも、教育にいれていかないと、近世までの歴史は片手落ちだな。
あと、「中世的世界とは何だろうか(細野網彦著)」も面白かった。

911 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:15:02.45 ID:FtQH5zpR0
>>906
アメリカなんか排日移民法で日本人を差別したろ。

912 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:15:25.13 ID:WpO5Ct/50
>>895
神話の面倒な点は、史料の薄さゆえの曖昧さだな。
日本書紀や古事記等しか史料がないので、史料の正確さが大いに欠損する。
故に、これらの史料を本気で「事実」として教えると、
戦前の様な天皇神格化云々に行きついてしまう訳だな。
なので、神話は神話として教え、歴史と符号しそうな面だけピックアップする。
神話を歴史教育に導入するなら、この辺りが限界かな。

913 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:17:05.67 ID:XIUWsq8v0
>>900
「元伊勢」って知ってる?
伊勢神宮は初めから伊勢にあったのではないよ

914 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:17:22.63 ID:sxmIJ9sD0
>間違いの多い自由社の歴史教科書

自分たちの間違いを認めたくないんだ。コイツらの胡散臭い自虐史観にはうんざいだ。

915 : 忍法帖【Lv=18,xxxPT】 :2011/07/30(土) 20:17:28.17 ID:U+84AI8G0
>>900
手塚治虫はたかが漫画家だろうがw
描いてるから何なんだよw

漫画が事実とか抜かすつもりか?

916 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:17:45.54 ID:8LMmnF9+0
つうか日本国の誕生は1953年だろ。
それ以前の歴史は概略でいいよ。
世界中の中で、義務教育で2000年の歴史教える国ないだろ。

917 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:18:12.18 ID:RmuNc4+70
>>910
そういうのも一方的な感覚なんだわ。
一揆を統率したのが非定住民だったというのは一部の歴史学者の極論じゃないの?
それが定着しない理由を考えてみるといいな。

918 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:18:37.75 ID:XXCrI8eG0
>>900
神武天皇は、大和民族の兵隊には粗食を与え、被征服民族に豊かな食事を与えた。
これが、日本の肇国の精神だ。

前妻が肴乞はさば たちそばの実の無けくをこきしひゑね
後妻が肴乞はさば いちさかき実の多けくをこきだひゑね


919 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:19:04.61 ID:RmuNc4+70
>>915
手塚治虫ってけっこう適当なんだよね。
一方の歴史観を無批判に取り入れてる。
あれを信奉するのもどうかな。

920 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:19:30.73 ID:aWtjyrqL0
>>898
きちんと分けて考えている、までは正しい。
こちらは確かにそのようにして思考している。

でも「神話は天皇が編纂した」なんて事は「事実として確認されていない」。
「一部事実を取り入れている」なんてのも検証不能。
ご都合主義的に解釈を垂れると言うのは「やってはいけないこと」。

921 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:20:28.33 ID:FtQH5zpR0
>>915
いや手塚治虫がサヨ仲間で嬉しいから自慢した
ネトウヨ仲間の漫画家は小林よしのりや山野車輪だけどはしご下ろされてたしぃw

922 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:21:33.47 ID:QtLsZPPw0
>>919
司馬信者のウザさはもはや犯罪にしてもいいレベル。

923 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:22:09.29 ID:psB4kKUd0
>>900みたいのは何が言いたいんだ?
日本建国以前にも列島には日本人がいたとかそんなアホみたいな事を言いたいわけじゃないよね?

924 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:22:16.21 ID:WO8LDSxh0
>>916
菅直人 第94代総理は誰から数えて94代だ?
今の日本は大日本帝国から継続している。
別の国だったら
戦時中の行為に関する謝罪や賠償って
”他所の国がやったこと知らぬ存ぜぬ”
とつっぱねることも可能になる

925 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:22:42.24 ID:S9UtRdZ20
>>911
つまりそういうことなんだ。

英仏蘭…人種差別を推進し、植民地主義も推進する
日本…人種差別は撤廃すべきだが、植民地主義(経済的権益)は保持する
米国…経済的権益は開放されるべきだが、人種差別は推進する

歴史的結末…人種差別は悪とされ、旧来型の経済的権益の概念も消えた(英仏蘭の完全敗北)

米国の本来の主張は、「中国の門戸開放」でしかない。ここに「ファシズムとの戦い」なる
地球の裏側での大義が紛れ込んだことから、話が見えなくなってしまっている。
右派系の教科書は、この捻れを断ち切る、一助にはなると思う。どうせ両論併記的に教えるんだからね。

926 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:22:49.52 ID:aWtjyrqL0
>>904
国譲りというのが物語の話では無くて「事実として存在した歴史である」と君は思っているんだな。
私が思うのは「神話は神話である」ということだけだよ。
事実として検証出来たならば話は別だけれどね。

927 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:22:58.17 ID:WpO5Ct/50
>>909
歴史と宗教は合いにくいという、日本の歴史の特徴は事実だと思う。
そも、日本の歴史観は神仏習合、何でもありの宗教観。
宗教と歴史は不可分なものという認識では、色々と難しいよね。
それ故、国家神道的歴史観を濃密に教えた戦前教育は誤っていると思う。
神話を事実として教えるのではなく、神話が如何に日本の歴史に影響を与えたか。
神話と教科書が共存するならこの辺りがベストだと思う。

928 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:23:22.81 ID:kwaXvvTzO
>916
韓国も1945年以前の歴史は概略でいいな。中共もな。

929 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:23:52.84 ID:lG8NGW6TO
>>906
そんな詳しいとこまで教えるのは無理だと思う。
でもそこまで教えられたら歴史を面白がる生徒が増えるとも思う。
で、どっちにしても教える技量はないと思う。
私の経験でいうと、教師に南京大虐殺の資料として百人斬りの新聞記事を配られ、「アメリカは、戦争をはやく終わらせるため、両国の犠牲を少なくするため原爆を投下した」って教えられたよ。
そのレベルの教師がゴロゴロしてるよ。

ちなみにイギリスを視点にしてみると、むちゃくちゃだよねw二枚舌外交。
ぶっちゃけ今の子は日英同盟すら知らないと思う。
イギリスを追い出す話を生徒にするなら、同盟の顛末から語りたいぐらい。

もう戦争しました負けましたでいいのかも。

930 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:24:12.69 ID:8LMmnF9+0
>>924
いいじゃんそれで。
義務教育ではね。
義務教育でだぞ。自分で勉強したい奴は自分で自由に勉強すればいい。


931 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:25:13.77 ID:wuihwuY10
神話は道徳の時間に教えれば別にいいだろ。

932 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:25:51.03 ID:FtQH5zpR0
>>923
戦後ですら大和朝廷の支配は日本列島全土に及んだ、とウヨ学者は言い張るからな。

933 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:26:40.67 ID:WO8LDSxh0
どの科目にいれるかは別にして
日本人として必要な基礎教養として教えておく必要はある


934 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:27:12.30 ID:c/lYPXLb0
聖書読めなくなるだろう、欧米では。
馬鹿か、この教師共は。

935 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:27:23.65 ID:WpO5Ct/50
>>920
解釈と言うが、日本神話を日本国の成立としてとらえるのも、君の勝手な解釈だろう?
日本国の成立は大王と大和朝廷の成立であり、日本神話は関係が薄い。
大王の成立を日本神話から説明しようにも、史料が豊富でないため、
それを教科書で教えるには無理やりな解釈が必要だ。
君の主張を是とするならば、神話を歴史教育に取り入れることはやってはいけない。

936 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:27:34.78 ID:+wIbWaKhO
自由社って
少し前に民団が小田原市に使うなって
言ってきた教科書だよな

937 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:27:40.25 ID:XXCrI8eG0
>>924
そのとおり

ブサヨは、何とか大日本帝国から断絶している事にしたがるけど、
日本国は、明らかに大日本帝国から継続してる。

菅首相は、伊藤博文から数えて第94代首相だし、
日本国憲法は、帝国憲法第七十三条による帝国議会の議決を経た帝国憲法の改正を、
昭和天皇が裁可し、成立した。


938 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:27:51.03 ID:hMSxwVrT0
つーかお前ら何人なの?wwwww
ボウフラみたいに最近ひょっこり生まれてきたんじゃねーのwwwww

939 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:27:55.91 ID:8LMmnF9+0
>>933
基礎教養としてなら、幼稚園や保育園児向けに童話の一つとして
絵本読み聞かせれば十分。

940 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:28:01.88 ID:psB4kKUd0
>>932
うん、つまり何なんだ?
>>900で何が言いたいのか教えてくれ

941 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:28:06.28 ID:Zz9jQM990
>>926
神話は神話でという気持ちもわかるし(特に戦前の教育の反動のある人)それでいいと思うけど、最後にひとつ。
出雲で見つかった日本最大クラスの量の青銅器をどう考えてるの?

942 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:28:53.59 ID:nypEyR4N0
中国のホラ話をまともに受け取ってるヤツに言われてもな。

943 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:29:10.83 ID:Irp9nP0I0
>>1
「自分の知っていること」から外へ出ようとしない、
とてもとてもとてもとても・・・・・了見の狭い連中。

944 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:29:19.17 ID:FtQH5zpR0
>>937
断続したがってるのはネトウヨもそうだよw
それにサヨクは悪の大日本が続いてるから共和制にしてリセットすべきという立場だろ。
俺はそうだ。
ドイツのように戦後賠償しないとね

945 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:29:43.90 ID:0OMXyWX00
浜村淳には何でも好きなことを言わせておけえば良い。どうせ死にかけの骨と皮なんだから。

946 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:30:01.71 ID:lG8NGW6TO
>>910
一揆は裕福な地主が起こしてたパターンが多いよ。
簡単にいうとノンキなストライキみたいなもので、行事化してるものが大半だった。

階級闘争史観で語ってる今の教科書が間違いだというのはまるまる同意。
今の教科書は東北あたりの農民の貧しさや、ごくごく一部でしかなかったオカミによる一揆の制圧とかをやたら拡大解釈して階級闘争史っぽくしたがるね。

947 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:30:13.61 ID:aWtjyrqL0
>>907
神話学なんざ津田左右吉先生のおかげで迷走に迷走を重ねている分野だが
てか、国文学?
「常識レベル」で「出土品との符号」なんて話は出てこねーでしょ。
国文なら日本書紀は描かれる様子から外向きのもの、古事記は内向きのもの、とかそういうレベルの話をする。
一体何の講義を受けたんだか。

948 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:30:34.53 ID:JhAwTeWE0
ていうか、なんでそんな教科書使ってるの?
そもそもこれほど誤りがあっても、教科書検定って通過するものなの?

949 : 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 :2011/07/30(土) 20:30:54.34 ID:RxgLad1j0
民間の労働組合が条件闘争どころか生活権闘争というギリギリの
状況のときにこのような形でイデオロギー闘争を行っている
公務員はやはり労働貴族としか言いようがない
税金におんぶに抱っこの労働貴族だが

950 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:31:58.41 ID:FtQH5zpR0
>>944は断絶の間違いです

951 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:31:59.44 ID:mcEqkvU60
神話と歴史の違いを教師が教えてやればいいだけだろ。
何のために教師やってんだよ。

952 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:32:26.30 ID:S9UtRdZ20
>>941
ここには横レスだが、でもそれは神話と矛盾するんだ。
出雲系の神を祀る代表的な神社である、例えば埼玉県の大宮氷川神社から、
島根県で出てきた青銅器と同じものが、ゴロゴロ出土することは無い。
長野県の諏訪大社下社からも、島根県の青銅器は全く出てこない。
東国の出雲神は、せいぜい奈良県三輪山より西とは、実は全く縁が無い。

神話は神話、考古学は考古学という切り分けは、依然として機能する。
神話と神社縁起が語るような「大出雲帝国」は存在しない。

953 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:32:57.27 ID:aWtjyrqL0
>>941
青銅器があったんだなぁ、と考えている。
何かにこじつける必要を感じない。

954 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:34:25.08 ID:ChIuEZPM0
紀元前の話やら古墳がどうたらが長過ぎる割に
いわゆる戦後の話はほとんどやらなかったな俺らの中高時代は
今はどうなってんの?
南京大虐殺とかまだやってるの?

955 : 【東電 72.0 %】 :2011/07/30(土) 20:35:16.98 ID:GdndBru+0
「古事記の内容を歴史的事実として生徒に納得させろ」とか言われたら
そっちの方が難しそうな気がするんだがw

あまり子供の洞察力とかをバカにすんなよ。

956 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:35:51.82 ID:tUygaknmO
>948
教科書事件をきっかけに政府の検定力は落ちてる
で、時代と逆行した左傾化が進んでそれに反発する勢力が右傾の教科書作ろうとしたわけ

957 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:37:11.59 ID:XXCrI8eG0
>944
まあ、改憲命の人も、断絶させたがってはいるな。
「米国に押し付けられた憲法だから、早く改正しろ」という理論。

自分は、最近の中曽根はサヨ思想で大嫌いだけど、彼が書いた改憲案の前文はなかなか良かったな。

「日本国民はアジアの東、太平洋と日本海の波洗う美しい島々に、天皇を国民統合の象徴としていただき、
和を尊び、多様な思想や生活信条をおおらかに認め合いつつ、独自の伝統と文化をつくり伝え、多くの試練を乗り越えてきた。
…中略…
日本国民は、大日本帝国憲法および日本国憲法の果たした歴史的意味を深く認識し、現在の国民とその子孫が、世界の諸国民とともに、
さらに正義と平和と繁栄の時代を内外につくることを願い、日本国の根本規範として自ら日本国民の名においてこの憲法を制定する」


958 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:37:27.92 ID:YvmxWH+7P
市民革命に繋がったというんなら、江戸時代の一揆も意味を持つが、
市民革命のない日本で一揆について章を割く意味がわかんねえよ。

959 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:38:13.49 ID:WpO5Ct/50
>>947
ここまで話に付き合ってくれて感謝する。最後に一言。
神話を歴史教科書で教えるかの見解は互いに相違あるが、
神話が歴史の理解に重要なものであることは間違いない。奥深いものだよな。
個人的には極めて勉強になったし、自身の考えを深められた。改めて感謝。

960 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:38:52.61 ID:9/TB/zCA0
本物の神話の時代の話ならともかく、
明治維新を神話の如く美化するのはやめてほしい。
あいつらの言い草を聞いていると勤皇の志士はまるで全知全能・万能の神とか超人だからな。
もちろん、明治政府のやったことでも悪事や汚職については一切書かないしな。

961 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:39:40.15 ID:k7gjU+o/0
>>958
直接は繋がってないが、アカウンタビリティー(とはいえ、こんな言葉は当時は無いが)
を求める反乱という意味で、日本に自力近代化の萌芽はあったんじゃないかという
意味で、取り上げる意味はあるぞ。

962 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:39:47.73 ID:AwKSju2n0
憲法9条が神話なのは突っ込まないのか?

963 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:40:17.54 ID:WO8LDSxh0
>>944
その前文
日本国民は、
>大日本帝国憲法および日本国憲法の果たした歴史的意味を深く認識し
現行憲法を”日本国憲法” とよんでいるようだが、
中曽根改憲案が実現した暁には改正憲法をなんと呼ぶつもりだろう?

964 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:40:21.09 ID:gbEw7UBk0
自分のことを保守的だと思っている俺が、
この記事の教科書を「やりすぎじゃね?」と思ったということは
俺も毒されてるのか?

渡来人くらいいいだろ・・・・・・

965 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:41:21.16 ID:Zz9jQM990
>>952
なるほど。ありがとうございます。
しかし神話を教えないとその実証をしようとする人も出てこないと思うんですよね。
すべて事実として教えるにはあれですが。

966 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:41:53.27 ID:lEbiFZnL0
>>964
子どもと話が通じなくなるな
ま、そんな話しないだろうけど

967 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:42:26.42 ID:WO8LDSxh0
>>960
井上馨の悪行とかは学校では教えないのか?

968 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:43:15.30 ID:tUygaknmO
ま、まともな家庭は子供に「マンガ日本の神話」みたいなの読ませてるけどね

969 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:44:17.70 ID:YvmxWH+7P
>>961
そういう夢を見ました、みたいなサヨの妄想をいちいち教科書に載せるのは
ウヨが神話を教科書に載せるのと変わらんわ。
教科書は、重要な事実だけでいい。

970 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:44:35.80 ID:S9UtRdZ20
>>960
本当は、それこそが、大日本帝国の本音でありどうしても公に押し付けられない恥部だからなあ。
薩長明治政府というのは、その正統化のために、
自らのあからさまな政権奪取を、皇室の悠久の歴史と神話に隠してしまったんだ。
だから、建国を記念する日は、神話の彼方から導かれる2月11日の紀元節であって、
真の政府成立日である1月3日(王政復古号令と小御所会議の日。1868年)は、
意図的に隠され、言挙げされなかった。

右派左派論争が、どこか隔靴掻痒なのは、大日本帝国が上の事実を隠してしまったため、
何か議論が間接的になってしまうという面がある。

971 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:44:57.16 ID:XXCrI8eG0
>>964
そう言われてみればそうだなw
大日本帝国憲法でもなく、日本国憲法でもない。

国名は、日本国でも良いけど、最善は日本帝国だと思う。
そうすると、「日本帝国憲法」とかかな。

…わからん

972 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:45:42.33 ID:k7gjU+o/0
>>969
いや、歴史解釈が変わって、ホントにこうなってきちゃってるんだって。

ていうか、そうでないと、WW2以降で民主化に成功した国の説明が付かなくなっちゃうのよ。

973 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:48:21.33 ID:YvmxWH+7P
>>972
WW2移行の民主化?
具体的に何について言ってんの?
WW2以前との比較で言ってみ。

974 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:48:31.36 ID:ehu33o+B0
神話は幼稚園で絵本で教えるものであって歴史の授業で教えるものではない。
どうしてもというなら国語の時間に教えるべき


975 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:50:08.86 ID:psB4kKUd0
>>960
明治維新も国作りの神話だから仕方ないな

976 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:50:41.19 ID:S9UtRdZ20
>>958
一点の不連続線が認められないだけで、日本に実質的市民革命はあるよ。
これは、民選議院設立建白書から、男子普選成立まで、半世紀かけてゆっくり進んだ。
俺が、右派系の古参である作る会教科書に関する最大の批判点は、
民間の憲法試案作成運動について、そんなものを取り上げる意味が無いとして糞味噌であること。
(これは西尾が明言していた)

977 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:51:48.14 ID:3L03h3vR0
左翼脳教師にすれば自己否定にさえ繋がる教科書を
すんあり受け入れるのは抵抗があるかもな。
だが
そんな教師はやめてしまえ!
子供のためにならん。

978 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:53:46.24 ID:FPEPlTLB0
太平洋戦争は戦後つけた名称じゃなかった?
それまでは大東亜戦争でアメリカだとW.WUではないのだろうか。

979 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:56:38.34 ID:YvmxWH+7P
>>976
明治以降の日本で民主化を目指した動きと成果があったのは事実だが、
民主化=市民革命じゃねーぜ。
そして、江戸時代の一揆とは何のかかわりもねえw

革命:
1 被支配階級が時の支配階級を倒して政治権力を握り、
政治・経済・社会体制を根本的に変革すること。フランス革命・ロシア革命など。
2 物事が急激に発展・変革すること。「産業―」「流通―」


980 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:56:56.25 ID:5mzcDZ590
ネトウヨは侵略戦争を正当化しすぎだろ

981 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:57:13.54 ID:lEbiFZnL0
歴史の見方は立場や国によって変わるからなぁ

982 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:57:48.08 ID:psB4kKUd0
>>978
メンドクサイからお前は小林よしのりの戦争論を読んで出直せよ

983 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 20:59:52.81 ID:WO8LDSxh0
>>978
WWUはヨーロッパ戦線を含む。

米からみればパールハーバー以降の日米戦でひとつの戦争だろうけど

日本からみれば満州事変 あるいは シナ事変からあとの対中戦から
ひとまとめ



984 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:02:12.01 ID:Irp9nP0I0
「秋津島を見下ろしたのか。昔の日本人って、背が高かったんだなぁ」





無いよ。無い。
絶っっっっっっっ対に無い。ww

985 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:02:21.99 ID:e54LgQPS0
子供は成長したら歴史の勉強なんて全部忘れるから
試験で正解判定になるかどうかだけ配慮しとけや

986 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:02:37.09 ID:BPkanJ7N0
韓国の歴史の教科書は、すべて妄想で、夢物語だからな
見たらビックリするぞw 事実など何一つ書かれていない

987 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:04:08.15 ID:S9UtRdZ20
>>979
もう、今の政治学では「革命」という単語が相対化されてしまっているんだよ。
この"revolution"という、本籍は占星術の専門用語なんだが、
共産革命の虚構がばれて、単なるジャーナリズム用語になりつつある。
「イスラム革命(イラン)」とか「フェイスブック革命」とか、もう滅茶苦茶。

なお、百姓一揆だとか、大塩平八郎の賛美が、左派発想の残りカスであることには同意する。
前近代としては、中世以来の惣村自治、町衆自治を、むしろ大きく取り上げるべきだろうね。

988 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:04:34.70 ID:WO8LDSxh0
>>986
それを真実と思い込んで大人になり
訂正される機会もないから
相手にするときやっかいだ、

989 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:05:43.37 ID:lEbiFZnL0
こんなことがありましたー
程度じゃだめなのか

990 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:06:29.18 ID:zIThVtzx0
淡々と事実だけ教えりゃいいんだよ

991 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:07:55.90 ID:3jEVXTSS0
この教科書に違和感を感じる教師は
以前の左寄り教科書に感化されているか
単に学習不足のどちらか。

992 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:07:58.51 ID:YvmxWH+7P
>>987
イスラム革命はイスラム勢力が暴力で王朝を倒したのだから、正しい使用だろ。
フェイスブック革命は政治学なのかよwアホか。

993 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:07:59.37 ID:PuqwgRlH0
>>1
学校教育は明治維新からしておかしいだろ
出直してこい

994 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:09:37.48 ID:WO8LDSxh0
>>989
”こんなこと”
に 何をいれるか いれないか
もある種の価値判断の反映がある。

995 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:11:48.19 ID:KJ13FMcb0
>>917
>一揆を統率したのが非定住民だった

記録が残っている。推測じゃなくて、処刑された人の名や素性まで残されている。
「日本のまつろわぬ民」の「博徒、幕末を駆ける」の項に面白い話がたくさんあるよ。
アマゾンで売ってるし、図書館にもあると思う。

996 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:13:19.29 ID:S9UtRdZ20
>>992
だから、暴動で政権を倒すこと自体に、政治学的意味が置かれなくなっているんだよ。
こういう意味での「市民革命」は、今や左翼の幻想の中にしか無い。
それから、フェイスブック革命というのは、今年の中東の政変のことなw

997 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:14:35.49 ID:k7gjU+o/0
>>973
民主主義国家に敗戦して急速に民主化できたのは、日本とドイツ。
現行でイラクの民主化に失敗してるでしょ?
それを説明するのが近世における近代の萌芽の存在なわけ。
ミアシャイマーも言ってる。民主化には結局内部からの成熟が必要だって。
その前の大正デモクラシーまで一気にいけたバックボーンが、制御された一揆を
行うだけの権利意識を持った、市民的な農民が江戸時代末期には日本全国で
成熟しつつあったって事なわけ。

>>979
一揆を安定して行うだけの成熟、つまり惣村自治から連なる権利意識の芽生えを
無視して、一揆それ自体の暴力性(これもある程度制御されたものだが)を理由に、
一揆は無意味とするのは無理が無いか?

998 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:17:05.97 ID:YvmxWH+7P
>>996
そんな説聞いたこともねえな。
一部学者かジャーナリストの言うことを鵜呑みにしているだけじゃねえの。

中東の件なら、まだ名称が定まってないだろ。
フェイスブック革命だけで通じるほど普及してねーよ。

999 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:18:56.17 ID:XXCrI8eG0
>>997
一揆は、民主主義と何ら関係ない。

江戸時代の人は、教育(勉強)熱心で、
寺子屋等での教育が、後の明治維新(王政復古や海外技術導入)と戦争勝利の基礎とあった。


1000 :名無しさん@12周年:2011/07/30(土) 21:19:39.77 ID:CiVurECW0
>>984
お前言う事は正しいのに実にわかりにくいな

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

319 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)