5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【国際】トルコから和歌山へ、121年分の恩返し 豪雨復興に支援物資

1 :初恋φ ★:2011/09/18(日) 18:02:50.19 ID:???0
121年前の恩返しが、和歌山県の復興を後押しする。1890年(明23)に同県串本町沖で
トルコ船「エルトゥールル」が沈没し、地元住民に救助されて以来、トルコは日本との友好関係を継続。
台風12号による紀伊半島豪雨を受け、都内のトルコ寺院を救援物資の集積所として提供している。
トルコ大使館は、今後の人的・物的支援を予定。東京・六本木のトルコ料理店は、和歌山県内の
被災地で出店する意向を示すなど、支援の輪が広がり始めている。

トルコ寺院「東京ジャーミイ・トルコ文化センター」の地下室には、下着や衣類、紙オムツ、
即席ラーメンが入った段ボールが積まれていた。台風12号の被災地は、個人からの少量の
支援物資を受け付けていないため、全国からの小口荷物をいったん、同寺院に集積。大口荷物にして、
第1便の4トントラックを13日に和歌山県庁に送った。

20日にも第2便が和歌山に向かう予定。支援活動の担当者は「トルコと縁の深い串本町は、
比較的被害が少ないため、和歌山県庁で状況に応じた配分をしてもらうつもり」と話した。

トルコと日本の絆は、121年もつながっている。初のトルコ使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号は、
1890年6月に横浜港に到着。同9月にトルコに向かって出港したが、台風による荒天で
和歌山県串本町沖の紀伊大島で座礁、沈没。乗組員約600人が死亡する大惨事になったが、
島民の献身的な活動で約70人を救助。手厚く看護し、日本の船でトルコへ送った。トルコは
この恩義を忘れず、今回の紀伊半島豪雨でも、串本町を含めた和歌山県の支援に乗りだした。

>>2以降に続く)

●ソース:ニッカンスポーツ 2011年9月18日8時45分
http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20110918-836855.html

213 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)