5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【エジプト】 「信教の自由」を求めるコプト教徒デモ隊、カイロ中心部で軍治安部隊と衝突 23人が死亡、150人以上が負傷 

1 :うしうしタイフーンφ ★:2011/10/10(月) 09:32:38.32 ID:???0

★コプト教徒デモ隊、エジプト治安部隊と衝突 

写真 エジプト.カイロで9日、教会への攻撃に対する抗議デモの最中に軍治安部隊と衝突するコプト教徒ら=ロイター
http://www.asahicom.jp/international/update/1010/images/t_RTR201110100004.jpg

 エジプト・カイロの中心部で9日夕(日本時間10日未明)、「信教の自由」の保障などを求める
キリスト教の一派コプト教徒らによる抗議デモと、軍治安部隊が衝突した。
衛星放送アルジャジーラによると少なくとも23人が死亡、150人以上が負傷した。

 投石や車両への放火などで、一帯は騒乱状態となった。
ムバラク前政権崩壊後の全権を握る軍最高評議会は同日深夜、
カイロ市内の一部を対象に10日午前2時から7時までの夜間外出禁止令を出した。

 この日のデモは、コプト教会などに対する攻撃が国内各地で起きている事態に対し、
軍政が「信教の自由」を十分に保障していないことへの抗議目的で組織された。
同種のデモは第2の都市アレクサンドリアなどにも広がっている。

asahi.com http://www.asahi.com/international/update/1010/TKY201110100081.html

94 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 15:23:08.57 ID:z2mdg0ie0
>>92
はいはい、どこがどう違うとは言えない訳ねw
アメリカが推す民主主義だってその論理が現実と乖離してるのを無視して正しいと言ってる
分には宗教と変わらない、そこに垣根なんかねーよ。

95 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 15:28:17.23 ID:NFXOx5DwP
>>94
宗教ってのは死後の世界とか運命とか人間の生きる意味とか
論理ではとらえられない非論理の世界を解釈するためのものだよ。
宗教をベースに道徳や法律が作られる。
民主主義は宗教じゃなく政体の一種。

96 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 15:36:28.30 ID:z2mdg0ie0
>>95
非論理であっても思想には変わりない。
非論理思想から道徳や法律が作られるとすればそれもまた非論理ってだけの話。
事実、アンタみたいな考え方が未だにこびり付いてる現代では道徳や法律は非論理的なモノが多い。
それから民主主義は思想だろ、何言ってんの?w

97 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 15:56:14.88 ID:NFXOx5DwP
埒が明かないので辞書を引いてみる。

思想
1 心に思い浮かべること。考えること。考え。「新しい―が浮かぶ」
2 人生や社会についての一つのまとまった考え・意見。特に、政治的、社会的な見解をいうことが多い。
 「反体制―を弾圧する」「末法(まっぽう)―」「危険―」
3 哲学で、考えることによって得られた、体系的にまとまっている意識の内容をいう。

宗教
神・仏などの超越的存在や、聖なるものにかかわる人間の営み。

言葉の定義からいっても、宗教は思想に含まれないな。

98 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 16:07:29.24 ID:z2mdg0ie0
>>97
ホントアフォだな、既存の定義の話なんかしてねーのに。
ま、アンタみたいのはムハンマドのでっち上げ思想に死ぬまで踊らされてればいいよw

>>93
その掟が作られた中世には宗教は無かったんですかー?w

99 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 16:15:57.13 ID:NFXOx5DwP
>>98
言葉の定義を勝手に俺流に変える人と議論は無理ですねw

100 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 16:31:51.07 ID:m3iiJits0
数ヶ月前も元コプト教の女性(イスラム教に改宗済み)がコプト側に
拉致誘拐され、それが元でコプト教とイスラム教が衝突して死者出てたよね。
イスラムやプロテスタントと違ってコプト教は離婚を認めてないとか。

コプト教、ネストリウス派、マニ教とか世界史の教科書読むたびに
カッコイイ・・・とか萌えていろんな空想してたなぁ中二病時代。


101 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 16:32:53.23 ID:z2mdg0ie0
だから定義の問題じゃなく本質の話だっつーのに。
辞書(聖書)に書いてある事は絶対、批判も反論も別定義も許されない。
ま、宗教狂信者によくあるガッチガチの石頭的愚考だ罠。
それでテメェの狂信押し通すのが幸せなんだからマジ迷惑以外の何者でもないw

102 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 16:58:24.38 ID:WAhZn7jb0
イスラムは改宗、棄教を認めていない。死刑になる。イスラムを邪教とする由縁である。
(日本でも、イスラム教徒に帰依する者、改宗してイスラム教徒になろうとする者は、死刑にすべきではある)

カトリックは離婚に関して、婚約の破棄と言うことで誤魔化しているようだな。
結婚は生涯しないが婚約はする。これが事実上の結婚で、婚約破棄が離婚に相当する。
このくらい砕けないと話にならない。

103 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 20:26:29.77 ID:dR5OFmkE0
>>101
自己中心的な思想になり我を押し通す為なら辞書の否定でも何でもやる

104 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 22:20:47.89 ID:w0YYiXv+O
>>97
「営み」ってもの凄い範囲の広い言葉だぞ?
もちろん「思考」も「営み」に含まれる。

宗教が生まれたのは「非論理」ではない。

「神が怒ったから洪水が起きた」→「供物を捧げて神を鎮めたら洪水は起きない」

というのも「論理」だからだ。

宗教は「生きる」ための論理だ。
衣食住を調えても、それだけで「生きる」事ができるわけではない。
洪水が起きて溺れれば死ぬ。
だから、洪水を起こさないための「論理」が必要となる。

この「論理」が無い、即ち「無神論」は、
「今だけ楽しめれば良い」「苦しければ死ねば良い」「他人の事はどうでも良い」
という刹那主義に帰結するので社会が崩壊する。
つまり、社会は宗教を必要とする。

105 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 22:24:25.50 ID:Ax4Ug3XJ0
>>71
寛容だろ
同系の前の二つの過去と比べてみろよ
寛容だろ

106 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 22:46:09.98 ID:dR5OFmkE0
>>104
其の一つ手前で齟齬が起きる。
つまり、「洪水が起こったのは神が怒ったからである」を「論理」に含める事が出来るかどうかだ。
これは根幹的な、感覚、感情の話であって、論理的に導けるものではないと思うが。
営みの中には、感情というのもふくまれるだろう。
宗教の根幹にあるのは叙情だと思うよ。思想も、哲学でさえ、もしかしたらそうなのかもしれないけどね。

107 :名無しさん@12周年:2011/10/11(火) 23:07:18.41 ID:dR5OFmkE0
彼らが通じ合わない部分も、何かと言えば感情の話だろうし、
一方は明らかに自分の感情に基づいて話している。だから辞書を持ちだされるのを厭う。
こういった軋轢が、宗教間の、或いは部族間の、或いは異文化間の軋轢の姿の原型なんじゃなかろうか。
宗教は体系があるから、中身は論理的にもなる。でも結局根幹にあるのは「人の情」だから
感覚の違う人同士の間で、喧嘩になるんじゃないかな。自分の感情だけを大事に、他人の感情には攻撃的に
こうなるともう話し合いになんてなるわけないよね。辞書に対してすら否定をぶつけるなら
学問でさえ投げ捨てられる。

108 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 01:12:15.20 ID:5TP+bzVj0
>>102
馬鹿な上に無知だな
そういう意味での「柔軟性」なら、カトリックだけじゃなくてムスリムにもある。
イスラム法を敷いている国でも、大多数の国では

改宗前・・・イスラム教徒が他宗教に改宗?確かに死刑だ
改宗後・・・他宗教に改宗してしまったら、イスラム教徒として裁くことはできない。死刑にはできないな。

って理屈で、改宗者を死刑にする国など殆ど無い
せいぜいアメリカの庇護のもとキチガイ原理主義を敷いているサウジアラビアくらいだ
アメリカが保護をやめれば崩壊する

109 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 01:49:41.45 ID:XA5ua1klP
>>108
無知乙
イランは2008年にムスリムから改宗した人間を無条件に死刑にする法案を施行済み。

そのせいで、世界各地でイラン人の非イスラム教への改宗者が
難民になるケースが激増してる

110 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 02:39:41.30 ID:2L5RZJXi0
宗教を創造したのはサタン様だ
その昔 人間は互いに争うことなく 平和に穏やかに暮らしていた
ある時サタン様はこのままではいかんと考えられた
すべての人間が 清く正しく美しく宝塚みたいな生活を送っていては悪魔が活躍できないからだ
この世の闇の部分には至高界にも魔界にも属さない中途半端な、俗に妖怪だの邪神だの低級神だのと言われるやつらが巣くっている、
サタン様はそやつらに知恵を授けて人間に取り憑くことをすすめた。人間に憑依したそやつらは、自ら預言者だの神の啓示を受けたなどと言って信者を集めた。
低級なやつらだけれど超自然の存在、ちょっとした奇跡の真似事くらいは出来る、おろかな人間達はそれを見て、これこそ神の御業、宇宙の神秘であると信じ込み、
その者を教祖とあがめるようになった。 これが宗教の始まりだ
その後人間界がどうなったか。 無数の宗教が乱立し、反目しあい、ついには武力闘争にまで発展していったのは周知の通り。
宗教を信じる者にとって、自分達が信じる神こそが唯一無二で絶対だから、他宗教を信じる者は全て異端で偶像崇拝者と言うことになる。
だから『改宗させよう、それが出来ないなら弾圧しよう、それもかなわぬ時は抹殺すべし』 あらゆる宗教は結局ここに行きつく
十字軍を見ろ、アステカの悲劇を見ろ。神の名においてまた聖戦の美名の下にどれほどの人間が殺され、幾つの文明が闇の彼方に葬り去られたか。
たとえ異教徒であろうと人間が人間を殺していいという法はあるまい。宗教はそんな単純な道徳律すら忘れさせるのだ。人間の良心を麻痺させる麻薬のようなものだ。これが悪魔のつくったものでなくて何だ!
宗教が無ければ、人間の歴史はこれほど血生臭くならなかっただろう。 
図書館にでも行って宗教関係の本を読み漁ってみるがいい、宗教の歴史はそのまま腐敗と殺戮、破壊と堕落の歴史なのだから


111 : 【18m】 :2011/10/12(水) 02:49:01.16 ID:1aZ7IUrZ0
>>110他。

長い、くどい、意味が分からん。読む気もせん。
典型的なカルト宗教の臭いがするだけ。

別に宗教を信じないなら、信じないってだけの話を、必死に他人に押付けようとする、そこが既にカルト宗教。
自分自身では気付いてないようだが、ぱっと見た瞬間に分かってしまうんだよ。

112 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 08:05:51.87 ID:Sf+DUOPS0
天皇一族は古代エジプトの伝統を守り通した

http://2nd.geocities.jp/jmpx759/0204/47/307.html

これは不思議なことでは何でもなかった。

113 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 10:13:06.86 ID:tYhDTXjH0
>>84
NHKは無理やりアラブの春とかアメリカの貧困デモと今回の件を結びつけようとして
宗教対立の側面を過小に報道していると思う。


114 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 11:23:56.64 ID:X9EffYKd0
神様なんか存在しないって誰か教えてやれよ。

115 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 17:00:55.59 ID:gCjhh8msO
>>106
「論理」というのは考える道筋だ。
誰もがこの道筋をたどって同じ結論に行き着くという事。
つまり、一人の個人的な感情は「論理」ではないが、
その社会の誰もが共感できる普遍的な感情は「論理」となり得る。

心理学とか哲学とかいわゆる文系の科学の多くは「正解」というものが無く、
結局「全人類が共感できる事」を「論理」として扱っているんだ。

>>107
上にも書いたように、宗教は社会にとって必要だが、
今の時代は全人類にとって必要な宗教でなければならないと思う。

「世界宗教」と言われるキリスト教、イスラム教だが、
一神教の「狭量な神」に共感しろというのがどだい無理な話で、
戦争やら何やらもそこに由来するんだと思う。

116 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 17:25:29.49 ID:AZuc7V5t0
>>113
世俗主義の軍VSキリスト教・イスラム教
って構図だよ

117 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 17:43:21.92 ID:OvjHYbLn0
私は科学も一つの宗教のような気がする。「論理的」とか「実験で証明」とか言われるけれども、
私にはどこかに「飛躍」があるように思えてならない、
例えば顕微鏡で見える世界、細胞の中のこととか確かに「化学的に解明」されている、って言われるのかもしれないけれども、
その細胞が集まって、それぞれの器官を形成して最終的には人体を形成する、っていう、
「そのような形に集まっていること」とか、それぞれの器官がものすごく見事に役割を果たしていること、とか、なんか不思議。
「科学で証明されている」っていうことの内容は確かにそうなのかもしれないけれども、
「全く科学の対象にならない所」で、やっぱりどこか「不思議な事(神様がいてもおかしくないかも)」と思わせるものがあるような気がしてならない。

「科学が対象にすること(対象に出来ること)」が、この世の全てではないし、
私はそういう意味では科学もまたある意味「不完全な宗教」かも、と思うけれども、
全世界の人が、等しく同じ物を信じられるという点で、とても良い宗教かな、と思っています。

118 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 17:52:46.26 ID:tBRCAchvO
これからも大変なんだろうね

119 :ラマダン:2011/10/12(水) 18:01:51.52 ID:lLzcqCNM0
一派だけに聞くニュースは二枚舌だと思います。
このブログを読んでみてください。
ニュースが報道していない現実です。
http://ejiputonojiyuujin.cocolog-nifty.com/blog/

120 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 18:34:33.82 ID:gCjhh8msO
>>117
「宗教無き科学は欠陥であり、科学無き宗教は盲目である」
これはアインシュタインの言葉。

科学の不完全さを宗教が補い、玉石混淆の宗教を科学の目で峻別していけば、
バランスの取れた社会になるんじゃなかろうか。

121 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 18:45:36.75 ID:CpxNin2S0
>>117
たとえば数学は「a=b なら、a+c = b+cである」を
宗教における神の存在みたいに、無批判に認めないと始まらないしね

122 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 18:46:40.01 ID:ZeMVpjKB0
23人が死亡って何考えてんだ

123 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 19:28:33.51 ID:+XIBxOXX0
>>117
「ママー!宗教信者がいるよー」
「こらっ、見ちゃいけません」


てかさ、こんなデタラメを平気で書けるなんて日本の初等教育はどうなっているんだ?

124 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 19:39:38.39 ID:C25p0aKo0
「イスラム教の印象が悪くなるような話は欧米のプロパガンダだ」というプロパガンダが流行ってるみたいだね。


125 :◆HKZsYRUkck :2011/10/12(水) 21:04:11.64 ID:yAqveXdm0
ためになるスレだなあ。
特に最初の方の歴史の話。

126 :名無しさん@12周年:2011/10/12(水) 21:05:19.79 ID:DT7teMElP
>>121
それを認めて、その他の事柄に矛盾がでなければ問題ない
キリスト教の原理主義者みたいにIDとかに走らなければ

127 :名無しさん@12周年:2011/10/13(木) 00:19:14.12 ID:YMJdXpGW0
宗教を創造したのはサタン様だ
その昔 人間は互いに争うことなく 平和に穏やかに暮らしていた
ある時サタン様はこのままではいかんと考えられた
すべての人間が 清く正しく美しく宝塚みたいな生活を送っていては悪魔が活躍できないからだ
この世の闇の部分には至高界にも魔界にも属さない中途半端な、俗に妖怪だの邪神だの低級神だのと言われるやつらが巣くっている、
サタン様はそやつらに知恵を授けて人間に取り憑くことをすすめた。人間に憑依したそやつらは、自ら預言者だの神の啓示を受けたなどと言って信者を集めた。
低級なやつらだけれど超自然の存在、ちょっとした奇跡の真似事くらいは出来る、おろかな人間達はそれを見て、これこそ神の御業、宇宙の神秘であると信じ込み、
その者を教祖とあがめるようになった。 これが宗教の始まりだ
その後人間界がどうなったか。 無数の宗教が乱立し、反目しあい、ついには武力闘争にまで発展していったのは周知の通り。
宗教を信じる者にとって、自分達が信じる神こそが唯一無二で絶対だから、他宗教を信じる者は全て異端で偶像崇拝者と言うことになる。
だから『改宗させよう、それが出来ないなら弾圧しよう、それもかなわぬ時は抹殺すべし』 あらゆる宗教は結局ここに行きつく
十字軍を見ろ、アステカの悲劇を見ろ。神の名においてまた聖戦の美名の下にどれほどの人間が殺され、幾つの文明が闇の彼方に葬り去られたか。
たとえ異教徒であろうと人間が人間を殺していいという法はあるまい。宗教はそんな単純な道徳律すら忘れさせるのだ。人間の良心を麻痺させる麻薬のようなものだ。これが悪魔のつくったものでなくて何だ!
宗教が無ければ、人間の歴史はこれほど血生臭くならなかっただろう。 
図書館にでも行って宗教関係の本を読み漁ってみるがいい、宗教の歴史はそのまま腐敗と殺戮、破壊と堕落の歴史なのだから


128 :名無しさん@12周年:2011/10/13(木) 00:24:41.16 ID:boX0zhmA0
危険分子ということで一括りに全部弾していた独裁者がいなくなったので
少数の異端者が多数のテロリストに虐殺されるという地獄

129 :名無しさん@12周年:2011/10/14(金) 04:43:10.57 ID:/nZkET9D0
エジプトのコプト教徒と言ったらゴミを集めて暮らしている人たちだな

130 :名無しさん@12周年:2011/10/14(金) 08:46:34.24 ID:4KVS0Rk70
宗教を創造したのはサタン様だ
その昔 人間は互いに争うことなく 平和に穏やかに暮らしていた
ある時サタン様はこのままではいかんと考えられた
すべての人間が 清く正しく美しく宝塚みたいな生活を送っていては悪魔が活躍できないからだ
この世の闇の部分には至高界にも魔界にも属さない中途半端な、俗に妖怪だの邪神だの低級神だのと言われるやつらが巣くっている、
サタン様はそやつらに知恵を授けて人間に取り憑くことをすすめた。人間に憑依したそやつらは、自ら預言者だの神の啓示を受けたなどと言って信者を集めた。
低級なやつらだけれど超自然の存在、ちょっとした奇跡の真似事くらいは出来る、おろかな人間達はそれを見て、これこそ神の御業、宇宙の神秘であると信じ込み、
その者を教祖とあがめるようになった。 これが宗教の始まりだ
その後人間界がどうなったか。 無数の宗教が乱立し、反目しあい、ついには武力闘争にまで発展していったのは周知の通り。
宗教を信じる者にとって、自分達が信じる神こそが唯一無二で絶対だから、他宗教を信じる者は全て異端で偶像崇拝者と言うことになる。
だから『改宗させよう、それが出来ないなら弾圧しよう、それもかなわぬ時は抹殺すべし』 あらゆる宗教は結局ここに行きつく
十字軍を見ろ、アステカの悲劇を見ろ。神の名においてまた聖戦の美名の下にどれほどの人間が殺され、幾つの文明が闇の彼方に葬り去られたか。
たとえ異教徒であろうと人間が人間を殺していいという法はあるまい。宗教はそんな単純な道徳律すら忘れさせるのだ。人間の良心を麻痺させる麻薬のようなものだ。これが悪魔のつくったものでなくて何だ!
宗教が無ければ、人間の歴史はこれほど血生臭くならなかっただろう。 
図書館にでも行って宗教関係の本を読み漁ってみるがいい、宗教の歴史はそのまま腐敗と殺戮、破壊と堕落の歴史なのだから



131 :名無しさん@12周年:2011/10/14(金) 08:49:19.98 ID:woxkWkdOO
フェイスブック革命w

132 :名無しさん@12周年:2011/10/14(金) 08:52:31.70 ID:QybxpiJZ0
この宗教は禁じられてるわけでもないんじゃなかったか?
それでもこんな20名以上死亡するほど頑張ってデモやるのか。

133 :名無しさん@12周年:2011/10/14(金) 08:54:29.53 ID:iSpDbYJW0
>>132
タテマエで信教の自由は保障されてるけど、コプト教というかキリスト教徒はずっとモメ続けてるんだって。
中東でクリスチャンやるのって大変そうよね

134 :名無しさん@12周年:2011/10/14(金) 09:02:02.23 ID:+TAWjEws0
>127、130

長いので3行以内にしろ。


135 :名無しさん@12周年:2011/10/14(金) 09:11:23.02 ID:3/f2vrFp0
おまえらがこれほど信教の自由を貴重に思っているとは知らなかったw

136 :名無しさん@12周年:2011/10/14(金) 09:14:23.45 ID:jgiDK44P0
独裁者が去ると
民族や宗教で紛争が起きる
もうお決まりだね

137 :名無しさん@12周年:2011/10/14(金) 09:36:56.93 ID:fNpfjlrK0
\  \\       ____         // / /
<           _-=≡:: ;;   ヾ\            >
<         /          ヾ:::\           >
<         |            |::::::|          >
<        ミ|-=≡、 ミ≡==- 、 |;;;;;/          >
<         || <・>| ̄| <・> |── /\         >
<         |ヽ_/  \_/    > /         > こんな輩はどうせカルトじゃろ
<        / /(    )\      |_/          >
<        | |  ` ´        ) |           >
<        | \/ヽ/\_/  /  |           >
<        \ \ ̄ ̄ /ヽ  /  /           >
<          \  ̄ ̄   /  /       \    >

138 :名無しさん@12周年:2011/10/14(金) 18:18:22.61 ID:DrI8EGpn0
イスラムとキリスト教の宗教対立という構図に持っていきたがってる人がいるが、
世俗勢力の軍 対 イスラム+キリスト教 という構図である(リビア反政府派にも多くいるサラフィー派やアルカイダのような超過激派は除く)。
穏健派原理主義団体ムスリム同胞団はコプト教徒への連帯を表明している。

ttp://blog.livedoor.jp/abu_mustafa/archives/3974896.html
この事件に関し、14日付のal qods al arabi net の記事は、13日夜市の中心のタラアト・ハルブ広場に約3000人のコプト教徒及びムスリムが集まり、連帯を表明し、9日の事件は宗派対立事件ではなく、
最高軍事評議会による虐殺であるとして、責任者の処罰を要求したとのことです。
彼等は「これは宗派戦争ではなく、軍の虐殺である」とか『タンタウィ議長の退陣要求」とかのプラカードを掲げ、また情報大臣の罷免(TVの誤った報道の責任)を要求したとのことです。
また多くの参加者は、軍が発砲し、また多くの者が装甲車に引き殺されたとして非難したとのことです。
また民主化運動組織及び一部の政党も、軍の虐殺としてこれを非難したとのことです。

139 :名無しさん@12周年:2011/10/15(土) 00:06:56.64 ID:RzHIn/030
宗教を創造したのはサタン様だ
その昔 人間は互いに争うことなく 平和に穏やかに暮らしていた
ある時サタン様はこのままではいかんと考えられた
すべての人間が 清く正しく美しく宝塚みたいな生活を送っていては悪魔が活躍できないからだ
この世の闇の部分には至高界にも魔界にも属さない中途半端な、俗に妖怪だの邪神だの低級神だのと言われるやつらが巣くっている、
サタン様はそやつらに知恵を授けて人間に取り憑くことをすすめた。人間に憑依したそやつらは、自ら預言者だの神の啓示を受けたなどと言って信者を集めた。
低級なやつらだけれど超自然の存在、ちょっとした奇跡の真似事くらいは出来る、おろかな人間達はそれを見て、これこそ神の御業、宇宙の神秘であると信じ込み、
その者を教祖とあがめるようになった。 これが宗教の始まりだ
その後人間界がどうなったか。 無数の宗教が乱立し、反目しあい、ついには武力闘争にまで発展していったのは周知の通り。
宗教を信じる者にとって、自分達が信じる神こそが唯一無二で絶対だから、他宗教を信じる者は全て異端で偶像崇拝者と言うことになる。
だから『改宗させよう、それが出来ないなら弾圧しよう、それもかなわぬ時は抹殺すべし』 あらゆる宗教は結局ここに行きつく
十字軍を見ろ、アステカの悲劇を見ろ。神の名においてまた聖戦の美名の下にどれほどの人間が殺され、幾つの文明が闇の彼方に葬り去られたか。
たとえ異教徒であろうと人間が人間を殺していいという法はあるまい。宗教はそんな単純な道徳律すら忘れさせるのだ。人間の良心を麻痺させる麻薬のようなものだ。これが悪魔のつくったものでなくて何だ!
宗教が無ければ、人間の歴史はこれほど血生臭くならなかっただろう。 
図書館にでも行って宗教関係の本を読み漁ってみるがいい、宗教の歴史はそのまま腐敗と殺戮、破壊と堕落の歴史なのだから


140 :名無しさん@12周年:2011/10/15(土) 00:26:27.18 ID:G/rv0mU50
欧州は十字軍作ってエジプトに侵攻しないと

141 :名無しさん@12周年:2011/10/15(土) 00:46:07.16 ID:IECskfDK0
ジャスミンだのアラブの春だのって騒いだ国は全部こうなるよ

142 :名無しさん@12周年:2011/10/15(土) 08:26:26.16 ID:Sn7vMxxXP
>>140
非カルケドンなんて知った事ではないわ
-プロテスタント・カトリック・正教会

143 :名無しさん@12周年:2011/10/15(土) 09:25:42.61 ID:wR15XlQ6O
アルメニア人大虐殺されても感知しなかったからな。
彼らにとってみれば扱いはユダヤ教以下なんだよな

53 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)