5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

武田邦彦を考える★15

118 :名無しさん@お腹いっぱい。(大阪府):2011/10/13(木) 23:10:21.50 ID:CnHy9o1Y
>原子炉の中ではセシウムとストロンチウムが同じく6%程度できます。
>そして半減期もほぼ同じで30年。ベータ線をだし、
>おそらくは原子炉から吹き出すときには酸化物で、
>やがて水酸化物になり水に溶解していくというところまで似ています。
>さらには比重は3.5から4ぐらいですから何から何まで双子の兄弟と言ってよいでしょう。

沸点、融点が全然違うだろ。

>ところがこれまではセシウムが何十万ベクレルという高濃度で発見されているのに、
>ストロンチウムはその100分の1にもなりませんでした。原子炉の中では同じようにでき、
>性質も似ているのになぜストロンチウムが観測されないのか?

それはセシウムが気化しストロンチウムは気化しなかったから。

>チェルノブイリの時にも10分の1はあったのになぜ無いのか?

チェルノは炉心が吹っ飛んだからだよ。
武田のおっさんはマジで馬鹿だな。

337 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)